« シルバー人材センター総会に出席 | トップページ | よむサポ会議に参加。着ぐるみが初登場。 »

2018/06/23

久しぶりの観劇

中部国際空港のセントレアホールで行われた、常滑出身の俳優、渡辺哲さんの演劇を妻と観に行きました。

Dsc_6378800

今日観に行ったのは「カクエイはかく語りき」と題して、渡辺さんが田中角栄を演ずる一人芝居です。田中角栄は、ずば抜けた記憶力と型破りな実行力、繊細な心配りと厚い人情を持ち合わせていたといいます。「金を貸した相手のことを忘れても、金を借りた相手のことは忘れるな」と母親に言われて上京してから、総理大臣に上り詰め、ロッキード事件で失脚し、平成5年に75歳で亡くなるまでの田中角栄の人間味を表情豊かに演じます。角さんはロナルド・コールマン主演の「心の旅路」という映画が好きだったそうです。

渡辺哲さんといえば、愛知県警の飲酒運転撲滅キャンペーンで居酒屋の店主に扮して「一杯でも30万円」のセリフで話題となりましたね。たしかに、田中角栄とも雰囲気が似ています。
渡辺さんが半田高校の卒業生ということもあって、片岡常滑市長や竹内阿久比町長など半田高校OBがたくさん来ていました。会場はほぼ満員。我々は運良く当日券を買うことができました。明日の午後にも2回公演があります。

 

滑走路では、ちょうどドリームリフターが離陸するところでした。いかにも重そうです。

Dsc_6390800t

|

« シルバー人材センター総会に出席 | トップページ | よむサポ会議に参加。着ぐるみが初登場。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/66862905

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの観劇:

« シルバー人材センター総会に出席 | トップページ | よむサポ会議に参加。着ぐるみが初登場。 »