« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020/07/31

コロナ川柳を大募集!

ステイホーム、テレワーク、コロナ禍での様々な生活を経て、あなたが感じた思いを川柳で「かたち」にしてみませんか。

思わず「ほっこり」、思わず「くすっと」するような楽しい川柳を募集します。

ステイホーム、テレワーク、コロナ禍での様々な生活を経て変わったこと、大切だと思ったこと、収束したらやりたいこと等のテーマを詠んだものであればどんなものでもかまいません。
また、コロナ禍での様々な生活にまつわる体験談、エピソードや、川柳に込めるあなたの思いなどを添えてご応募ください。

Koronasennryuubosyuuyoukou20200730

 

・ほっこり部門:「ほっこり」と癒される温かい一句
・くすっと部門:「くすっ」と笑ってしまう楽しい一句
・あるある部門:「あるある」と共感できる一句
・わっしょい部門:「わっしょい!」と声を上げたくなる明るい未来に胸がわくわくする一句
・うらうら部門:「東浦(うら)」にちなんで、大好きな地元を思う一句
の5つの部門で募集。優秀作品は年代別で表彰(副賞あり)されます。

対象は、町内在住、在勤、在学の方。応募締め切りは8月31日(月)です。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/10258.html をご覧ください。
 

| | コメント (0)

2020/07/30

青空が広がり、真夏の一日になりました。

そろそろ梅雨も終わり? 今日は、青空が広がり、蝉がけたたましく鳴いて、真夏の一日となりました。

20200730_153828800tpnnn

 

昼に於大公園を散歩。オニバス池では、スイレンが咲いて、オニバスのつぼみが膨らんできました。網で葉裏をこそげているのは、オニバスの葉が枯れないように葉の裏に付く藻を取っているのだそうです。オニバスの葉の上ではトンボが交尾をしています。水の中で我関せずとそっぽを向いてる蛙もいます。

Dsc01617800pnnn
Dsc01620800nnn
Dsc01616800nnn
Dsc016231200pnnn
Dsc016221200tnnn

 

中池と大池に流れ込むせせらぎが涼しげです。

Dsc01628800nnn
Dsc01630800pnnn
Dsc01632800nnn
Dsc01635800nnn
Dsc01638800nnn

 

中池に近くにあるアオギリとクスノキは、広島で被爆した親木から採れた種を育てたものだそうです。ちょうどアオギリが実をつけています。もうすぐ8月6日・9日、そして76年目の終戦の日が巡ってきます。

Dsc01640800pnnn
Dsc01641800pnnn

 

| | コメント (0)

2020/07/29

アマビエの地酒で疫病退散

以前、アマビエをモチーフにした大黒屋さんの和菓子を紹介しましたが、今日は地酒の紹介です。

「生道井(いくじい)」で知られる原田酒造さんが、この夏、アマビエのラベルを張ったお酒を新発売。純米の夏・生貯蔵酒は、キリッとしたキレのある辛口です。緑の瓶に入った純米吟醸もあります。こちらは上品でほのかな甘みを感じる軽い飲み口のお酒です。ラベルは杜氏の奥さんのデザインだそうです。

Dsc01601800tpnnn
Dsc01606800pnnn

 

| | コメント (0)

2020/07/28

7月の mediasエリアニュース

知多メディアスネットワーク(ケーブルテレビ)では、東海市、大府市、知多市、東浦町の日々の暮らしに密着したニースを精力的に取材しています。エリアニュースの中で、東浦町に関係する直近7月のニュースを見てみましょう。感染予防の制約がある中で、それぞれの皆さんが工夫しながら頑張っている姿が描かれています。

※知多メディアスには東浦町も株主として出資しています。毎年配当もいただいています。
 

若者会議に参加した20代の若者が東浦町に移住。空き家をリフォームして「コミュニティギャラリー イマドキ」と名付けた地域の人が集う拠点づくりに挑戦しています。

Medias-akiyasaisei20200728

 

藤江小学校で活動する「藤江竹炭同好会」が全国学校関係緑化コンクールで協力賞を受賞しました。

Medias-kankyouhozen20200727

 

東浦町出身の立川平林さんが、知多市の長寿クラブの方たちに、特殊詐欺の被害防止を啓発する「防犯落語」をしました。

Medias-bouhan-de-rakugo20200724

 

東中生が、新型コロナ感染症の感染予防に配慮しながら部活動を再開しています。

Medias-touchuu-bukatsu20200723

 

東浦町緒川の人形専門店で、新型コロナ感染症の影響について聞きました。

Medias-ningyou20200722

 

感染症の影響で売上は3割減。ここは営業時間を短縮していますが、浜松産の旨い鰻を関東風で提供しています。

Medias-unagi20200721

 

おいしい路地ナスがとれる季節になりました。

Medias-rojinasu20200721

 

東浦町で4月に開業したばかりの助産院の取り組みです。

Medias-josanin20200720

 

東浦町の地域公共交通崩壊を食い止めるための緊急アピール」を採択しました。

Medias-koukyoukoutuu20200716

 

新型コロナ感染症下でも、自然災害は待ってくれません。防災交通課からのお知らせです。

Medias-bousai-with-corona20200713

 

東浦町の酒蔵が疫病退散を願い、あまびえラベルのお酒を新発売しました。

Medias-sakagura20200708

 

織姫と彦星に願いを込めて。藤江保育園の七夕まつりの様子です。

Medias-tanabata20200707

 

JAあいち知多の東浦営農センターで朝どりスイートコーンの出荷です。

Medias-ja-corn20200707

 

うのはな館(郷土資料館)のふるさとガイドボランティア養成講座で歴史を勉強中です。

Medias-furusato-guide20200706

 

感染症防止に注意を払いながら、総合子育て支援センター「うららん」を再開しています。

Medias-uraran20200703

 

東浦町出身の落語家 立川平林さんにコロナ禍の中の落語業界についてインタビューをしました。

Medias-hirarin20200703

 

自然環境学習の森では、ヤギを使った除草実験が始まっています。

Medias-yagi20200701

 

| | コメント (0)

2020/07/27

感染症についてのメッセージ・・・4月以来、3人目の感染が発表されました。

新型コロナウイルスの再度の感染拡大に際して、知多メディアス(ケーブルテレビ)の取材を受け、動画メッセージを収録しました。

 
収録した動画は、さっそくエリアニュースで放映されました。

Medias-with-corona20200727

 

今日、昨日に続いて、40歳代男性の感染が発表されました。町内で4月以来3例目(通算7例目)の感染です。いずれも軽症もしくは無症状とのことです。

誰もが感染のリスクを有しているわけですが、過剰に恐れることなく工夫しながら必要な社会生活を送ることも大切です。感染を拡大しないよう一人一人が、手洗い・うがいの励行・マスクの着用、3密を避ける、不要不急の外出は控えるなどに努めましょう。

| | コメント (0)

2020/07/26

4年前の旅の思い出

せっかくの7月の4連休ですが、残念ながら、家で雑用を片付けながらのんびり過ごしています。昨日は冷蔵庫の大掃除をしました。

ちょうど4年前の7月、直前に3連休が確定して急遽、秋田の温泉旅行に行ったことを思い出しました。予約無し、フットワークの軽い、秘湯のひとり旅。田沢湖ブルーのルーツを探る旅にもなりました。強首温泉、田沢湖、乳頭温泉、玉川温泉などを巡った記事です。東北の温泉は本当に癒やされます。

夏休みをとって、秋田の温泉巡りをしてきました。

Dsc_2224_800x600_2bDsc_2309_800x600_2b
Dsc_2319_800x600bP12404041_800x600b

| | コメント (0)

2020/07/25

茅の輪くぐりで無病息災

近くの氏神様に行ってきました。今年は夏まつりや神楽はありませんでしたが、茅の輪くぐりは例年通り行われました。「茅の輪(ちのわ)くぐり」は、「夏越の祓」として、茅で作った大きな輪をくぐることによって心身を清め、無病息災や厄除け、家内安全を願う行事です。元々は小さな茅の輪を腰につけたのが始まりだそうです。
この茅の輪は、神社の境内に1週間ほど置かれていて、誰でもくぐることができます。

Dsc01585800t2pnnn

 
今日は雨が降ったり止んだりの一日でしたが、毎年、朝から、氏子総代の人たちがチガヤを刈って、他の雑草と選り分けて、それを輪状に巻いて青々とした茅の輪を作っています。(以前作ったときの写真があります ↓)

116339775_681839789037888_74253296843610114453397_342845420046248_11116457966153

 
「形代(かたしろ)のお祓い」もありました。人の形に切り抜いた「形代(かたしろ)」と呼ばれる紙に家族の名前を書いて、形代で自分の体を撫でて息を吹きかけ、水に浮かべるとゆっくり溶けていきます。形代に自分の厄や穢れを移してから身代わりとして形代を清めてもらうということなのでしょう。

Dsc01586640tpnnn

 

ちょうど帰りがけにドンドンと響く花火の音が・・・。短い時間でしたが、高浜・西尾方面です。打ち上げ花火が上がっていました。

Dsc01591800tnnn

 

| | コメント (0)

2020/07/24

感染症についてのメッセージ・・・県内でも、新型コロナウイルス感染者が急増しています。

 住民の皆さま、事業者の皆さまには、今般のコロナ禍において、感染予防対策と社会経済活動の両立に向け、ご理解とご協力いただき心から感謝申し上げます。

 全国的に20歳代から30歳代の若い世代の感染が増加しており、前回3~4月の流行期を上回る勢いです。愛知県においては、東浦町内のあいち健康の森健康科学総合センター健康宿泊館を新型コロナウイルス感染症の軽症者等が療養する施設として、引き続き利用することを発表しております。本町においても、7月23日、4月以来の新たな感染者が確認されました。

 感染者の方々とご家族のプライバシーと人権の尊重に、最大限のご理解とご配慮をお願いするとともに、憶測や噂に惑わされることのないよう、公的機関が発信する確かな情報に基づいて冷静に行動していただきたいと思います。

 『自分だけは大丈夫』は禁物です。自分を守ることが、大切な家族、友人、高齢者、子どもを守ることにつながります。新型コロナウイルスは、発症していない無症状な時期にも感染力が高いことがわかってきました。全ての方々に改めて、手洗い・うがい、マスクの着用(熱中症に注意)を徹底し、密閉・密集・密接の3密を避け、不要・不急の外出を控えることをお願いいたします。

 本町といたしましても、新型コロナウイルスの感染症拡大に警戒を継続しつつ、引き続き、感染症対策、生活支援、経済対策等に全力で取り組んで参ります。

                           東浦町長 神谷明彦

 

●東浦町内で新型コロナウイルス感染者が新たに1名確認されました(7月23日更新)
 →https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/juyo/9582.html

●新型コロナウイルス感染症に関する情報
 →https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/juyo/covid19/index.html
 

| | コメント (0)

2020/07/23

7月16日に地域問題研究所の市町村ゼミナールに出席しました。

一般社団法人 地域問題研究所が、地方自治体職員や議員向けに市町村ゼミナールを開講しています。毎月ほぼ一回のペースでその時々のホットな話題を織り込んでいます。私も議員の頃から受講していて、いまでも、面白そうなテーマで都合のつくときには出席しています。今回は新柄コロナウイルス感染症対応でしばらく延期されていたので、久し振りの聴講でした。

20200716_1614301000tpnnn

 
講演は、奈良県生駒市長の小紫雅史 氏による『「みんなで創る! 日本一楽しく住みやすいまち“いこま”」を目ざして』と題したお話しでした。
はじめに仰った「楽しくないと、みんなで創ろうとならないし、住みやすくもならない。」と、それから「単なる移住促進では、自分たちのまちづくりに関心の無い人が来てしまう。医療費補助やお金で釣っても、もっと条件の良いところへ移ってしまう。自分でつくったまちを出て行く人はいない。」との主旨の言葉には、とても共感しました。また、「市民はお客様ではなくて、職員とともにまちを協創する主役」「まちは、多様な生き方や暮らしをかなえる機会や場、人と人とのつながりが豊かにあって、自分らしく輝けるステージなんだ」と言うところも全く同感です。
以前、私は役場の社長として、学生向けの企業説明会に参加したときに、公務員志望の人は大学1年の時から公務員志望と決め込んでいることが多いと聞いて驚いたことがありました。私たちが必要としているのは、事なかれ・安定志向で画一的な公務員ではありません。失敗を恐れず新しいことに挑戦する人、市民の中に積極的に飛び出していける人です。そんなこともあって、東浦町では公務員試験の筆記試験をやめた経緯があります。講演の中にもありましたが、人材の採用と育成は重要な課題です。

生駒市では、民間の転職仲介企業と提携して「プロ人材を採用」したり、自治体電力会社を設立して「まちづくり会社」の機能を持たせたりしています。これらは東浦町の取り組みにはないことで、参考にすべきと思います。株式会社でまちづくり活動ができれば、自治体予算に縛られることなくスピード感を持って仕事ができるメリットがあります。ただし、立場が違えば意見が異なるわけで、例えば議員にしてみれば議会のチェックがかからなくなるという問題意識が浮かんできます。実際、結構辛辣な評価(まちづくり会社について外部プロ人材について)をしている議員さんもいらっしゃるようです。

小紫市長は、公務員の終身雇用は近い将来必ず崩壊すると仰っています。自治体財政の悪化、AIやICTの導入、専門人材の弾力的な登用が原因となり、10~20年以内に終身雇用はなくなるというのはあり得る話しだと思います。一方で、企業にとって都合の良い異動・転勤がある限り終身雇用はなくならないとの意見もあるようで、対比して考えると興味深いです。市長の講演から多くの刺激をいただくことができました。

講演の要旨を、以下にまとめておきました。

 地域問題研究所 市町村ゼミナール 小紫雅史生駒市長 講演要旨 をダウンロード(PDF)
 

| | コメント (0)

2020/07/22

ラソ・プラザで押し花展示会開催中

ラソ・プラザへ行ってきました。
今月は、押し花アートの展示会をしています。すべて本物の植物を使っています。
ラソ・プラザは、午前のみの営業で、モーニングセットを提供しています。

20200722_1124271200pnnn
20200722_1125111200pnnn

 

| | コメント (0)

オンラインセミナーのご案内 ~災害(地震・気象・感染症)と気候変動について~

東北大学 震災10年の知と未来事業

Fb-shinsai10nen-miraijigyou20200722


 

【世界の市役所をハックする!】モリゼミオープンレクチャーvol.3
オランダから学ぶ気候変動との付き合い方 〜私たちは地球のために何ができるのか〜

Fb-morizemi3-20200802

 

| | コメント (0)

2020/07/21

蚊取り線香も梅雨バテ中

湿気の多い毎日が続いています。蚊取り線香も梅雨バテ中。これでは火をつけても消えてしまいそう。

Dsc01559800nnn

 

| | コメント (0)

2020/07/20

認知症高齢者等賠償事故補償保険を8月から始めます。

6月定例議会では、認知症にやさしいまちづくり推進条例が制定されました。愛知県の市町村の中では、大府市、名古屋市、知多市、設楽町に次いで5例目の制定です。
この条例の基本理念は、認知症の人や家族が住み慣れた地域で社会の一員として自分らしく暮らし続けられること、誰もが認知症に関わる可能性があることを踏まえ認知症に関わる人の立場に立つこと、そして、町、町民、事業者、関係機関や地域組織がそれぞれの責務や役割を果たすとともに相互に連携することにあります。町の基本的施策としては、認知症理解の促進、認知症の人の視点に立った生活環境の整備、災害等の対応、認知症予防の促進、医療及び介護の連携体制の整備、相談環境の整備などを想定しています。関連する今年度の新規事業として、8月1日から、認知症の人やその家族が安心して外出する環境を整えるために、「認知症高齢者等賠償事故補償保険」を開始します。

認知症高齢者等賠償事故補償保険とは、認知症の人が「他人から借りていた物を壊してしまった」、「線路内に立ち入って列車を遅延させてしまった」など、日常生活で意図せず起こしてしまった事故によって、法律上の賠償責任を負った場合に、最大1億円の補償をするものです。町内に住所を有し、認知症もしくは認知症の疑いがあり、自力で外出可能な方で、認知症高齢者等登録制度に登録いただいている方が対象で、申請していただくことにより加入することができます。この保険事業は、町と保険会社が個人賠償責任保険契約を締結するのもで、対象者本人や家族の負担はありません。
詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/fukushi/hokatsucare/gyomu/nichisho/10224.htmlをご覧ください。

| | コメント (0)

2020/07/19

安城市都市計画マスタープランと協創のまちづくり

安城市の都市計画マスタープランが2019年2月に改訂されました。
https://www.city.anjo.aichi.jp/kurasu/machidukuri/toshikeikaku/toshimasu.html

その中で、「市民とともにつくりつかう協創のまちづくり」という言葉が出てきます。

協創のまちづくりサイトを見るとコンセプトブックとガイドブックがあります。協創のまちづくりガイドブック「さぁ、みんなでキョウソウだ!まちをあそびたおせ」がちょっと変わってて面白いです。
https://www.city.anjo.aichi.jp/kurasu/machidukuri/toshikeikaku/kyoso/documents/0000kyoso.pdf

 

| | コメント (0)

2020/07/18

雨上がりの午前

自然環境学習の森へ行ってきました。野生の栗が大きくなってきました。

        Dsc01316800nnn

隣の田んぼは農家の方が昔ながらのやり方で米を育てています。奥の方が“ゆめまつり”、手前の方が“あいちのかおり”だそうです。今年は日照が少ないので収量が減りそうとのこと。
いまどき、里山の湧き水をつかって米作りをしているところは町内でもここぐらいしかないかも知れません。曲がった畦、地形に合わせた不整形の田んぼの中には、タニシがいっぱいいます。

Dsc01321800nnnDsc01306800nnn

 
石浜の蛇子連の近くです。今朝雨がたくさん降ったせいで、まだ、道路に水がたくさん出ていました。

Dsc01337800nnnDsc01341800nnn

 
しばらくぶりに青空が見えます。海岸でレジャーをしている人もいます。対岸は高浜・刈谷です。川から運ばれてきた土砂で海は茶色に濁っています。

Dsc01378800nnnDsc01384800nnn

| | コメント (0)

2020/07/17

オンラインセミナーがたくさん開催されています。

今、いろんな分野でオンラインセミナーが開催されています。無料のものもあります。無料でも主催者やPeatixに参加申し込みが必要となります。たまたま目についたオンラインセミナーで自分も興味のありそうなものを並べてみました。

 

今、瀬戸内から宇沢弘文 ~自然・アートから考える社会的共通資本~【オンラインフォーラム】

https://peatix.com/event/1528472

 

【無料ライブ配信】7/20(月) 大丸有まちづくり協議会シンポジウム ~FACE 対面すれば、生まれる未来。~

https://face2-omy.peatix.com/event/1489084/view

 

出版記念オンラインセミナー「問う力」は最強の思考ツールである vol.1

https://touchikara0724.peatix.com/

 

ICT活用で教育の何が変わる?2 何が壁? 公教育のICT機器導入 ~先進事例と意義を探る~

http://www.local-manifesto.jp/gikaigiin/news/2020071600013/

 

GIGAスクールフォーラム ~教育現場、実践に立ちはだかる3つの壁~

https://www.mpd.ac.jp/events/20200825/

 

DX推進担当者向け ~DXを活かした新たな価値創造のポイント~

https://www.mpd.ac.jp/events/20200831-2/

 

イノベーションと戦略 ~Withコロナ/アフターコロナを乗り越えるインキュベーター精神による創造と変革~

https://www.mpd.ac.jp/events/20200821/

 

| | コメント (0)

2020/07/16

中学校のキャリアコミュニティプロジェクト・・・地域から学び、地域に貢献し、地域の未来・自分の将来について考える

令和元年度に東浦町教育委員会が愛知県教育委員会からの委託で実施したキャリア教育事業「キャリアコミュニティプロジェクト(地域や家庭、企業との連携事業)」の成果概要があります。東浦中学校では、「~より良い地域を創造するには? 地域の人とのコミュニケーションを通じて、将来の地域や将来の自分について考えよう~」をテーマに、地域の人から職業について学ぶ取り組みなどをしてきました。私もこのプロジェクトの一環で、中学校で講話をしたのち、教育長と一緒に中学生と対話をする機会をいただきました。
この成果概要は、県内の各教育委員会などに配布されているそうです。

Higashiura-jhs-ccp2019a
Higashiura-jhs-ccp2019b
Higashiura-jhs-ccp2019c

 

| | コメント (0)

2020/07/15

特別定額給付金の給付状況・・・まだお済みでない方は早めの申請を!

5月11日にオンラインで、5月18日から郵送で申請受付が始まった特別定額給費金(住民一人につき10万円を支給)は、5月26日(第1回目振込)に2949人分の支給が始まり、7月16日(第13回目振込)までに累計49297人分の給付手続きができる予定です。これで、対象者50222人のうちの98.2%(49億2970万円)の給付が完了することになります。
しかし、まだ残る925人の方の給付が終わっていません。未給付の方たちの中には、一人世帯の方たちや20歳代から50歳代の現役世代の方たちが多く含まれています。7月1日には未給付の方たちに対して2度目の案内を送付させていただきました。地域の民生委員の活動の際にも申請済みかどうかを確認していただくようお願いをしています。また、郵便物が届いていない世帯には、個別に居住実態を調査させていただいています。まだ申請されていない方は、どうかお早めに申請手続きをしていただくようお願いいたします。
申請受付は8月17日(月)までです。特別定額給付金の申請手続きの詳細については東浦町ホームページをご覧ください。

Teigakukyuuhukin-20200716

 

| | コメント (1)

朝の交通安全立哨

夏の交通安全県民運動です。「おはようございます」の掛け声とともに、朝の通学・通勤時間帯に地域の皆さんが注意喚起をしてくださっています。

Dsc01274800t2nnn
Dsc01275800tnnn

 

| | コメント (0)

2020/07/14

学生ボランティア(スクールパートナー)の募集 と 夏期わくわく算数・数学教室の予定

東浦町では、教員をめざす学生のみなさんが小中学校の現場で、子どもたちへのきめ細かな学習支援を行う「学生ボランティア事業」をすすめています。

現在、学生ボランティア(スクールパートナー)を募集中です。詳細は下記パンフレットをご覧ください(クリックで拡大)。

Schoolpartner-bosyuu2020aSchoolpartner-bosyuu2020b
Schoolpartner-bosyuu2020dSchoolpartner-bosyuu2020c

 

夏のわくわく算数・数学教室の学生ボランティア(スクールパートナー)も募集中です。

今年は臨時休校でいつもの「夏休みわくわく算数・数学教室」ができません。だから、8月の土曜日・日曜日に「夏のわくわく算数・数学教室」を開きます。コロナに負けずにもっと勉強したい子どもたちのために、学生のみなさんの力を貸してください。

夏のわくわく算数・数学教室は、次の日程で開催します(クリックで拡大)。

Wakusan20200822nittei

Wakusan20200822aWakusan20200822b
Wakusan20200822cWakusan20200822d

         Wakusan20200822e

 
“東浦町”や“かたはSP”のホームページからも、学生ボランティア(スクールパートナー)に関する情報発信をしています。

 学生ボランティア(スクールパートナー)の募集
 https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/boshu/bora/1528675442670.html

 片葩小学校スクールパートナーの募集
 http://kataha-sp-office.net/
 

| | コメント (0)

2020/07/13

昨日(日曜日)は、久し振りに雨無し、日差しも出ました。

自然環境学習の森の入口道路に水路を隔てた斜面から倒木。林の中で立ち枯れていたコナラが倒壊したようです。道路を塞いでしまったので応急処置がしてあります。木柵も折れてしまいました。誰も通りがからなくて良かったです。

Dsc01251800pnnn

 
久し振りに外で草を食むシバヤギ。このところずっと雨で、テクノ中部の方が草を運んであげていたそうです。

Dsc01252800nnn

 

 

毎月一回開催の八百正マルシェ。近くの住宅団地の買い物難民対策にもなっています。フルーツサンドがカラフルで美味しそう。生クリームも好きなんです。

20200712_110437800pnnn Dsc01255800pnnn

107773343_3694124387269800_3575119619635107731137_3694124690603103_2847918750417107558868_3694125080603064_7142060033794

| | コメント (0)

2020/07/12

ウイルスと細菌の違いは何か?

家族の会話の中でうちの子どもたちが、ウイルスと細菌(バクテリア)の違いを知らないことに気づきました。確かにウイルスもバクテリアも病気の原因になり得ます。でも、「ウイルスもバクテリアも同じ“バイ菌”」ではありません。

自分の勝手な言い回しや例え話しを交えて、ウイルスと細菌(バクテリア)の違いをまとめてみました。

 

<ウイルスと細菌の違いは何か?>

 かつてウイルスは濾過性病原体と呼ばれたそうです。細菌と違って、素焼きの植木鉢のようなセラミックのフィルターを素通りしてしまうのがウイルスです。ナノサイズのフィルターがなかった昔の人々は「病原性の液体」と思ったことでしょう。すなわち細菌とウイルスではサイズが違うと言うことですが、本質的な違いは何でしょうか。
 細菌は単細胞といえども立派な生物で、独立した生物として生きていくのに必要な細胞と、その中に生物体として活動するための器官をちゃんと持っています。一方、ウイルスは遺伝子の断片からなり、遺伝情報とそれを保護するための殻と生きている細胞にとりつくための表面を持っている巨大分子の集合体のようなものなのです。だから、自ずと大きさが異なり、細菌(ミクロン単位)は光学顕微鏡で見える大きさであるのに対して、ウイルス(ナノメートル単位)は電子顕微鏡でないと見えません。

 ウイルスは自己複製をするので、一応生物とみなされていますが、生物の3条件と言われる (1)外界と膜で仕切られている (2)代謝(物質やエネルギーの流れ)を行う (3)自分の複製を作る のうちの代謝機能はありません。また、生きた細胞に寄生(感染)しないと自己複製も出来ません。細胞膜はありません。よって、ウイルスは他の生物とは異なるものなのです。だから、ウイルスは生物の進化の途中で、生物の遺伝子の断片が細胞の力を借りて自己複製する機能を獲得したのではとも考えられています。

 ところで、コンピュータウイルスという言葉があります。ちょうどコンピュータをOSやアプリケーションソフトなどのプログラム(遺伝情報)と、電源ユニットやCPU、メモリー、HDDなどの代謝機能をもったハードウェアを兼ね備えた生物にたとえるならば、コンピュータウイルスはコンピュータに寄生するプログラムの一部であって、感染したコンピュータのハードウェアを利用し自身のプログラムをコピーして、メモリー媒体やネットワークなどを介して他のコンピュータに伝染させるところは、本物のウイルスとそっくりと言えます。

 ウイルスとはハードを持たないプログラムの断片なのです。これが生物の細胞の中に侵入し、生物のハードを乗っ取って、時には生物の遺伝子の中に紛れ込み、時には遺伝情報を書き換え、そして、自分の遺伝子をコピーして増殖します。遺伝子は遺伝情報に基づき細胞内で指定されたタンパク質などを合成するので、それらによって生体内に異変が生じます。最後には宿主の細胞を破壊して自分の分身をバラ撒くことになります。こうして感染・増殖・伝染を繰り返すことになりますが、宿主の生物が死んでしまうとウイルス自身も生きられないので、それまでに他の生物に乗り移らねばなりません。そういう意味では、一番賢いウイルスは、宿主を殺さないウイルスかも知れません。

 我々の体は普段から無害のウイルスをたくさん飼っています。例えば、ヘルペスウイルスや水痘帯状疱疹ウイルスです。これらの中には、体の抵抗力が低下すると急に増殖して悪さをするものもあります。互いにお世話になりつつ共生しているウイルスもいるかも知れません。

 抗生物質などの抗菌薬は、細菌の増殖を阻害する物質で、ウイルスには効きません。抗ウイルス薬としてはタミフルやリレンザなどのインフルエンザ治療薬が知られていますが、種々のウイルス感染症に効果的な抗ウイルス薬は開発されていないのが現状です。感染症はワクチンの投与によって予防することができます。ワクチンは、病原性を弱めた病原体もしくは病原体の一部を、感染前にあらかじめ投与し免疫を高めるものです。
 もし、新型コロナウイルスのワクチンが開発されれば、新型コロナウイルス感染症を予防もしくは発症しても重篤化しにくくすることが期待されます。

| | コメント (0)

2020/07/11

令和2年度地区実態点検

先週、各地区コミュニティセンターで行われた地区実態点検で取り上げられた各地区の要望箇所はこちらでご覧になれます。

https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kohojoho/kohotokei/gyomu/kocho/chikujittai/10221.html

地区実態点検とは、町幹部が町内全6地区(森岡、緒川、緒川新田、石浜、生路、藤江)を回って、各地区の役員と各地区の実態や問題点を共有・確認し、今後の行政運営に反映させるためのものです。(参考までに、令和元年度地区実態点検の資料はこちらでご覧になれます。)
今年度は感染防止のために、傍聴を取りやめ出席者も限定し簡素な会合としました。

Chikujittaitenken2020-07

| | コメント (0)

2020/07/10

剪定枝粉砕機を好評貸し出し中!

東浦町では、剪定枝の粉砕機のフリーレンタルを行っています。2013年から行っている事業ですが、「口コミで知った」「町のホームページ等の情報が無い」とのご指摘をいただいたので、改めて紹介します。

詳しくは、町のホームページにアップしましたのでご覧ください。

東浦町役場では、剪定枝を単に燃やしてしまうのではなく、堆肥や地面に敷いて草押さえにするなど、少しでもバイオマスの有効利用につながればと、剪定枝粉砕機の貸し出しを始めました。美観形成、砂の巻き上がり防止、ごみの減量化にもつながります。
町内にお住まいで、町内に剪定を行うような管理地のある方に、15日間、無料で貸し出しします。

直径25~35㎜の枝まで粉砕できます。小ぶりですから乗用車のトランクにも収まります。同じ機種を3台用意していますので、電話等で予約して取りに来てください。

Seiteieda-hunnsai-rental ※こちらに使用中の動画があります。動画を見るとどんなものかイメージしやすいと思います。

| | コメント (0)

2020/07/09

「大雨警戒レベルマップ|土砂災害・洪水 - Yahoo!天気・災害」より

土砂災害と洪水の危険が、危険箇所(河川、急傾斜地)毎にリアルタイムで表示されます。
https://weather.yahoo.co.jp/weather/levelmap/?lat=34.892330364041555&lon=137.04930306935307&z=12&fbclid=IwAR3NXl1qnJJx8RY_xhpdjnA9i5Wu74UE_xq1GHYUHFk9E22ASil63Vtljbc

Weather20200708-0605anjou
7月8日午前6:05 安城市付近の情報です。

 
広域はメッシュで、地図を拡大すると危険箇所毎に表示されます。使い方はこちら。
https://knowledge.support.yahoo-net.jp/PccWeather/s/article/H000007782?fbclid=IwAR2j7eiE_9RjVvSF79vd43Et0iowwkoaT6Yaw5r7xP6ktY4YHg_GMbzzuqs
 

| | コメント (0)

「教育系YouTuber」とは?

分かりやすい授業動画で有名な「教育系YouTuber 葉一さん」へのインタビューなど。

https://coeteco.jp/articles/10607

https://www.youtube.com/watch?v=TWC5eL739n4

https://join.biglobe.ne.jp/…/gurashi/education_youtuber2019/

Ed-youtuber-hichi-fb

| | コメント (0)

2020/07/08

久々の式典でした。町制施行記念表彰式と景観まちづくり委員会を開催。

町制施行記念の式典を行いました。東浦町は戦後間もない昭和23年(1948年)6月1日に町制を施行しました。当時の人口は1万5千人余りでした。
本来は6月1日に町制施行記念表彰式を行うところですが、感染症対応で延期となっていました。本日、会場を役場からより広い文化センターに改め、受賞者をお招きし、表彰式を開催しました。久々の式典だったのでちょっと緊張しました。表彰式では自治功労者として井村德光氏、小林久枝氏をはじめ22名の方々に表彰状・感謝状を贈呈しました。今後も、町民憲章にあるように「緑豊かな自然と安らぎのある郷土をまもり」暮らしやすいまち東浦町を後世に残していくため、皆様と共にまちづくりを進めていく所存です。

Eczgwa5u0aawq0w1000nnn
Eczgwu9u4aascag800nnnEczgwofumaeiy2800nnn

 

この日は、令和2年度第1回景観まちづくり委員会も開催しました。こちらも久々の会議開催です。会議では、明徳寺川周辺景観形成重点区域候補地区意見交換会、生路地区街歩き調査、森岡ぶどう園の視察、生路地区観音寺の調査、生路井の清掃、景観(絵画&写真)コンテスト、産業まつり景観ブースの出展など、令和令和元年度の活動の振り返り、景観条例反対運動を踏まえての反省、重点区域の取り組み、住民参加の進め方、景観アドバイザー制度のあり方、ガイドブックの見直し、わかりやすい普及活動、ぶどう畑とのコラボなどについて意見交換しました。

| | コメント (0)

2020/07/07

県町村会のセミナーに出席

今日も午後から名古屋へ。県町村会のセミナーです。久し振りに県内の町村長が集まって、外部講師の講演や大村知事の県政運営についての講話を聴きました。知事の講話の中では、平成大橋と衣浦大橋の間で衣浦湾を渡るルートを選定中の名古屋三河道路の話題や東浦高校第2グラウンドの場所を使って2023年に開校予定の知多地区聾学校の話題も出ました。

外部講師の講演は、危機管理教育研究所 代表の国崎信江さんによる「今、地域に求められる防災対策」と題したお話しでした。以下に要点をまとめました。

 国崎信江さんの講演「今、地球に求められる防災対策」の要点をダウンロード(PDF)

Dsc012351000pnnn

 

| | コメント (0)

2020/07/06

午前は地域公共交通会議、午後は県へ要望に

午前中は地域公共交通会議でした。感染症防止の観点から、前回は会議を開催せず、送付資料に目を通していただき書面決議としましたが、今日は久々に地域公共交通会議を開催しました。この会議は出席者も傍聴者も多い会議ですが、席が向かい合わせとならないように配置し開催することとしました。町内や県内ではほとんど感染者が出ておらず、重要な会議や合意形成を必要とする会議は、感染症に配慮しつつ、必要に応じて開催していきます。
今回30名の委員の中で、利用者代表、住民公募、商工会長などの委員の交代に加えて、知多乗合㈱と名鉄知多タクシー㈱の社長交代などで計13名が新たに入れ替わりました。会議では下記の内容について報告と協議をしました。

昨年10月のダイヤ改正以後に発生した「東浦高校線の乗りこぼし対策」「緒川駅の乗降場所拡張」「行先表示の充実」「地域のサロンなどでの説明会」については今年2月までに実施済みです。

残る「長寿線と環状線右回りの乗りこぼし」「緒川駅での乗り継ぎ時間短縮」「長寿線のイオン乗り入れ」などについて協議しました。
乗りこぼし対策としては、小型12号車をハイエース(13人乗り)からポンチョ(33人乗り)に変更し、ハイエース1台とポンチョ5台体制にすること
緒川駅での乗り継ぎ待機時間はこれまでの遅延状況の実績から短縮しても問題ないことがわかったので、20分から5~10分へ短縮すること
長寿線のイオンモール乗り入れについては、森岡方面からイオンモールに行く場合、最寄りのバス停が緒川駅だったところ、JA東浦支店とイオンモールを回ってから緒川駅に到着するよう路線変更すること
環状線と刈谷線と東浦高校線の実質増便を検討すること
を決定。その他として、
・利用者の少ない東ヶ丘から長寿医療研究センターへの朝の直行便を県営住宅からの便に切り替えることを検討
刈谷豊田総合病院での乗りこぼし対策として、始発を刈谷駅南から刈谷豊田総合病院に入れ替えることを検討
JA東浦支店西行きバス停位置を東に移動させることを検討すること
などを決定しました。

う・ら・らの新型コロナ感染症予防対策として、乗務員の検温、手洗い・うがい・マスクの徹底、車内の換気、適宜拭き取りなど消毒作業の実施、消毒用ボトルの設置などを行っていることを報告しました。

また、加藤博和教授の提案で東浦町の地域公共交通崩壊を食い止めるための緊急アピールを採択しました。
新型コロナウイルス感染症の影響により、外出や移動の自粛が続いたことで、鉄道、路線バス及びタクシーの利用者数が大幅に減少しています。このままでは、地域の公共交通を支える交通事業者の事業継続も危ぶまれる状況であり、そうなれば住民の生活にも大きな支障が生じてしまいます。こうした状況をご理解いただき、地域住民に向けては、各公共交通機関の感染防止策を踏まえ、電車、バス、タクシーといった公共交通を積極的に利用していただくこと。また、国土交通省及び愛知県に向けては、持続可能な公共交通の維持確保のために必要な支援を速やかに実施していただくことを要請する内容です。
緊急アピールについて詳しくはこちらをご覧ください。

 

午後からは県庁へ。久し振りの要望活動です。県の建設局長と都市整備局長に対して、県議会議員に同席いただき、関係市町の首長から、衣浦大橋の渋滞解消と旧橋架け替えの要望と、知多地区道路整備の要望をしました。知多地区の道路整備について、東浦町からは、都市計画道路知多刈谷線と名古屋半田線の早期整備をお願いしました。

         Dsc012271000pnnn
Dsc012311000pnnn106917360_1482507408599411_8360256912366

| | コメント (0)

2020/07/05

こんなところに平林さんが

群馬県伊勢崎市の新型コロナウイルス感染症への啓発動画「TOP!! 給付金詐欺!!」に立川平林さんが登場しています。
https://www.city.isesaki.lg.jp/movie/keihatsu/10606.html

| | コメント (0)

2020/07/04

郡上八幡~清美 せせらぎ街道をドライブ

奥美濃の古い家並みのある街を歩きました。清流に恵まれたところですが生憎の雨です。以前あった酒蔵は酒の販売のみをしていました。ウスターソースを造っている味噌醤油屋さんがあります。食品サンプルをつくる店は家族連れで賑わっていました。古い中にも若者がやっているような雑貨屋やクラフトビールの店もあります。天気の良いときにゆっくり訪ねてみたいものです。

Dsc01047800nnnDsc01048800nnnDsc01049800nnnDsc01050800pnnnDsc010521200nnnDsc01055800nnnDsc01057800nnnDsc01059800pnnnDsc010641200nnnDsc01066800nnnDsc01068800nnnDsc01069800nnnDsc01072800tnnnDsc01073800tpnnnDsc01074600tpnnnDsc01076800nnn

 
ここから飛騨方面に向けて「せせらぎ街道」を走ってみました。春の新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の雪景色と四季折々の景色が楽しめる快適なドライブコースです。きれいな渓流に沿って緩やかな峠道が続く、なぜかしらとても気持ちの良い山道です。たまにある山小屋風のコーヒーショップ以外にほとんど人家はありません。道路脇や川に沿って所々にもみじの木が植えられていたりします。せせらぎには護岸のような目立った人工物はありません。
なぜ、この道は心地が良いのかふと考えてみました。人家がないせいでしょうか?護岸がないせいでしょうか?もみじの並木があるからでしょうか?なだらかな地形の明るい樹林地だからでしょうか? 理由はよくわかりませんが、一つ気になることがありました。それは、全線にわたって草が綺麗に刈ってあることです。(たまたまだったかも知れません。)それも、地面がむき出しになっているのではなく、まるで緑のターフのような刈り方です。
ひょっとすると適度に草刈りを施すことによって創られる美観もあるのではないかという感覚を持ちました。これまで、わたしたちのまちでも、どちらかというと交通安全のために、虫が出ないために、鬱陶しくないために草を刈るという感覚はありました。しかしながら、全部はできないにしても、エリアを決めて草丈を管理することによって付加価値をつくるという考え方があっても良いのではないかと思った次第です。これまで、自分が鈍かっただけと言われればそれまでなのですが。

 http://www.hidakiyomi.org/nature/drive/index.html
 http://www.gujomeiho.jp/sp/sightseeing1_9.html
 

| | コメント (0)

2020/07/03

超音波方式の猫よけ器 を貸し出します。

自宅の敷地内で野良猫の糞尿等の被害でお困りの方へ、猫の嫌がる超音波を発生する猫よけ器を無料で貸し出します。貸出期間は最長15日。詳しくは町ホームページをご覧ください。

Img_3014

 

| | コメント (0)

2020/07/02

藤江竹炭同好会が全日本学校関係緑化コンクールで受賞

昨年6月に、藤江小学校が愛知県で開催された全国植樹祭で表彰されました。この藤江小学校の竹林整備の活動を支えているのが、藤江竹炭同好会のみなさんです。
今年は、竹を切って炭焼きをするなど、学校と連携した学校林の整備や環境教育が評価され、藤江竹炭同好会が全日本学校関係緑化コンクールで協力賞(ノースロップ賞)を受賞しました。藤江竹炭同好会は20年以上、竹林整備と炭焼きのボランティア活動を続けています。受賞おめでとうございます。
残念ながら新型コロナ感染症の影響で島根県で開催される予定だった全国植樹祭は1年延期となりました。

Takezumi-hyousyou-20200702

 

| | コメント (0)

関東上空で火球

7月2日未明に関東上空で火球(極めて大きな流れ星)が観測されました。数分後には火球が破裂したような爆音も聞こえたそうです。

こちらで動画が見られます。

| | コメント (0)

2020/07/01

かくさーん 号外で、笑顔の連鎖

かくさ~ん」の号外が出ました。

これまで、「かくさ~ん」は、Vol.1からVol.4まで自分らしく元気に生き生き活躍している「幸齢者」にスポットを当て編集してきました。

新しく6月に発効した号外の「かくさ~ん」は、町内6地区の物販や飲食のお店に登場していただき、人びとの交流が制限される中で、少しでも地域のつながりを感じることができればと考えてつくりました。もちろん、区長さん、民生・児童委員さん、ゆうゆうクラブのメンバーも入っています。紙面の笑顔を見て、手に取っていただいた方が、笑顔になれれば幸いです。
かくさ~んは、町の協力で社会福祉協議会が制作・発行しています。

Kakusan-ex-morioka2020
Kakusan-ex-ogawa2020
Kakusan-ex-ogawashinden2020
Kakusan-ex-ishihama2020
Kakusan-ex-ikuji2020
Kakusan-ex-fujie2020

 

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »