« グミがなっています | トップページ | まちづくりにおける「美」とはなにか? »

2019/05/21

中学生が於大まつりのイベントの売上金を寄付してくれました。

今年も、於大まつりで、町内の3中学校の中学生が「春のお祭りもりあげ隊」のテントを出してまつりを盛り上げてくれました。その「春のお祭りもりあげ隊」65名の中学生のうちの代表者6名が役場を訪ねて、売上金16,988円を熊本地震の復興支援金として寄付してくれました。中学校が違うとふだん交流の機会は少ないので、於大まつりのふれあい縁日は互いに知り合う良い機会となったようです。
春のお祭りもりあげ隊」は女性商工業者のボランティアグループ「かかさの会」の活動の一つで、於大まつりの前に中学生を募集し、於大まつりでイベントブースを中学生自身が企画運営するのを支援しています。於大まつり当日は、光る泥だんごづくり、スライムづくり、くじ引きを出店し大盛況でした。

 Dsc002001200tnn Dsc00201800tnn

|

« グミがなっています | トップページ | まちづくりにおける「美」とはなにか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グミがなっています | トップページ | まちづくりにおける「美」とはなにか? »