« 県議会建設委員会への要望 | トップページ | 日光の紅葉 »

2018/11/21

家庭系可燃ごみ処理有料化説明会を開催しています。

東浦町では来年の4月1日から、家庭系可燃ごみ処理の有料化を実施します。これは、住民の皆さんにご負担をお願いすることですので、ごみ処理有料化の目的、そして具体的な実施方法などをできるだけわかりやすくご説明すべく、9月から各地区で順次、説明会を開催させていただいているところです。同時に、ごみ処理有料化の大きな目的の一つであるごみの減量化についても参考になるお話しをさせていただき、ご協力をお願いしています。

私も、これまで、40回以上の説明会に出席しました。よくいただく質問の中には、例えば以下のようなものがあります。いただいたご質問と回答については、整理して町ホームページにて公表する予定です。
 

Q: 有料化が決まってから初めて有料化されることを知った。事前に説明会などを開くべきではなかったか?
A: これまで、各地区の代表者が出席するごみの分別と減量をすすめる会環境審議会で、ごみ処理有料化を手段とする家庭系ごみ減量化実施計画について議論してきました。町議会の全員協議会においても計画の概要について説明してきました。また、できあがった家庭系ごみ減量化実施計画案についてパブリックコメント手続きを行い、幅広くご意見をいただいています。その上で、本年6月の町議会にて有料化の議案を可決していただいています。これらの一連の流れは、町ホームページや広報等でアナウンスしています。有料化が決定する前に各地区で具体的な事前説明をすることは無理があると思います。

Q: 東部知多クリーンセンターを共同で運営している大府市、豊明市、阿久比町と足並みをそろえることはできなかったのか?
A: 基本的には、ごみの収集・運搬については、各自治体が独自に行っています。有料化を進めていくことについて2市2町で話し合いはしましたが、結果として東浦町の合意形成が先行しました。

Q: ボランティアで住宅の周辺のごみや落ち葉を拾っている。課金されるとボランティアがし辛くなるのでは?
A: 2人以上のグループでアダプトプログラムに登録をお願いします。地域や有志のボランティア活動については、町からゴミ袋や掃除道具をお渡しします。

Q: ごみの出し間違えやルール違反、不法投棄への対処は?
A: 広報はもちろん、新たに製造するごみ袋、ごみステーションなどでもごみ袋が半透明白色に変わることなどを周知します。ごみの分別表も新たに作ります。ごみステーションでルール違反を見つけたときは収集1回分は張り紙をつけて放置します。悪質な場合は中身を調査します。不法投棄については監視員が巡回しています。

 
これから12月にかけて、残り20回以上の地区説明会を予定しています。まだ参加されていない方はぜひご参加ください。

 one家庭系可燃ごみ処理有料化について

 two説明会配付資料

 three説明会の開催日程
 

|

« 県議会建設委員会への要望 | トップページ | 日光の紅葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/67411023

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭系可燃ごみ処理有料化説明会を開催しています。:

« 県議会建設委員会への要望 | トップページ | 日光の紅葉 »