« 浪曲を初めて聴きました。 | トップページ | 秋晴れの中、東京出張 »

2019/10/09

ダイヤ改正後の「う・ら・ら」は・・・

10月になって、通勤にう・ら・らを使ってみたりしています。町の南部から緒川方面へは、本数もコースバリエーションも増えて格段に便利になりました。

10月3日は、生路コミュニティセンターから(約5分遅れで)14人乗りの小型車両に乗りました。すでに2人の乗客が乗っていました。住宅街を縫ってアイプラザまで行くとバス停で待っている人が多くて、全員乗り切れません。でも、皆さんよくご存じで、「この後すぐに中型バスが来るから」と譲り合って、12人乗せて出発。約10分遅れで東浦町役場に到着しました。役場の前で後発の中型バスが先着しているのが見えました。

10月9日には、朝1便の小型バスに生路門田からほぼ定刻で乗車。途中、やはり県営住宅あたりからどっと乗客が乗ってきて席を譲りました。両日とも、「いつもの便がなくなって不便になった」との声がちらほら聞かれました。本数が増えてトータルでは便利になったはずですが、やはり慣れてきたものが変わるのはストレスなのでしょう。一方で、「この後すぐ別の便があるんだよ。」とか「これは、そのまま刈谷へ行けるんだよ。」とか、すでに私以上にダイヤを理解している高齢者もいらっしゃいます。

皆さん方が、早く新しいう・ら・らに慣れていただいて、上手に使いこなしていただけることを願っています。私たちも、利用者の小さな声に耳を傾けて参ります。

Dsc_8393800pnnDsc_8403800tpnnDsc_8405800pnn
Dsc_8471800nn Dsc_8473800nn

|

« 浪曲を初めて聴きました。 | トップページ | 秋晴れの中、東京出張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浪曲を初めて聴きました。 | トップページ | 秋晴れの中、東京出張 »