« 日曜日の於大公園。プレーパークは6月6日から再開。 | トップページ | 特別定額給付金の申請状況および給付状況 »

2020/06/09

6月定例議会(令和2年第2回定例会)が始まりました。

6月定例議会初日、冒頭に、小松原議長が議長を辞任。理由は一身上の都合とされており不明です。後任の議長は山下議員に決まりました。また、長屋文教厚生委員長が委員長を辞任。こちらの理由も一身上の都合。これらに伴い、常任委員会人事の異動が行われました。

6月定例議会では、町の責務と住民、事業者、関係機関、地域組織などの役割を明らかにし、認知症の人と家族が住み慣れた地域で地域社会の一員として日常生活を営むことのできる認知症にやさしいまちを実現するための「認知症にやさしいまちづくり条例」の制定および、新型コロナ感染症対応として、町長の給与を今年度末まで1割カットする条例案、1学期の学校給食費の無償化、売上高が減少した町内中小企業の償却資産税を半額補助する「中小事業者等機械設備等維持支援補助金」の実施を盛り込んだ補正予算案、小中学校の児童生徒に一人一台タブレット端末を整備するための補正予算案をはじめとする議案を上程しました。

開会のあいさつでは、以下のことをお話ししました。

 
 新型コロナウイルスの感染拡大につきましては、愛知県独自の緊急事態宣言が5月26日に解除されました。臨時休業していた小中学校についても再開することができ、子どもたちが元気に登校する姿が見られるようになりました。また、感染予防のため、たくさんの企業や住民のみなさまからマスク、消毒液、フェイスシールドなどの寄付を賜り、温かいご支援に深く感謝申し上げる次第です。

 しかしながら、新型コロナウイルス感染症は、全国的に抑制されてきた傾向が伺える一方で、第2波への警戒や対応が求められています。本町では、町の一大イベントとして、毎年大変多くのご参加を賜っている産業まつり及びマラソン大会をやむなく中止することとしました。
 今後、持続的な対策が必要になると見込まれることを踏まえ、「3つの密」の回避や、人と人との距離の確保、マスクの着用、手洗いなどの手指衛生をはじめとした基本的な感染防止対策の継続など、町としてさまざまな機会を通じて広報していくとともに、安心な日常生活と、活力ある社会経済活動を取り戻していくため、住民の皆様、事業者の皆様と協力し、引き続き感染症対策を講じてまいります。

 さて、本定例会で御審議いただくのは、「東浦町認知症にやさしいまちづくり推進条例」の制定及び、昨日追加提出しました「東浦町長の給与の特例に関する条例」の制定等を含め合計12件です。令和2年度一般会計補正予算については、GIGAスクール構想実現に向け端末の前倒し整備、小中学校の1学期中の給食無償化及び、昨日追加提出しました新型コロナウイルス感染症経済対策として、中小事業者等を対象とした機械設備等維持支援補助金の創設など、歳入歳出の総額にそれぞれ1億5321万円を追加し、予算総額を206億688万6千円とするものです。このほかの補正予算は、下水道事業会計で所要の補正を行うものです。
 議員の皆様には、よろしく御審議を賜りまして、御賛同いただきますようお願いを申し上げ、開会の御挨拶とさせていただきます。

|

« 日曜日の於大公園。プレーパークは6月6日から再開。 | トップページ | 特別定額給付金の申請状況および給付状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日曜日の於大公園。プレーパークは6月6日から再開。 | トップページ | 特別定額給付金の申請状況および給付状況 »