« 第41回 産業まつりが開幕、午後から愛知大学で行われた県民講座へ | トップページ | あいち地域共生フォーラム「『ひと・もの・れきし』を活かした地域づくり」のご案内 »

2019/11/10

産業まつり2日目、里山で脱穀、太極拳講習会

産業まつりは2日目も、飲食やステージやボランティア団体や行政などの展示があって、大盛況でした。

 Dsc05683800pnnDsc056841200pnn
 Dsc05686800pnnDsc05688800pnn
 Dsc056891200nnDsc05701800pnn
         Dsc_6443800pnn

 

自然環境学習の森では、水辺部会の皆さんが刈り取った稲の脱穀をしていました。昔ながらの足踏み脱穀機と唐箕(とうみ)を使っています。ことしの収穫は少なめだったようです。美味しいお米が採れたでしょうか。
竹灯篭の会も作業中でした。年末にイオンモール東浦のメインエントランスと駐車場連絡通路を飾る竹灯篭を作製しているのだそうです。年末のイルミネーションが楽しみです。

 Dsc05715800tpnnDsc05753800nn
 Dsc05713800nnDsc05726800pnn
         Dsc05745800tpnn

 

体育館で行われた謝美華さんの主催する太極拳の指導者講習会にお招きいただきました。美浜町長の齋藤宏一さんご夫婦も参加されていました。齋藤さんは長年太極拳を続けておられて80歳になっても元気いっぱいだそうです。太極拳は日本ではスポーツや健康法として普及していますが、本場、中国・台湾では武術のみならず、医学、哲学、科学も含む幅広い概念なのだそうです。
講習会では模範演舞披露の他、体幹をぶらさずに重心移動する練習などをしました。いつの間にか私も参加させられて、齋藤町長とペアを組んで押し合いを体験しました。こちらの方が背が高いので上体を傾けて体重をかけてやれば良いだろうと思ったら、これがどっこい、さすが相撲と柔道の経験のある齋藤町長に軽く押し返されてしまいました。まずは自分の立ち位置をしっかりつくって、そこからドスコイと足を前に踏み出していくことが大切なようです。知多市柔道会副会長の髙岡孝之さんも来ていて、護身術の形をちょっとだけ教えてくれました。自分は武術を習ったことはありませんが、やはり経験者の所作には軽やかな中に安定感のある重厚さがあるなあと改めて感じ入りました。

 Dsc05776800pnnDsc05761800tnn
 Dsc05773800pnn75429503_1004806153205191_59458886350804
        Dsc057741000pnn

|

« 第41回 産業まつりが開幕、午後から愛知大学で行われた県民講座へ | トップページ | あいち地域共生フォーラム「『ひと・もの・れきし』を活かした地域づくり」のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第41回 産業まつりが開幕、午後から愛知大学で行われた県民講座へ | トップページ | あいち地域共生フォーラム「『ひと・もの・れきし』を活かした地域づくり」のご案内 »