« 残暑の中にも秋の気配。 | トップページ | 感染症下の避難所開設訓練を実施 »

2020/08/22

夏のわくわく算数・数学教室

今年は感染症の関係で夏休みが短くなってしまったので、「夏休みわくわく算数・数学教室」を開催することができませんでしたが、8月の下旬の週末を使って「夏のわくわく算数・数学教室」を実施することになりました。

午前中は、片葩小学校のわくわく算数教室を見てきました。今日は児童が40名、スクールパートナー(学生ボランティア)が22名で、個別に近い指導をしています。よくわからないところを反復練習する子もいれば、異なる解法や発展問題に挑戦する子もいます。それぞれの子どもに合わせた指導をじっくり行います。わくわく算数教室の第一の目標は、算数嫌いを無くし、子どもたちが算数を学習することの楽しさを味わうことにあります。学習が終わってから、スクールパートナーは子どもたちの下校を途中まで見守って、そのあと、振り返りの活動記録と申し送りを作成します。教職体験がこれからの授業づくりに役立つように、スクールパートナーの個別指導も欠かさないのがここのやり方です。

        20200822_110122640tnnn
20200822_100419640tpnnn20200822_103658640tpnnn
        20200822_111908800tpnnn

午後からは、東浦中学校のわくわく数学教室を見に行きました。スクールパートナー(学生ボランティア)は19名。こちらでは生徒が静かに集中して問題を解いています。数学の学習の大事なところはとにかく自分で解いてみること。先生が説明ばかりしていても演習にならないし、かと言ってわからないまま時間を過ごしてしまってもいけないし、適度な助言のさじ加減が難しいところではないでしょうか。今日は、方程式を扱うための数と記号の混じった四則演算の習得がテーマでした。

Dsc02183640nnnDsc02193640tpnnn

|

« 残暑の中にも秋の気配。 | トップページ | 感染症下の避難所開設訓練を実施 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 残暑の中にも秋の気配。 | トップページ | 感染症下の避難所開設訓練を実施 »