« 地下鉄の意外な話 | トップページ | 文化財消火訓練、第6回 まちづくりワークショップ »

2018/01/20

スポーツ少年団駅伝、花半島フラワーフェスティバル、ウィキペディアタウンの勉強会

先週とうって変わって、穏やかで暖かい天気のもと、毎年恒例の体育協会主催のスポーツ少年団駅伝大会が開催されました。小学生の野球やサッカーチームの対抗駅伝です。

   Dsc02208_800x389
 Dsc02219_500x376 Dsc02221_640x479

 
イオンモール常滑で開催された花半島事業フラワーフェスティバルの開会式に出席しました。JAあいち知多、愛知県、知多半島5市5町、知多半島観光圏協議会などからなる実行委員会が主催しています。愛知県は花卉の生産日本一を続けていますが、花の消費は多くないそうです。大切な人に花を贈りましょうとの挨拶がありました。

 Dsc02233_800x600 Dsc02232_800x600

Chitaflowerfes20180120

Dsc02238_800x800Dsc02240_799x800Dsc02241_800x800
Dsc02242_800x800Dsc02243_800x800Dsc02244_800x800
Dsc02245_800x800Dsc02247_800x800Dsc02249_800x800
Dsc02239_798x800

 
図書館で、ウィキペディアタウンの勉強会 をしました。講師はウィキペディアン(ウィキペディアの執筆者・編集者)を名乗るCantabrio Asturioさん。地理を専門とする学生さんですが、豊富な知見を見込まれてウィキペディアやウィキペディアタウンに関する講演を長野県立図書館などで行っています。以下、勉強会の要約です。

ウィキペディアとは?
Wikipediaは、誰でも編集できる、誰でも見られる、自由に使えるフリー百科事典。インターネット百科事典をつくるプロジェクトでもある。

ウィキペディアの意義・特徴は?
・Wikipediaの記事は常に検索の上位に出る。(GoogleがWikipediaの要約を機械的に抽出している。)
・情報を得るには、いろんな媒体があった方がよい。
・Wikipediaの文章は(出展さえ示せば)自由に使える。
・写真も自由に使える。

各言語ごとにプロジェクトが進んでいて、たとえば、英語版と日本語版は内容も編集者も異なる。
編集参加者のアカウントは日本で百万以上、月に1万件以上?の執筆がなされている。不特定多数の誰もがいつでも自発的に匿名で執筆、編集できるため信憑性は保証されないが、閲覧者によって加筆、書き換えが自由になされることによって、コンテンツがブラッシュアップされていくという考え方に立っている。広告は一切掲載せず、主に寄付によって運営されている。
できた頃にはルールがなかったが、記事の編集について話し合う場があり、誰でも参加可能なネット上のコミュニティで合意形成がなされる。編集長はいないが、コミュニティが決めたことを実行する用務員的な編集者が日本に50人くらいいる。デタラメの編集をすると履歴が残り、アクセス制限をかけられることもある。

ウィキペディアタウンは、
地域の認知度向上や活性化をめざして行われる。だれでも地域の名所や公共施設などについて執筆することができ、ネットを通じて世界中に拡散できる。
Wikipediatownのイベントとしては、図書館、博物館、観光ガイドなどによる「説明」→「まち歩き」→本や文献で調べて「書き込み」のプロセスで行われる。参加者は、見る・調べる・発信する楽しさに気づく。Wikipediatown=「まちあるき」×「ウィキペディア編集」。
図書館にとっては、①郷土資料を活用できる ②発信の場になる ③図書館を利用しない層にPRできる といったメリットがある。
図書館は、記事の裏付けとなる資料も出せるし、本来情報を発信するところだから、ウィキペディアタウンと親和性が高い。できればワークショップのグループに編集の経験者がいると良いし、いろんな専門の人を巻き込んで、(たとえば)ふるさとガイドツアーなどと組み合わせることもできる。オープンデータの取り組みの一環でもある。

以上、とてもわかりやすく丁寧な説明で、新しい発想に触れることができました。Wikipediaの運営には、不特定多数がネットコミュニティで上下関係なしで議論し決定していく民主主義の新しい形を見たような気がしました。
とにかく一度、ウィキペディアタウンを試行してみたいものです。

 Dsc02275_800x600 Dsc02276_800x600

Dsc02274mod1200_2

 
夜は、県職東浦会の新年会に出席しました。これで、今年の新年会は最後です。

|

« 地下鉄の意外な話 | トップページ | 文化財消火訓練、第6回 まちづくりワークショップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/66307332

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツ少年団駅伝、花半島フラワーフェスティバル、ウィキペディアタウンの勉強会:

« 地下鉄の意外な話 | トップページ | 文化財消火訓練、第6回 まちづくりワークショップ »