« 6月定例議会(平成30年第2回定例会)の日程と一般質問 | トップページ | 総合計画記念講演会 のご案内  »

2018/06/07

結構きわどい量を飲んでるアルコール

アルコールの飲み過ぎに注意!

忘年会や新年会、新旧年度の歓送迎会など、飲み会の続くシーズンがあります。私も先月は結構飲み会続きでした。

お酒をたくさん飲まれる方は、ビールをジョッキに何倍も、日本酒を何合も、ワインをボトルで何種類も飲むことがあるのでは?

たとえば、ビールを中ジョッキ5杯飲んだとして、日本酒を5合飲んだとして、ワインボトルを1本半飲んだとして、ウイスキーをボトル半分飲んだとして、含まれるエタノール(100%換算)は、

 beer ビール中ジョッキ 約500ml×5杯×5.5% ≒ 137.5ml

 bottle 日本酒1合 約180ml×5合×15% ≒ 135ml

 wine ワインボトル 約750ml×1本半×12% ≒ 135ml

 bar ウイスキー 約700ml×0.5本×41% ≒ 143.5ml

エタノールの致死量は、およそ250ml~500mlと言われています。
そうすると、致死量の半分近くの量を飲んでいることになります。結構きわどい量なのです。

もちろん、通常は、何時間もかけて食べながら話しながら代謝しながら排泄しながら飲むので、すべてが身体に吸収されるわけではありません。気分が悪くなって吐くことも考えられます。
しかし、一気飲みが危険なことは容易に想像できます。

 
ちなみに、
アルコールと言うのは炭化水素の水素原子を水酸基で置き換えた化合物の総称です。お酒に含まれるアルコールはエタノール(エチルアルコール)です。一方、メタノール(メチルアルコール)は、毒性が強くて飲むことはできません。それぞれ名前は、ethane由来のalchol(ethanol)、methane由来のalchol(methanol)から来ています。

Alkane_alcohol_aldehyde_carboxylic_

エタノールは主に糖を発酵させて造ります。メタノールは天然ガスから工業的に安価に製造することができます。

メタノールはエタノールに比べて毒性が強く、飲用すると死に至ったり失明すると言われます。この毒性はメタノールが体内で酸化され人体に有害なホルムアルデヒドや蟻酸を生ずることが原因とされています。

粘性の高いアルコールとしてグリセリン(プロパントリオール)が知られていますが、甘味を有し保湿剤などにも使われます。これを硝酸エステル化するとニトログリセリンと呼ばれる火薬の原料になります。水酸基を複数有する多価アルコールは甘味があることが知られており、糖類も多価アルコールの仲間です。

|

« 6月定例議会(平成30年第2回定例会)の日程と一般質問 | トップページ | 総合計画記念講演会 のご案内  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/66659899

この記事へのトラックバック一覧です: 結構きわどい量を飲んでるアルコール:

« 6月定例議会(平成30年第2回定例会)の日程と一般質問 | トップページ | 総合計画記念講演会 のご案内  »