« 自治体職員向けのウェブセミナー『コロナ対策失敗から学ぶ なぜ窓口業務に課題が多いのか 〜迅速なデジタル変革が国民の未来を変える〜』 のご案内 | トップページ | パートナーシップ推進事業 令和元年度事業報告会 と 令和2年度補助金審査会 を開催しました。 »

2020/06/23

和菓子になったアマビエ

江戸時代の終わりに熊本の海から「アマビエ」と名乗る妖怪が現れた。彼女(性別不詳)は、疫病が流行るのを予言し、自分の姿を書き写したものを人に見せよと目撃者の役人に告げて、海に帰った。
と言うのがアマビエの伝説で、当時の刷り物に絵と文が残されています。

これをモチーフにして、緒川の大黒屋さんが、練り切りの和菓子をつくっています。大きいのは身長10センチ、伝承の絵のように横顔、ワンレングスです。疫病退散のステッカーも付いています。

Dsc00917800nnn

 
5センチサイズの小型もあります。こちらは正面顔で可愛い感じ。中には漉し餡が入っています。
練り切りのお菓子は他にケロちゃんや蛍などもあります。注文に応じていろいろつくってくれるそうです。似顔絵ってできますかと伺ったら、「似顔絵は難しいんですよ、イラストがあればできますけど。」とのことでした。

Dsc01000800tpnnn

 

|

« 自治体職員向けのウェブセミナー『コロナ対策失敗から学ぶ なぜ窓口業務に課題が多いのか 〜迅速なデジタル変革が国民の未来を変える〜』 のご案内 | トップページ | パートナーシップ推進事業 令和元年度事業報告会 と 令和2年度補助金審査会 を開催しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自治体職員向けのウェブセミナー『コロナ対策失敗から学ぶ なぜ窓口業務に課題が多いのか 〜迅速なデジタル変革が国民の未来を変える〜』 のご案内 | トップページ | パートナーシップ推進事業 令和元年度事業報告会 と 令和2年度補助金審査会 を開催しました。 »