« うのはな館 ミニ企画展のご案内 & このはな館 緑の講習会のご案内 | トップページ | 住民の皆さんから多くの貴重な提言をいただきました。 »

2019/06/11

きょうは巽ヶ丘駅から電車に乗りました。

知多市と阿久比町と東浦町の境にある名鉄 巽ヶ丘駅です。今朝は、事故でJRのダイヤが乱れていたので、この駅から乗りました。窮極のバリアフリー、懐かしい構内踏切がある駅です。久しぶりにホームでお会いした方もいて、たまに違う駅から乗るのも良いなと思いました。

Dsc_7635800nn_1
Dsc_7639800nn_1

 
今日は東京へ要望に出掛けました。名古屋三河道路推進協議会のメンバーから、岡崎市長、刈谷市長、知多市長、西尾副市長、東浦町長、(株)デンソー、(株)知多エル・エヌ・ジー、愛知県から建設局長が、地元の伊藤忠彦衆議院議員、青山周平衆議院議員、酒井庸行参議院議員の案内で、国土交通省と財務省を訪ね、国土交通省の道路局長、大臣政務官、石井国土交通大臣、財務省の大臣政務官、上野財務副大臣などと面会、名古屋三河道路の早期実現に向けた要望書を手渡しました。

Dsc00871800nn_1

かねてから刈谷市、安城市、知多市、東浦町は、安城で名豊道路(国道23号)から分岐し刈谷、東浦を通り、知多で西知多道路につながり名古屋港に至る高規格道路「西三河知多アクセス道路」の計画実現に向けて要望活動をしていました。一方で、ほぼ同じルートを通り、知多半島と西三河を結び、東名・新東名につながる「名古屋三河道路」の計画も以前からあるため、これらの計画を合体させ、「西三河知多アクセス道路」を「名古屋三河道路」の優先整備区間として位置づけ、要望活動を名古屋三河道路推進協議会に一本化することによって、さらに強力に計画実現を推し進めていくこととしました。
知多および西三河地域は、自動車関連産業を核として日本の製造品出荷額の1割にあたる約29兆円を生み出す地域です。経済・物流活動や人の往来が活発になっている中、国道1号や名豊道路などに交通が集中し慢性的な渋滞が発生しています。とりわけ知多地域と西三河地域を結び、境川・衣浦湾を渡る橋梁付近では特に渋滞が激しく、その解決が喫緊の課題となっています。
知多地域と西三河地域を東西に貫く高規格道路「名古屋三河道路」は、国際拠点港湾である名古屋港と日本の大動脈である東名・新東名高速道路を結ぶとともに、西知多道路や知多半島道路、名豊道路とのネットワークを形成し、伊勢湾岸道路とのダブルネットワーク機能も有する路線として期待される重要な道路です。以上を踏まえ、特に次の項目について要望をしました。

1.名古屋港から岡崎市内を経由して新東名高速道路へ結ぶ区間を地域高規格道路名古屋三河道路として、重要物流道路に指定し、早期事業化に向けた調査・検討を進めること。

2.特に、知多地域と名豊道路を結ぶ区間については、名豊道路や境川・衣浦湾周辺地域などにおいて渋滞が生じており産業活動に支障を来たしていることから、優先的に事業の進捗を図ること。

3.長期安定的に道路整備・管理が進められるよう、新たな財源を創設するとともに、令和元年度道路関係予算は所要額を確保すること。

Nagoyamikawa-douro2019

 

|

« うのはな館 ミニ企画展のご案内 & このはな館 緑の講習会のご案内 | トップページ | 住民の皆さんから多くの貴重な提言をいただきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うのはな館 ミニ企画展のご案内 & このはな館 緑の講習会のご案内 | トップページ | 住民の皆さんから多くの貴重な提言をいただきました。 »