« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017/03/31

早いもので、もう年度末

1年が経つのは早いもので、平成28年度末を迎えました。

朝、退職辞令をお一人お一人に手渡しました。今年度末の退職者は、定年15名、自己都合6名、県からの出向者1名の計22名です。本当に長い間ありがとうございました。
定年の方々は40年もの間の役場の変遷を振り返り思い出されていることでしょう。ご自身のライフスタイルを大切にされることはもちろんですが、今後とも地域に帰って町や役場を側面から応援していただければ幸いです。引き続き役場で仕事をしていただける方は、気持ちを新たに、これまでの経験とスキルを活かして後輩を支えていただきたいと思います。家庭の事情や転職などで退職される方々は、ご自身の選択された新たな環境の中で、ご自身の想いを実現されることを心から願っています。県に戻られる方には、これまで職員や地域に親しくかかわっていただけたことを感謝するとともに、今後のご活躍を祈念したいと思います。

午後は、教育委員会の退職辞令伝達があり、来賓として出席しました。定年退職される教職員の方々は、学校が荒れていたころの経験、また、学校週5日制や総合学習への移行期の経験もされたことと思います。先生方の中に学校や教え子の記憶が鮮明にあるのと同じように、子どもたちの中に先生方の思い出は生き続けることと思います。

5時近くになると、書類や備品の移動が始まりました。
今回は小規模な改組を行います。業務が多岐にわたってきた都市整備課は、都市整備課(区画整理係、公園緑地係)都市計画課(都市計画係、建築係)の二つに分けます。また、秘書広報課秘書人事課(秘書給与係、人事係)と広報統計係に分け、広報統計係と企画政策課情報推進係を合わせて広報情報課(広報統計係、情報推進係)をつくります。情報推進係があった企画政策課は企画政策係のみとなります。こちらで、新たな課名および詳細な機構図をご覧いただけます。

週明けの4月3日(月)に、年度始め式および新任の辞令交付を行います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/30

西部防災倉庫と半田消防署東浦西部出張所が竣工しました。

本年度建設工事を進めていた東浦町の西部防災倉庫と半田消防署東浦西部出張所が完成し、多くの来賓にお越しいただき合同で竣工式を行いました。東浦町長として、また、知多中部広域事務組合(半田消防署)の副管理者として、喜ばしい限りです。建設工事に携わって来られたすべての方々に敬意を表するとともに感謝を申し上げたいと思います。

032syunkou290330_800x417
西部防災倉庫は、鉄骨平屋建てで、敷地面積1000.15㎡、延床面積268.74㎡、建設工事費は用地も含めて総額約1億円。町の一般財源のほか、国の補助金約2400万円と町債約3000万円を財源としています。内部にはラック31台と30℃以上になると作動する換気扇4台を備え、飲料水、アルファ米、毛布、紙おむつなどを主な備蓄品としています。災害時に物資輸送路となる知多半島道路の知多東浦インターチェンジ出口近くに立地しているため、いざという時は災害救援物資や資機材を集積し、町内各地に搬出する拠点になります。

西部防災倉庫の隣接地には、半田消防署東浦西部出張所が完成し新年度から稼働します。周辺の緒川新田地区はこれまで消防施設の空白地帯でした。東浦西部出張所の完成で、新田地区への救急出動等の平均到着時間が11分から7分に短縮することが見込まれます。救急車と消防車は当初それぞれ1台ずつ配備され、次年度以降、消防車がさらに1台増える予定です。
建物は鉄骨造2階建てで、敷地面積1500.34㎡、延床面積916.79㎡。総事業費は、約3億5千万円です。東浦西部出張所の建設は知多中部広域事務組合(半田消防署)の事業ですが、用地費と建設費は地元自治体(東浦町)が負担することになっています。

常備消防施設と防災倉庫が隣接することによって、敷地の有効利用が可能になるとともに、セキュリティ上の安心感もあります。
4月1日から施行の景観条例に合わせて、2つの建物の色調を統一させ、カラーコードも相談させていただきました。

  上段: 右手前が西部防災倉庫、左奥が東浦西部出張所
  下段: 西部防災倉庫内部
  下段: 東浦西部出張所概要パンフレットから(クリックで拡大)

 Dsc01521_800x600 Dsc01519_800x600

Dsc01492_800x600

Syoubou_higashiuraseibu_20170330__3 Syoubou_higashiuraseibu_20170330__2

日記・コラム・つぶやき, 経済・政治・国際 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/29

長寿医療研究センターと協定を結びました。

東浦町は国立長寿医療研究センターと高齢者の介護予防に関して共に取り組んでいく協定を締結しました。

介護保険制度の改定に伴い、「(認知症)基本チェックリスト」の全戸郵送が廃止されます。そこで、東浦町では、平成29年度から、要介護・要支援認定を受けていない75歳以上の方約4000人に、基本チェックリストに代わる簡易スクリーニングとして「フレイルチェック」を郵送し、フレイルと判定された場合は、より詳しい「基本チェックリスト」によるチェックを対面で行い、その結果を踏まえて高齢者の介護予防や治療につなげます。フレイルチェックおよび予防や治療の効果の分析には、国立長寿医療研究センターが携わり、介護予防施策や医療の効果の評価・検証を最低5年間にわたって行います。

これまで、さまざまな健康施策や介護予防施策を実施してきましたが、残念ながらその効果について検証ができていたとは言えません。長寿医療研究センターとの連携により、健康施策の効果を検証し、結果をフィードバックすることによって、より効果的な施策に結び付けることができると期待をしています。医療と介護に保健分野(東浦町保健センター)が加わって、共に取り組んでいきます。

フレイル(虚弱)とは、加齢に伴う心身機能の低下で、介護が必要になる手前の状態で、早期に介入をすれば元気に戻ることができるそうです。
膝が悪い人は目が悪かったりするそうです。目がよく見えないから、動けなくて運動不足になっているケースもあり、対症療法だけでなく、原因究明も含めて複数の医療科が情報共有しながら治療を進めていく必要があります。

025290329_800x599

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/28

兵庫県西脇市探訪記

昨年夏に兵庫県西脇市を訪問し、市長にお会いしてきたときのレポートです。

●西脇市の概要
加古川とその支流の杉原川沿いに中心市街地が形成されている。古くからの織物産地だけあって、市街地には播州織の工場の佇まいが残っている。それでも、昔は千数百軒あった織物工場がいまでは200軒程度になったそうだ。ここは先染め糸を使ったシャツ地などの織物が主体で、知多の綿織物よりも技術レベルが高い。国産のシャツやハンカチのシェアは70~80%。ハンカチのライバルは海外ではなくて今治のタオルハンカチだそうだ。
農閑期の副業として釣針の生産も古くからおこなわれており、がまかつの本社は西脇にある。神戸牛の中のシェアは15%程度。兵庫県のこのあたりは山田錦の産地で、大高の萬乗酒造(醸し人九平治)に買ってもらっているそうだ。
明石の真北にあり、北緯35度線と東経135度線の交わるところにあるので、「日本のへそ」として、全国へそのまち協議会という全国の自治体ネットワークに加入している。西脇市出身の著名なグラフィックデザイナー横尾忠則氏のゆかりの地でもある。

P1250346_800x600

 P1250341_800x602 P1250343_800x600
 P1250345_800x600 P1250354_800x600

●片山象三市長について
片山市長は、もともと繊維機械を扱う企業家出身で、多職種を連携させた技術革新の実績もあり、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも取り上げられたことがある人。この地の産業再生を期待されて市長になったと見て良いと思う。繊維機械メーカーに勤めていた時には、営業で全国の産地をめぐっており、東浦のこともよくご存じだ。
当然のことながら、民間感覚のある行政経営、市民参加や地域の活動の活発化に力を入れようとしている。

●市長との会話の中で印象に残ったこと
最初に市長になった時に、職員が仕事の中でどれだけコストがかかってその効果がどうなっているのか全く考えていないことに驚いた。
11年前に合併したこともあって、公共施設の統廃合に心を砕いている。住民や議員も総論は賛成しても各論になると反対に回る。そこで、公共施設統廃合で実績のある秦野市の職員を市役所に呼んで講演をしてもらった。データに基づいたとてもわかり易い講義で、職員だけでなく議員も納得してくれた。
今、合併特例債を使って市役所と市民会館を移転しようとしている。これが当面の大仕事になる。市役所には年間13万人の訪問者があるが、職員には年間50万人の市民が集う場所にしようと言っている。そのためには民間の商業施設を入れることも考えられる。50万人には特段の根拠はないが、昨年度オープンした図書館・子育て支援センター・地区コミュニティセンターの複合施設の集客力が50万人(3割は市外から)だ。
西脇市には区長が責任者になっている地区立保育園と市立幼稚園と他に保育所があるが、これらを8つの認定こども園に統廃合する計画進も進めている。消防署は、緊急防災減災補助金を使って新築した。
普通会計の職員数は約230人で類似団体の中では全国トップクラスの少なさだ。友人の伝手で、デンソーと豊田自動織機を訪ねて、職員を1年間派遣して民間企業の働き方を学ぶ研修をお願いしている。
首長になって1期目なのにもう4回も水害を経験した。災害に備えるために、各地区ごとに住民にも入ってもらってタイムラインを作った。豪雨の前にため池の水位を下げるなどの対応も盛り込んである。
職員には、TPPならぬ、TTP(徹底的にパクる)でいけと言っている。他市町村を含めて、世の中の良い事例を学んで、真似をしまくることが大事だと思う。
国内に参考にすべき事例がなければ外国も積極的に参考にすべきだと思う。昨年は、休暇を取ってミラノの繊維機械見本市に行って、久しぶりに現地のイタリア人と旧交を温めてきた。一人で行ってくると言っても、職員も議員も誰も心配してくれなかった。
西脇市と多可町は定住自立圏を構成しているが、隣の加西市と加東市も対等の関係で定住自立圏をつくっており、その下に西脇・多可定住自立圏をくっつける構想がある。
ごみ処理は加古川下流の小野市を含めた広域で焼却施設をつくる計画が破談になった。西脇市は隣の多可町と1市1町で焼却施設をつくることになる。

●西脇市内を見学
市長との意見交換後に、少しわがままを言って、市内を見せていただいた。
兵庫県立工業技術センターでは、休館日にもかかわらず、所長自ら案内してくださった。市長になる前に片山さんが発明した効率的に小ロットの整経を行う装置のデモ運転を見ることができた。

P1250368_800x600

 P1250375_800x600 P1250371_800x600

P1250378_800x600
 
図書館複合施設も休館日に見せていただいた。図書館、児童館、地区コミュニティセンター(事務所、会議室、調理室、ホール、スタジオ)が入っており、地域の人たちの運営による軽い飲食物をだすスペースもある。図書館は、近年よくあるような平屋の大空間に遠くまで見通せるように低めの棚が配置してある。子どもが騒いでもよい天蓋のあるスペースや壁の上の方まで造り付けの書架と高級感のある落ち着いた家具のあるスペースなどに、岐阜メディアコスモスや武雄市立図書館の影響を感じた。
利用者は、預金通帳のような読書通帳をつくって、ATMのような記帳機で貸出日、書名、著者名、本の値段などを印字して読書の記録を残すことができる。

P1250453_800x600

 P1250394_800x600 P1250399_800x600
 P1250384_800x600 P1250383_800x600
 P1250388_800x600 P1250450_800x600

 P1250412_800x600 P1250401_800x600
 P1250414_800x600 P1250416_800x600

 P1250448_800x600 P1250408_800x600

 P1250419_800x600 P1250421_800x600
 P1250426_800x600 P1250427_800x600
 P1250428_800x600 P1250429_800x600
 P1250433_800x600 P1250442_800x600
 P1250437_800x600 P1250440_800x600
 P1250430_600x800 P1250435_800x600

 
この付近は、区画整理で造られた住宅地で、電柱は本通りから一本入ったところに設置されているので、街路の景観はすっきりしている。坪15万円程度で売り出しているが、隣接する民間宅地開発地が坪10万ほどで売り出されているため、売れ行きはいま一つとのこと。購入者は近隣市町のエリア内が大半とのこと。

P1250455_800x600
 
市街地の水路沿いにある旧來住家(きしけ)住宅は国登録有形文化財。繊維業や銀行業で成功した來住家が大正時代に建てた邸宅で、欅の大黒柱や屋久杉の天井板など、随所に贅が尽くされている。建物正面の2階部分にある虫籠窓の中央の格子だけ漆喰が塗られていない。これは、敢えて未完成にすることで、発展途上でまだまだ発展することへの願いが込められている。
離れの洋館建てには、ワン・デイ・シェフの食堂、西脇TMOのオフィス、播州織オーダーメイドシャツの店が入っていて、送料込5400円ほどでオーダーメイドのワイシャツを作ることができる。

 Dsc_2751_600x800_2 Dsc_2749_598x800
 Dsc_2740_800x600 Dsc_2730_800x600
 P1250457_800x600 P1250465_800x600
 P1250466_800x600 P1250349_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/27

東浦未来役の小坂井祐莉絵さんが来てくれました。

知多娘の東浦未来ちゃん役の声優 小坂井祐莉絵さんが、役場に来てくれました。来年から大学に通いながら、アニメなどの声優として本格的な活動を始めることにするそうです。
小坂井さんはいま大学3年生。東京への往復が増える中で、学業も両立、保育士資格もしっかり取って卒業したいとのこと。東浦のことは大好きでこれからも知多娘や東浦「超」観光大使として、まちのプロモーションに関わってくださるそうです。
さあ、いよいよ人気と年季のピラミッドに挑戦です。とびっきり明るく素直な性格を大切にして、子どものころからの夢を一歩一歩実現して行ってほしいと思います。

Dsc01488_800x600

先週末から、早川公康さん、ほしのまあさんと、3人続けて活躍中の西部中学校卒業生にお会いできるとは本当に偶然です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/26

平池台自治会と石浜県営住宅自治会の総会がありました。

午前に平池台自治会の総会と、午後には県営住宅自治会の総会に出席しました。
両方とも地域のコミュニティづくりに感謝を申し上げるとともに、地域福祉の重要性をお話しして、今後ともご協力をお願いしました。また、3月定例議会で可決された新年度予算の内容についてかいつまんでお話しをさせていただきました。
平池台自治会では、自治会・自主防災会の活動に加えて、老人クラブの健康相談、子供会の新年度からの新しい企画の立ち上げ、高齢者のためのふれあいサロンへの参加呼びかけ、子どもの居場所づくり、音楽活動を通じたコミュニケーションの場づくりの試行などについて、報告がありました。

藤江地区で予定されていた「地下トンネル探検」は、雨のため中止となりました。2年前から各地区で小学生向けに順次実施している地下水路の見学会です。昨年は卯ノ里地区の阿久比川上流部の暗渠に入りました。今回は藤江小学校下の並木道の地下を探検する予定でした。この水路は昔は須賀川の支流の小川として地上を流れていたと思われます。

Wakuwakuharahara20170326

 

あすは、保育園の卒園式です。新年度を迎えると、今度は入学シーズンですね。

Dsc01481_800x598

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨晩は、なやばし夜イチへ。

昨日は夕方から納屋橋界隈の堀川沿いで開催されていた「なやばし夜イチ」に行ってきました。

なやばし夜イチとは、名古屋のどまんなか、納屋橋で毎月第4金曜日に開催されるナイトマーケットです。物販やフードの他、いろいろなワークショップや写真、作品の展示などあります。夏はビール、冬は熱燗、カフェもあり、クリスマスもあり、季節によってさまざまな企画があるようです。
今回は3月24日(金)・25日(土)と日本酒祭りでした。名古屋周辺の13の酒蔵が参加。初回は1600円でお猪口と5杯綴りのチケットを買って、堀川沿いに並んだテントの料理を楽しみながら、好みのお酒を飲み歩く趣向です。

Dsc01444_800x600

Dsc01448_800x600_2

 Dsc01446_800x600 Dsc01457_800x600
 Dsc01449_800x600 Dsc01452_800x600
 Dsc01458_800x600 Dsc01459_800x600
 Dsc01462_800x600 Dsc01455_800x600

“納屋”橋と言うくらいですから、昔は商家の倉庫が堀川沿いに立ち並んで賑わっていたのでしょう。これまで水辺のロケーションをあまり活かしてこなかった名古屋の水辺興しの試みです。

次回の夜イチは4月28日(金)だそうです。
 ・公式ブログ http://natsu1yoichi.blog133.fc2.com/
 ・Fasebook https://www.facebook.com/nayabashi41/

Nayabashiyoichi_stampcard2017_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/25

メディアスまちフェスinあいち健康プラザ 行ってきました。

3年前に東浦町の文化センターで第1回目を開催したメディアスまちフェス。一巡してまた東浦のあいち健康プラザに帰ってきました。
開会式では地元を代表してご挨拶をさせていただきました。司会者からいきなり健康の秘訣はと聞かれて・・・たっぷり睡眠をとることでしょうか!

17499058_1365850140139547_852891328
あいち健康の森での開催ですから、あいち健康プラザや、大府と東浦で取り組んでいるウェルネスバレー推進協議会も参加して、健康にちなんだ企画がいっぱいです。クイズ!まちほれワンワンも健康にちなんだ問題が・・・。また、プラザホール内のブースも健康にちなんだ展示や体験が・・・。

 Dsc01393_800x602 Dsc01391_800x600

こちらは、炭酸飲料を調合する体験。500mlのコーラの中にはスティックシュガー(3g)×18本分の砂糖が入っているのだそうです。薬草園のカワラケツメイ茶もどうぞ。アロマセラピー体験やハンドマッサージもあります。

 Dsc01366_800x601 Dsc01373_800x600
             Dsc01377_640x480

知多メディアスネットワークの加藤社長さんが詰囲碁に挑戦!かるた取りなら自信ありですが、囲碁はちょっと・・・。

Dsc01371_800x598
東浦出身で東京で活躍中のイラストレーター ほしのまあさんの手作り工作は色鉛筆で描いた絵でキーホルダーをつくります。
彼女の本名は“あまの しほ”さん、淡いパステル調でこどもやどうぶつをモチーフにした作品がたくさんあります。
 http://hoshinomaa.com
 http://lineblog.me/hoshinomaa
 http://hoshinomaa.theshop.jp
偶然にも2日続けて、西部中学校卒業後、ご自身の得意分野を活かして活躍中の若い方にお会いすることができました。東浦出身の方がこうして故郷で貢献してくださるのは本当に嬉しいことです。

 Dsc01386_640x479 17499462_1365850143472880_754030073
Dsc01394_800x600

Hoshinomaa_pic_20170325

健康プラザの健康開発館の方では、至学館大学健康科学部による健康料理のふるまいがあり、味見の行列ができていました。メニューとレシピはこちらをご覧ください。

 Dsc01415_800x600 Dsc01431_800x600

このあと、パパイヤ鈴木さんのトークショーが予定されています。

玄関アトリウムでは子どものダンスパフォーマンスが行われています。この健康プラザは県の施設ですが、つくづく立派な建築だと思います。

Dsc01430_800x600
 Dsc01433_800x600 Dsc01436_800x600
 Dsc01406_800x600 Dsc01408_800x600
             Dsc01403_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/24

宮城県からお客様

東浦町と災害時相互応援協定を締結している宮城県柴田町にある仙台大学の早川公康准教授と2年半ぶりにお会いしました。仙台大学は、北海道・東北地方で唯一の体育系大学で、オリンピック選手もたくさんいるそうです。早川公康准教授は、東浦町の出身で、西部中学校の第一期生です。大阪市立大を経て東大大学院で博士号を取得し、健康・スポーツ科学の分野で研究をされています。母校の半田高校陸上部の指導の傍ら、役場に立ち寄ってくださいました。子どもの体力増進など、町のスポーツや健康について、専門のお立場から助言をいただけたらと願っています。
東浦出身の方々が各分野で活躍をされています。そんな方たちが故郷を気にかけてくださるのはありがたいことです。

Dsc01364_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/23

衣浦大橋整備促進期成同盟会の要望活動

昭和31年に日本初の海上橋として開通した衣浦大橋(現在の東行きトラス橋)。もうすぐ60年になろうとしています。

衣浦大橋整備促進期成同盟会として、関係市町の首長と県議会議員が県建設部長に対し、老朽化対策と渋滞対策を要望しました。
1.衣浦大橋の架け替え整備に向け、調査・設計を早期に行うこと
2.衣浦大橋の架け替え整備を含む地域に必要な道路整備を計画的かつ着実に進めるため、必要な財源を確保すること
3.衣浦大橋西側交差点の拡幅及び左折レーン橋の設置、衣浦大橋東側立体交差化を早期に実現すること

Dsc01362_640x480

P1130738_640x480b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/22

メディアスまちフェスinあいち健康プラザ のお知らせ

知多メディアスネットワークがお贈りする「メディアスまちフェス」。
3月25日(土) 10時から、あいち健康プラザで開催します。私も参加します。

恋するフォーチュンクッキーの振り付けでおなじみのパパイヤ鈴木さんのトークショー、東浦町出身のイラストレーターほしのまあさんによる手作り工作教室、クイズ!まちほれワンワンの公開収録、また、ウェルネスバレー推進協議会によるウェルネス体験や至学館大学による健康料理ふるまい などがあります。お楽しみに。

Medias_machifes_20170325a

Medias_machifes_20170325b_1283x1800

3年前には文化センターで、東日本大震災追悼会とメディアスまちフェスを同時開催しました。この時は、ダンスコンテスト、ボーカルコンテスト、「BOYS AND MEN」コンサート、クイズ!まちほれワンワン東浦特別編 などで盛り上がりました。
東浦町は知多メディアスネットワークに株主として出資しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/21

3月定例議会(平成29年第1回定例会)が閉会しました。

平成29年3月定例議会が終わりました。29年度予算案をはじめ、すべての議案が可決・決定されました。以下、3月定例議会に上程された議案とその採決結果です。

 

 [同意・報告・条例案]
①固定資産評価審査委員会委員の選任(伊部正城氏の後任に杉山信義氏)
②下水道管渠敷設工事請負契約(28-1工区)の変更の専決処分の報告(6264万円を6250万円に,東浦土建)
③下水道管渠敷設工事請負契約(28-2工区)の変更の専決処分の報告(6199万円を6216万円に,平林組)
④下水道管渠敷設工事請負契約(28-3工区)の変更の専決処分の報告(6048万円を6088万円へ,高木建設)
⑤いじめ問題対策委員会及びいじめ問題調査委員会条例の制定(いじめ防止対策法に沿って、常設のいじめ問題対策委員会と、必要に応じていじめ問題調査委員会を設置)
⑥特別職報酬等審議会条例の一部改正(組織改編に伴い担当課名を変更)
⑦職員の育児休業等に関する条例の一部改正(非常勤職員の育児休業のに係る任期要件緩和と、子の範囲の拡大)
⑧税条例の一部改正(住宅ローン減税と、軽自動車税のグリーン化特例の延長)
⑨道路占用料条例の一部改正(ガス事業法改正に伴う語句の変更)

採決の結果、①⑤~⑨について全会一致で可決・同意されました。

 

 [予算案]
①平成28年度一般会計補正予算(第4号)(ふるさと寄附金の増額、扶助費の増額、道路新設費の減額、学校施設整備費の増額など)
②平成28年度一般会計補正予算(追加、第5号)(町道整備費の繰越)
③平成28年度下水道事業特別会計補正予算(第2号)(下水道工事費の減額)
④平成29年度一般会計予算
⑤平成29年度国民健康保険事業特別会計予算
⑥平成29年度土地取得特別会計予算
⑦平成29年度後期高齢者医療特別会計予算
⑧平成29年度下水道事業特別会計予算
⑨平成29年度水道事業会計予算

新年度予算の概要についてはhttp://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2017/03/29-c980.htmlをご覧ください。議会での所信はこちらをご覧ください。
④⑤は13:2の賛成多数、他の予算案は全会一致で可決されました。

 

 [意見書案]
①あいち健康の森内温水プールの存続を求める意見書

①は、県が経費削減を検討している健康施設内の温水プールの存続を要望するもので、全会一致で可決されました。

 

各議員の賛否など審議結果の一覧は議会HPでご覧になれます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/20

三連休最終日は・・・お彼岸のお参り、池の掃除と里山の整備を少年野球チームが手伝ってくれました。

お彼岸のお参りで、お寺へ。参道の門をくぐって階段を上がると、まちを見下ろす高台に本堂があります。

Dsc01283_800x600

Dsc01275_800x600

Dsc01285_800x431
隣りは伊久智神社の大楠の森。寺と神社の間にある昔ながらの切通しの坂は、商工会の「私が決める『ひがしうらの坂と道』」の愛称募集で、グランプリに選ばれた「伊久神坂」。うまいこと名付けたもんだと思うのです。

Dsc01272_800x600

Dsc01278_640x479

Dsc01280_800x601
本堂は江戸時代の後半くらいに建てられたのではと思います。
寺の庫裡の方はちょうどいま改装中。天井には太い松の梁。明治参拾七年施工の柱が出てきたそうです。それには、“明治参拾七年 施主 五代目 原田徳右ェ門”とあります。ちょうど、九代目がお彼岸のお参りにいらしてました。

Dsc01264_800x600

 Dsc01256_800x600 Dsc01257_800x600

Dsc01261_800x600

 

昨秋にできなかった厄松池の掃除を今朝やりました。枯れた葦の間から出てくる出てくる缶、ペットボトル、ボール、菓子の箱、ビニール袋、雑誌の束・・・。少年野球チームの協力で午前中に終了。

 Dsc01246_640x480 Dsc01249_640x480
 Dsc01296_800x600 Dsc01317_800x600

Dsc01310_640x480

 

さすが中学生は体力が違います。午後からは自然環境学習の森で、水辺の池掘りと、枯れた竹の搬出をしてくれました。
切ればいいものを竹を一本丸ごと運び出してみたいのだそうです。「やってみれば?」と眺めていたら、力ずくでやってしまいました。この執念に感心。

Dsc01325_800x601_2

Dsc01331_800x599_2

Dsc01339_800x600

Dsc01347_800x600

Dsc01353_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/19

公務を終えて、午後から名古屋へ。

金山で電車を降りたついでに、昨日から始まった広重展をみてきました。ちょっと東海道を旅した気分になりました。有松など今も面影が残っているところもあります。
それにしても余計なもののない風景は美しい。山と川、そこに田、道と松、庵と人。コンクリート擁壁も高架橋も電柱も送電線もない。人の力で作ったものは目にやさしいと思います。

17424840_1643238525691740_132006123
本当は、県芸文のゴッホとゴーギャン展が目当てだったのが、行ってみたら1時間以上待ちの行列。結局断念することに。さすが明日までと言うこともあって駆け込みがあったのかもしれません。並んで待つのが大の苦手の自分としては、10階のアトリウムを1周以上している列を見て、圧倒されて帰ってきました。
この地域は、たとえ名古屋飛ばしにあっても、来たものに関してはせっかちな人も含めて万人に開かれていることに圧倒的優位性を持っているはずなのに、ちょっと残念です。もっと早く来るべきだったかも。

Dsc01230_800x600

 Dsc01232_800x600 Dsc01237_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オレンジカフェ こころ屋 開催のお知らせ

毎月1回ほどのペースで、町内を転々と開催しているオレンジカフェ「こころ屋」。今度は大府病院デイケアセンター もりおかの里 で開催します。北部中学校吹奏楽部や大正琴の演奏、クラウン チョクさんのバルーンアートやマルシェの出店があるそうです。

 3月25日(土) 13時~16時
 大府病院デイケアセンター もりおかの里 にて。

Kokoroya20170325a

Kokoroya20170325b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/18

「サイエンス講座」「まちを元気にするセミナー」を開催

午後から、文化センターの視聴覚室では、「サイエンス講座 高齢者を対象とした くすりの正しい飲み方・使い方」を開催しました。関心のある方が多いのに加えて、ちょうどお隣で絵画展と書道展をやっていたので、そちらのお客さんも講座に参加してくれたせいで、ほぼ満席。
名城大学薬学部の野田幸裕教授、吉見陽助教と学生の皆さんが、薬の服用のタイミング、飲食物との相互作用、指示通り飲みきること、お薬手帳の重要性などに関する講義と簡単な実験を行いました。実験では、鉄剤(貧血の薬)を緑茶と混ぜると、鉄イオンとタンニンが反応してどす黒くなってしまう現象を観察するなどしました。薬の中にはお茶の成分と化学反応をして薬効が無くなってしまうものもあるので、水かぬるま湯で飲むようにすべきとのことでした。

 Dsc01197_800x600 Dsc01202_800x600

 

となりの部屋で開催されていた絵画展と書道展の様子です。

 Dsc01206_800x600 Dsc01211_640x480

 

緒川コミュニティセンターでは、「まちを元気にするセミナーVol.3」を開催。グループでディスカッションしながら仮想の企画をつくるワークショップをしました。テーマは「町制70周年記念にどんなことをしたいか」。
最後に2つのグループによる発表があり、①みんなで食事をつくってみんなで食べることのできる居場所、②町内の数ヵ所で音楽イベントを行いそれを「う・ら・ら」バスでつなぐ のプランが出ました。反省では、「とにかく考えてみるもんだ」「人それぞれいろんな考えがあるもんだ」「合意形成がポイント」「枝葉より幹となる考えを出すこと」などの感想が出ていました。

 Dsc01221_640x480 Dsc01225_500x375

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/17

わたしのまち、東浦の一年

いま、役場庁舎の1階ロビーで「東浦の一年 写真パネル展」と題して、広報用に撮った写真を展示しています。役場にお出でになったときに、ぜひお立ち寄りください。
4月15日までの展示です。

Dsc01179_957x1280

 Dsc01183_864x1280 Dsc01180_864x1280
 Dsc01181_864x1280 Dsc01182_864x1280

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/16

於大まつりのポスター

於大まつりのポスターを町内のお店で見かけるようになりました。
今年の於大まつりのポスターはちょっと変わったブラックが基調。商工振興課の新人職員のデザインだそうです。

Dsc01153_600x800
於大まつりは、4月15日(土)の開催予定です。皆さんのご参加を心待ちにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学校の卒業式

藤江小学校の卒業式に出席しました。子どもたちが卒業生の見送りの準備をしています。
東浦町の小学校は総じて校区の高台の一等地にあります。先人たちの教育への想いを感じます。

Dsc01155_800x599

 Dsc01164_400x300 Dsc01169_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/15

声の広報ひがしうら・・・広報を音声で聞くことができます

声の広報ひがしうら とは、広報ひがしうらを音訳(注1)したものです。声の広報ひがしうらの音声データには、「音訳ボランティア アイアイ」の皆さんが、視覚障害をお持ちの方のために、広報ひがしうらを音訳した音声データを使わせていただいています。

(注1)音訳とは、文字情報を音声化すること

詳しくは以下をご覧ください。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/hishokoho/kohotokei/gyomu/koho/koenokoho/index.html

平成29年度の「声の広報ひがしうら」はこちらで聴けます。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/gyosei/koho/koenokoho/h29/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/14

菜の花の季節

さて、3月。菜の花の季節がやってきます。
これはチンゲン菜のつぼみ。トルコギキョウのようにも見えますが、よ~く見ると菜の花です。ちぢれ菜花のつぼみもあります。どちらも茹でたては鮮やかです。

Dsc00843_800x600

Dsc00847_800x600

Dsc00844_800x600

Dsc00848_800x600

こちらは町内の菜の花畑。まだちょっと小さいですが、毎年季節になると畑が黄色一色になります。

Dsc01069_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/13

サイエンス講座「くすりの正しい飲み方・使い方」 のご案内

生活や身のまわりでみられる科学とその仕組みについて学ぶシリーズ講座です。
各分野の研究者・専門家により語られる研究成果をじかに学びませんか?

今度のサイエンス講座は、「高齢者を対象としたくすりの正しい飲み方・使い方」をテーマにとりあげます。

 3月18日(土) 13時半~15時 文化センターにて。

Sciencekouza_kusuri_20170318c_824x1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/12

春めいてきました。

アンズの花が咲きました。
モクレンの花ももうすぐ咲きます。

Dsc01151_800x600

 Dsc01078_800x602 Dsc01152_800x600

 

イオンモールの駐車場をお借りして消防団観閲式を行いました。分列行進は整然と。一方、放水トラブルもありました。

Dsc01143_800x601

 

夕方、セントラル愛知交響楽団のアウトリーチ活動を紹介する演奏会とパーティが半田で開かれました。半田市はセントラル愛知交響楽団と協定を結び、小学校などで音楽に親しむ授業を積極的に進めています。
東浦町では、毎年、町内の中学校1校にセントラル愛知交響楽団を招いて、子どもたちが生のオーケストラに触れる機会と、吹奏楽部が指導を受け共演する機会を設けています。この活動を12年間続けているので、今年度で3中学校を4巡したことになります。そのおかげか、吹奏楽部のレベルは高く、今年度は3中学校共に知多地区で金賞を受賞し県大会に出場しています。

Concertparty20170312_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/11

三丁公園でベンチづくり

エンジョイ三丁公園”の企画です。
三丁公園で新たに完成する休憩施設の中に置くベンチをみんなで作って、このあと塗装をしました。於大公園で管理の作業をしている方たちが中心となって指導してくださいました。町内の木材屋さんに間伐材を取り寄せてもらったそうです。鋸や金槌が初めての子どもたちもいて、ベンチの作製と自由工作に夢中になっていたようです。参加者からは公園が身近になったという感想をいただきました。

Dsc01097_800x599

 Dsc01094_800x600 Dsc01093_500x375

 

午後は名古屋で行われた叙勲の祝賀会に出席しました。私と時期は重なっていませんが、町議会議員を24年間務められた方で、先々を見越して平成大橋や東浦知多インターの開通、緒川駅高架化、イオン東浦誘致など平成の初めの東浦の変貌に深く関わって来られた方です。

 Dsc01113_800x602 Dsc01132_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/10

「とりあえず大学に行く」は社会的罪、決して若者の未来にはつながらない。

TEDxAnjoでの毛受芳高めんじょうよしたか)氏のスピーチが頷ける。
なんとなく気づいているけど、うまく言えないことをズバリ!

「とりあえず大学進学」が生む3つの社会的罪
 ・家庭から豊かさを奪う
 ・少子化
 ・若者の力を削ぐ

大学でしかできないことはたくさんある。しかし、“大学を出ておかないと将来困る”という脅しのような理由でとりあえず大学進学させるのが問題。

“とにかく大学へ”は過去の遺物。今必要な大学進学に囚われない生き方。

言葉による励ましよりも、社会につながる「探索的体験」が自立を生む。これを18歳までに積む。
会社が高卒を採用し、しっかり育てるしくみを作る。社会に早く出てしごとで力をつける。学び直しだってできる。
そうすることで、大学教育も本来の機能を持つことができる。

https://www.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=JF8VIVddiv0&app=desktop

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/09

6年生のセレクト給食

卯ノ里小学校の卒業記念セレクト給食に教育委員長、教育長とともに参加。6年生がうどん、チキンライス、きなこ揚げパンの中から2種類、焼売、チキンのカレー焼、肉団子、魚の香味フライの中から2種類のように、選ぶバイキング形式の給食です。2回戦もあるので食べたいものは大体食べられます。料理は残すことなくほぼ完食。
子どもたちから、町長さんの好きだった科目は?と聞かれて、「う~ん、理科と社会だったかな、図工も好きだったけどね。」と答えました。町長さんの仕事は何?と聞かれて(まずは「役場の社長さん」と答えることにしていますが)なかなか短くわかりやすく答えるのは難しいなあと思いました。

 Dsc01035_640x480 Dsc01040_800x600
 Dsc01046_640x480 Img_3263_600x450
 Dsc01049_640x480 Dsc01056_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/08

「まちを元気にするセミナーVol.3」 のご案内

  ボランティア・市民活動に興味のある方へ贈る
  せる企画づくりコツを学ぶ体験型講座
     「まちを元気にするセミナーVol.3」

3月18日(土)13時~17時 緒川コミュニティセンター 講義室にて、開催します。

グループで話し合いながら、企画づくりの疑似体験を行います。
 ・企画づくりのメリットとは?
 ・事例紹介
 ・ワークショップ
  「やりたいこと」×「ニーズ」のマッチング

講師に、NPO法人 地域福祉サポートちた 事務局長の市野めぐみさん。
ゲストに、NPO法人 新青樹 代表理事の竹内より子さん をお招きします。

参加申し込みは、3月15日までに東浦町役場協働推進課へ。

Machi_wo_genkinisuru_seminar_vol3_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/07

文化財修復のためにご寄附のお願い ・・・ あれから一年 ・・・ ふるさと寄附金「於大のふるさと 文化財等保存活用事業」を開始

文化財修復のためのご寄附をお願いいたします。

いただいた寄附金は、東浦の歴史を後世に伝えるため、平成28年3月4日に発生した乾坤院の火災により被害を受けた文化財等の修復、保存に活用させていただきます。

① 町の文化財に指定されている山門の修復費用の一部を補助します。
② 焼失してしまった堅雄堂の模型を作製し郷土資料館に展示します。
③ 焼け残った堅雄堂の屋根瓦(宝珠)を復元します。
④ 焼け残った水野忠政座像の保存処理と複製を作製します。

東浦町ふるさと寄附金「於大のふるさと  文化財等保存活用事業」について、詳しくは下記をご参照ください。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/zaisei/zaisei/gyomu/furusatokihu/furusatobunkazai/1488173513983.html

特設ページは、http://www.citydo.com/furusato/official/special/23999/です。

Bunkazai_hurusato_20170304a

Bunkazai_hurusato_20170304b
  http://www.citydo.com/furusato/official/special/23999/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/06

防災講演会「東日本大震災におけるいわき市消防本部の活動について」 のご案内

東日本大震災の発生から今年で6年となります。
今後、発生が懸念される南海トラフを震源域とする巨大地震から一人でも多くの命を守り、通期を考えるために私たちがすべきことを一緒に考えてみませんか?

講師にいわき市消防本部の平山和哉氏をお招きして、実体験を基にした講演をしていただきます。

 3月11日(土) 13時~14時半 文化センターにて。

Bousai_kouenkai_20170311c

 

地震と津波と原発と、東日本大震災におけるいわき市消防本部の活動状況について、消防防災科学センターのサイトにこんなレポートが出ています。ご参考まで。

http://www.isad.or.jp/cgi-bin/hp/index.cgi?ac1=IB17&ac2=106fall&ac3=6399&Page=hpd_view

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吹奏楽の合同演奏会 のお知らせ

Let's enjoy concert
町内の3中学校吹奏楽部、東浦吹奏楽団、東浦高校吹奏楽部 の合同演奏会を開催します。

3月11日(土) 13時半から 東浦中学校飛翔館にて

Suisougaku_20170311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なないろ車座vol.6 「ツアー添乗員の『じつは!(実は)(実話)』」 のご案内

3月14日(火) 10時~11時半
総合ボランティアセンター なないろ にて。

Kurumaza_20170314_content_image

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/05

ミル貝+平貝+牡蠣ほとんど食い放題

先週の土曜日のことです。おだい市inあいち健康の森の帰りに寄ったげんきの郷で見つけた知多産ミル貝(300円)と平貝(500円)と、鳥羽浦村産の段ボール箱詰め殻付き牡蠣(1個約80円)を買ってきて、うちで食べました。

Dsc00770_800x600

 Dsc00778_800x600 Dsc00781_800x599

ミル貝は表面の皮を湯掻いて取れば、内臓は茹でて、他は刺身で食べられます。平貝はカラス貝をデカくしたような黒くて大きな貝なのですが、食べられるのは貝柱のみと魚屋さんが教えてくれました。といってもホタテよりもずっと大きい立派な貝柱です。

Dsc00782_800x600
カキは、半分は生でレモンを絞って、残り1/4は酒蒸しで、そのまた残りを焼き牡蠣にしていただきました。生はサッパリ、焼き牡蠣は旨みが凝縮してとても美味でした。腹いっぱい食べましたが、家族全員無事です。

Dsc00783_800x600

 Dsc00795_800x600 Dsc00794_800x600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/04

婦人会総会、防災ネット15周年、図書館コンサート、体育協会交流会 に出席

朝は、町婦人会連絡協議会の総会がありました。車座になって座談会をするようになって3年目。毎回皆さんと率直な会話ができるので楽しみにしています。
さすがに、1年間役員をやってきた方たちは、住民として地域の活動に参加することの必要性や遣り甲斐を感じていらっしゃるようでした。ただし、新たな仲間を増やすことの難しさや苦労も聴くことができました。
「行政の発信が住民に届いていない。広報とホームページだけでなく、SNS、フリーペーパーや学校メルマガなど様々なチャネルを重層的に使うことや、新住民の転入時に役場から地区のコミュニティセンター、公園、避難所、その他の地域資源を探索できるようなスタンプラリーを作ったらどうか。」「65歳成人式を同窓会で終わらせずに、各地域で開催する講座やシルバーカレッジにつなげるしくみにしてはどうか。」など前向きで参考になる提言も頂きました。

 

昼は、東浦防災ネット設立15周年記念式典に出席しました。
東浦防災ネットには、役場玄関での防災フェアをはじめ、防災リーダー・災害ボランティアコーディネーター養成講座、町内各学校での防災教育、各コミュニティや町の防災訓練における講話などを実施していただています。まさに住民発の自立した自発的な活動として、東浦町の防災啓発と地域防災力の向上を担っています。川井会長をはじめメンバーの方々には、防災交通課と密に連絡を取り合っていただいています。2012年にはブラジルタイの危機管理担当や教育関係者が、来町し、東浦防災ネットの取り組みを視察しています。
式典と懇親会では、発足メンバーの苦労話やメンバーの落語と琴演奏を聴くことができました。

 Dsc00860_640x480_4 Busainet_15syuunen_page_3
 Dsc00864_640x481 Dsc00866_640x482
 Bousainet_15syuunenkinen_20170304_p

 

夕方は、17時から図書館コンサートを開催。「ラヤリエルウンスとラヤリエルウンスシルクロード」のメンバーが、総勢11名のキャストでペルシャ楽器の演奏と歌と踊りをお贈りする音楽イベントです。イラン出身のNKHアナウンサーで歌手のナヒードさんも東京から駆けつけてペルシャの詩の朗読と歌を添える二部仕立てでした。おかげで異国情緒あふれる素敵なコンサートになりました。
従来、図書館では、飲み食い、鳴り物はタブーでしたが、東浦町中央図書館では段階を踏んでカフェやコンサート実績を積んできました。最初は、閉館時間を過ぎてから試験的に行ったりもしました。一見非常識と思われることも、やってみればいつの間にか普通の光景になるものだと思います。図書館を単なる貸本屋に終わらせずに、文化や情報発信もする、そして居心地の良い魅力ある“知の拠点”にしていきたいものです。もちろんそのためには、選書やレファレンス、また調査研究やディスカッションの環境を整えるなど、図書館本来の機能を充実していくことも忘れてはならないと思います。
コンサートの後で、ナヒードさんとお話をすることができました。ナヒードさんによればイランは人々の風貌も気候・風土も地方によってさまざま。ナヒードさんの故郷は、カスピ海に近い方で、水田地帯が広がる日本に似た気候・風土の所だそうです。イランの大学生は女性の方が多く、国会議員の女性比率も高いのだそうです。中東と言えば砂漠の国で、女性が社会に進出していないと思い込んでいましたが、とんだ私の偏見でした。ナヒードさんからは、彼女の住む世田谷の図書館でもこんなコンサートができればいいのにと賛辞をいただきました。

Dsc00918_800x600_2

Dsc00937_600x800

Dsc00900_800x600

 Dsc00928_800x600_2 Dsc00934_800x600
 Dsc00942_800x600 Dsc00947_800x600
Dsc00944_800x600

 

体育協会の交流会も開かれました。各部の紹介ではグランドゴルフ部の会長さんが手品の小ネタを披露していました。
図書館だけでなく、体育館や文化センターについても、活用を工夫し、より魅力的な場所にしていければと思います。

 Dsc00950_800x600 Dsc00953_500x375

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/03

卒業の季節です。今日は中学校、一昨日は東浦高校。

今日は、町内の中学校の卒業式が行われ、私は北部中学校の卒業式に出席しました。平松校長が「過去は知ることができるが、変えることはできない。未来は知ることはできないが、変えることができる。」と卒業生を励ましました。卒業生の答辞にはみんなが感情移入、やはり中学校の卒業式は感慨深いです。

3月1日には、地元の県立東浦高等学校の卒業式がありました。181名の卒業生が希望を胸に巣立っていきました。
東浦高校は今年の入試倍率が2.7倍と大躍進。県下3位だそうです。
卒業生代表の答辞が嬉しかったです。彼女は、「生徒会に携わることで自分が変わった。東浦町の“自治を考えるワークショップ”にも参加した。そういった経験を通じて、自分の生き方についてこれまで自分は考えてこなかったことに気付いた。」のだそうです。「世に出づる日の もとゐ築かん」と校歌にある通り、これまで身に着けてきたことを基礎として大きく羽ばたいてくれることを祈ります。
卒業の歌はEXILEの“道”でした。これまた女子生徒の表情豊かな指揮が印象的でした。
以下は、私が卒業のしおりに書かせていただいた祝文です。

 

お祝いの言葉

東浦町長 神谷明彦

 ご卒業おめでとうございます。高校生活には、いろいろな思い出があったことでしょう。明日から皆さんは、次なる未知のステージへと進むこととなります。皆さんのご卒業をお祝いして、私からは3つのことを申し上げたいと思います。     
 一つは、東浦高校で高校卒業の課程を終えたことに自信を持ってもらいたいと思います。もちろん皆さんはまだまだ未熟です。未知なることに不安もあるでしょう。しかし、皆さんは、小学校、中学校に加え、高校で学業に関すること、クラスや学校の活動を通じて人間関係を築くこと、自分で進路を考えることなどを学んできたはずです。これらのことが経験として、自分の中に定着していることに自信を持って、まずは新たな第一歩を踏み出してみてください。壁に突き当たって悩むこともあるでしょうが、それが必ずあなたを一回り大きくします。
 二つ目に、時間を大切にしてください。月日はあっという間に過ぎていきます。特にこれまでは、登下校時刻、時間割など、時間管理の大元を自身でして来なかっただけに、これから、自分自身で自分の毎日毎年を刻んでいくことが求められます。10年くらいはすぐに過ぎます。自分で自分の時間を有効に使って自分を育てていかねばなりません。
 最後に、これまで皆さんを育ててくださったご両親、ご家族、先生方に感謝の言葉をかけて欲しいと思います。また、東浦で学んだことを忘れないでください。
 あなたのまわりの人々に感謝をしつつ、あなたなりの人柄と能力を活かして活躍をして欲しいと思います。
 東浦高校の卒業生一人一人の成長と幸せを祈っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/02

平成29年度予算案の概要

今日から、3月定例議会が始まりました。3月定例議会では、条例案や補正予算案のほか、新年度予算案が審議されます。

平成29年度予算案では、一般会計を145億9300万円、特別会計・水道事業会と合わせた予算総額を232億4663万円としました。

  一般会計    145億9300万円(+0.0%)
  4特別会計    75億 210万円(-1.8%)
  水道事業会計  11億5153万円(-9.4%) 
  予算総額    232億4663万円(-1.1%)

一般会計の町税収入のうち、町民税35億1510万円(-2.1%)、固定資産税36億9926万円(+0.3%)、都市計画税5億6473万円(+0.2%)を見込んでおり、町税全体では81億8251万円(-0.9%)と見込んでいます。
町税をはじめとする町の自主財源は101億9259万円と見込んでおり、歳出合計に占める割合は69.8%(+0.8point)です。
一般会計歳出のうちの構成比の大きなものは、民生費38.0%、総務費14.9%、土木費13.4%、教育費10.9%の順になっています。

新年度の予算の特徴としては、福祉関係の新規事業が比較的多く、特に介護保険制度の改正に伴う高齢者福祉施策、子どもの貧困対策に注力したものになっています。防災対策については、引き続き給食センター跡地(北部地区)防災倉庫の建築施工をします。主な新規事業は以下の通りです。

 ●企画関係
  第6次総合計画(平成31~40年度)の策定 1466万円
  ウェルネスバレー地区土地利用計画策定 324万円

 ●総務・防災対策関係
  給食センター跡地(北部地区)防災倉庫の施工 5332万円
  庁舎南倉庫の建替え(車庫、書庫の文書管理) 9736万円
  全公用車にドライブレコーダー設置 190万円

 ●福祉関係
  介護予防・日常生活支援総合事業 1683万円
  フレイルチェック事業(長寿医療研究センターと) 418万円
  コミュニティソーシャルワーカー配置 460万円
  医療介護連携ICT連絡帳ネットワーク構築 427万円
  地域ささえあいセンター(居場所のモデル)事業 508万円
  遺児手当を月額3500円(18歳まで)から5000円(5年間)に変更 3100万円
  ひとり親家庭等児童受験料給付 350万円

 ●都市計画・交通関係
  緒川駅エレベータ・多目的トイレ設計工事補助(JRへ) 666万円
  景観重点地区の選定など景観まちづくりの推進 152万円

 ●文化財保護関係
  天白遺跡発掘調査(区画整理に伴う) 6846万円
  乾坤院堅雄堂複製模型、焼損物復元・保存 603万円
 

詳細については、町ホームページに新年度予算案をアップしてありますので、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/10/29yosannsyo.pdf
をご覧ください。

予算案と新規事業等の概要説明はこちらです。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/10/29gaiyou.pdf
 (こちらの方がわかりやすいと思います。)

また、毎年予算編成時期に議会各会派からの予算要望をいただいています。
昨年から、議会各会派からの予算要望と、要望に対する行政の考え方を公表しています。
“平成29年度当初予算に対する各会派からの要望と回答”はこちらです。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/zaisei/zaisei/gyomu/zaisei/kaihayoubou/kaihayoubou.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/01

今日から、う・ら・ら のバスロケーションシステムが使えます。

Buslocationsystem20170301

 

バスロケーションシステムで、バスの位置情報をリアルタイムに確認!

 ■ バスロケーションシステムとは?
バスの現在地や運行状況などをWEBサイトや電光掲示板でお知らせするものです。

 ■ 利用法は?
バス停に貼ってあるQRコードを携帯電話やスマートフォンで読み取り、WEBサイトにアクセスします。町のホームページからもアクセスできるため、QRコードがなくても自宅のパソコンから確認することもできます。一部のバス停には電光掲示板も設置されているため、携帯電話などを持たない方でも運行状況を確認することができます。
う・ら・らの全停留所の運行情報はこちらのサイトで見ることができます。

http://busget-city.jp/c/f/index?sid=2

 ■ 電光掲示板が設置されているバス停は?
げんきの郷、緒川駅東口、イオン東浦、東浦町役場、新田分団詰所、アイプラ前、東浦駅、刈谷豊田総合病院、刈谷駅南口 です。
※刈谷豊田総合病院と刈谷駅南口は、刈谷市の設置で4月1日から運用開始します。

 

バスを待っていると、はたしてバスはこれから来るんだろうか? 行ってしまったんじゃないか? 運行状況はどうなってるんだろう? と不安になることはありませんか?
バスロケーションシステムは、バスの運行状況を表示して、そんな不安を解消します!
バスの運行状況は、一部の停留所に設置された電光掲示板、それから、みなさんのスマートフォン、パソコン、携帯電話でご覧になれるウェブサイトで、確認することができます。
 

さっそく、停留所で試してみましょう。

 ①停留所名の看板と時刻表の間に停留所のQRコードがあります。Dsc00817_1280x1258
 ②スマートフォンのカメラでこのQRコードを取り込んで、WEBサイトにアクセスしてみると、こんな画面が出てきます。
 Dsc00832_962x1280 Dsc00839_960x1280

 ③ちょうどタイミングよくバスが近づいてきました。
 

全路線の運行状況を確認するときは、東浦町バスロケーションシステムのウェブサイト(トップ画面)をご覧ください。

 ①アクセスすると次のようなトップ画面が出ます。Urara_bls_20170301b_821x615_2
 ②“運行情報”をクリックし、路線を選択すると、バスが今どこを走っているかが表示されます。Urara_bls_20170301a_853x638

 ③この他にも、バスの現在位置を示す地図や、各バス停の時刻表を表示することもできます。
 

停留所によっては、電光掲示板が設置されていて、路線上のバスの位置をリアルタイムで見ることができます。

 ○写真は、役場の停留所です。

Dsc00812_1280x960_2

Dsc00804_800x600_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »