« 昨日は、成人式と出初式を行いました。 | トップページ | 市民映画ワークショップ 第5回 »

2017/01/10

スターウォーズ ローグ・ワン

年末に封切られたスターウォーズ ローグ・ワンを観てきた。純粋に面白かった。

Eposode 3(第6作) と Episode 4(第1作) の間の挿話で、いわゆる純正品でないスピンオフ作品と呼ばれるものだ。宣伝が派手でないせいか、観客の入りがさほどでもないせいか、イオンシネマでは字幕版の上演時間がすでにレイトショーから外されている。本当に良い出来なのに。

※以下、少しネタバラシになるかも知れないので、まだ見ていない方はご注意!

Episode 3 でデススターの開発を匂わせるシーンが出るが、それからローグ・ワンへ、そして、Episode 4 にうまくつながっているのも不自然さがなくて納得感がある。
最後にチラッと出てくるのは、第1作のヒロイン。本当かなあ。あれから40年近く経っているのに! 映画終了後にキャストを最後まで見ていたら、あった、キャリー・フィッシャーの名前が!!
しかし、この映像は、新人女優イングヴィルド・デイラの演技に旧作のキャリー・フィッシャーの表情をCGを使って被せたものだそうだ。当のキャリーフィッシャーは、2017年12月に公開予定のEpispde 8 でレイア・オーガナ将軍役で出演予定だか、これはもう撮影を終えており遺作となるらしい。(ちなみにキャリーフィッシャーは年末に心臓発作で急死している。)

世相を反映してか、砂漠地帯で活動する反乱軍のゲリラが過激化しているとのストーリー展開。信じる正義のために全力を尽くすのは立派なことだが、10人居れば10の正義、いやそれ以上の正義があるに違いない。その一つ一つに命を捧げては、命がいくつあっても足りないような気がする。

安全圏に身を置きながら、物語の中の(あるいは現実の)過酷な世界をコメントしている格好ではあるが、命は大切にしつつ日々の課題に対して全力を尽くしたいものだ。

|

« 昨日は、成人式と出初式を行いました。 | トップページ | 市民映画ワークショップ 第5回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/64752936

この記事へのトラックバック一覧です: スターウォーズ ローグ・ワン:

« 昨日は、成人式と出初式を行いました。 | トップページ | 市民映画ワークショップ 第5回 »