« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020/09/30

敬老のご挨拶 米寿のご挨拶

今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、各地区で予定されていた敬老行事も中止となりました。その代わりに、町内の75歳以上の方すべてに各地区が用意したお届け物とお祝いのメッセージをお送りすることとなりました。各区長さんのメッセージに加えて私からも敬意を込めて一言添えさせていただきました。ご長寿おめでとうございます。


 ご長寿おめでとうございます。
 今年も敬老会で皆さんとお会いするのを楽しみにしておりましたが、残念ながら今年はお会いすることができません。

 働き者の皆さんたちが今の日本をつくってくださいました。そして、その幸せを我々の世代もまた次の世代も享受しています。皆さんには感謝したいし、また長寿をみんなでお祝いしたいし、さらに言えば、皆さんにはもっと活躍していただきたいと願っています。
 単にもっと働こうと言っているのではありません。皆さんの長い人生の中で感じ取ってきたように、人はやはり自分のやりたいこと、能力を発揮できることに打ち込んで、成果を出せたことにやりがい生きがいを感じる存在です。そして、結果として、周囲からそれが評価され感謝されることによって、さらに自分自身の喜びをかみしめることができる存在です。人には居場所と役割が必要です。私はまだ若造ですが、これは何歳になっても変わることがないと信じています。
 たとえ我儘でも、ご自分なりにできることをし、活躍し、ご長寿を楽しんでいただけたらと切に願っています。

 拙文で恐縮ですが、敬老のお祝いをお届けするにあたり一筆添えさせていただきました。

東浦町長 神谷明彦

 

また、米寿を迎えられる方々へは、民生委員が訪問しお祝い金をお届けすることになっていますが、今年は戸別に訪問することを控えさせていただきました。こちらも私からのメッセージを添えて郵送させていただきました。引き続きのちの世代に激励を賜りたいと存じます。


米寿を迎えられる皆様へ

 ご長寿おめでとうございます。
 皆様は、昭和8年にお生まれになって、激動の戦前・戦後を力強く生き抜いて来られました。明仁上皇も昭和8年のお生まれでしたね。15年もの歳月を掛けて丹那トンネルが完成し、御殿場回りで箱根越えをしていた東海道本線が最短で結ばれるようになったのもこの年です。ちょうど今、東京と名古屋を最短で結ぶリニア中央新幹線のトンネルが南アルプス山中で掘られています。これも世紀の難工事となりそうです。
 90年近い歴史と共に生き、歴史をつくって来られた皆様方に敬意を表するとともに、今後ともしあわせな毎日を過ごされますことを祈念いたしております。今年は新型コロナ感染症の影響で、お宅に訪問できませんので、書中にてお祝いの言葉を述べさせていただきました。お体には気を付けてお過ごしください。

東浦町長 神谷明彦

 

| | コメント (0)

2020/09/29

東浦駅にマルタイがいる

9月の下旬に東浦駅にマルタイがとまっているのを見かけました。マルチプルタイタンパーと言って線路の歪みを点検しながらバラストを突き固めるマシーンです。終電が終わってから、夜な夜な、どこかでブオ~ンと音を立てながら働いています。

Dsc030141000nnn

 

| | コメント (0)

2020/09/28

9月定例議会(令和2年第3回定例会)が閉会しました。

令和2年9月定例議会が終わりました。令和元年度決算の認定をはじめ、上程されたすべての案件は可決・認定されました。
 

 [条例・補正予算・その他]
①教育委員会委員長の任命(久米賢治委員の後任に浅田謙司氏、水野善久氏の再任)
②令和元年度健全化判断比率及び資金不足比率の報告(財政再建団体に陥らないよう警告する国の指標、東浦町を含め近隣の市町村はすべて基準をクリア)
③町長等の損害賠償責任の一部免責に関する条例の制定(地方自治法の一部改正で、町長等職員の町への高額な損害賠償責任の一部の免責を条例に規定できるようになった)
④税条例等の一部改正(個人町民税の非課税措置や所得控除を未婚のひとり親等へも拡大、軽量な葉巻たばこの課税を段階的に強化)
⑤都市計画条例の一部改正(滞在快適性等向上施設の課税軽減に対応するための規定の整理)
⑥手数料条例の一部改正(法改正に伴い個人番号の通知カードを廃止)
⑦令和2年度一般会計補正予算(第8号)(地方交付税、前年度繰越金の確定、道路修繕、都市計画道路調査設計委託など)
⑧令和2年度度国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)(繰越金の確定)
⑨令和2年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)(広域連合納付金の確定)
⑩勤労福祉会館外壁等改修工事請負契約の締結(外壁改修に伴う建築および電気設備工事,6,567万円,東浦土建)
⑪AIサーマルカメラの買入れ(32公共施設に検温器を配置,589万円,表屋)
⑫ワンタッチ式災害用簡易間仕切りの買入れ(各避難所に軽量の間仕切りを配備,2,860万円,内外ガード)

①③~⑫の全ての議案は全会一致で可決されました。
 

 [決算認定]
①令和元年度一般会計決算の認定(歳入約159億円、歳出約152億円)
②令和元年度国民健康保険事業特別会計決算の認定(歳入約45.3億円、歳出約43.6億円)
③令和元年度土地取得特別会計決算の認定(歳入・歳出約2,800万円)
④令和元年度後期高齢者医療特別会計決算の認定(歳入約6.41億円、歳出約6.40億円)
⑤令和元年度水道事業会計決算の認定(純利益約1.72億円)
⑥令和元年度水道事業会計決算の認定(純利益約3,280万円)

①②は共産党を除く賛成多数(14:1)で、他の議案は全会一致で認定されました。
 

 [請願・意見書]
①定数改善計画の早期策定・実施と義務教育費国庫負担制度の堅持及び拡充を求める意見書
②新型コロナウイルス感染症の影響に伴う地方財政の急激な悪化に対し地方税財源の確保を求める意見書

①②は全会一致で可決されました。

 ※本会議での審議結果については、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/material/files/group/52/giinnbetkojinnkextuka.pdf をご覧ください。
 

以下、決算内容についての補足です。

令和元年度一般会計決算は、歳入総額159億4,364万8,325円、歳出総額151億7,284万7,835円となりました。
収支については、歳入歳出差引額から翌年度へ繰り越すべき財源を差し引いた実質収支額は、7億2,286万8,490円の黒字決算となっています。この実質収支額のうち、5億円を地方自治法第233条の2及び東浦町財政調整基金条例第2条の規定により、同基金へ積み立てました。
前年度に比べ、歳入では0.5%の減、歳出では3.3%の減となっています。この主な要因は、歳入においては繰入金、繰越金の減、歳出においては公共施設等整備基金積立金および衛生費での東部知多衛生組合費の減などによるものです。

国民健康保険事業特別会計は、歳入総額45億3,133万6,794円、歳出総額43億6,003万6,468円で、差し引き1億7,130万326円の黒字決算でした。

土地取得特別会計は、歳入、歳出ともに総額2,800万7,904円です。

後期高齢者医療特別会計は、歳入総額6億4,068万1,604円、歳出総額6億4,030万1,804円で、差し引き37万9,800円の黒字です。

水道事業会計決算ついては、収益的収支では、事業収益10億182万9,506円、事業費用8億1,600万2,270円で、純利益が1億7,186万9,334円となりました。
資本的収支では、資本的収入9,619万8,139円、資本的支出2億6,288万7,075円でした。

最後に下水道事業会計決算は、収益的支出では、事業収益14億4,918万2,810円、事業費用14億860万8,883円で、純利益が3,279万9,623円となりました。
資本的支出では、資本的収入3億2,964万7,690円、資本的支出7億3,888万5,646円でした。

会計全般では、町債残高が約166億円(前年度末)から162億円に減少、基金残高は約47.4億円(前年度末)から約47.3億円と横ばい。また、財政力指数は0.96(前年度)から0.96、経常収支比率は85.1(前年度)から85.0となっています。

今後とも議会でいただいたご意見を踏まえ、各事業の効果・効率を検証し、適宜見直しを図ることで、持続可能な行財政運営に努めて参ります。
 

議会での一般質問については、一部に事実に基づかない発言や思い込みに基づく誹謗がありました。議会においては、条理に基づいた遣り取りを望むところです。お二人の議員からの一般質問については、私からも言うべきことをはっきり言わせていただきました。
議員による東浦町議会の品位、名誉、信用を失墜させる行為があったことは、令和2年第2回東浦町定例会において、議員辞職勧告決議がなされているとおりです。議会において、議会としての責任を果たし、住民・有権者の信頼を取り戻すことに全力を挙げて取り組んでいただきたいと思います。

| | コメント (0)

彼岸花の季節です

お彼岸を少し過ぎましたが、この週末、於大のみちの彼岸花が満開になっていました。写真は、東浦中学校南側の杉木立の中に咲いた彼岸花です。バックのピンクはカタバミでしょうか。

Dsc037251000pnnn

 

| | コメント (0)

2020/09/27

サイエンス講座「360度カメラと遊ぼう!」のご案内

サイエンス講座は、生活や身の回りで見られる科学とその仕組みについて学ぶシリーズ講座です。各分野の研究者より語られる研究成果をじかに学べるチャンスです。

今回は「360度カメラと遊ぼう!」。デジタルカメラの仕組みを知り、カメラのレンズで被写体を見るとどのように見えるのか体験します。実際に360度カメラを使って写真を撮り、タブレットで自由に動かしてみます。

 日時: 10月25日(日) ①10:00~10:50 ②11:10~12:00
 場所: 文化センター
 対象: 小学生以上(小学1~2年生は保護者同伴)
 定員: ①②各15名(先着順)
 講師: リコージャパン㈱社員
 申込: 10月18日(日)までに申込書をFAX、メール、または直接文化センターへ。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/boshu/koza_kyoshitsu/7170.html#h_idx_iw_flex_1_1 をご覧ください。

Sciencekouza-360degree-camera20201025

 

| | コメント (0)

2020/09/26

超きもちいい。あいち健康プラザのプール。

あいち健康プラザの減築工事の関係で、今年9月末に閉鎖予定だった温水プールが、新型コロナウイルス感染症のPCR検査施設を開設することが決まったため、急遽前倒しで閉鎖されました。

クローズする直前に思い立ってプールを利用しましたが、本当に立派なプールで廃止してしまうのは残念至極です。スタッフの方も、県内のプールをたくさん知っているけど、ここの施設はもともと豪華で手入れも行き届いていて、なおかつ水がとてもきれいだと言っていました。確かに高級リゾートホテルのプールの佇まいです。水深可変プールもあって、水族館のようにガラス越しにプールの中を観察できるようにもなっています。公園の緑の中にあるちょっと素敵なプール。星野リゾートに言ったら関心を示してくれたのではと思うくらいです。

      Dsc01945800pnnn
      Dsc01954800pnnn
Dsc01976800nnnDsc01979800nnn
        Dsc01990800pnnn
        Dsc01988800nnn

 
県は、温水プール以外にも、健康科学館の建物と、プールとアスレチックルームのある健康開発館の側と健康宿泊館・健康科学館のある側をつなぐアーチ状のアトリウムを解体して建物群の維持管理コストを縮減する計画です。健康開発館・健康情報館の建物と、ホテル・ホール・温泉のある健康宿泊館は存続します。

 🏠あいち健康の森健康科学総合センター(あいち健康プラザ)の見直し基本構想(概要版)
 🏠あいち健康の森健康科学総合センター整備基本調査報告書

Dsc02012800pnnnDsc02013800pnnn
        Dsc02010800nnn
Dsc01997800pnnnDsc02008800nnn
        Dsc02039800pnnn

 
げんきの郷方面から見ると、中央の赤いガラス張りのアトリウムと左右両ウイングの手前の建物が廃止・解体されることになります。利用者増の見込めないお荷物施設とは言え、これだけのバブル時代の遺産ともいえる建物は歴史上おそらくもう造られることは無いと思うと残念な気持ちがあります。

        Dsc02101800nnn
Dsc020801400tpnnnDsc021371400tpnnn
        Dsc02092800nnn

| | コメント (0)

2020/09/25

教室・講座 開催のご案内

新型コロナウイルス感染症のために教室や講座が中止となっていましたが、少しずつ開催が再開されています。9月末から11月にかけて開催予定の教室・講座をご紹介します。(画像クリックで拡大)

Ouchipan20201016
Balanceball20200928
Hurusatokouza20201006
Osusowake20201007
Tougeikyoushitsu20201022
Tougeieto20201024
Tentaikaisoku20201024
Kantanoyatsu20201104
Kekkankyoushitsu20201125

 

| | コメント (0)

2020/09/24

あなたもきっと乗りたくなる? おだいちゃんが「う・ら・ら」に乗ってみた!

おだいちゃんが、役場からうららに乗ってみました。さて、どこに連れて行ってくれるのか楽しみです。

 https://www.youtube.com/watch?v=a82Mw8Dw3Kc&feature=emb_rel_end

 

東浦の中ではちょっと秘境。昨年10月のダイヤ改正で、環状線の一部として、今まで路線のなかったところがつながりました。「広報ひがしうら 平成元年12月1日号」の見開きの写真にもなった北海道路線バスの旅??のような景色が広がります。

 https://www.youtube.com/watch?v=OPH7uwi5KVk

 

コロナ禍の影響で公共交通の利用者が軒並み減少したものの、少しずつ回復に向かいつつあるのではと見ています。
昨年10月の「う・ら・ら」のダイヤ改正以来、いくつかの改善点が見つかりました。すでに軽微な修正を今年2月に行っていますが、まだ改善すべき点は残っています。
今後、利用者や地域の意見を踏まえたダイヤの一部改正を来年2月頃に予定しています。全ての方に満足いただけるまでには至りませんが、可能な限りの改善を行っていきたいと考えています。

| | コメント (0)

2020/09/23

ゆうゆう倶楽部(老人クラブ)が5年連続で全国表彰されました。

生路地区ゆうゆうクラブ(生路老人クラブ東生会)が、新たに部を創設したり新規部員の加入促進をするなど、ゆうゆうクラブ内の部活動の活性化による仲間づくりが評価されて、全国老人クラブ連合会から「活動賞」を受賞しました。東浦ゆうゆうクラブ(東浦町老人クラブ連合会)の市川實会長と生路地区ゆうゆうクラブの榊原正昭会長が役場まで報告に来てくださいました。
生路地区では、もともとあった5部に加えて、健康体操部、コーラス部、絵はがき部、健康麻雀部の4部を創設し、東生会の広報紙やチラシを通じてこれらの活動について情報発信、また、老人憩の家の開放事業で園芸部が栽培した夏野菜を味わう会などを開催し、部活動の登録者が5年間で倍以上になりました。老人憩の家開放日の参加者も増えています。今後も時代に合った部の創設も考えて、仲間づくり・生き甲斐づくり・健康づくりに取り組んでいきたいとのことでした。

今回の受賞は、4年前の緒川東楽会の活動賞(世代間交流活動)受賞、3年前の緒川新田万栄会の活動賞(ボランティア活動)受賞、一昨年の米田地区老人クラブの100万人会員増強運動特別賞受賞、昨年の森岡寿会の活動賞(ボランティア活動)受賞に続く、5年連続の快挙です。

Dsc03711800tpnnn

 
受賞おめでとうございます。いつものマスク着用と、息を止めてマスクなしの2バージョンの写真を撮ったうちの1枚です。

| | コメント (0)

2020/09/22

9月定例議会一般質問の映像配信をこちらでご覧になれます。

9月10日と11日に行われた令和2年9月定例議会の一般質問は一部で穏当とは言い難い質問がありました。今回から映像配信されることが決まって、ついつい気合いが入ってしまったのでしょうか。

その一般質問の録画映像が、東浦町議会からYouTubeで配信されています。議員13人の一般質問がノーカットで全てアップされています。
先日、このブログで取り上げた山田議員と向山議員の一般質問も動画で配信されています。実際の質問・答弁の様子をこちらで見ることができます。

 ②山田眞悟議員の一般質問(9月10日)

 ⑨向山恭憲議員の一般質問(9月11日)

私は、「お門違いな一般質問・・・いま最大の議会軽視とは何か」の記事に書いた通りのことを、向山議員の答弁の中でお答えしています。

| | コメント (0)

2020/09/21

知多半島西海岸めぐり

近くに住んでいるだけあって、ふだん何気に通過する知多半島の海べり。休日の知多半島西海岸をマイペースで巡ってみました。

「時間(とき)の森」へ、また来てしまいました。伊勢湾を見下ろす内海の絶景スポット。居るだけでとにかく気持ちがいいです。ここをつくった人が言うには、これは私設の公園なのだそうです。まだ十分の一くらいしかできていない未完成の公園で、完成イメージは作者の頭の中にあるそうです。これからどうなるのか楽しみです。

      Dsc02744800nnn
Dsc02755800pnnnDsc02766800nnn
      Dsc02781800nnn
Dsc02783800nnnDsc02805800pnnn

 

小野浦で偶然こんなものを見つけました。右から「内海トンネル」と書いてあります。昔街道だった山沿いの道から海岸に降りるために昭和初期に地主さんが掘ったトンネルだそうです。網がしてあって中へは入れません。

        Dsc028091000nnn

 

以前から行ってみようと思っていた「南洋の父サウス」。名前の由来は知りませんが、かなりインパクトのあるネーミングです。豆やパイナップルやポーク、チキンを使ったカレーの専門店です。ちょうど海岸にあって、海を間近に眺めることができるテラス席と、海の家のような仮設のステージがあります。ここに上がると名古屋港に出入りする船やセントレアに着陸する旅客機、海の向こうの鈴鹿の山々が親しげに見えてきます。やはりロケーションと眺望は大事です。

        Dsc02819800pnnn
        Dsc02829800pnnn
        Dsc02827800pnnn

 

上野間の海岸の程近くに「如意山 大仙寺」という山を背に建つ立派なお寺があったので、ふと寄ってみました。この辺りでは珍しい臨済宗のお寺です。裏手の山を少し上がったところには海の見える墓地があります。さらに上がると山頂に「産業組合神社」という変わった名前の社がありました。

Dsc02860800pnnnDsc02861800nnn
Dsc02863800pnnnDsc02864800nnn

 

美浜から常滑に入ると空港がすぐ近くに見えてきます。坂井海岸ではカイトボードをやっていました。いい風が吹いているのでジャンプしながらかなりのスピードがでています。筋力要りそうですが水面を滑るように走れたら気持ちいいでしょうね。

Dsc02896800pnnnDsc02904800nnn
        Dsc02900800pnnn
        Dsc02912800pnnn

 

小鈴谷の海べりには「ねのひ」ブランドの盛田酒造があります。ソニーの創業者 盛田昭夫氏の実家、盛田家の家業です。昭夫氏はソニーの経営者でありながら、盛田家の当主でもありました。昭夫氏がニューヨークで使っていた車のナンバーは「AKM 15」。これは15代目の盛田久左衛門襲名の証です。盛田 味の舘に入るといきなりウォークマンをもった昭夫氏がでーんと目に入ります。技術者であり経営者であり社交家でもあった昭夫氏はマイケルジャクソンなど多くのアーティストとも親交がありました。付近には酒造工場や盛田本家、盛田昭夫塾鈴渓資料館などが並んでいます。盛田昭夫塾は盛田夫妻の人となりを紹介する記念館で、今年7月にオープンしました。見学には事前予約が必要です。

        Dsc02918800nnn
        Dsc02919800nnn
Dsc02929800pnnnDsc02940800nnn
Dsc02946800nnnDsc02949800nnn

| | コメント (0)

2020/09/20

第1回けんもりBON!おどり大会

昨夕は、あいち健康の森の交流センター前で開催された「第1回けんもりBON!おどり大会」に行ってきました。東浦の盆踊り大好き有志が、あいち健康の森公園管理事務所に働きかけて、手づくり盆踊り大会が実現してしまいました。
今年は感染症の関係で各地区の盆踊りが軒並み中止。それでは寂しいと言うことで、感染症対策をしながら踊りたい人が踊れる「場づくり」をしようと知恵を絞った成果だと思います。
会場を囲い入出場できるところを一箇所にして、検温、連絡先の記入、マスク着用、リストバンドをするなどを徹底していました。次々に新曲が掛かり振りに合わせてテキパキと掛け声が流れる中、参加者一同、夏の間お預けだった盆踊りを堪能していました。
企画・実施された皆さん、ありがとうございます。おつかれさまでした。

Dsc02978800pnnnDsc02980800pnnn
Dsc02983800pnnnDsc02986800pnnn

Kenmori-bon-odori20200919

| | コメント (0)

2020/09/19

地域の皆さんと触れ合うコミュニケーションツール

先日、東浦町社会福祉協議会のある福祉センターに行ってきました。
コロナ禍が始まった頃は、生活福祉資金貸付制度における緊急小口資金の特例貸付の申し込みが急増して、本来であればアウトリーチ役のコミュニティソーシャルワーカー(CSW)も特例貸付の受付の応援に回っていたそうです。今は少し落ち着いて、高齢者と触れ合う機会をつくって高齢者の活力維持に気を配っています。そのための、地域に出て行く話題づくり、きっかけ作りをしているそうです。
これは、その一つのアイティム・・・UVランプと蛍光剤入りハンドクリームです。ハンドクリームを手につけて、石けんで手洗いします。そしてUVライトを当てると、「ほら、取れてないでしょう! もっと丁寧に手のひらも手の甲も指の一本一本も指先まで時間をかけて洗いましょう!」・・・そんな実演と、体験をしてもらう小道具です。あの手この手で、地域の関わりをつくっていきたいと意欲いっぱいのお話しを聴かせてもらいました。

118928044_336132214407014_18420887845089118967569_652235132380989_49935187134430
118880457_3389900001076996_7626855771583118901288_406992480274798_23853325484669
 ㊧ 結構きれいに洗えてる!と褒めてもらいましたが、あちこちに白く光る部分が残っています。
 ㊨ もう一度丁寧に洗いました。ほぼきれいになりましたが、まだ、少し指先が白く光ってますね。

Csw-demaekouza20200817Warai-meneki20200912
 ↑ 社協ではCSWが、こんなイベントやチラシをつくっています。

 
福祉センターの1階にある「にじいろひろば」は気軽な交流スペース。以前デイサービスをしていたところを改装してつくりました。にじいろひろばの入口に「カボチャの重さは 何キログラム?」と書いた置物が・・・。これもささやかなコミュニケーションツールですね。重さ当てクイズの応募は9月30日までだそうです。

     119000240_400248334290191_28722933566123

| | コメント (0)

2020/09/18

世界最長?の葡萄の味は・・・

東浦ぶどうの季節ももう終わり。町内の直売所もほぼ閉店です。9月になってから採れると聞いていたレッドネヘレスコールを買ってきました。一度食べてみたいと思っていました。

20200917_141505800tpnnn

 
ネヘレスコールは白系のブドウでシリア原産。世界最大のブドウと言われています。旧約聖書にも出てくる原種に近いブドウではないかとのこと。そう思ってレッドネヘレスコールを口に入れてみると、実に素朴な甘味がしました。

Dsc02683800pnnn

 

| | コメント (0)

2020/09/17

9月定例議会、議案質疑と委員会が終了しました。

先週行われた一般質問は一部でかなり過激な質問がありました。
うって変わって今週月曜日の議案質疑では、極めて落ち着いた遣り取りが行われました。傍聴者はほとんどいませんでした。
個々の執行についての細かな質問もありましたが、役場全体のマネジメントの改善点や新規事業の実施状況について尋ねるものや、不用額を原因別に分けて問う質問もありました。たしかに今回の決算は、不用額(予算の科目の中の使用残額)が比較的多く、一般会計の実質収支が約7億円の黒字となりました。お金を余らせたのはけしからんと言うだけではその是非を云々することさえできませんが、入札、節約・工夫、過大な予算設定、事業縮小によるものなど、原因別に分析すれば、次の予算で改善につなげることができます。道路や公園の草刈りの充実を求める質問もありました。

火曜日から今日までは、経済建設委員会、文教厚生委員会、総務委員会の3つの常任委員会で、付託された議案の審査があり、全ての議案が可決されました。9月28日の本会議最終日には討論・採決が予定されています。

| | コメント (0)

2020/09/16

ハイビスカスが咲きました。

ハイビスカスの花が咲きました。4輪のつぼみが一気に開花しました。もう夏も終わって、随分遅い開花です。
この鉢植えのハイビスカス、祖父が育てていたもので、40年くらいは経っていると思います。だんだん大きくなって人がやっと抱えられるくらいの大きさです。寒さに弱いので冬の間は玄関の中に入れています。それでもこの古木には厳しいようで、毎年元気が出てくるのはこの時期になります。今年の冬籠もりは早めにしてあげようと思います。

Dsc02667800nnn

 

| | コメント (0)

2020/09/15

爽やかな朝。急に涼しくなりました。

昨晩は、9月になって初めて、涼しくなったなあと感じました。今朝も爽やかな空気を感じます。二ヶ月ぶりに20℃を下回ったそうです。この秋初めての温かいお茶が身体に心地良いです。

ちょうど、ご飯が炊けています。チーズをのせてカマンベールチーズ丼にしてみました。リゾットみたいな味です。でも、卵かけごはんにはかなわないですね。

Dsc02656800tpnnnDsc02662800tpnnn

| | コメント (0)

2020/09/14

昨年の9月はどんなことがあったか

一年前はこんなことしてたんだと回想しました。この頃はコロナなんて言葉は一言もなく、人と人の距離感にも大らかだったんだなあと改めて、感じ入った次第です。
昨年9月の記事から、人が集まりそうな場面をピックアップしました。

 今日から9月、敬老会のシーズンです (9/1)

 『おだいちゃん』ぬいぐるみを販売開始 (9/2)

 祭り太鼓が聞こえる季節になりました。 (9/3)

 前から一度行ってみたかった太陽の塔と梅田スカイビル (9/5)

 敬老会と絆まつり (9/7)

 あいちトリエンナーレ2019 のテーマは「情の時代」 (9/8)

 行政サービスコーナーがリニューアルしました。 (9/9)

 更生保護女性会広報への寄稿 (9/10)

 リアル脱出ゲームとは (9/11)

 小川村から歴史マンガが届きました。 (9/13)

 敬老会は終盤。あすは伊久智神社のお祭り。 (9/14)

 生路のお祭りが終了しました。 (9/15)

 上天気に恵まれて、昼頃からドライブに。 (9/16)

 ウェルネスバレー イベントめぐり のご案内 (9/18)

 大府市福祉・健康フェアに行ってきました。 (9/22)

 安徳寺で五ヶ村虫供養 (9/23)

 夢と学びの科学体験館 がおもしろい (9/24)

 ゆうゆう倶楽部(老人クラブ)が4年連続で全国表彰されました。 (9/26)

 町体育館で健康フェスティバルを開催 (9/28)

 大府JCの45周年記念事業「SHINOBI」 と 第5回若者会議 (9/29)

 あすから10月 (9/30)

 

| | コメント (0)

2020/09/13

新型コロナウイルス感染症対策支援事業のご紹介

これまでの感染症対策支援事業に加えて、8月3日の臨時議会で可決された補正予算に盛り込まれた、新たな町独自の新型コロナ感染症対策支援事業や国等の事業者向け支援事業を紹介します。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/juyo/covid19kyuufujoseihojo/index.html をご覧ください。

Koho-higashiura-20200901-13
Koho-higashiura-20200901-14
Koho-higashiura-20200901-15

 

| | コメント (0)

2020/09/12

南知多町空き家活用プロジェクトのトークライブを見学

昨晩、円頓寺のなごのや(旧西アサヒ)南知多町空き家活用プロジェクトのトークライブ「空き家を使ってここまで!できる」に参加しました。南知多町長の石黒さんに誘ってもらって、参加者の皆さんの前で「東浦町にも是非寄ってくださいね」とごあいさつさせていただきました。

Akiya-diy-umibe20200911a
Akiya-diy-umibe20200911b

南知多町は、県内でも空き家率が高く、空き家バンクの先進地。移住や地域活性化につながる空き家活用の実績があります。この日は「空き家あります。来てください。移住してください。」ではなくて、「空き家×DIY 空き家×ゲストハウス 空き家×海辺暮らし・・・『空き家を使ってここまで!できる』」と題して、空き家改装の実戦的なお話しです。DIYクリエイターchikoさんのゲストスピーチと、実際に南知多でDIYを実践しているゲストハウス女将の久米さんや空き家マイスターの山本さんとのパネルディスカッションがありました。これから南知多への移住を考えている人、すでにリノベなどを手がけている人、ZOOMで北海道から参加している人など、多様な参加がありました。

Dsc026361200tpnnnDsc02651800tpnnn

 
これから予定しているイベントの紹介もありました。

Diy-renove20200911Akiya-kengaku20200911
Minamichita-akiyabank20200911Minamichita-shinojima20200911

| | コメント (0)

2020/09/11

お門違いな一般質問・・・いま最大の議会軽視とは何か

9月10日と11日に、9月定例議会の一般質問が行われました。そのなかで、二人の議員の一般質問が目を惹きました。山田議員と向山議員の一般質問です。

多くの方々からも何だかおかしな質問通告が出ているようですねと尋ねられました。住民・有権者の皆さんがこの一般質問通告書を読んでも一体何が言いたいのかよくわからないことと思いますが、要は、6月定例議会で議員の不貞行為が暴かれ議員辞職勧告決議がなされたことの原因は、行政あるいは町長の不適正な行為のせいだと言わんばかりの内容です。

しかし、そもそも議員の不祥事に関する問題は議員もしくは議会の問題であって、行政に対して質問するような性質のものではありません。議員自身が問題に気づき、真摯に取り組み、自分たちの責任でもって解決せねばならないことです。あまりにも見識を欠いた質問に対して私からも言うべきことを言わせていただきました。以下、議員の質問を受け私が議会で申し上げた内容に沿って書かせていただきます。

議員による東浦町議会の品位・名誉・信用を失墜させる行為に関して、行政から議会へ情報提供したことは、当たり前のことをしたまでで、たとえ感謝されることがあっても、そしりを受ける謂われは全くないし、この件について行政の対応が不適正というのは、あまりにも理不尽、失礼、迷惑な話です。

まるで、「都合の悪いことがバレちゃった、どうしよう、こんなことになったのも行政のせいだ」と責任逃れをしているように聞こえます。まるで情報提供が迷惑だったと言わんばかりで、非常に不審感を覚えます。

実際、山田議員と向山議員は、この都合の悪い事実を隠蔽しようとしてきたのではないでしょうか。都合の悪い事実を知りながら隠して来たとすれば、住民・有権者への裏切り行為です。
昨日、山田議員は質問の中で「自分が全員協議会で副議長には発言できなくしてやった」と仰っています。向山議員も大声を張り上げて似たようなことをされているではありませんか。良識ある議論をしようとしている多くの議員の中で、議会の混乱を招いているのはご自身ではないでしょうか。

ここで、議会への情報提供に関する行政の一連の動きをもう一度改めてお答えします。

議員の不貞行為については、昨年11月頃、行政に対して外部から複数の投書があり、訴訟にもなっているとの情報が入った以上、誰でも閲覧できる裁判所の裁判記録を確かめに行くのは当然のことと考えます。

そして、それが議会に関することである以上、その事実を議会にお伝えするのも当然のことです。現にそれは、議会の品位、名誉、信用に関わることであり、後に辞職勧告決議がなされたことからしても、知っていながら知らぬふりのできない重大なことと考えます。

議会にお伝えするには、議長にお伝えするのが本来ですが、この件の場合、当時の議長は不貞関係の当事者であることから、12月に副議長にお伝えしました。これも当然の判断です。

副議長に対しては、行政から指示をするような立場ではありませんので、副議長には事実をお伝えし、裁判記録は閲覧可能なことを申し添えました。あとは、副議長、そして議会の判断で行動することです。常識的には、行政からの情報提供を得て、裁判所に事実を確認に行くのは当然のことと考えます。

行政としては、裁判所に裁判記録の閲覧に行き、その内容を把握した以外は無用な閲覧を行っておりません。以上、我々が取った行動は当然の行動と考えています。
尚、公益目的通報についての質問は、その趣旨からして、向山議員が順法精神をお持ちならば質問できないものと考えます。これを質問する議員こそ情報管理ができていないのではないかと思われます。

山田議員も向山議員も議会軽視と言う言葉を軽々しく使われますが、議会軽視の意味をおわかりでしょうか。いま、最大の議会軽視とは何でしょう。いま最大の議会軽視とは、両議員も含めて、この場で採決に加わった議員全員の賛成で議員辞職勧告決議案が可決されたにもかかわらず、当該議員が辞職していないことです。議会でみんなが一致して決めたことを議員自身が守らないというのはどう言うことでしょうか。これの説明をしていただきたい。議会で決められたことを履行・実現することこそが議員の仕事ではないかと思います。

向山議員の口癖は「再発防止策は何だ」です。今、議員がすべきことは、行政に非難の矛先を向けて、覆しようのない議員の不祥事をごまかすことではないはずです。まずすべきことは、議員の隠蔽体質を正し、議員としての説明責任を果たし、議会で決めたことを履行し、是正措置、再発防止措置を講じて、住民・有権者の信頼を取り戻すことではないでしょうか。

以上。私は人に対して恨みもありませんし、意地悪する気持ちもありません。しかし、これは当然のケジメだと思います。

| | コメント (2)

2020/09/10

PCRとは

新型コロナウイルス感染症の流行以来、PCR検査というフレーズを聞かない日はありません。PCRとは何か。検出や判定の手法ではありません。

PCRとは、検査のサンプルを調製するための手法です。検査自体は、ウイルスの遺伝子を検出することによって感染の有無を調べるわけですが、ウイルスの遺伝子はほんのわずかしかとれないので、検体中の遺伝子の量は検出限界以下になってしまいます。

そこで、遺伝子の性質を利用して遺伝子を複製して、検出可能な量になるまで増やす必要があります。そのサンプルの増幅方法をポリメラーゼ連鎖反応(Polymerase Chain Reaction)と呼んでいます。ポリメラーゼとは、遺伝子(DNAの鎖)を合成する酵素のことです。この酵素を使って遺伝子が自己複製をする性質をうまく利用して遺伝子のコピーを繰り返し増やしていくプロセスがPCRです。例えば1本のDNA鎖を1回複製すると2本に、2本をもう1回複製すると4本、そして8本、16本・・・と30回も繰り返せば10億本以上の複製を合成できます。アメリカの生化学者キャリー・マリスは、この方法を考案して1993年にノーベル化学賞を受賞しました。

新型コロナウイルスの検査サンプルを増幅する際には、新型コロナウイルスの遺伝子は1本鎖RNAなので、RNAを逆転写して生成するDNAに対してPCRを行う逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(Reverse Transcription Polymerase Chain Reaction)を用います。そして、電気泳動などのクロマトグラフィー技術を使って遺伝子を分離・同定します。あるいは、リアルタイムPCRと言って蛍光で遺伝子の量をモニターしながら増幅する方法が知られています。

新型コロナウイルスの遺伝子の検査は、1つの遺伝子鎖全体を増幅してそれを検知するのではなく、遺伝子の特徴的な部分に着目して、その部分のみを増幅するので、新型コロナウイルスそのものでなくても、検体の中に活性を失った遺伝子の断片が紛れ込んでいる場合は、それらが増幅され陽性の判定が出てしまう可能性もあります。

PCRの原理やプロセスについては、多くのサイトが図解で解説しているので、そちらをご参照ください。

https://diamond.jp/articles/-/233788

https://m-hub.jp/biology/1898/105

https://www.thermofisher.com/jp/ja/home/life-science/cloning/cloning-learning-center/invitrogen-school-of-molecular-biology/pcr-education/pcr-reagents-enzymes/pcr-basics.html

https://www.falco-life.co.jp/oyaku/iden/pcrgenri.html

http://www.eiken.pref.kanagawa.jp/002_kensa/02_gene/200626_pcr.html

http://www.biken.osaka-u.ac.jp/news_topics/detail/1118
 

| | コメント (0)

2020/09/09

てんかんのことがよくわかるアニメ動画

facebookにあった記事からです。

 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
オーストラリアてんかん協会と医薬品会社が制作した子供向けてんかん啓発アニメだそうです。てんかんへの理解と発作が起こったときの周囲の対処法が、とてもわかりやすく動画にまとめてあります。

https://www.facebook.com/100000116987484/videos/3267494343264433/
 

Epilepsy-org-au-20200830fb

| | コメント (0)

2020/09/08

二団体が県のボランティア活動功労者表彰を受賞しました。

「おもちゃのお医者さん」と「藤江ふれあいサロン」の2つのボランティア活動団体が、長年にわたる活動により顕著な事績を収めたとして、愛知県から表彰されました。その賞状を持って役場に報告に来てくださいました。

「おもちゃのお医者さん」の代表を務める野田眞生さんは「年間で500個ほどのおもちゃを修理している。壊れたおもちゃが直ったときに、持ち主が喜んでくださることが嬉しい。この活動を続けていくためにも、若い方々にボランティアに加わってほしい」と仰っていました。

Omochanooisyasan20200907800tp

 
「藤江ふれあいサロン」の代表を務める小田光代さんは「高齢者の方々が元気に楽しく過ごせるよう脳トレや体操などを行っている。活動を盛り上げるためにも男性ボランティアに参加していただけると嬉しい」とお話しされました。

Hujiehureaisaron120200907800tp

 
10年以上もの長い間の社会貢献に感謝を申し上げるとともに、今後の活動の発展とさらなるご活躍を祈念します。

| | コメント (0)

2020/09/07

土木学会全国大会 in 中部 オンライン が開催されます。

土木学会全国大会が名古屋で開催され、「全体討論会 守る 攻める 変わる ~持続的な成長を支える土木の変革~」「3.11東日本大震災リレーシンポジウム『東日本大震災と南海トラフ地震の接続点』(申し込み必要)」などがオンライン配信されるそうです。リレーシンポジウムでは、想定される巨大災害である南海トラフ地震への事前復興、また様々なタイプの災害復興について議論を行うとのこと。そのほかにも、一般参加可能な無料オンライン講演や討論が予定されています。

詳しくは、http://www.jsce.or.jp/taikai2020/ をご覧ください。

Dobokugakkai-flyer20200907aDobokugakkai-flyer20200907b
   http://www.jsce.or.jp/taikai2020/assets/files/flyer.pdf

| | コメント (0)

2020/09/06

メンマ造り その4・・・乳酸発酵への挑戦

これまでのメンマ造りでは、乳酸発酵が進んでいなかったようなので、塩漬けメンマもどきを使って乳酸発酵を試みることにしました。塩分濃度が高すぎるから5%程度に抑えてはとのアドバイス(根拠は不明)をもらったので、塩分濃度を5%にした上で、我が家にあった発酵を促進しそうな種(漬物、発酵食品など)を手当たり次第添加してみることにしました。以下は実験の記録です。

        Dsc02604800nnn
      Dsc026161000nnn

塩漬けメンマもどき1kgをまとめて鍋に入れ、水で簡単に塩抜きをした後、5%の塩水1.2ℓで1時間煮沸。冷ましてからこれを6つに小分け。
それぞれ(茹でメンマもどき215g+塩水150g)に、
 ①カスピ海ヨーグルト(ふじっ子)40gを添加
 ②野沢菜漬け(奈良漬けも少々)40gを添加
 ③かつを酒盗(しいの食品)40gを添加
 ④キムチ(東海漬物 こくうま)40gを添加
 ⑤ひきわり納豆(ミツカン 金のつぶ)40gを添加
 ⑥甘酒(中埜酒造 愛知県立大オリジナル)40gを添加
して、6つのサンプルをつくりジップロックに封入、発酵???を試みます。
添加物の効果を見るには、本来は、ブランク(何も添加せず)のサンプルをつくっておくべきなのですが、種を6つ用意したらサンプルが足りなくなってしまいました。

調べ事もろくにせずの、いきなり思い付きの試行になりました。結果はお楽しみ。ジップロックに入れたサンプルをしばらく静置して様子を見ます。うまくいったらまた報告します。

       Dsc026251000nnn

| | コメント (0)

2020/09/05

ブログを読んでくださった方からこんな本をいただきました。

つれづれログの投稿の中で一家に1枚、元素周期表という記事があります。この記事を読んでくださった出版関係の方から「こんな本を編集したので感想をください」とお手紙と本をいただきました。ちょっとサプライズでしたが、ブログを読んで嬉しくなったとのこと。お手紙をいただいて本人はもっと嬉しくなりました。ありがとうございます。

本の名前は宮沢賢治の元素図鑑。宮沢賢治は子どもの頃から鉱物集めが趣味で、旧制盛岡高等農林学校(現岩手大学農学部)では自然科学を学びました。賢治の詩の中には鉱物や元素のことがたくさん出てきます。そんな賢治の詩にちなんだ元素の解説図鑑です。

Miyazawa-gensozukan-2020book

 
ところでところで、元素とは何でしょう。元素とは、万物の根源となるそれ以上分割できない要素(化学においては原子)のこと。原子を構成する陽子の数が同数の原子の集まりです。陽子数の順に原子番号が振られていて、現在、陽子数1の水素から陽子数118のウンウンオクチウムまでが元素周期表に表示されています。自然界に存在するのは原子番号92のウランまでで、それ以上のものは加速器などで人工的に造られ、不安定で寿命の短いものがほとんどです。
ここで、「万物の根源となるそれ以上分割できない要素」に対して、個々の粒子に着目するときは「原子」、種類に着目するときは「元素」と呼びます。例えば、元素の種類と化学的性質は原子核の陽子数で決まるので、水素原子(自然界に最も多く存在する陽子1個のみのもの)と重水素原子(原子核が陽子1個と中性子1個からできているもの)は異なる原子ですが、元素の種類は同じ水素です。

元素の中で一番単純なものは、陽子数1個の水素です。その次は、陽子数2個のヘリウムです。両方とも原子核が単純なので空気よりも軽い気体として知られています。陽子1個の水素原子が2つ結合した水素分子(H2、陽子2個分)は、陽子2個と中性子2個でできたヘリウム原子が単独で存在するヘリウム分子(He、陽子2個+中性子2個分)と比べて約半分の重さになります。気体の場合、同じ体積当たりの分子の数は同じになる(アボガドロの法則)ので、常温で窒素(N2、陽子14個+中性子14個分)より軽い気体は水素とヘリウムしかありません。
水素の方がヘリウムよりも軽いので空飛ぶ風船の中身には適していますが、水素は空気中の酸素と激しく反応して燃える性質があるので、気球やおもちゃの風船に使うガスにはヘリウムが使われています。軽くて単純な元素は、沸点が低い性質も持ち合わせています。ヘリウムの沸点は-269℃で、液体ヘリウムはリニアモーターカーやMRIの超伝導磁石を冷却するのに使われます。

窒素と酸素の次に重い気体はフッ素です。フッ素は他の元素ととても結びつき易くヘリウムとネオンを除く全ての元素と化学反応をします。フッ素とカルシウムの化合物で、蛍石という鉱物があります。熱を加えると発光することから蛍石と名付けられました。フッ素は虫歯予防の歯磨きに使われたりします。これはフッ素がカルシウムと結びつきやすい性質を利用しているのだと思います。

セレンという元素をご存じでしょうか。イオウと似た性質を持つ元素です。セレンはフケ・痒みを防ぐためにごく少量をシャンプーの成分として使ったり、また、セレンに光を当てると電気伝導性が大きく変わる性質はゼロックスコピーの原理に使われたりしています。

賢治が27歳の時に、東北本線の信号機“シグナル”と岩手軽便鉄道の小さな腕木式信号機“シグナレス”の切ない恋をユーモラスに描いた童話の一節「五日の月が・・・鈍い鉛のやうな光で」から鉛も登場します。鉛の英語名“lead”は低い温度でも融けやすい“溶融性”が語源のようです。ラテン語名“Plumbum”はちょっと華やかな語感があって元素記号“Pb”の由来になっています。日本では長い間「おしろい」に炭酸鉛を使っていましたが、毒性があるため1953年に禁止されています。鉛はいまでも優れた電極材料として車載用の鉛蓄電池や、陽子数82で原子核の密度が高いことを活かして放射線の遮蔽材料として使われています。

こんな感じで、それぞれの元素の性質をトピックスを交えながら平易に解説する本です。宮沢賢治の作品に出てくるすべての元素の他、現在知られている118元素とそれらを含む鉱物について、宮沢賢治の生涯と作品に触れつつ、ちょっと文学的に解説してくれます。最初から読まないとストーリーについて行けないような物語ではないので、気楽に元素のことを知るにはお手頃ではないでしょうか。

| | コメント (0)

初秋の幸

この時期、近くで採れた無花果にヨーグルトをかけたりして食べています。

Dsc02424800nnn

 
もうすぐ栗の季節ですね。この栗の木は本当に世話要らずで、昔ホームセンターで買ってきた苗を植えたきり、肥料も農薬もやったことがありません。それでもすくすくと育って、毎年、ふっくら大きな実をたわわに実らせてくれています。そのまま焼いたり、栗ご飯にしたり、おいしくいただいています。

Dsc02423800tnnn

 

| | コメント (0)

2020/09/04

そうだ、備えよう。・・・「広報ひがしうら」9月1日号は防災特集

広報ひがしうら9月1日号は、職員が太陽をバックにした表紙。「そうだ、備えよう。」と題して、防災特集を組みました。

Koho20200901_01
Koho-higashiura20200901-02
Koho-higashiura20200901-04
Koho-higashiura20200901-06
Koho-higashiura20200901-08
Koho-higashiura20200901-10
Koho-higashiura20200901-12

 
広報ひがしうら9月1日号は、町ホームページでご覧になれます。

  🤞 防災特集「そうだ、備えよう。」  今年は変わる 防災の世界
  →https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/material/files/group/4/koho20200901_2-11.pdf

  🤞 避難行動要支援者名簿の登録  防災ラジオの販売
  →https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/material/files/group/4/koho20200901_12.pdf

 

| | コメント (0)

2020/09/03

南知多の絶景スポット

週末にSNSで話題になっていた伊勢湾の眺望スポットに行ってきました。知多半島最高峰の高峯山に通じる狭い山道を上がっていくと「時間の森(ときのもり)」と名付けられた扉があります。扉をくぐって、少し坂を上がると急に眺望が開けて、眼下に伊勢湾とその向こうに続く鈴鹿と紀伊山地の山々が飛び込んできます。
海を見下ろす高台には、木のテラスがしつらえてあって、テラスの下にはハンモックとちょっとした読書スペースが、テラスの上にはイスとパラソルが置いてあります。そして、すぐ近くには南国風のバーカウンターがあってお酒を注文することもできます。温かいサンドイッチやソフトドリンクもあります。ここ2年くらいの間に若い人たちがコツコツ場づくりをしてきたようです。

           Dsc02425800nnn
        Dsc02430800nnn
        Dsc02458800pnnn
          Dsc02479800pnnn
Dsc02552800pnnnDsc02447800tpnnn
       Dsc02481800tpnnn
         Dsc02497800pnnn
         Dsc02547800pnnn

夕暮れ時に海の向こうに日が沈んでいくのをながめながら、地上の昼間とはひと味違うそよ風をうけて、のんびりグラスを傾ける時間(とき)の過ごし方も悪くはありません。近年、ロケーションと眺望を上手に楽しむ流れができてきたように感じます。

| | コメント (0)

2020/09/02

9月定例議会(令和2年第3回定例会)が始まります

来週から9月定例議会が始まります。日程は以下の通りです。

 9月 8日(火曜日) 午前9時30分~ 本会議(議案の上程・説明)
 9月10
日(木曜日) 午前9時10分~ 本会議(一般質問)
 9
月11日(金曜日) 午前9時10分~ 本会議(一般質問)
 9月14日(月曜日) 午前9時30分~ 本会議(議案質疑・委員会付託)

 9月15日(火曜日) 午前9時30分~ 経済建設委員会
 9月16日(水曜日) 午前9時30分~ 文教厚生委員会
 9月17日(木曜日) 午前9時30分~ 総務委員会
 9月28日(月曜日) 午前9時30分~ 本会議(討論・採決)

一般質問では、13人の議員から通告書が提出されています。一般質問は9時10分の開始で、“質問答弁50分+休憩10分”の1時間枠が質問順に固定されます。9月定例議会から、一般質問を時間枠ごとに録画し動画配信する予定です。

一般質問の通告内容は、東浦町議会ホームページでご覧になれます。令和2年第3回定例会の議案はこちらでご覧になれます。9月定例議会では、令和元年度決算の承認が主な議題となります。

9月定例議会では、感染症に配慮をしつつ、通常の日程で議会を開催します。傍聴も可能です。感染症への配慮など詳しくは、議会ホームページをご覧ください。

| | コメント (0)

2020/09/01

コロナ下の修学旅行

感染症の影響で、今年春に予定されていた町内小中学校の修学旅行が延期されました。その後、修学旅行は中止とはせず、感染症に気を配りながらもできる限り催行する方向で各学校が旅程を組んでいます。先週、東浦中学校が2泊3日の修学旅行に行きました。また延期が必要か危ぶまれましたが、ちょうど第二波がピークを打って感染が減り始め、愛知県の緊急事態宣言が解除された絶妙のタイミングでした。
行先は当初は東京だったものを、河口湖と伊東で2泊する旅に変更しました。旅先ではどこも感染対策に細かな配慮がなされていて、「また来てください」と大歓迎だったそうです。富士急ハイランドの帰りにはスタッフ総出で見送ってくれたそうで、思い掛けず、子どもたちにとって心に残る旅になったのではと思います。また、3日間、時と場を共に過ごすことで、互いの理解がより深まったのではないでしょうか。

9月末には西部中学校がやはり富士五湖・伊豆方面への旅行を予定しています。北部中学校は行先は未定ですが来年3月の予定だそうです。感染症の動向が心配ですが、どの学校も状況が改善されて無事に旅行に行って来られることを願っています。

小学校では、9月中旬に藤江小学校が奈良・京都へ、最後に予定しているのは12月の生路小学校です。また、9月には小中学校の林間学校も予定されています。コロナ禍の中、それぞれの小中学校が、思い出に残る学校行事を行えるよう知恵を絞っています。

Syuugakuryokou202008xxaSyuugakuryokou202008xxb
Syuugakuryokou202008xxcSyuugakuryokou202008xxd
 ※写真は東浦中学校ホームページからピックアップしたものです。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »