« 季節の飾り | トップページ | ひがしうら映画プロジェクト 第2回目「ショートムービー講座」は11月4日(あす) »

2017/11/02

富山湾の恵みで造ったワイン

普通は処分に困る牡蠣殻を氷見の海を見下ろす耕作放棄地に入れることによって石灰リッチな土壌をつくり葡萄を栽培、ワインづくりを始めて6年目になるSAYS FARMのシャルドネ。
それと、満寿泉の純米をSAYS FARMのオーク樽で熟成させた限定300本の淡いレモン色の清酒は古酒の味わい。

この10年くらいで国産ワインは格段においしくなったと思います。ここのは、赤は売り切れ、白を飲んでみたら、しっかりシャルドネしてました。地元の魚問屋さんが母体となってやっているそうです。

Dsc09500_800x600Dsc09491_600x800
Dsc09432_800x600Dsc09435_800x600

|

« 季節の飾り | トップページ | ひがしうら映画プロジェクト 第2回目「ショートムービー講座」は11月4日(あす) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/65995845

この記事へのトラックバック一覧です: 富山湾の恵みで造ったワイン:

« 季節の飾り | トップページ | ひがしうら映画プロジェクト 第2回目「ショートムービー講座」は11月4日(あす) »