« 敬老会と絆まつり | トップページ | 行政サービスコーナーがリニューアルしました。 »

2019/09/08

あいちトリエンナーレ2019 のテーマは「情の時代」

あいちトリエンナーレを観てきました。到底1日じゃ回りきれませんが、名古屋市美術館、愛知県芸術文化センター、そして四間道から円頓寺にかけてのエリアをざっと巡ってきました。

まず、名古屋市美術館から。意味がわからないものもありますが、とにかく大掛かりなインスタレーションは観ているだけでも楽しいです。あちこちに作家の皆さんが表現の自由を求める張り紙がしてありました。

 Dsc02753800pnn Dsc02755800pnn
 Dsc02758800nn Dsc02760800tpnn
 Dsc02763800pnn Dsc02764800nn
 Dsc027661600pnn Dsc027671000pnn

 
次に愛知県芸術文化センターへ。ピエロがいっぱい居る部屋は、3年前に巨大な砂絵が描かれていた場所です。段ボールで街を作る子ども向けのワークショップもありました。

 Dsc02768800nn Dsc02773800tpnn
 Dsc02779800nn Dsc02784800pnn
 Dsc02798800nn Dsc02800800pnn
 Dsc02806800pnn Dsc02810800nn
 Dsc02811800nn Dsc02812800pnn
 Dsc02813800prnn Dsc02816800nn

 
四軒道の伊藤家住宅もトリエンナーレの会場になっていて、期間中は中に入ることができます。歴史ある商家の佇まいの中に作品が仕掛けられています。
この界隈は、古い寺社や風変わりな店もあって歩く者を飽きさせません。長屋に沿った路地の行き止まりには子守地蔵がありました。円頓寺のアーケード街のなかにも会場はあって夜8時までオープンしています。同じ円頓寺でも江川線の東と西では随分雰囲気が違います。立呑みの店と餃子の店に寄って晩ご飯を済ませました。

 Dsc02817800nn Dsc02822800nn
 Dsc02829800pnn Dsc02834800nn
 Dsc02836800pnn Dsc02841800pnn
 Dsc02839800pnn Dsc02842800pnn
 Dsc02843800pnn Dsc02846800pnn
 Dsc02847800pnn Dsc02849800pnn
 Dsc02850800pnn Dsc02857800pnn
 Dsc02858800pnn Dsc02859800pnn
 Dsc02862800nn Dsc02867800pnn


 Dsc02873800nn Dsc02874800pnn
 Dsc02875800pnn Dsc02876800nn

 

|

« 敬老会と絆まつり | トップページ | 行政サービスコーナーがリニューアルしました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 敬老会と絆まつり | トップページ | 行政サービスコーナーがリニューアルしました。 »