« 「共感を生む活動」には法則がある! 『まちを元気にするセミナー』 のご案内 | トップページ | 休日に美術館巡り »

2019/02/05

こんなお米のサンプルをもらいました。

東部知多衛生組合の首長会議でこんなお米のサンプルをもらった。試してみてくださいとのこと。
ガス化溶融炉でできた溶融スラグを粉砕して稲作に使うと良好な肥料になるのだそうだ。溶融スラグの主成分であるケイ酸、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどが溶け出して稲の発育を促すのだという。だが、溶融スラグは焼却残渣の中にある重金属などを含めて融解しガラス固化することによって、減容し、かつ、含有成分の溶出を防いでいるのではないか。都合の悪い成分は溶出せず、都合の良い成分だけ溶出してくるというのは、ちと出来過ぎてはいまいか・・・。
まあ、つべこべ言わずに食べてみよう。

Dsc030591000pn

|

« 「共感を生む活動」には法則がある! 『まちを元気にするセミナー』 のご案内 | トップページ | 休日に美術館巡り »

コメント

いま、われわれの体内で蓄積されている怖いものは重金属・化学物質だと思っています。長良川河口堰からの水道。「ガス化溶融炉」に投入されているのが食物残滓ならokかもと思いますが、食物残渣の中に適正でないものを入れる不心得者がいると思いますので金属、化学物質を事前にのぞく処理がなければ稲の肥料には使うべきでないと思います。阿賀野川や四日市、古くは足尾銅山の渡良瀬川、四国の別子銅山等々の環境破壊>食の毒性化を思い出します。

投稿: とだ-k | 2019/02/12 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/67657423

この記事へのトラックバック一覧です: こんなお米のサンプルをもらいました。:

« 「共感を生む活動」には法則がある! 『まちを元気にするセミナー』 のご案内 | トップページ | 休日に美術館巡り »