« 中学生が於大まつりのイベントの売上金を寄付してくれました。 | トップページ | エス・ツーアイの村瀬社長の講演「2020以降のAI・IoTが地域社会にもたらす変化」 »

2019/05/22

まちづくりにおける「美」とはなにか?

神奈川県真鶴町が運営する「真鶴暮らし」のサイトです。ネットサーフィン(最近この言葉を使わなくなりましたね)をしていて目につきました。
https://manazuru-life.net/

真鶴町と言えば、景観法の施行以前から真鶴独自の地域に根ざした美しい景観づくりを進めてきた「美の基準」が有名です。まちづくり条例の10条で8つの「美の原則」定め、これを実現するためのデザインルールとして69のキーワードからなる「美の基準」がつくられています。面白いのは、「美の基準」には数値基準がないのです。真鶴の暮らしに根ざした抽象的な言葉で、現場の状況に応じて判断していけるように柔らかく表現されています。美の原則の(1)には「建築は場所を尊重し、風景を支配しないようにしなければならない。」とあります。

真鶴町まちづくり条例 第10条
 町は、まちづくり計画に基づいて、自然環境、生活環境及び歴史的文化的環境を守り、かつ発展させるために、次の各号に掲げる美の原則に配慮するものとし、その基準については規則で定める。
(1) 場所 建築は場所を尊重し、風景を支配しないようにしなければならない。
(2) 格づけ 建築は私たちの場所の記憶を再現し、私たちの町を表現するものである。
(3) 尺度 すべての物の基準は人間である。建築はまず人間の大きさと調和した比率をもち、次に周囲の建物を尊重しなければならない。
(4) 調和 建築は青い海と輝く緑の自然に調和し、かつ町全体と調和しなければならない。
(5) 材料 建築は町の材料を活かして作らなければならない。
(6) 装飾と芸術 建築には装飾が必要であり、私たちは町に独自な装飾を作り出す。芸術は人の心を豊かにする。建築は芸術と一体化しなければならない。
(7) コミュニティ 建築は人々のコミュニティを守り育てるためにある。人々は建築に参加するべきであり、コミュニティを守り育てる権利と義務を有する。
(8) 眺め 建築は人々の眺めの中にあり、美しい眺めを育てるためにあらゆる努力をしなければならない。

真鶴町「美の基準」とは、詳しくは以下をご覧ください。担当職員の方のインタビュー記事もあります。
http://nextwisdom.org/article/1382/
 http://www.keikan-forum.org/asemi_file/20130227.pdf
 https://www.hinagata-mag.com/comehere/10820
 https://colocal.jp/topics/art-design-architecture/manazuru/20161018_83125.html
 http://machinale.net/manazuru.html

真鶴町景観計画では、一定規模以上の新築や増改築をするときは、美の基準 自主提案書を届け出ることになっています。

|

« 中学生が於大まつりのイベントの売上金を寄付してくれました。 | トップページ | エス・ツーアイの村瀬社長の講演「2020以降のAI・IoTが地域社会にもたらす変化」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まちづくりにおける「美」とはなにか?:

« 中学生が於大まつりのイベントの売上金を寄付してくれました。 | トップページ | エス・ツーアイの村瀬社長の講演「2020以降のAI・IoTが地域社会にもたらす変化」 »