« 新年のご挨拶を収録 | トップページ | 12月定例議会が閉会。景観条例の廃止条例が可決されました。 »

2019/12/20

12月定例議会(令和元年第4回定例会)が閉会しました。

12月20日に、議案の討論・採決が行われ、令和元年12月定例議会が閉会しました。一般会計補正予算など、行政から提案したすべての案件が可決・決定されました。また、議員発議により提案された「東浦町景観条例の廃止条例案」が可決されました。

 
[条例、補正予算、その他]
①人権擁護委員の推薦(杉浦義治氏を再任)
②下水道条例の一部改正(排水設備工事の責任技術者登録証交付事務が愛知県下水道協会に移管されるため、町の登録証交付手数料を廃止)
③令和元年度一般会計補正予算(第4号)(ふるさと寄附、障害児通所給付費、道路維持修繕、都市計画道路整備など)
④令和元年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)(システム改修費)
⑤令和元年度土地取得特別会計補正予算(第1号)(基金利子を積立)
⑥令和元年度水道事業会計補正予算(第1号)(工事負担金収入など)
⑦令和元年度下水道事業会計補正予算(第1号)(人件費など)
⑧総合ボランティアセンター指定管理者の指定(社会福祉協議会を5年間、総合ボランティアセンターの指定管理者に再指定)
⑨町道路線の認定(天白土地区画整理地内、石浜中平地位置指定道路)
⑩職員の給与に関する条例及び一般職の任期付職員の採用に関する条例の一部改正(国家公務員に準じて、職員の給料月額を引き上げ。一般職の勤勉手当を約2.7%引き上げ。特定任期付職員の期末手当を約1.5%引き上げ。住居手当の上限額を引き上げ。)
⑪議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正(議員の期末手当を約1.5%引き上げ)
⑫特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正(町長・副町長・教育長の期末手当を約1.5%引き上げ)
⑬令和元年度一般会計補正予算(第5号)(給与改定による人件費の補正)
⑭令和元年度水道事業会計補正予算(第2号)(給与改定による人件費の補正)
⑮令和元年度下水道事業会計補正予算(第2号)(給与改定による人件費の補正)

採決の結果、⑪は共産党(1)を除く賛成多数(14:1)で、他の議案は全会一致で可決されました。

 
[議員発議]
①景観条例の廃止(景観条例の必要性が低いと判断したため景観条例を廃止する条例を議決)

②交通死亡事故根絶に向けての決議

採決の結果、①は賛成多数(8:7)で、②は全会一致で可決されました。
①について詳しくは、http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2019/12/post-c6377b.html をご覧ください。

 
 ※本会議での審議結果については、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/material/files/group/52/R112kojinnbetushinngikekka.pdf をご覧ください。

|

« 新年のご挨拶を収録 | トップページ | 12月定例議会が閉会。景観条例の廃止条例が可決されました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新年のご挨拶を収録 | トップページ | 12月定例議会が閉会。景観条例の廃止条例が可決されました。 »