« 「このはな彩」が始まりました。 | トップページ | 朝起きたら、なんと、初雪! »

2018/12/28

平成30年の仕事納め

今日は仕事納めの日。まず、朝始業前に半田消防署東浦支署に寄って年末の挨拶。年末の挨拶と言っても、役所にとっては年を越しても年度が変わるわけではありません。住民生活にとっても、年末年始はかつてのような特別の意味を持たなくなっているので、この期間に限って特別な儀式をする意味合いは薄れているように感じます。反面、ちょっとした節目を演出して身を引き締める行動変容を起こすきっかけになるとすれば、それはそれで意味のあることではないかとも思います。
役場では、午前中は、来客と新年度の予算査定でした。例年通りだと、午後に職員を集めて仕事納めの訓示をするのですが、今年から仕事納め式を廃止する代わりに、町長の年末の挨拶文を庁内LANで配信し、職員各自に読んでもらうことにしました。年度終わり(3月末)と年度初め(4月初)の式は、入退庁もあるので従来通り行うつもりです。職員に宛てた年末の挨拶文は以下の通りです。

  「年末の挨拶.pdf」をダウンロード

夜は、恒例の年末夜警。各地区の消防団員や消防協力団員、区長さんをはじめ地域の役員の皆さんたちが消防団詰所などに集まって警戒しているところを激励して回ります。県や警察の関係者も一緒に回るので、藤江、生路、石浜、緒川、森岡、森岡台、緒川新田の順に回って、最後は半田消防署阿久比支所で竹内阿久比町長と引き継ぎ。
これも、年の瀬にやる意味があるかと言えば議論がありますが、一年の節目に地域の防火・防犯を再認識する一つの機会にはなっていると思います。今年も、多くの皆さんにご参加をいただき、どうもありがとうございました。今夜は特に冷え込んできました。お体に留意され、清々しい年末年始をお過ごしいただきたいと思います。

Dsc02292800n

|

« 「このはな彩」が始まりました。 | トップページ | 朝起きたら、なんと、初雪! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成30年の仕事納め:

« 「このはな彩」が始まりました。 | トップページ | 朝起きたら、なんと、初雪! »