« 名古屋市芸術創造センター公演 創作舞踏劇「名古屋城天守物語」のご案内 | トップページ | コロナ禍の中で伝統行事を守る »

2020/10/10

名古屋大学レクチャー2020「24時間を計るシアノバクテリアの時計タンパク質 -概日時計を巡って50年-」のご案内

以下の案内をいただきました。ノーベル賞受賞者など世界トップレベルの研究者の講演を聴くことができる機会で、一般に公開されています。
今回のテーマは「24時間を計るシアノバクテリアの時計タンパク質」。シアノバクテリアは、植物と同じ「酸素発生型光合成」を行う葉緑体の祖先にあたる生物です。シアノバクテリアが地球の大気を酸素が豊富な現在の大気に変えていったと考えられています。シアノバクテリアは時間を刻む時計タンパク質を持つ最も単純な生物として、人間を含めた様々な生物の体内時計の仕組みのモデルとして注目されています。

 
名古屋大学では令和2年11月14日(土)に名古屋大学レクチャー2020を開催することとなりました。
今回の講演会は「24時間を計るシアノバクテリアの時計タンパク質 -概日時計を巡って50年-」と題しまして、名古屋大学特別教授・近藤孝男先生にご講演頂くことになっており、広く市民、学生の皆様にも公開し、世界の最高の「知」に触れていただくものとなっております。是非ご参加ください。

 【日時】 2020年11月14日(土)
   開場 13:00
   開演 13:40
   終了 16:30

 【開催方法】 オンラインウェビナー
        ※新型コロナ感染拡大予防のためオンラインでの開催となります。
         ご理解の程よろしくお願いします。

 【講演】 「24時間を計るシアノバクテリアの時計タンパク質 -概日時計を
      巡って50年-」
      名古屋大学特別教授 近藤 孝男

 (解説講演)
      名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 教授 吉村 崇

      ※詳細はHPをご覧ください。
      http://www.iar.nagoya-u.ac.jp/nulecture.php

 【対象】 どなたでも参加できます (参加無料)

 【共催】 名古屋大学、中日新聞社

 【応募】 こちらからお申し込み下さい。
      http://www.iar.nagoya-u.ac.jp/nulecture.php
      ※ 応募締め切り:11/12(木)

Nagoya-u-recture20201114j

 

|

« 名古屋市芸術創造センター公演 創作舞踏劇「名古屋城天守物語」のご案内 | トップページ | コロナ禍の中で伝統行事を守る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名古屋市芸術創造センター公演 創作舞踏劇「名古屋城天守物語」のご案内 | トップページ | コロナ禍の中で伝統行事を守る »