« みんなで支えよう東浦町在宅医療・介護連携 医療・歯科・薬局一覧 | トップページ | 消防団消防操法大会 »

2017/06/10

中央文化展が開幕。文化センターにて、明日まで。

中央文化展が開幕。
華道、茶道、盆栽、絵画、写真、書道、ペン字、着付け、アートフラワー、手づくりよろい、短歌、川柳、歴史同好会など、文化協会会員の力作が展示されています。
今日から6月11日(日)まで、文化センターにて。
今回のテーマは「家族」「思い出」です。

19059411_1363777070410429_5050469_2
 
1階のホールでは、華道の展示とお茶席。お抹茶が飲めます。以下は作品の一部ですが、花瓶の下にアクリル板を敷くことでこんなにイメージが変わるのですね。

 Dsc_5711_300x225 Dsc_5719_800x600
  Dsc_5716_578x800_3 Dsc_5715_732x800_2

 
1階は他に盆栽、水墨画、短歌、俳句、川柳、将棋、歴史同好会などの展示。
2階は、洋画、日本画、写真、書道、ペン字、アートフラワー、着付け、手づくりよろいなど。

 Dsc_5751_640x480 Dsc_5748_800x599
 Dsc_5743_800x600 Dsc_5745_800x600
 Dsc_5730_800x600 Dsc_5738_800x599
 Dsc_5732_800x600 Dsc_5740_800x600
 Dsc_5727_800x600 Dsc_5726_800x600
 Dsc_5725_800x600

 
私は、書道と写真を出品しました。
書道は「邂逅」と書きました。「邂逅」とは「思いがけない出会い」の意味です。私の左は河合県議会議員の「愛」、右は加藤文化協会会長の「楽寿」。お二人ともお上手で、まさに肩身が狭いです。

Dsc_5733_1280x720

00600001_800x601

写真の題は「今も残る昭和の想い出」です。
東浦は繊維産業のまちでしたが、この20年ほどの間にその名残はすっかりなくなりました。これは全国的なことで、昭和の高度成長期に日本の発展を支えた産業の遺構を見直す動きが最近出てきました。
今年の4月末にBS朝日の取材があり、5月21日に「懐かしき昭和の旅 ~廃墟~」と題して2時間番組の放送がありました。紹介されたのは兵庫県の明延鉱山と北海道の羽幌炭鉱と、東浦の紡績工場です。
当時を知る人にとっては懐かしい思い出です。一緒に働いていた人たちはまるで家族のようだったのかもしれません。
テレビ取材があって思ったことは、20年~30年の間に物の見方や価値観は変わるものだということと、自分たちがさして気に留めていなかった古さ珍しさを外部から気づかされたということです。

18953022_460579930956062_2706635193

Dsc04333_1081x1280

|

« みんなで支えよう東浦町在宅医療・介護連携 医療・歯科・薬局一覧 | トップページ | 消防団消防操法大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/65395373

この記事へのトラックバック一覧です: 中央文化展が開幕。文化センターにて、明日まで。:

« みんなで支えよう東浦町在宅医療・介護連携 医療・歯科・薬局一覧 | トップページ | 消防団消防操法大会 »