« 田畑から、秋の便り | トップページ | 東京のスリバチを実感 »

2019/08/22

臨時議会が開催されました。

町議会臨時会が開催されました。以下の報告案件5件と議案1件が審議されました。

①生路小学校及び森岡小学校空調設備設置工事請負契約の変更の専決処分の報告(配管カバーの素材変更等により492万円余増額して6550万円に,中央プランテック)
②片葩小学校及び石浜西小学校空調設備設置工事請負契約の変更の専決処分の報告(配管カバーの素材変更等により9万円余増額して5982万円に,三栄空調)
③緒川小学校及び北部中学校空調設備設置工事請負契約の変更の専決処分の報告(配管カバーの素材変更等により342万円余増額して9948万円に,竹内組)
④卯ノ里小学校及び西部中学校空調設備設置工事請負契約の変更の専決処分の報告(配管カバーの素材変更等により122万円余増額して1億1678万円に,東浦土建)
⑤藤江小学校及び東浦中学校空調設備設置工事請負契約の変更の専決処分の報告(配管カバーの素材変更等により185万円余増額して8700万円に,三和テクノ)
⑥損害賠償の額の決定及び和解(町体育館の樹木が駐車中の車両に落下,町の損害賠償額 約52万円)

①~⑤は、学校の空調設備の配管カバーを樹脂製からより耐久性の高いガルバリウム鋼板製に変更する等の理由により、工事の段階で、小中学校全普通教室へのエアコン設置の契約金額を合計で4億1707万円から4億2859万円に増額したことを議会に事後報告するものです。工事請負契約金額の10%以内の変更は専決処分することができます。なお、エアコン設置は夏休み前に完了しています。
⑥は、損害賠償の和解の承認を得るもので、全会一致で可決されました。通常の軽微な和解については専決処分が認められていますが、損害賠償額が50万円を超えたため議会の承認案件となりました。町体育館の桜の古木は50年以上経って痛んでいるものも多いため、伐採し樹木を植え替える等の対応をしていきます。
専決処分とは、議会を招集する時間的余裕のない場合や、あらかじめ議会から委任されている軽微な案件について、議会の議決を経ずに長が決定することを言います。

 
議会終了後、議会全員協議会にて、行政が検討中の会計年度任用職員制度や農業振興地域整備計画、都市計画マスタープラン改定などの進捗状況について議員の皆さんに説明し、質問・意見をいただきました。議員の視察報告もありました。わかりやすくまとめられており、4年間のブランクがあった山田議員から、以前と比べて報告の内容に大きな改善が見られるとの指摘がありました。

|

« 田畑から、秋の便り | トップページ | 東京のスリバチを実感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田畑から、秋の便り | トップページ | 東京のスリバチを実感 »