« 子ども食堂「はるたま」の一周年 | トップページ | 今月の「はるたま」と「みんなのいえ」のスケジュール »

2018/06/11

こけら落しとは

少し前のことですが、御園座の建替えが終わり、4月1日からこけら落とし公演が始まりました。新ビルは地上40階建て(1階は商業施設、2~5階が劇場、上は分譲マンション)で、伏見界隈では一番高い建物になりました。名古屋三座のうち、名鉄ホールが2015年に営業を終え、中日劇場が中日ビル建替えのため今年3月に閉場し、残るは御園座のみです。

こけら落とし(杮落し or 杮葺落)とは、新築の劇場が完成して最初の興行のこと。では、なぜ、こけらおとしと言うのでしょう?

杮(こけら)とは、木材を削った木片のことで、昔の劇場は屋根をこけら(マキやヒノキなどの材木を薄くはいだもの)で葺き、完成の暁、不用の板 くすを掃き落としたことから「こけらおとし」と言うのだそうです。

「杮(こけら)」という字は「柿(かき)」と同じに見えますが、実は別の字です。「柿(かき)」は木部五画(旁が「亠+巾」)なのに対し、「杮(こけら)」は木部四画(縦棒がつながる)なのです。

Dsc04732_600x800

|

« 子ども食堂「はるたま」の一周年 | トップページ | 今月の「はるたま」と「みんなのいえ」のスケジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/66626063

この記事へのトラックバック一覧です: こけら落しとは:

« 子ども食堂「はるたま」の一周年 | トップページ | 今月の「はるたま」と「みんなのいえ」のスケジュール »