« 春のしるし | トップページ | 昼から飯田線に乗って♪ »

2017/04/08

東浦町の保育園は私的契約児受入れ日本一?

保育園は、保護者が仕事で忙しく保育に欠ける児童の保育を受け持っています。しかし、受け入れに余裕がある場合、仕事を持たない保護者の場合でも受け入れることができます。これを私的契約と呼びます。
私的契約児を受け入れている保育園は、全国の都道府県の中でも愛知県に多く。その愛知県の中で、私的契約の割合が44.7%と最も高いのが東浦町です。(下表「平成28年4月1日現在の保育所の状況」を参照)
東浦町では、公立の保育園が8園と私立の幼稚園が1園のみで、以前から保育園が保育園と幼稚園の機能を兼ねてきました。したがって、保護者のどちらかが仕事を持たない場合でも私的契約児として受け入れるのが当たり前のようになっていて、待機児童ゼロどころか、保育園の余裕率が181%にもなっています。おそらく県内トップの東浦町は、全国トップではないかと思います。
しかしながら、平成27年度から国が0~2歳児について、月120時間から60時間と大幅に門戸を広げたため、0~2歳児の入園希望が殺到するようになってきています。

Hoikuen_shitekikeiyaku_kenbetsu_h28

Hoikuen_shitekikeiyaku_aichikennai_

|

« 春のしるし | トップページ | 昼から飯田線に乗って♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/65057935

この記事へのトラックバック一覧です: 東浦町の保育園は私的契約児受入れ日本一?:

« 春のしるし | トップページ | 昼から飯田線に乗って♪ »