« 2018年7月 | トップページ

2018年8月

2018/08/18

最近見た映画

 ハン・ソロ
これは面白かった。よくできていると思います。ランド・カルリジアンも含めて、スターウォーズのイメージが壊れるとの批判があると聞きましたが、自分は違和感を感じませんでした。
アクションもさることながら、愛、不信と信頼、悪への恐れと畏れなど、人間関係の描写を軸に作られているのを感じました。スターウォーズ第1作(Episode4)とのつながりもすっきりしています。

 万引き家族
カンヌ映画祭パルムドール受賞の話題作です。邦画らしく淡々と話が進みます。子どもの虐待や貧困、そして子どもの成長、家族とは何かを考えさせられます。

 ペンタゴン・ペーパーズ
原題は「The Post」。知る権利、報道の自由、真実を明らかにする責任を重んじてニクソン政権と対峙する、ワシントンポストのジャーナリズム魂を感じる映画です。このセリフ(The Founding Fathers gave the free press the protection it must have to fulfill its essential role in our democracy. The press was to serve the governed, not the governors.: 建国の父たちは、報道が民主主義の本質的役割を全うするために保護を与えた。報道は統治者のためではなく国民のためにある。)には感動しました。
メリル・ストリープとトム・ハンクスの共演、監督はスピルバーグ、音楽はジョン・ウィリアムス。最後はウォーターゲート事件を予感させて終わります。
ほんの数十年前(自分が子どもの頃)の話しですが、新聞は活版印刷、オフィスは男性社会で煙草スパスパ。そんな中での一人の女性の成長物語でもあります。

 未来のミライ
バケモノの子など、子どもの成長や家族の形などを取り上げる細田守監督の作品です。どんな映画かよく知らずに、子どもと一緒に夫婦でイオンのシネマへ観に行きました。このパターンはめちゃめちゃ珍しいです。
こちらは、4歳の男の子から見た子育ち・子育てのお話しとでも言うべきでしょうか。公園の丘の上の廃墟は横浜の根岸に実在するようです。未来の東京駅も出てきます。見てのお楽しみ。個人的にはお薦めです。

 オデッセイ
リドリー・スコット監督、原題は「The Martian」。2年前の封切りの時に映画館で見たのを、改めてTV地上波で観ました。
生還するには、次々に浮かんでくる難問を解決しなくてはならない。どんな状況になっても、諦めず、前向きに知恵を絞って考える。悲惨な状況なはずなのに、見ていると勇気がわいてくるNASAの秀才たちの物語。同時に宇宙開発の分野においても中国のプレゼンスが高まっているのを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/17

於大公園で、長坂沙織さん凱旋コンサート

今朝からいきなり涼しくなりました。連日のまとわりつくような日差しと空気も爽やかで、秋の気配を感じます。

於大公園このはな館で、アクセント・カルテットのイブニングコンサート。公園の夕景を眺めながら弦楽器の調べを楽しみました。
曲目は、ポピュラーなモーツアルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」から、重い中にも安息を感じるようなシューベルトの「死と乙女」、最後は、アンコールでタンゴ「ポル・ウナ・カベーサ」でした。ポル・ウナ・カベーサは、アルゼンチンの歌手カルロス・ガルデルが映画の挿入歌として作曲した名曲で、アルパチーノ主演の映画「セントオブウーマン」やシュワルツェネッガー主演の映画「トゥルーライズ」でも使われています。
演奏が終わると外はすっかり暗くなっていて、竹灯篭の会の皆さんが仕掛けてくれた色とりどりの灯光が音楽の余韻を引き立ててくれました。

Dsc07902640_2

 Dsc07912800 Dsc07916800
 Dsc07921800 Dsc07938800

Dsc07927800p_2

Dsc07935800p

長坂沙織さんは、生路小学校、東浦中学校を卒業後、桐朋学園大学音楽学部を卒業、ドイツに留学。現在、デュッセルドルフ交響楽団でバイオリン奏者をされています。今年5月に、同じくデュッセルドルフ交響楽団のバイオリン奏者のペーター・マイヤーさんと結婚、ちょうど日本に帰省中のところにご厚意で演奏を引き受けてくださいました。カルテットの他のメンバーのインカさんはフィンランド出身のチェロ奏者。ビオラのオディッセアスさんはギリシャ出身で、日本に来る途中に(ビオラは手荷物で無事でしたが)バッゲージが行方不明に。急遽、イオンモールで衣装を購入しての演奏だそうです。
200席以上用意した会場は満員。赤ちゃんも静かに聴き入っていました。すばらしい演奏をありがとうございました。

Dsc079461000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/16

郷土資料館から ご意見募集!!

郷土資料館(うのはな館)では、「東浦で発見 ~弥生時代・古墳時代の村」と題して、緒川天白遺跡の出土品などを展示中です。

発掘の終わった天白遺跡のごく一部は公園として残りますが、大部分は区画整理の造成工事で削られてしまいます。
天白遺跡のよすがを残す・伝えるアイディアを募集中です。
石碑とか看板はよく出る案ですが・・・遺跡にちなんだ公園や道路を造るとか、ITを使ったガイドをするとか・・・多様なアイディアを募集しています。

Tenpakuiseki_idea_request

 
また、郷土資料館では常設展示のリニューアルを予定しています。こちらもアイディア募集中です。
新しい常設展示の内容や展示テーマ等について、みなさんが考える「私ならこうする」という展示への想いを、みんなで語りませんか。
9月2日(土) 10寺~12時、郷土資料館うのはな館にて、実際の展示や間取を見ながらアイディアを語り合う会を開催します。どなたでも参加できます。8月28日(火)までに郷土資料館うのはな館(0562-82-1188 月曜休館)へ申し込んでください。
詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/6776.htmlをご覧ください。

※生涯学習課文化財係へのお問い合わせや提言は、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/cgi-bin/inquiry.php/41?page_no=6776へ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/15

昨晩で夏まつりが終了。於大公園で予定のイベント(映画ロケ、青空おだい市&講演)を紹介します。

昨晩は、緒川と森岡の夏まつりにおじゃましました。森岡では、フィナーレに花火が打ち上げられます。これが結構本格的なのです。

 Dsc07784800tp Dsc07788800
 Dsc07840800 Dsc07846800
 Dsc07858800p Dsc07861800p
 Dsc07862800 Dsc07872800tp

 

今年の盆踊りはこれで終了、と言いたいところですが、「全国最後の夏祭り!今年の踊り納め!」と銘打って、9月22日(土) 9時30分から於大公園で、青空おだい市を開催します。17時30分~20時30分には、今年最後の盆踊り大会を予定しています。
また、13時30分~15時30分には、岐阜県立国際園芸アカデミー学長の今西良共さんをお招きして公園シンポジウム「於大公園のこれからを考える会」を開催します。
於大公園は平成の初めに造られた公園て、そろそろ手を入れ直そうと考えています。於大プールはもう30年経っていて、利用者も減ってきています。会場の皆さんからアイディアをいただきながら、於大公園のこれからを考えてみたいと思います。

37792888_2098817707044522_572730071

 

また、於大公園では、8月19日(日)朝8時から、市民映画の大ロケがあります。市民有志による映画制作にエキストラとして参加しませんか。どなたでも参加できます。以下、ご案内です。

 <東浦町制70周年記念「みんなでつくる映画~バリアフリーかあちゃん」の撮影>
町内外問わず、ぜひご参加ください。
きっと楽しい!何かが変わる!みんなでバリアを吹き飛ばそう!
社会のバリア、心のバリアが少しでもフリーになるといいな。
そんな願いを込めて、この映画を創っています。
できるだけ多くのみなさんに参加していただきたいと思います。ご協力お願いします。
参加していただける方は参加表明をポチしていただくか、こちらからお申込みください。
 →https://kokucheese.com/event/index/530684/

 <注意事項>
●シャボン玉は、各自でご持参下さい。
●コスプレなどの衣装での参加はご遠慮ください。(着替えの場所はありません)
●熱中症対策は、各自でお願い致します。(傷病に対して責任を負うことはできません)
●東浦町役場庁舎駐車場をご利用下さい。
なお、駐車場は限りがありますので、なるべく乗合でご参加下さい。
 駐車場などは、こちらをご参考に。
 →http://higashiuraeiga2017.blog.fc2.com/blog-entry-17.html
 ひがしうら映画プロジェクト こちらもチェックしてね。
 →https://www.facebook.com/higashiura.eiga.pro/

37879473_1790467444367680_216098294

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/14

小中学校にエアコン設置を進めるにあたって、自分なりに思うこと

東浦町は、平成31年度までに小中学校の全普通教室にエアコン設置を進めていくこととしました。

昨今、家庭や職場にエアコンが行き届いている中で、全国的に学校の各クラスに導入して行かざる得ない状況を考えて、導入するとするならば、できるだけ早く入れようと考えました。
ただし、予算を確保しても、全国的な流れのなかで、機器の品薄や施工者不足が予想されるため、できるだけ速やかに作業を進めたいと考えています。

導入に際しては、空調の方式や夏以外も含めたの空調の運用のありかたも考えておく必要があります。オープンスクールに限らず断熱効率の悪い教室の断熱向上も考える必要があります。
また、そもそも暑さをしのぐために夏休み期間をとっているはずなので、夏休みや時間割のあり方を考えるべきではないかと思います。
エアコンの導入によって、子どもたちの学習環境と教職員の労働環境が向上するのですから、実際に学習効果を高められることを検証していべきだと思います。

ただし、学校の全普通教室へのエアコン導入は様々な議論を含んでいることを認識しておくべきだと思います。
まず財政面ですが、初期コストだけで億単位のお金が必要になります。何かの優先順位を上げれば、相対的に優先順位が下がったものを削らねばなりません。これには、負担者であり行政サービスの受け手である住民の皆さんの覚悟が必要です。あれもこれもは不可能です。
東浦町は長期の財政計画を持っていません。3年間の実施計画で基金を使い果たす自転車操業的な財政状況の中で後先を見通せないままの導入であることを認識しておく必要があります。
それから、エアコン導入は、地球温暖化を助長する行為であることから、できれば何らかの温室効果ガス削減の工夫が欲しいところです。

私は、根拠のない根性論は嫌いですが、子どもの頃に物事への耐忍性を養うことは大事だと思っています。子どもの頃に経験しなかったことは大人になったら耐えられません。人間が生物として地球環境の中で生きていく上では、外部環境の中で活動できることが絶対的に必要になります。特に熱帯でも寒帯でもない温帯においてこれができなければ人類の存亡に関わることになります。空調なしで育った我々は平気ですが、今の子どもたちが大人になる頃には、日本人で真夏の農作業や土木・建築作業をできるものが居なくなるかもしれないし、宇宙服的なものを着なければ外を歩けなくなるかもしれません。そんな想像力を働かせつつ、我々はそういうエポックメーキングな決断をしたという認識と責任を持つ必要があるのではないかと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/13

バイオリニストと盆踊り

昨晩の夏まつりは、石浜、藤江、生路におじゃましました。
生路では、ちょうど帰省中の長坂沙織さん、ペーターさんご夫婦が会場にいらっしゃったので、皆さんの前で紹介させていただきました。
沙織さんとペーターさんは、デュッセルドルフ交響楽団のバイオリン奏者。また、アクセントカルテットを結成して、独自の音楽活動をしています。
お二人のご厚意で、8月17日(金)18時から、於大公園このはな館で「凱旋コンサート~クラシックの夕べ」を開催します。入場無料・自由席です。ぜひ聴きに来てください。

Nagasakasaori20180817konohana

また、翌8月18日(土)19時から、千種の5/R音楽ホールで、アクセントカルテットのコンサートが予定されています。

 Akuzentqualtett20180818a Akuzentqualtett20180818b

東浦出身のアーティストが世界で活躍しているのは嬉しいことです。
長坂沙織さんのHPはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年度日本地域創生学会総会・研究大会 のお知らせ

2018年度日本地域創生学会総会・研究大会」が、8月25日(土)13:20から東海市芸術劇場で開催されます。
 

Chiikisouseigakkai20180825a

Chiikisouseigakkai20180825b

 
日本地域創生学会は、日本の各地域の特性を大切にしながら、各地域に将来の希望と活力をもたらすため、地域創生に関する学術的研究や提言をするともに、地域を担う人財を養成することを目的としています。
行政職員にとっても良い勉強と交流の場になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/12

土曜日は篆刻と若者会議。日曜日は盆踊り。

先生の指導を受けながら、篆刻(印章を彫ること)をしました。書道の落款です。
たまたま開いた本の最初のページにあった「窮理」という言葉を彫ることにしました。出典は易経で“道理をきわめる”という意味なのですが、お恥ずかしながら、どんなところに使う印なのか自分自身まだよくわかっていないのです。


Dsc_6860800

 
平成30年度第2回につづいて第3回の若者会議を開催しました。

Dsc077711200t640

Dsc07765800640 Dsc07766800640 Dsc07767800640

 
日曜日は、緒川新田、平池台、石浜中地区の夏まつりに参加しました。夕立が降って程良い?お湿りに。
石浜中では昨年のミニオンに続いてクラウン・チョクさんが作ってくれたタコの帽子をかぶって盆踊り。暑い中、みんなで熱く踊りました。

Dsc07775800 Dsc077771200p
39007529_1705234819599877_260612061 39008856_690023701345016_5344320487

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/11

愛知県の水がめの貯水率(2018年8月)

今年は、7月に西日本で記録的な豪雨があり、水害で200人以上の犠牲者が出ました。一方、愛知県の都市部では3・4・5月の降水量は例年よりも多め、7月は例年よりも雨が少ないのではと思います。水源地帯はどうなっているのでしょうか。県内の各用水の水源池の貯水率を見てみましょう。

国土交通省中部地方整備局管内主要ダムの貯水状況(http://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/kassui_zyouhou/gaikyo2.pdf)は視覚的にわかりやすいです。

以下に、各ダムの貯水量とダム地点における降水量(8月1日現在)を示します。

Chyuubuchisei_dam_20180801

●豊川水系(宇連ダム85%、大島ダム98%、全施設合計89%)
 貯水量は平年並みです。節水対策は行なわれていません。

●木曽川水系(牧尾ダム79%、味噌川ダム99%、阿木川ダム94%、
 岩屋ダム100%、徳山ダム95%)
 岩屋ダム(馬瀬川)がやや多めの他、貯水量は平年並みです。
 節水対策は行なわれていません。

●矢作川水系(矢作ダム76%)
 貯水量は平年並みです。節水対策は行なわれていません。

詳しくは、国土交通省中部地方整備局管内状況
http://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/kassui_zyouhou/index.htmをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/10

「え・ほんカフェ」に初参加

19時から開催されたグリーン・ラソの「え・ほんカフェ」に行ってきました。
絵本といえば、自分たちが子どもの頃は、“かちかち山”や“さるかに合戦”が定番だったかなあ。自分たちの子どもは“ぐりとぐら”とか“11ぴきのねこ”とか”いないいないばあ”とか、読んでたかなあ。くらいの関心で、絵本には特段興味はなかったのですが、参加してみました。
「え・ほんカフェ」は、絵本の読書会というか、絵本を肴におはなしをする会です。8月にちなんで“ちいちゃんのかげおくり”や“まちんと”など戦争をテーマにした絵本の他にも、“おしり”や“おふろ”や“バナナ”を題材にして子どもたちの発想を膨らませる絵本の紹介がありました。絵本をヒントにつくった焼きたてクッキーや特大プリン(ちゃんとスポンジケーキの上に乗っています)とハーブティーをいただきながらの談笑です。
参加してみて、「絵本好き」って結構居るもんだと感心しました。どちらかというと女性が多い中で、武豊から新聞記事を読んで駆けつけたという読み聞かせをされている男性もいらっしゃいました。結構マニアックな世界ですが、まちには多才な方、多趣味な方、実にいろんな方がいらっしゃるはずです。絵本に限らず、ニッチーなテーマでいろんな場づくりができそうです。
グリーン・ラソの夜の空き時間に多様なスキマ企画がハマっていったら、すごく面白そうだとワクワクするのは私だけでしょうか・・・。

 Dsc07753800p Dsc07750800t
 Dsc07751800t 38805731_242509776471136_8040600406

Dsc077601000tp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/09

「市民のための環境学ガイド」というサイトを探検

市民のための環境学ガイド」というサイトがあります。東京大学名誉教授の安井至さんが個人で運営しているサイトです。「最近の環境問題を取り上げ、環境問題をいかに正しく理解するか、についてなるべく簡単に解説を行う」ことを目的としているそうです。ともすればメディアや広告の受け売りになりがちな環境問題を科学的に正しく理解することはとても大切なことだと思います。
興味がわいたので少し読んでみることにします。結構面白いというか深そうです。

トップページには以下のような目次があります。

 
 解説と個人的見解 What’s NEW


 

トピックスには、怪しい「マイナスイオン」や一時期フィーバーしたけど最近ほとんど聞かない「狂牛病」や「ダイオキシン」に関する話題がまとめてあります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/08

今日は東京へ

なぜか、気まぐれ、キヨスクで衝動買い。

38751734_2267395823276004_242514051

今日は東京へ。知多半島の市町と高浜市の首長さんたちと、衆参両議員会館と国土交通省を訪ね、衣浦大橋の架け替えと知多半島の道路整備について陳情をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/07

小中学校のエアコン設置に関して

東浦町は、小中学校の全普通教室にエアコン設置を進めます。
これまでは、特別教室へのエアコン設置を優先的に進めてきましたが、本年7月以降の記録的な猛暑並びに「愛知県の気候変化」の将来予測で、更に気温が上昇すると予想されていることから、現状の設置状況では、各小中学校すべての特別教室のエアコンを稼働しても、全児童生徒の学校での学習環境の確保が困難と判断し、全普通教室へエアコンを設置する方針としました。
設置は、小学校の低学年や特別支援の教室を先行し、その後、小学校の高学年・中学校の教室に設置する予定です。
平成30年度中に設計を委託し、本年12月補正予算で先行分の工事費を計上し、残りは平成31年度当初予算で対応する予定です。
平成31年度中には、町内全小中学校の普通教室にエアコンを設置することとしました。

http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/6761.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/06

今年は本当に暑いか?温暖化は進んでいるのか?

今年は本当に暑いのか? たぶん、調べるまでもなく暑いのではと思います。

では、近年、昔よりも暑くなった、温暖化が進んでいると言いますが、本当にそうなのか?
疑り深い私は、実際に気象庁の観測データを調べてみました。

グラフは、1980年から2017年までの名古屋の年毎の平均気温をプロットしたものです。これを見ると、日平均気温も日最高気温も日最低気温も、毎年変動しながらも右肩上がりで上昇しているのがわかります。一次近似で年間約0.04度ずつ(37年間で約1.5度)暑くなっていることが見て取れます。

Kion20182107n

名古屋市内は都市化の影響があるかもしれないので、念のため南知多町の観測データも調べてみましたが、傾向は同じでした。

Kion20182107nm

したがって、少なくとも知多半島地域では温暖化が進んでいるといって良さそうです。広い範囲では調べていませんが、たぶん、全国や世界でも同様のことが起きているのではないかと思われます。

気候変動が地球規模で起きていると言われます。人類の活動が大きな原因とされていますが、そうだとするならば、人類の構成員である私たち一人一人の努力がない限り解決することはできないと考えられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/05

よむらびフェスタ、若者会議、認知症フォーラムなど

土曜日は、図書館のよむらびフェスタ、若者会議、東ヶ丘の夏まつり(盆踊り)などがありました。

よむらびフェスタは、紙芝居、読み聞かせ、子ども工作、音訳ボランティア、読書会など、図書館に関わる様々なボランティアグループによる出し物がありました。「図書館のカイダン」は初の試みで、普段は鍵のかかっている屋上に通じる階段を使った夏向けのアトラクションです。同じく今回初登場したよむらびの着ぐるみ君は、さっそく子どもたちの人気者になっていました。

 Dsc07624800t Dsc07629800
 Dsc07643800 Dsc07663800
 Dsc07675800t Dsc07723800
 Dsc07694800t Dsc07699800
 Dsc07697800 Dsc07705800t
 Dsc07719800 Tosyokan_kaidan20180804

 

午後から若者会議を開催しました。今回はシリーズ2回目で、中高生と大学生が参加、3つのグループが前回決めたテーマ「若者の防災意識の向上」「自分たちのできることから(まちの情報発信)」「自然環境学習の森における保全活動の充実」の取り組み内容について意見を出し合いました。防災については、うんこ漢字ドリルにあやかった「うんこハザードマップ」や「フィールドアスレチック的な体験」「アルファ米アイスクリーム」など子どもの気を引くPRやイベントやグッズはどうか、情報発信については、若者向けにツイッターやLINEによる情報発信をしてはどうかなどの意見が出ました。里山保全については、ムシやカエルなど自然の生き物が苦手な若者や自然体験の希薄な若者の参加をどうやって募るかが課題になりました。

Dsc07715800

 

日曜日は、名古屋市博物館で開催中の「現展」を観に行きました。行ったら、出品者の夏目さん田中さん水上さんと、「ひがしうら映画プロジェクト」の石丸監督と会場でばったり。作品を見ながらしばし談笑させていただきました。水上さんの作品はアクア・トトぎふのピラルクーを描いたものだそうです。
博物館では、尾張・知多の海とひとびとをテーマにした特別展「海たび」も開催していました。

Dsc_6783800p

38448926_682321702115216_1780670338

 Dsc_6786800t Dsc_6789800p
 Dsc_6790800 Dsc_6792800


Dsc_6801800

 

文化センターにて認知症フォーラムを開催。国立長寿医療研究センターのお二人に講演をいただきました。
お馴染みの認知症専門医の遠藤英俊さんからは、「認知症の兆候とは何か。また、認知症を予防するには、生活習慣病の予防、有酸素運動、知的活動、食事が有効。知的活動としては、例えば、日記など文字を書くこと、退職後の社会参加、自分より若い友人を持つこと、昔を回想することなど。食物としては、カレーを週3回は食べることを推奨、柑橘類や茶を薦める人も居る。」などのお話しをいただきました。
理学療法士の中窪翔さんからは、「コグニサイズとは、頭を使いながら同時に運動することで、”Cognition”+”Exercise”の造語。全身を使った中強度の運動と、尻取りやカウントやジャンケンなど運動しながら間違える程度の問題を組み合わせる。」とのお話を伺ってから、椅子に座ったままみんなでコグニサイズ体験をしました。
まちじゅうで認知症についての理解を深め、認知症になりにくく、認知症に優しいまちづくりを進めていきたいと思います。

 Dsc_68041000p Dsc_68291000p

 

郷土資料館(うのはな館)では、企画展「東浦で発見 ~弥生時代・古墳時代の村~」を開催中です。
縄文時代の入海貝塚からの出土品や中世の古窯などからの出土品とともに、昨年度大規模な発掘調査をした天白遺跡の出土品を展示しています。天白遺跡からは、弥生時代から古墳時代、そして中世にかけての出土品や遺構が見つかっています。

 Dsc_6833900tp Dsc_6835900tp
 Dsc_6838800 Dsc_6842800
            Dsc_6843800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/04

ヤギさん元気です。

きょうも朝から暑い一日になりそうです。
ヤギは夏バテに弱いのですが、なぜか今年はサキコがとても元気です。(写真上)草もしっかり食べています。(写真下)

Dsc_6365800

Dsc_6370800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/03

地域の回覧から・・・あいち健康の森、市民活動etc. がんばってます。

町の広報などと一緒に回ってくる地域の回覧がありますよね。

7月の回覧の中に、あいち健康の森の健康科学館温水プールの宣伝が入っていました。集客のためのプランを組むなど結構がんばっています。
残念なことですが、愛知県は、あいち健康の森の維持経費削減のため、エントランスの巨大なガラス張りの吹き抜け、温水プール、健康科学館を廃止・解体の対象としています。せっかく町内に立派な施設があるのですから、存続する限り上手に活用したいものです。

Kenmori2018natsu02b

Kenmori2018natsu02b_2

Kenmori2018natsu01a

Kenmori2018natsu01b

 

7月1日に行われた地区の子ども向け防災訓練のレポートも入っていました。地区の自主防災会のメンバーがわかりやすくまとめた力作です。

Bousaitaiken_matome2018a

Bousaitaiken_matome2018b

 

こちらは、最近回ってきた8月の回覧の一部。

8月19日(日)には、イオンホールでファインマークコンテストが開催されます。町内で前向きに頑張っている人をみんなで讃え励まそうという、有志による初めての試みです。ファインマークってなに? I'm Fine(元気)+Mark(目印)で、FineMark(元気印)なのだそうです。

Finemark20180819kairan

 

毎年恒例になったシルバーフェスタが今年も9月22日(土)に文化センターで開催されます。これに合わせて参加者のためのボランティア送迎も企画しているようです。今年もさらにパワーアップしそうです。

Silverfesta20180922a

Silverfesta20180922b

Untenvolunteer20180922

 

8月29日(水)には、地域猫活動の普及啓発のための講演会と写真展が企画されています。地域猫活動は今年度の東浦町パートナーシップ推進事業補助金の対象にも選定されています。

Chiikinekophoto20180829kairan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/02

水害被災地支援

西日本の豪雨災害の被災地に職員を派遣しました。7月16日~21日には、知多半島の自治体では初めて、東浦町から保健師の三浦里美さんを岡山県倉敷市真備町に派遣しました。倉敷市では避難所を中心に被災者の健康相談や健康チェック、避難所の衛生対策などの活動を行いました。

7月30日~8月4日には山根淳さんが広島県東広島市に行っています。東広島市では被災者へのり災証明書の交付にために必要な家屋の被害認定調査を行います。山根さんは「新聞やテレビで連日報道される被災地の状況を見て、力になりたいと思い志願しました。被災地の方々のために働くのはもちろん、東浦町で同じような災害起きた場合、行政の人間としてどう行動するかを学んできたい」と決意を述べました。現地で被災者の力となるよう期待しています。

Saigaiouen20180713

Saigaiouen20180730

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/01

「認知症フォーラム」のご案内

国立長寿医療研究センターの遠藤英俊氏と中窪翔氏をお招きして認知症フォーラムを開催します。

 日時: 8月5日(日) 14時から
 場所: 文化センター

 プログラム:
   第1部
    講演 「ボケない!“元気脳”のつくり方」
    講師 国立長寿医療研究センター長寿医療研修センター長
        遠藤 英俊(えんどう ひでとし)医師
   第2部
    講演 「今日から実践!コグニサイズで認知症予防」
    講師 国立長寿医療研究センター老年学・社会科学研究センター
        予防老年学研究部健康増進研究室 流動研究員
        中窪 翔(なかくぼ しょう)理学療法士

元気脳を鍛えて、いつまでも若く生き生きと!! 認知症予防について学ぶ講演会です。どなたでも参加できます。詳しくはhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/6599.htmlをご覧ください。

Dementiaforum20180805

お二人の講師の紹介です。

 遠藤英俊さん
認知症専門医で、認知症の正しい知識や支援方法を多くの人に理解してもらうために、診療室にとどまらず、講演会はもちろんテレビ朝日「たけにの家庭の医学」等のテレビ番組や雑誌なと様々な分野で活動する行動派医師。

 中窪翔さん
理学療法士として地域在住高齢者を対象に主に介護予防や認知症予防をテーマとした臨床研究活動を行う傍ら、コグニサイズの普及を進めるために、講演や運動教室などを実施している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ