フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 第13回おだい市&東浦セミナー のご案内 | トップページ | おもちゃのお医者さんの企画・・・親子で、小学生で、「こわれたおもちゃを自分で直そう」のご案内 »

2020/10/18

猿投山へプチハイキング。見所いっぱいです。

きのうの寒波で御岳山もしっかり冠雪。木曽駒ヶ岳など中央アルプスも上の方が真っ白になっていました。緒川於大が丘で撮影しました。

        Dsc044691000nnn
        Dsc04470800nnn

 

さて、雲が多くて天気はイマイチですが視界は割と良さそうなので、猿投山に登ってきました。中央アルプス(木曽山脈)の末端の一つで、尾張・三河の平野部から最も近くで目立つ山として、古くから信仰の対象になってきました。
猿投神社から林道を上がって東の宮の登山口から山頂へ向かいました。途中、展望台に上がって眼下に広がる豊田市内の眺望、少し遠くは知多半島や名古屋港も見えます。名古屋市街地は尾根に隠れて見えません。
頂上でお昼を食べて西の宮を通って下山。杉林の中に栂の大木や広葉樹の混じった森林の中を歩きます。猿投山は花崗岩が風化してできた山。川沿いの道からは多くの滝を見ることができます。最後に猿投神社でお参りをしてきました。

        Dsc044871200pnnn
 展望台からの眺望です。下界を見るなら山頂よりもこちらがお薦め。
 手前は豊田の市街地。豊田スタジアムも見えています。奥に見えるのは岡崎の市街地です。

        Dsc044831200pnnn
 三河湾を隔てて見える細長い陸地が知多半島です。

        Dsc044861200tpnnn
 名古屋港も見えます。伊勢湾を隔てて鈴鹿山脈の稜線がうっすら。

        Dsc04492800nnn
 この先の山上に猿投神社の奥社、東の宮があります。

        Dsc04529800nnn
 頂上(629m)はハイカーで賑わっていました。丸太のベンチがあるのでそこでお昼を食べたりお茶を飲んだり。
 眺望は瀬戸方面しか見えません。

        Dsc04504800pnnn
 スギの中にツガの巨木がそそり立っています。

        Dsc04519800nnn
 カエル岩と呼ばれる花崗岩。看板に落書きしないでくださいと書いてありました。

        Dsc04579800nnn
 こんな滝があちこちに。昨日の雨のせいで迫力があります。近くの河床には、天然記念物の球状花崗岩(菊石)の露頭が見えるところもあります。

        Dsc04595800pnnn
 猿投山の麓にある猿投神社の本社。祭神は日本武尊と双子の大碓命と言われています。立派な社殿です。

« 第13回おだい市&東浦セミナー のご案内 | トップページ | おもちゃのお医者さんの企画・・・親子で、小学生で、「こわれたおもちゃを自分で直そう」のご案内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

季節・自然」カテゴリの記事

趣味・旅・遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第13回おだい市&東浦セミナー のご案内 | トップページ | おもちゃのお医者さんの企画・・・親子で、小学生で、「こわれたおもちゃを自分で直そう」のご案内 »