« 今朝は冷え込みました。 | トップページ | 差別化して、わかりやすく伝えて、なんぼ »

2018/02/19

高野誠鮮さんのお話しを聴いて

昨日は文化センターで一般向けに、今日は役場で職員向けに、高野誠鮮(たかの じょうせん)さんに講演をしていただきました。以下は、その一部の要約です。

 
 高野さんは3年前まで羽咋市の公務員。組織の中では“出る杭”だったせいか、再任用の希望を聞かれなかったそうだ。
 学生の時は電子工学が専門。国連幹部に手紙を出したことがきっかけで渡米、アメリカに人脈を持つ。学費を払わなかったので早稲田大学を退学に。科学ジャーナリストとして取材・執筆活動をしていたが、故郷の寺を継ぐために帰郷、住職になるとともに羽咋市の臨時職員となり、後に正職員に。
 農政を担当した時に神子原という限界集落の再生を命ぜられる。数百万以上の金をかけてコンサルを雇うようなやり方では、これまでと同様成功の見込みはない。そこで、60万円の予算(ほとんど旅費)をとって、一々決裁をもらわないことを条件に引き受けた。やったことがない人、波風の立つことを嫌う人の合議では事は進まない。

 自然環境に恵まれた神子原では美味しい米が採れる。高野さんは、ローマ法王に「神子原(the highlands where the son of God dwells)」で採れた米を献上してブランド化しようと考えた。手紙を書いたがなかなか返事が来ない。もちろん手をこまねいていたわけではない。天皇にも米国大統領にもアプローチをかけた。そうこうしているうちに、ローマ法王が献上を受けてくれることになった。日本人は近くにあるものを過小評価する。棚田オーナー制でもワイン酵母を使った日本酒のお披露目でも、あえて外国のプレスを使った。三ッ星シェフのアラン・デュカスも見に来た。
 烏帽子親制度で農家民泊も可能にした。移住希望者に頭を下げて来ていただくことはしない。お客様扱いせずに住民に選んでもらう。敢えて看板を出さずに口コミで農家カフェを流行らせた。神子原米は高級住宅街に住む富裕層にはすぐに売らない。渇望感が募ればデパートが好条件で買ってくれる。農家が会社を設立して直売所をつくった。人工衛星を使って米作の品質管理を始めた。土壌の窒素分が品質に良くないこともわかってきた。(以上順不同)
 次から次へと、矢継ぎ早に戦略を実行して頑張れたのは、直属の上司の「犯罪以外なら俺がすべて責任をとる」の一言だった。

 失敗しない秘訣は、何もしないことだ。組織のためと言うが、組織だけ残って住民がいなくなっては意味がない。10万円の給料をもらって10万円分の仕事をしていては会社はつぶれる。役所は状況が変わっても決めたことは遣り通そうとするが、そこには戦略がない。行動は「知(情報)」と「情(心)」と「意」から生まれる。だれも文句を言わないようなアイディアはあまり良いアイディアではない。

 
常勤公務員になって6~7年経った自分にも、グサグサ来るようなキツイ言葉がありました。高野さんにお会いして冒頭、名刺交換したら、名刺の裏に「宇宙山乾坤院」とあるのを見つけて、「“宇宙山”これは使えますねえ。僕だったらNASAの部長を呼びます。」と挨拶されて面喰いました。

私は、“がんばっている公務員”を「いわゆるスーパー公務員の」と紹介することがありますが、実はスーパー公務員という言い方は(わかりやすいので使っているだけで)あまり好きではありません。「スーパー」と言うと、「あの人は自分と違って“スーパー”だから。」となってしまいます。これでは講演を聴いた意味がありません。
確かに、高野さんは優れた能力を持った人ですが、大事なのは、信念を持って、できない理由を探さず、できる方法を見つけて、できることを実行することだと思います。考えてみれば、ローマ法王に手紙を送ることは誰にもできることです。ただ初めから無理だと決めつけて、やろうとしないだけです。同様なことはあちこちに転がっているのではないでしょうか。
みんなで、やったことのないこと、当たり障りのあることに挑戦してみてはどうでしょうか。私も、犯罪以外は責任を持ちます。

Book_takanojousen_koudansya2015

高野さんの著書「ローマ法王に米を食べさせた男」(講談社+α新書)に、高野さんの講演の中身(どう考え、何をしたか)がわかりやすく書いてあります。

|

« 今朝は冷え込みました。 | トップページ | 差別化して、わかりやすく伝えて、なんぼ »

コメント

高野講師を町に招いていただいてありがとうございました。町民もっと大勢の人に聞いてほしかった。過疎地区でありながら自立した農業、生活できる農業にした実績は全国表彰モノだと思っています。
高野さんは自分で立案して、実行して、結果を出してきました。組織人としては気がついていても行動しないことは多い=高野さんがいわれた"何も責任をとろうとしない組織人"
----「皆気がついていた。でも行動しなかった。君だけだ、行動したのは」---------------
私の履歴書松井忠三(27)MUJI飾り気のなさ 世界で評価 役立つ商品でグローバルに
2018/2/28 日本経済新聞 朝刊
--略-- 社長時代に「セゾンの常識は良品計画の非常識」と社内外で言い続けたので、渋い表情をした関係者は多かった。しかし、そうしないと良品計画が破綻する恐れもあった。心ある先輩は「皆気がついていた。でも行動しなかった。君だけだ、行動したのは」。堤さんが引退していたからできたのかもしれない。
 当時、堤さんとは頻繁にお会いして改革の方向性を説明していた。-----略----

投稿: とだ-k | 2018/02/28 20:57

自分の記事の中でも申し上げましたが、「あの人はスーパーだから」で片付けずに、すべての人について、自分事としてすべきことをできることに変えていってほしいと思いますし、それをやって初めて仕事をしたと言えるのではないかと思います。

投稿: 神谷明彦 | 2018/03/19 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/66413312

この記事へのトラックバック一覧です: 高野誠鮮さんのお話しを聴いて:

« 今朝は冷え込みました。 | トップページ | 差別化して、わかりやすく伝えて、なんぼ »