« 認知症フォーラムin東浦 のお知らせ | トップページ | 平成28年度 住民懇談会 のお知らせ »

2016/10/04

パブリックコメントのお知らせ

景観条例(案)地域公共交通網形成計画(案)が今、パブリックコメントに掛けられています。
パブリックコメントとは、町の基本的な計画や制度などを定めるにあたり、その案の段階で趣旨、内容などをあらかじめ公表し、それに対する住民の皆さんからの意見をいただき、その意見を考慮して意思決定を行うとともに、いただいた意見の概要と町の考え方を公表する一連の手続です。住民の皆さんから広く意見をいただくことにより、住民の町政への積極的な参加と行政の透明性の向上を図り、住民との協働によるまちづくりの推進に資することを目的としています。

景観条例は、これまでに策定した景観計画に実効性を持たせ、東浦らしい景観を守り育ててるためのものです。ひいては、誇りや生きがいのある暮らしの空間が生まれ、それが東浦の価値の向上につながるものです。景観条例(案)については、パブリックコメント手続き(~10月14日)をした後、12月定例議会に上程させていただく予定です。

地域公共交通網形成計画は、公共交通を地域社会全体の価値向上ための一つ手段としてらえ、地域の特性、生活環境の変化を踏まえ、利用者ニーズに即した持続可能な公共交通網を構築 し、まちづくり施策と連携しながらその実現を図るための計画です。地域公共交通網形成計画(案)は、地域公共交通会議で議論されまとめられたもので、パブリックコメント手続き(~10月7日)の後に、地域公共交通会議において正式決定されます。

景観条例も地域公共交通網形成計画も、これからの東浦のまちのあり方、くらしのあり方に大きくかかわるものです。両案に目を通していただき、お気づきの点について忌憚のないご意見をいただければ幸いです。

Public_coment_20161007

詳しくは、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/gyosei/kocho/public_comment/ichiran/index.html
をご覧ください。

|

« 認知症フォーラムin東浦 のお知らせ | トップページ | 平成28年度 住民懇談会 のお知らせ »

コメント

役場ロビーで見ました。パソコンでdownloadもしました。景観条例も公共交通網も(他のパブリックコメントのときも同じですが)資料に厚みがあり目を通すに困難を感じます。概略がありますが何か親しみを感じません。県でも国でも似たようなケースが多いと感じますが、コメントを受けやすい工夫が必要だと思います。

投稿: とだ-k | 2016/10/09 17:17

とだ-k様
本文の内容について、意見を求めることになるので、どうしようもないと思います。強いて言うなら、その本文がきわめて読みづらいということでしょうか?
今回の交通計画は比較的わかりやすく簡潔にまとめてあると思います。景観条例は、短い条例ですし解説もついているので、それほど読むのに苦労はしないと思います。
もっとこうした方がという工夫があれば、教えていただけるとありがたいです。

投稿: 神谷明彦 | 2016/10/25 01:00

東浦町景観条例案」を見るとワークショップで議論していた生きた実(みorじつ)が感じられなかった印象をコメントしました。議論のときとは大幅に離れた印象を受けました。内容を見ると骨だけの相当簡易にはなっていると思います。しかし多くの手続を作成して、提出しなければならない事業者がこの条例を見ようとするか、見る、読む気は起こらないだろうと思いました。他にも多くの関連法令、条例があると思います。まず、しばられる、拘束されることには最初から敬遠されます。それは役所、町の勝手でしょ!!!といいたいと思います。対策としてキャッチコピー、理念、理想を最初に書いたらと思います。何より"夢"を感じられる文章が欲しいです。読もうとする人がもっともっと引きつけられる表現は必要だと思います。役所が想定している人は拘束されたくありません。

投稿: とだ-k | 2016/10/25 20:09

送信してから、期待されている"もっとこうした方がという工夫"から的がはずれている気がしました。しかし例はないかもしれませんが"キャッチコピー、理念、理想。何より"夢"を感じられる文章。読もうとする人がもっともっと引きつけられる表現"のある役所発行の文章はあってもいいかと???とくに殺伐な法規関連は。

投稿: とだ-k | 2016/10/25 20:33

とだ-k様

条例にキャッチコピーは、ルールの正確な記述の妨げになるので馴染まないかもしれません。しかし、
①口語調の平易な記述に努める
②解説書やPRに、キャッチコピー的なものを使う
③読む者の心をとらえるように理念を前文に表す
などのやり方はあるかもしれません。

おっしゃるとおり、ルールブックは、つくる側と縛られる側・守る側のコミュニケーションツールなのでしょうから、工夫はあって良いと思います。ご指摘ありがとうございます。

③に関して言えば、栗山町の議会基本条例の前文は素敵です。
http://www.town.kuriyama.hokkaido.jp/gikai/sisatsu/file/s_006.pdf

投稿: 神谷明彦 | 2016/11/04 08:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/64294312

この記事へのトラックバック一覧です: パブリックコメントのお知らせ:

« 認知症フォーラムin東浦 のお知らせ | トップページ | 平成28年度 住民懇談会 のお知らせ »