« 2019年8月 | トップページ

2019年9月

2019/09/15

生路のお祭りが終了しました。

伊久智神社の駆け馬が終わって、夕方から、コミュニティセンターで、餅撒き と 北組と南組の太鼓の響演。若衆の連打でフィナーレです。背中を押されて自分も少しだけ太鼓をたたかせていただきました。

Dsc03097tpnn
Dsc03101800pnn
Dsc031171000pnn
Dsc03183640pnn
Dsc03182800nn

| | コメント (0)

2019/09/14

敬老会は終盤。あすは伊久智神社のお祭り。

藤江地区敬老会は、小学生の金管演奏の後、カラオケ大会でした。唄の合間に踊りや大正琴の演奏も入ります。区長さんは観客席のおじいちゃんおばあちゃんの中に入って熱唱です。

 Dsc02906640pnnDsc02940800pnn
 Dsc02931800pnnDsc02925800pnn
 Dsc02946800pnnDsc02949800pnn

 
石浜中自治会の敬老会は、毎年、自治会の内外から芸達者が大集合。ひょっとこ踊りや座ってできる太極拳体操もあります。恒例のクラウンチョクさんのショーでは私もメイクしてもらってお手伝いをしました。町長もシークレットゲストして何か出し物をと言うことでしたので、ちょっとだけ脳トレ手品をさせていただきました。

 Dsc02968800tpnn70809105_379881926280313_621304207340732
 Dsc02957800tpnnDsc02986800pnn
 70462690_393612734921543_70355419857671970466596_379881969613642_176781712896819
 69892341_938038086553590_33353097720008570816946_2359347517726514_61839865208656
 70507747_379881876280318_324689859176719Dsc02996800tpnn

 
若者会議第3回、イオンホールにて。ちょっとだけ覗いてきました。こんなコトしてみたい。資金の調達どうしよう。10~20代までの中学生、高校生、大学生、社会人が一緒になって、アイディア出し合っています。若い発想と行動力に期待です。

 Dsc02963640pnnDsc02962640pnn

 
図書館のワークショップ
もありました。1階の視聴覚コーナーの改装プランをまとめます。こちらもどうなるか楽しみです。

 70018377_2353550721629737_6633584324476169902248_2353550821629727_64793472814630

 
あすの日曜日は伊久智神社のおまんと祭り。前日の夕方は、太鼓をたたいて地域を回ります。

 Dsc03009800tpnnDsc03027800pnn
 Dsc03038800pnnDsc03045800pnn

| | コメント (0)

2019/09/13

小川村から歴史マンガが届きました。

長野県上水内郡小川村で、小川村と東浦町との間の歴史を取り上げた創作マンガが作られました。『信濃国 小川の歴史秘話 小川左衛門貞綱から徳川家康まで』と題した歴史マンガです。小川村郷土史まんが制作委員会が、村の補助事業として、小川村出身の漫画家 からけみ さんに制作を依頼しました。江戸時代に小川村で書かれた古文書「小川郷昔記録」を参考に、小川村の歴史をマンガで再現しました。

物語は南北朝時代(1336~1392年)、尾張国小河庄(現在の愛知県東浦町)の城主だった小川左衛門貞綱が戦に敗れて、現在の小川村に移住し、城主として村を三世代にわたって治めた歴史を軸としています。小川家はその後、尾張国に戻って水野家に改め、後に徳川家康の生母となる「於大の方」の祖先となるストーリーです。お話しの最後には、東浦町の於大まつりや産業まつり、ジュニアリーダーの小川村でのキャンプの様子が登場します。

漫画は村内の全世帯に配布。村内の書店や道の駅でも販売しています。価格は千円。通信販売も受け付けているそうです。問い合わせは小川村郷土資料館(☎026-269-2270)まで。詳しくは、http://kankou.ogawamura.jp/archives/2126/ をご覧ください。

201908221551530001
Ogawa-no-rekishihiwa-p52
201908221552170001

| | コメント (0)

2019/09/12

近江の食文化 鮒寿司

滋賀県出身の方から鮒寿司をいただきました。自家製の鮒寿司です。それぞれの家に自慢の伝来の味があるのでしょう。食べてみると如何にもの姿に似合わず意外とマイルド。強烈に臭くも酸っぱくもありません。自分は、クセのある鮒寿司が大好きで、あの独特の酸味を想像しただけで垂涎ものです。もちろん日本酒と合わせていただきます。

Dsc02086800nn

 

| | コメント (0)

2019/09/11

リアル脱出ゲームとは

ちょっと誘われて「リアル脱出ゲーム」なるものを体験した。最近若者たちの間では、謎解きゲームが流行っているらしい。それに加えて、ボードゲームも流行っているらしい。ボードゲームと言えば、人生ゲーム、バンカース、モノポリー、ちょっと仕掛けが凝ったモノだと魚雷戦ゲーム、野球盤など、子どもの頃友達の家でよくやったのを思い出すと懐かしい。モノポリーなどは今も健在であちこちで対戦も行われているそうだ。それらに加えて新しいゲームもつくられているのだろう。

Dsc_80421000tpnn


ボードゲームはさておき、大須の近くにある謎解きゲームの殿堂に誘われていってみた。行ってみたら、なんとそこは、これまた懐かしい、かつて“カトー無線パーツセンター”のあったビルだった。中学・高校時代に電子部品を探しによく行ったものだ。建物の中に入ると、中はたくさんの部屋に分れていて、その中の密室へ通された。そこに監禁されて謎を解いて仕掛けを解除しないと出られない仕組みだ。まるで、昔観たカナダ映画「Qube」のようだ。メンバーは私よりも若い人ばかり。チームワークで危機を乗り切る設定だ。頭脳+スポーツとでも言うべきか。
お話しはここまで。興味のある方は体験をオススメする。

終わってから、久し振りに味仙で台湾ラーメンを食べた。上からアメリカン、左回りにノーマル台湾、イタリアン、アフリカンとだんだん辛くなって、最後はエイリアン。深紅でドボドボのエイリアンはさすがにかなり寒気がした。

Dsc_8046800tpnn

 

| | コメント (0)

2019/09/10

更生保護女性会広報への寄稿

8月中旬に開催された「いきいきファミリーファスタ」は今年で17回目。更生保護女性会が「社会を明るくする運動」の一環で企画・運営している夏休みの子ども向けの行事です。オープニングセレモニーではSPGチアダンスプロジェクトのパフォーマンスがありました。このあと「一緒につくってあそぼう!」が始まります。更生保護女性会では、罪を犯した人の社会復帰を支援する、青少年の健全育成を進める、地域の子育てを支援する、の3つを柱とした活動をしています。

          69041382_358244828455904_237708543134374
 69541432_2381031038824910_54502049605054 68847125_417233555818129_544503451137081
 Dsc02105800pnn Dsc02107800pnn

更生保護女性会は、このほかにも、中学生の作文発表会、地区フイルムフォーラム、少年院や更生施設への慰問、保護司との交流会、社会啓発セミナー等の活動をしています。
以下は、ことし東浦の更生保護女性会の広報紙への寄稿を頼まれて私が寄せた挨拶文です。教育と互いの信頼について書かせていただきました。

 

むごい教育とは

 

若い頃、山岡荘八の徳川家康を読んだことがあります。とても長編なので最初の三巻に限って読みました。幼少期の物語が特におもしろいと聞いていたからです。今でも印象に残っているのに、こんなエピソードがあります。

幼い頃の家康(竹千代)が今川家に人質に取られているときに、今川義元は、竹千代には「むごい教育をせよ」と家臣に対して命じます。家臣は、むごい教育とは、粗末な食事を与え、辛く厳しく育てることと考えました。

ところが、義元は家臣に「美食を与え、望むとおりにさせろ。そうすれば、たいていの人間は駄目になる。」と言ったのです。子どもを育てるのには周囲の愛情が欠かせません。しかし、それは贅沢をさせ、辛抱することなく我儘に育てることとは違います。当たり前の制約があるからこそ、人は自分で情報を集め、判断し、失敗に学ぶ工夫をします。また、思い遣りも身につきます。むごい教育とは、本人の自立、成長を阻む教育です。

もう一つエピソードを覚えています。竹千代に論語を説く雪斎禅師が「国家には食と兵と信が必要だが、3つとも叶えられないときはどれを捨てるか。」と尋ねます。すると竹千代は「兵を捨てます。」と答えます。それでは「食と信のうちならどちらを捨てるか。」と聞かれる場面があります。これは難しい選択です。雪斎は「食があっても信なくば、食を奪い合って血みどろの戦いとなるだろう。信じ合えるが故に人間なのだ。」と竹千代を諭します。

更生保護女性会は、人間尊重と、お互いに他を思いあい、連帯しながら、だれもが心豊かに生きられる明るい社会づくりをめざしています。お互いをひとりの人間として認め合い、信頼しながら共に成長することの大切さを改めて深く認識したいものです。

 

東浦町長 神谷明彦

 

| | コメント (0)

2019/09/09

行政サービスコーナーがリニューアルしました。

イオンモール東浦の行政サービスコーナーを、隣のBOOKS & CAFEの開店にあわせてリニューアルしました。これまでどちらかというと落ち着いたブラウン系の色調だったのを思い切って暖色系にしてみました。明るいイメージで親しみやすさをアピールしたいところですが、「クリニックの受付みたい」との感想も・・・。もちろん、イメージだけではなく親しみやすい接客に努めます。

Dsc_8036800pnn

 Dsc_8040800pnn Dsc_8038800pnn

 
東浦町行政サービスコーナー隣の以前フードコートがあった場所には、未来屋書店とスターバックスが融合した「ブックス&カフェ」が誕生しました。未来屋書店では、書籍約12万点をそろえ、店内には大人向け文房具や雑貨の売り場もあります。スターバックスコーヒーは1階の従来からの店舗に加えて館内2店舗目になります。

| | コメント (0)

2019/09/08

あいちトリエンナーレ2019 のテーマは「情の時代」

あいちトリエンナーレを観てきました。到底1日じゃ回りきれませんが、名古屋市美術館、愛知県芸術文化センター、そして四間道から円頓寺にかけてのエリアをざっと巡ってきました。

まず、名古屋市美術館から。意味がわからないものもありますが、とにかく大掛かりなインスタレーションは観ているだけでも楽しいです。あちこちに作家の皆さんが表現の自由を求める張り紙がしてありました。

 Dsc02753800pnn Dsc02755800pnn
 Dsc02758800nn Dsc02760800tpnn
 Dsc02763800pnn Dsc02764800nn
 Dsc027661600pnn Dsc027671000pnn

 
次に愛知県芸術文化センターへ。ピエロがいっぱい居る部屋は、3年前に巨大な砂絵が描かれていた場所です。段ボールで街を作る子ども向けのワークショップもありました。

 Dsc02768800nn Dsc02773800tpnn
 Dsc02779800nn Dsc02784800pnn
 Dsc02798800nn Dsc02800800pnn
 Dsc02806800pnn Dsc02810800nn
 Dsc02811800nn Dsc02812800pnn
 Dsc02813800prnn Dsc02816800nn

 
四軒道の伊藤家住宅もトリエンナーレの会場になっていて、期間中は中に入ることができます。歴史ある商家の佇まいの中に作品が仕掛けられています。
この界隈は、古い寺社や風変わりな店もあって歩く者を飽きさせません。長屋に沿った路地の行き止まりには子守地蔵がありました。円頓寺のアーケード街のなかにも会場はあって夜8時までオープンしています。同じ円頓寺でも江川線の東と西では随分雰囲気が違います。立呑みの店と餃子の店に寄って晩ご飯を済ませました。

 Dsc02817800nn Dsc02822800nn
 Dsc02829800pnn Dsc02834800nn
 Dsc02836800pnn Dsc02841800pnn
 Dsc02839800pnn Dsc02842800pnn
 Dsc02843800pnn Dsc02846800pnn
 Dsc02847800pnn Dsc02849800pnn
 Dsc02850800pnn Dsc02857800pnn
 Dsc02858800pnn Dsc02859800pnn
 Dsc02862800nn Dsc02867800pnn


 Dsc02873800nn Dsc02874800pnn
 Dsc02875800pnn Dsc02876800nn

 

| | コメント (0)

2019/09/07

敬老会と絆まつり

緒川地区と森岡地区の敬老会に出席しました。会場の森岡コミュニティセンターでは、恒例、そば打ち同好会による手打ち蕎麦のふるまいがありました。ちょっとお昼には早いけど2杯いただきました。

 69716386_943432082670842_676284407966859 Dsc_8077800pnn
           70299927_943431949337522_246765500444232

 
絆まつりに行ってきました。太鼓、東うらうら体操、足指マッサージ体験、ゲーム、飲食、そして、人権擁護委員の皆さんと中学生ボランティアのブースもありました。足指もみもみ 気持ちよかったです。
会場のNPO法人 絆は、昼を挟んで、お天気に恵まれて、とても賑わっていました。自宅から敬老会に出席されて、またその足で絆まで来られていた健脚の80歳女子(東浦中学校5回生?だそうです)もいらっしゃいました。

    69821029_912205052492951_829077066792671
 Dsc_8080800pnn 70538753_921019871567074_743177714430220
 Dsc_8090800pnn Dsc_8092800pnn
 Dsc_8109800pnn Dsc_8104800pnn

| | コメント (0)

2019/09/06

「浪曲を楽しむ ~日本の伝統話芸に触れてみよう~」のご案内

ゆうゆうクラブ(老人クラブから改称しました)主催による特別講演会「浪曲を楽しむ ~日本の伝統話芸に触れてみよう~」のご案内です。

10月8日(火)13時30分から 文化センターにて。入場無料、申し込み不要。

浪曲のお好きな方も、ふだん浪曲に親しみのない方も、町内で気軽に鑑賞できるもってこいの機会です。ふるってご参加ください。

Dsc_80751600pnn

| | コメント (0)

昴展

文化センター2階で開催中の「昴展」に行ってきました。町内外で美術活動をされている洋画家の野村卯(のむらしげる)さんたちの展覧会。日曜日まで開催しているそうです。

 Dsc_80631000pnn Dsc_80641000pnn
 Dsc_80671000pnn Dsc_80661000pnn

| | コメント (0)

ねこのパン

イオンモール東浦で人気の「ねこの食パン」。妻が並んで買ったそうです。切ってみると、なんでねこだかわかります。
鼻と口はオマケです。(ヒゲがないとのご意見もいただきました。)

Dsc_7997800pnn

 

| | コメント (0)

2019/09/05

前から一度行ってみたかった太陽の塔と梅田スカイビル

先月、大阪に行った帰りに少し時間がありました。まだ日は長いし・・・大阪で以前から行ってみたいと思いつつ行けなかったところを巡ってみました。

行けなかったところとは、一つは万博記念公園にある太陽の塔。1970年の大阪万博の時には混雑で入場をあきらめました。唯一メジャーなパビリオンで入れたのはソ連館だけだった記憶があります。その太陽の塔は、塔の中段を覆っていた大屋根を撤去、補強改修をした上で、昨年から一般公開されるようになりました。
地下鉄御堂筋線(北大阪急行電鉄)終着駅の千里中央から大阪モノレールに乗って万博記念公園へ。太陽の塔を間近に一周して、裏側にも顔があるのを初めて知りました。「太陽の塔」は、頂部の未来を象徴する「黄金の顔」、正面の現在を象徴する「太陽の顔」、背面の過去を象徴する「黒い太陽」の3つの顔を持っています。さらに太陽の塔には、当時パビリオンの地下に第4の「地底の太陽」と呼ばれる顔もありました。しかし、万博終了後に行方不明になったと言います。何やら都市伝説的な香りがしないことはありませんが、それが塔の基部に再現されています。
見学は予約制のようでしたが、何も調べずに現地へ行ったら、余裕があれば当日受付もOKとのこと。塔の内部には高さ約41メートルの「生命の樹」があり、樹の幹や枝には大小さまざまな生物の模型が取り付けられ、アメーバーから三葉虫、魚類、恐竜、そして人類に至るまでの生命の進化をあらわしていました。長い間に痛んだ模型は修復され、唯一ゴリラだけ頭のアゴを動かすメカがむき出しのまま50年の歳月を訴えるように展示されています。
当時は、太陽の塔の右腕から、大屋根の空中展示へとエスカレーターで導線がつながっていたそうですが、今は、塔内側の外周ににある螺旋階段を降りてくるようになっています。自分は、ひょっとして頂部の黄金の顔から大阪の街を見下ろせるのではと密かに期待していたのですが残念。しかし、50年前のセンスとは思えないような(余り“ちゃっちさ”を感じさせない)内部展示を当時エスカレーターでベルトコンベアに載せられたように通り過ぎたであろうところを、じっくり味わいながら一歩一歩階段を上がって鑑賞するのは、結構満足感がありました。

Dsc01562800pnn
Dsc01568800pnn
Dsc01572800pnn
Dsc01587800pnn
Dsc01589800pnn

 

もう一つの行ってみたかったところは、梅田スカイビル。神谷は自然保護派で人工構造物嫌いだと思われがちなのですが、実は高層ビルやダムに執着があったりするのです。ダムについてはまたそのうちお話しするとして、この梅田スカイビルは地上40階、高さ173m、原広司の設計により1993年に完成した世界初の連結超高層ビル。2つの高層建築を独立して建てたうえで地上で造った空中庭園部分をクレーンでつり上げて固定した構造になっています。建築時に二つの高層ビルは上に向かって若干(たぶん数cm??)開いた形で造っておいて、空中庭園を載せた時点でぴったりになるよう設計されているのでしょう。初期のプランには4つのタワーを連結させる構想もあったようです。シンガポールのマリーナベイ・サンズは、高さ200mの3連結超高層ビルで、空中庭園にプールがあるので有名です。ところで、ラ・デファンスの新凱旋門はどんな構造になっているのでしょうか。
梅田スカイビルは、2つのビルがつながっている外観に加えて、屋上に向かって空中を斜めに上がるエスカレーターや両棟をつなぐ22階の連絡通路など、フツーのビルにはない見所を備えています。ここはダイハツディーゼルと東芝の工場の跡地を積水ハウスが再開発したビルです。ビルの北側にはちょっとした里山風の水田があったりします。また、ビルの南側の地上から地下にかけては自然の渓谷を模した日本庭園になっていて庭園伝いに隣のウェスティンホテルに入っていけるようになっています。

Dsc01483800pnn
Dsc01503800pnn
Dsc01508800pnn
Dsc01539800nn

 

梅田スカイビルのある新梅田シティとグランフロント大阪(大阪駅)との間には17ヘクタールにも及ぶ広大な梅田貨物駅跡地が残っていて「うめきた2期」再開発の計画があります。ここに都会の森となる4.5haの都市公園、高層ビル群と新駅を建設、2024年の完成を目指すそうです。すでに「うめきた1期」としてグランフロント大阪に高層タワー群と大阪駅北口に水景施設のあるうめきた広場・うめきたSHIPが完成しています。ちょうど、真夏に「雪見酒」のイベントが開催されていて、仕事帰りの若いサラリーマンでにぎわっていました。

Dsc01532800pnn
Dsc01640800pnn
Dsc01647800nn
Dsc01615800pnn
Dsc01479800tpnn
Dsc01602800pnn
Dsc01611800nn

 

ついでに中之島界隈も散歩してきました。ちょうど、国立国際美術館で「ジャコメッティと」と題した展覧会をやっていました。ゴツゴツした彫刻がたくさんあるのかと覗いてみたのですが、これといった感動はなし。自分のアートに対する鈍感さを改めて認識させられました。

Dsc01540800pnn
Dsc01543800nn
Dsc01548800pnn
Dsc01553800pnn

 

| | コメント (0)

2019/09/04

9月定例議会(令和元年第3回定例会)が始まります

9月定例議会が始まります。日程は以下の通りです。

 9月 6日(金曜日) 午前9時30分~ 本会議(議案の上程・説明)
 9月 9
日(月曜日) 午前9時30分~ 本会議(一般質問)
 9
月10日(火曜日) 午前9時30分~ 本会議(一般質問)
 9月11日(水曜日) 午前9時30分~ 本会議(議案質疑・委員会付託)

 9月13日(金曜日) 午前9時30分~ 経済建設委員会
 9月17日(火曜日) 午前9時30分~ 文教厚生委員会
 9月18日(水曜日) 午前9時30分~ 総務委員会
 9月26日(木曜日) 午前9時30分~ 本会議(討論・採決)

一般質問では、12人の議員から通告書が提出されています。理事者(行政)側は通告内容に応じて、質問を各課に割り振り、各課で答弁書案を作ります。各課の答弁書案は部長級以上の幹部でチェック、修正され、町長の最終チェックを済ませて答弁書が出来上がります。登壇での一回目の質問と答弁には台本(通告書と答弁書)がありますが、二回目以降の遣り取りはアドリブになります。

一般質問の通告内容は、東浦町議会ホームページでご覧になれます。

令和元年第3回定例会の議案はこちらでご覧になれます。9月定例議会では、平成30年度決算の承認が主な議題となります。
また、以前からの公約どおり、町長の退職手当を支給しない条例(案)を上程します。これは今任期中の退職金を無くすための時限立法で、各任期毎に制定する必要があります。ちょうど4年前の平成27年第3回定例会でも同様の条例を制定しています。

| | コメント (0)

2019/09/03

祭り太鼓が聞こえる季節になりました。

毎晩近くの「稽古部屋」で若衆が太鼓の練習をしています。神社には「らち」と呼ばれる馬場がつくられます。

Dsc02610800tpnn

 
9月中旬の生路地区を皮切りに、10月末の石浜地区まで、町内各地区でおまんと(駆け馬)祭りが繰り広げられます。

   9月15日(日) 伊久智神社(生路)
   9月29日(日) 村木神社(森岡)
  10月13日(日) 入海神社(緒川)
  10月13日(日) 藤江神社(藤江)
  10月27日(日) 稲荷神社(石浜)

※おまんと(駆け馬)は、背中に鈴などをつけて疾走する馬に、若者が飛びついて伴走する勇壮な秋祭りです。伊久智神社では町指定無形民俗文化財の神楽が奉納されます。藤江神社では県指定無形民俗文化財のだんつく獅子舞で雨乞い祈願をします。

Akimatsuri-omanto2019

 

| | コメント (0)

2019/09/02

『おだいちゃん』ぬいぐるみを販売開始

東浦町マスコットキャラクター『おだいちゃん』ぬいぐるみの販売を開始しました。

 価格: 4,000円、販売個数:限定50個
 販売場所: 行政サービスコーナー(イオンモール東浦2階)、勤労福祉会館(商工振興課)、役場(住民課)

以下の記事が東浦町ツイッターに出ています。

Odaichan-nuigurumi-20199192

これは、西部中学校の校長室で撮った写真ですね。今日ちょうど、BOYS AND MENの田村侑久さんが母校の西部中学校で「ようこそ先輩」の授業をしました。中学生にとって、生き方やキャリア形成について考える良い機会になったと思います。

| | コメント (0)

2019/09/01

今日から9月、敬老会のシーズンです

9月に入ると敬老会のシーズンです。日曜日は、生路、石浜東、平池台の敬老会に出席しました。ひとくちに長寿と言っても時間的な寿命だけでなく、やはり、好きなときに好きなことをできること、好きな所へ行けること、喜怒哀楽があることが大切ですね。
生路では、若い方たちの踊りに加え、75歳以上の敬老会対象者の皆さんも入ったコーラスに手品に、多彩な芸を見せていただきました。石浜は、小学生の吹奏楽の後でカラオケ大会。平池台は、いつものようにみんなで歌を歌いながらの宴会です。

 Dsc02648800tpnn Dsc02659800tpnn
       Dsc02685800pnn

 Dsc02696400pnn Dsc02702800pnn

 Dsc02724800nn Dsc02731400pnn

 

町体育館で開かれたフライイングディスク教室を見てきました。障がい者も楽しめるスポーツとして、あいち障がい者フライングディスク協会の皆さんが東浦町で実施してくださっています。今回は社会福祉協議会の働きかけもあって、知多地区以外に三河地区からも参加があり賑わっていました。

 Dsc02715600pnn Dsc02720400pnn

 

東海市芸術文化センター大ホールで開かれた愛知県民俗芸能大会に、藤江神社の八ッ頭舞楽保存会が出演しました。
藤江神社に伝わる「だんつく獅子舞」は一人立ち獅子舞として、現在は藤江神社祭礼で奉納されています。獅子には雌雄があり、拝殿前に特設された舞台で舞を演じます。演目は「恋歌仙」「膝折」「隠獅子」の三幕で構成され、最後の隠獅子には6頭の子獅子が加わることから、この獅子舞を「八ッ頭」と呼んでいます。それぞれの演目の始めに棒を持ったスサノウノミコトが舞台を清め、親獅子が一対で踊ることを基本としています。「だんつく」の芸能名は、獅子方が叩く太鼓の擬音から名付けられたと考えられます。
だんつく以外には、岡崎市の山中八幡宮デンデンガッサリ保存会、東海市万歳保存会の演技を鑑賞しました。

 Dsc027421000pnn Dsc027431000tpnn
     Dsc027451000tpnn

 Dsc02737800pnn Dsc027481000pnn

 

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ