« 最近見た映画 | トップページ | KURUMA・ザ・トークVol.4 「目指せ!伝わるスピーチ あがり症克服 話し方講座」 のご案内 »

2018/08/19

市民映画の撮影、ファインマークコンテスト、ミュージックフェスティバル

●市民映画のロケ
町内で、市民有志による「ひがしうら映画プロジェクト ~バリアフリーかあちゃん~」の撮影が行われています。監督・脚本は、あちこちで市民映画を手がけられている石丸みどりさんです。
昨日はカチンコ初体験。
今日は、於大公園で飛び入りのエキストラが大勢参加、クライマックスシーンを撮影して、クランクアップしました。私も初めてエキストラとして参加。集まった皆さんは国籍も様々。最後は「オーラ🎵うーら🎵 オーラ🎵うーら🎵 ひがしう~ら~🎵」の大合唱で撮影を終えました。
映画はシーンの数が多いだけじゃなくて、一つ一つのシーンを納得いくまで撮るので、想像以上に手間がかかるものなんだと実感しました。さて、どんな映画が完成するのか楽しみです。

 Dsc079961000 Dsc080051000
 Dsc08032800 39522012_1880490995370626_921672457

 Dsc_6895800 Dsc_6915800p
 Dsc_6918800 Dsc08102800
 Dsc_6940800 Dsc_6952800
 Dsc08118800 Dsc08120800pp

Dsc081251000p

 
●ファインマークコンテスト
ル・グラン・ジュールで行われた市民グループによる初の試みです。
「ファインマーク」というネーミング、和製英語と言うより私製英語なんだろうけど、とにかく「元気印」な人を見つけ出して顕彰して、自信を持ってもらって、さらに笑顔で支え合える元気なまちにしようという有志のアイディアから始まった第1回目のコンテスト。形式も決めずに出場者にプレゼンをしてもらって、直感的にグランプリを選ぶという随分荒削りなイベント。審査員としてお招きをいただいたので、どんな展開になるか期待と不安に胸を膨らませて出席したところ、なんだか会場は良い雰囲気。出場者もパワポを使ったり、実技を披露したり、それそれのスタイルで飾ることなくプレゼンをされていました。
出場者は、見晴らしの良いところに杏の木を植えて大きく育てようとしている人、普及活動にも励む腕相撲のチャンピオン、障がいのある子どもたちとそのがんばりを支える施設の方、少林寺の先生から老人クラブ活動や小学校・保育園とのコラボまでやっているスーパーおじさん、ふるさとガイドや清掃活動など地域の活動に積極的に取り組む達人、ジーンズのことを語らせたら右に出る者は居ないジーンズソムリエ第一号など、多彩かつ多才な面々。
見ていて、これって元気印を発掘・顕彰するだけでなく、「TED」や「ぺちゃくちゃないと」みたいな、社会に新たなアイディアを提唱するワールドワイドなプレゼン大会にも通ずるような可能性を感じました。荒削りでも良い。小さく初めて大きく育てられると良いですね。来年もやるみたいで、今後が楽しみです。

Dsc08143800p_2

 Dsc08135800 Dsc08145800
 Dsc08149800p Dsc08158800

Finemarkcontest20180819c

 
●ミュージックフェスティバル
文化センターではミュージックフェスティバルを開催。途中から聴きましたが、年齢もジャンルも様々な禄バンドが出演、トリは“教師”という名の学校の先生11人からなる大編成のグループによる演奏でした。最後は西城秀樹さんのヒット曲、みんなでYMCAしました。

 Dsc08178800t Dsc08187800px

Dsc082221000p

39397612_1637896889670046_769901982

|

« 最近見た映画 | トップページ | KURUMA・ザ・トークVol.4 「目指せ!伝わるスピーチ あがり症克服 話し方講座」 のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/67018192

この記事へのトラックバック一覧です: 市民映画の撮影、ファインマークコンテスト、ミュージックフェスティバル:

« 最近見た映画 | トップページ | KURUMA・ザ・トークVol.4 「目指せ!伝わるスピーチ あがり症克服 話し方講座」 のご案内 »