« 総合計画講演会を開催。宵は夜カフェへ。 | トップページ | よむらびんが届きました。 »

2018/06/17

講演を聴きに名古屋へ行ったついでに。

午前中、日本福祉大学文化講演会にお招きをいただいたので、聴きに行きました。会場は栄のホテル。慶応義塾大学総合政策学部准教授 中室牧子さんの「教育に科学的根拠を」と題した講演です。中室さんのご専門は教育経済学で、ベストセラーになった“「学力」の経済学”や“「原因と結果」の経済学”で有名です。2冊とも読みましたが、そのときはタイトルを凌駕するような感銘を受けませんでした。しかし、きょうの講演はとてもエキサイティングでした。聴きに行って良かったのにんまりしながら、会場を後にしました。講演の内容は後ほどレポートしたいと思います。

Dsc068801000

 

さて、せっかく休みの日に栄まで出てきたので、朝食兼昼食をとった後に三越で開催中の北斎展と名古屋市美術館で開催中のモネ展へ。去年名古屋飛ばしがあったブリューゲル展が豊田市美術館で開かれていますが、ちょっと遠いので徒歩圏内を攻めることにしました。

北斎は当時としては大変な長寿で、90歳で亡くなるまで、93度転居したとか、68歳で中風を自ら製薬して治したとか、53歳と58歳の時には名古屋に滞在、85歳と86歳の時には小布施に逗留したとか、安永8年(1779年)20歳の時に版画で勝川春朗と名乗ってから、嘉永元年(1848年)98歳の時に絵手本で無年八右衛門と名乗るまで36もの名前を持っていたとか、実にタフで自由奔放な感じがします。「北斎」のつく名前を名乗っていたのは39歳から50歳の間で、文化2年(1805年)46歳の時の読本の中に葛飾北斎という名が使われているそうです。代表作として富嶽三十六景や東海道五十三次が知られていますが、妖怪や忠臣蔵を絵本や景勝地の紹介、百人一首の絵解きを手がけたり、作品に洒落や宣伝を仕込んだり、西洋の銅版画に学んだり、単なる絵師以上にクリエーターとしての才能を発揮しています。
富嶽三十六景の中に、桶の向こうに富士の見える絵がありますが、「尾州不二見原」と言われる作品で、現在の名古屋市中区あたりから見た富士との解説がありました。
でも、たしか名古屋市内からは富士山は見えなかったはずだとか、静岡側から見たと思われる富士山の土手っ腹に宝永年間(1707年)の噴火でできたはずの宝永山が描かれてないとか・・・絵心とは脱線したところで私的な突っ込みを入れてしまいました。

Dsc06936800

 

モネ展は、なかなか絵に近づけないくらい大勢の人で賑わっていました。モネ以外に、モネの影響を受けた画家の作品や睡蓮をモチーフにした作品も展示されていて、結構腹一杯になりました。美術館、科学館界隈は家族連れだけでなく若いカップルが多かったです。

Dsc06942800

Dsc06945800

Dsc06947800

 

こちらは、星が丘テラスのアンブレラフラワー。傘のディスプレイが絵になります。7月末までの期間限定のちょっとした工夫ですが、これだけのことで異空間ができあがります。ちょうど梅雨時。今日は曇り時々晴れですが雨の日にはどんな感じになるのでしょうか。
週明けから傘の模様替えをするそうです。


Dsc06956800

Dsc06951800

Dsc07001800t

Dsc07037800_2

Dsc07043800

Dsc06962800

Dsc07052800

|

« 総合計画講演会を開催。宵は夜カフェへ。 | トップページ | よむらびんが届きました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/66842682

この記事へのトラックバック一覧です: 講演を聴きに名古屋へ行ったついでに。:

« 総合計画講演会を開催。宵は夜カフェへ。 | トップページ | よむらびんが届きました。 »