« 待望の雨が | トップページ | 本人が行政に直接、意見・要望することの大切さ »

2020/08/28

映画「パブリック 図書館の奇跡」を観てきました。

岐阜メディアコスモスの吉成信夫総合プロデューサー(前図書館長)も「パブリック 図書館の奇跡」を絶賛。岐阜CINEXのイベントでは、9月12日(土)に、映画上映の後、吉成さんがトークショーに出演されます。

 →9/12(土)『パブリック 図書館の奇跡』上映&トークショー開催のお知らせ

Movie-public-20200814fb

 
ネタバレになってしまうので自分のレポートは控えますが、私より先に観に行った友人がSNSにこんな感想を書いています。

メディアコスモスの吉成さんからお薦めがあり、知人・友人の評価も高く、観て納得。図書館好きならぜひ。
でたらめな世の中で自分が正しいと信じることに声をあげる。その勇気だけで価値がある。というより、そんな信念を行動にうつせる人がどれだけいるだろうか。民主主義、法、公共とはなにか。人がつくる街の本質を考えさせらる。
気になったのは、アメリカの図書館の位置づけ。自由や権利を象徴する場なのだろうか。そこが、アメリカ人のこころに響くものなのか。日本の図書館はさほどでもないような・・・。

さあ、どうお感じになるでしょうか。

東浦の近くでは、阿久比のユナイテッドシネマで上映中。こちらは9月3日(木)まで。

 →https://www.unitedcinemas.jp/agui/film.php?movie=8520&from=daily

巣ごもりで映画から遠ざかってた方も、ちょっと気分転換を如何でしょうか。

|

« 待望の雨が | トップページ | 本人が行政に直接、意見・要望することの大切さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 待望の雨が | トップページ | 本人が行政に直接、意見・要望することの大切さ »