« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020/12/31

ことしの人気記事ランキングは?

つれづれログで、今年1年(1月1日~12月31日)よく読まれた記事の1位から30位までのランキングです。

いつもトップを走っているのが、「1 指紋検出に使われる ニンヒドリン反応とは?」です。この他に、サイエンス関係の記事が「21 ハスの葉や里芋の葉は、なぜ水をはじくのか?」「22 ヘキサメチレンテトラミン」「27 瞬間接着剤の話」など3件ランクインしています。

2位以下は、「2 町内でキツネの生息が確認されていますが・・・」「3 ししおどしのつくり方」「5 愛知県から富士山が見えるのはどこでしょうか?」「6 必見! 師崎から見える富士山  知多半島で富士山が見えるのはどこか??」「7 竜ノ口渓谷探検」など、自然や地理にまつわる話題が多いです。

政治・行政行政がらみでよく読まれた記事は、「20 3月定例議会(令和2年第1回定例会)が閉会しました。」「24 お門違いな一般質問・・・いま最大の議会軽視とは何か」「25 6月定例議会(令和2年第2回定例会)が閉会しました。」など。議会の議員辞職勧告関連の記事に高い関心が寄せられています。

そのほかでは、「16 「今でしょ!」の予備校講師 林修さんのお話し」「17 「池の水ぜんぶ抜く大作戦」で、池の掻い掘りをしました。」みたいな、TVで人気者の話題もあります。

読者を地域別に見ると、愛知県の方々が圧倒的に多いです。次に東京、神奈川、大阪と人口の多い都道府県が続いています。

本年も1年間、つれづれログに目を通していただきありがとうございました。時折コメントもいただき感謝いたしております。来年もつれづれなるままに毎日、書き綴って参りたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。それでは、良いお年をお迎えください。

 

1  指紋検出に使われる ニンヒドリン反応とは?
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/01/post-6a83.html

2  町内でキツネの生息が確認されていますが・・・
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/01/post-da9e.html

3  ししおどしのつくり方
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/04/post-a628.html

4  神谷姓の由来は
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2007/12/post_0acf.html

5  愛知県から富士山が見えるのはどこでしょうか?
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/01/post-ec2a.html

6  必見! 師崎から見える富士山  知多半島で富士山が見えるのはどこか??
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/01/post-4d29.html

7  竜ノ口渓谷探検
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/10/post-626e.html

8  豊田自動織機が東浦町に工場新設を発表しました。
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2020/02/post-78dfd0.html

9  豊田自動織機の新工場がいよいよ着工!
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2020/06/post-91a0e3.html

10 世界の高い橋ランキング・・・上には上がある
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/10/post-160e.html

11 訪れる人に安らぎを、去り行く人に幸せを(PAX INTRANTIBVS ...
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/11/pax-intrantibvs.html

12 インター近くに工場が進出します。
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/11/post-50fb.html

13 peninsula の語源は
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/04/post-e21d.html

14 東部知多温水プールがリニューアルオープン
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2020/04/post-fd67a8.html

15 神谷姓の分布は
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2005/07/post_3813.html

16 「今でしょ!」の予備校講師 林修さんのお話し
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/01/post-aa57.html

17 「池の水ぜんぶ抜く大作戦」で、池の掻い掘りをしました。
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/12/post-8026.html

18 面白いデータ集・・・いろいろあります。
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/08/post-4c14.html

19 年度始め式あいさつ
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/04/post-4b62.html

20 3月定例議会(令和2年第1回定例会)が閉会しました。
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2020/03/post-685f95.html

21 ハスの葉や里芋の葉は、なぜ水をはじくのか?
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/08/post-62d1.html

22 ヘキサメチレンテトラミン
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/06/post-9ad9.html

23 「働く人の健康づくりセミナー」のご案内
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2020/02/post-2cecb6.html

24 お門違いな一般質問・・・いま最大の議会軽視とは何か
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2020/09/post-d8d196.html

25 6月定例議会(令和2年第2回定例会)が閉会しました。
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2020/06/post-63bbf5.html

26 水野家の家系
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2010/06/post-dc7a.html

27 瞬間接着剤の話
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/01/post-9aa0.html

28 南生協病院を見学しました。
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2011/01/post-fa84.html

29 東浦町の保育園は私的契約児受入れ日本一?
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2017/04/post-5111.html

30 三丁公園に行ったことありますか?
 kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/05/post-4b5e.html

 

| | コメント (0)

おせちに飽きたら・・・おからを使って骨を強くするおいしいレシピ

10月に厳正に審査した「親子でクッキング 骨を強くする おいしいレシピ コンテスト」の入賞者と作品が、広報ひがしうら12月1日号で発表されました。Dr.うらっシュこと名古屋大学医学部の水野先生の講評も載っています。東浦町ホームページには、各入賞作品のレシピも載っているので、ぜひ、ご家庭でも「骨を強くするおいしいレシピ」を試してみてください。
このレシピコンテストについては、食材(乾燥おからパウダー)を提供してくださった日本乾燥おから協会のHPでも紹介されています。ご家庭でこのレシピを参考に丈夫な骨づくりにトライしていただければ幸いです。

Oishii-recipe20201201a
Oishii-recipe20201201b

 

| | コメント (0)

早採れの筍

まだ、これから冬本番というのに、地面の下では着々と筍が地上に出てくる準備をしています。
そんな小振りなタケノコを巧みにハント。新鮮な香りと歯ごたえは、この時期ならでは。

Dsc07573800pnnnDsc07576800nnn

| | コメント (0)

2020/12/30

工場新設の進捗

丘の上から広大な敷地の一角に工場を建設している様子が見えます。これから少しずつ建屋が建ち上がっていくものと思います。まだ、地ならしをしている段階に見えますが、来年10月には豊田自動織機の新工場が竣工予定と聞いています。ここが、HVなどに使われる車載用バッテリーの製造拠点になるそうです。

Dsc07677800pnnn
Dsc07682800pnnn

 

| | コメント (0)

2020/12/29

連日牡蛎づくし

子どもが広島から牡蛎を50個送ってくれました。うちは一家揃って牡蛎が好き。私が剥き係です。

Dsc07754800pnnnDsc07758800nnn

生ガキは黒ビール、焼きガキは日本酒と良く合います。生牡蠣、焼き牡蠣、牡蛎フライ、二晩続けて牡蛎づくしでした。

Dsc07780800nnnDsc07764800pnnn
          Dsc07787800pnnn

| | コメント (0)

2020/12/28

明日から3日まで、役所はお休みします。

12月28日は仕事納めの日ですが、昨年から仕事納め式は廃止しました。今回は職員が一同に集まる新年の仕事始め式も行いません。代わりに、役所内のネットワーク上に職員への新年のメッセージを発信することにしました。年末年始の形式的な挨拶行事は行いませんので、職員の皆さんには、仕事納め、仕事始めに縛られることなく、それぞれのペースで長めの冬休みをとって、英気を養っていただきたいと思います。

今年は感染症の関係で、突然のやらなければならない仕事が生じたり、やりたくてもやれない状況が生じたりで大変な一年でしたが、職員の皆さんには、限られた時間の中で各部署においてやるべきことをしっかり考え実行してくれたことに感謝しています。部署間の連絡や協力もこれまで以上に良くできたと思います。
来年また気持ちを新たに頑張ります。

 
 ※年末年始の公共施設の休業についてはこちらをご覧ください。

| | コメント (0)

2020/12/27

とん馬と平林の落語を楽しむ会

第14回東浦寄席 とん馬と平林の落語を楽しむ会 に行ってきました。今年は感染症に配慮、定員をいつもの1/2にして実施されました。いつもチケットが完売御礼になってしまうので諦めていたら、運良く券が1枚余った方から譲っていただけました。

半田市乙川出身の三遊亭とん馬さんの落語を楽しもうと、とん馬さんの高校の同級生が中心となって始めた寄席が14回目を迎えました。やがて、東浦町石浜出身の立川平林さんが真打に昇進、最近はお二人の落語を楽しむ会として、とん馬さんと平林さんが交互にトリを務めるようになりました。

お客全員がマスクをして聴いているのは舞台から見ると異様な光景かも知れません。とにかくマスクをしているとやりにくいのだそうです。聴く方も素直に笑えない感じがあります。

平林さんの1回目の演目は「勘定板」。下ネタはクライマックスへの「溜め」「堪え」が肝心。場面を想像しながらマスクの中で笑いをこらえていたら、声を出さずに笑い泣き!どっと涙が出てきました。

ねづっちさんの「ととのいました!」もたくさん聴けました。「沖縄の神社のおみくじは凶しか出ない・・・これ以上吉(基地)は要らないから」「パソコンでえとろふ(択捉)の漢字が出てこない・・・なかなか変換(返還)されない」。お客さんのリクエストに応えて、「東浦町の人口5万人とかけて・・・ヨーグルトと解く・・・その心は、腸内(町内)が元気になっている」というのもありました。

最後の演目は、平林さんの「井戸の茶碗」。長屋で娘と二人暮らしの千代田卜斎から、くず屋の清兵衛が仏像を買い取ります。これを細川藩士の高木佐久左衛門に転売します。さてどうなりますやら。これは爽やかな良いお話しでした。

入れ替わり立ち替わりのお噺で、あっという間に3時間が過ぎていました。

Higashiurayose20201227prg

 

| | コメント (0)

2020/12/26

シルバー人材センターから門松がとどきました。

12月25日に、シルバー人材センターの皆さんが役場へお正月の松飾りを持ってきてくださいました。今年は、昨年よりも門松の竹が一回り大きくなって千両と万両も仲間入りしました。冬休み中に玄関となる当直室前に置かせていただきます。

Dsc076961000tpnnn

 
シルバー人材センターでは、門松の注文販売をしています。毎年10月頃から製作の準備に取りかかっているそうです。我家では、ミニ門松とミニ松飾りを購入しました。

  Dsc07765800nnn Dsc07770800pnnn

東浦町の65歳以上の高齢者人口は約1万3千人。これから団塊世代が後期高齢者になる2025年にかけて増加の一途をたどります。一方で、定年退職年齢の引き上げや活動の場の多様化により、シルバー人材センターの加入者は全国的に減少傾向にあります。その中で、東浦町シルバー人材センターの加入者は昨年増加しました。年間契約高は、知多地域で大府市、東海市に続く約2億2百万円を誇っており、会員一人あたり49万5千円は知多半島一です。
しかしながら、経費の増大や高齢化などの課題を抱えています。除草や剪定などの作業者も不足していると聞きます。反面、パソコンのスキルや専門技術を持つ人や女性会員の活躍はこれから期待できるところではないでしょうか。人には居場所と役割が必要です。仲間があること、感謝されることが大切です。これからもシルバー人材センターの発展に期待をします。

| | コメント (0)

2020/12/25

2020 冬休みわくわく算数・数学教室

学校が冬休みに入って、片葩小学校では12月24日午前・25日午前・26日午前午後・28日午前午後・1月4日午前午後、わくわく算数教室が行われます。スクールパートナー(学生ボランティア)が児童に向き合ってマンツーマンに近い形で算数の学習をします。「わく算」の第一の目標は、算数嫌いをなくし、算数を学習することの楽しさを実感することです。
毎年続けていますが、はじめは落ち着きのなかった子どもも落ち着いて学習ができるようになってきたそうです。学習が終了したら、児童とスクールパートナーは振り返りにシートに感想を記入、下校するときには、帰る方向ごとに集まってスクールパートナーが途中まで付き添います。

Dsc07634800tpnnnDsc07637800tpnnn
Dsc07642800tpnnnDsc07644800tpnnn
Dsc07646800tpnnnDsc07657800tpnnn

 
午後は東浦中学校のわくわく数学教室を見てきました。東浦中学校では12月24日と25日の午後に「わく数」をやっています。中学校は静かに集中して取り組んでいる感じです。中学に入るといよいよ「数学」らしくなってきます。自然現象・社会現象をなんとか数式で記述しようという面白さ、凄さに気づいて欲しいと思います。
学校の先生からは、東浦町は学校(教育委員会部局)と行政(町長部局)との連繋がうまくいっていて仕事がしやすいとの言葉をいただきました。

Dsc07702800pnnnDsc07704800pnnn
          Dsc07708800pnnn

2年生は図書室で学習をしていました。図書室の「おすすめ本」のコーナーに目が行きました。こうして一言コメントが書いてあると手に取って読んでみたくなります。本は自分の世界を無限に拡げてくれます。
「どんな人でも頭が良くなる 世界に一つだけの勉強法」なんてキャッチーな本もありました。中を読んだら「まず、万人に正解のメソッドがあるという迷信から解き放たれよ」と書いてありました。当然ですね。

Dsc077141200pnnn
Dsc077101200pnnnDsc077161200tpnnn

| | コメント (0)

2020/12/24

アイスコールド コカ・コーラを飲んでみた。

石浜にあるコンビニでアイスコールド コカ・コーラを買ってみました。以前から、店内にちょっと変わった自動販売機があるのは知っていましたが、県内で3箇所しか置いてないと聞いて、試してみることにしました。

この自動販売機、コインを入れるのではなく、レジで買った専用のカードを入れるとアイスコールド コカ・コーラが出てきます。コーラは見た目は普通なのですが、一旦キャップを開けてボトルを一振りすると、みるみる中身が凍ってシャーベット状になります。

Dsc075791000pnnn
Dsc07580800pnnn
Dsc07581800pnnn
Dsc07584800tnnn

 
融けるのは結構早いのであわてて飲まないといけませんが、ちょっと不思議なコカ・コーラのフローズンを楽しむことが出来ます。

この自販機は、コーラを-4℃に冷やして過冷却状態にして売っています。過冷却状態とは、氷点下の液体のことです。水は氷点下になると凍る準備はできますが、融点を少し下回る程度の温度の場合、それだけではすぐには氷になりません。そこへ圧力の変化や気泡の発生などの刺激が加わると、それがきっかけとなって氷の結晶が一気に成長します。アイスコールド コカ・コーラはこの現象を使っています。

似たような商品で、以前「冷凍酒」がありました。日本酒(たぶんボトルにガスが封入してあったのだと思います)を過冷却にしておいてフタを開けるとシャーベット状になります。ビールや炭酸水も冷凍庫で氷点よりも少し下まで冷やしておいて、フタを開けたらいきなり凍ったという経験があると思います。

| | コメント (0)

2020/12/23

「まちかどギャラリー 栞里」の「みんなのとっておき作品展」

石浜の明徳寺門前にある「まちかどギャラリー 栞里」で、社会福祉協議会内にある地域活動支援センターで創作活動している障がい者の作品をはじめ、皆さんが作品を持ち寄って「みんなのとっておき作品展」を開催中。私も部屋の角っこに書と写真を出品させていただきました。

Dsc06958800nnnDsc06959800nnn
Dsc06961800nnnDsc06962800pnnn
Dsc06954800pnnnDsc06955800pnnn

 
感染症の拡大以来、毎日のランチは休止中ですが、おいしい珈琲がいただけます。

          Dsc06969800nnn

 
無花果の時期に販売していたイチジクの甘露煮をうちでチーズと合わせたら相性抜群でした。

Dsc06921800nnnDsc06927800pnnn

 
作品展は年末まで。年末年始は12月25日から1月12日までお休みだそうです。

| | コメント (0)

干し芋が届きました。

茨城名産ほしいもが届きました。毎年、つくば市に住む親友が送ってくれます。6種類くらいのサツマイモの詰め合わせです。噛むとそれぞれ味わいがあります。彼は、家が近所で保育園から高校まで一緒に通っていました。今はつくば市にある国立の研究機関で働いています。いつか、専門分野について一般にもわかりやすく講演をやってもらいたいと思っています。

Dsc07427800pnnn

 

| | コメント (0)

2020/12/22

イオンモール東浦で竹灯篭のイルミネーション

いよいよ年末です。ショッピングも賑わっています。

イオンモール東浦の正面玄関に、東浦の竹灯篭の会がつくった竹灯篭のイルミネーションが飾られています。今年は青一色のイルミネーションです。医療従事者への感謝と応援の気持ちが込められているそうです。(昨年はこんな感じでした。)

Dsc06949800tpnnn
Dsc06953800nnn

 
11月に始まって、来年1月の15日までの点灯です。

| | コメント (0)

2020/12/21

年始のご挨拶の収録、保護司の新美直臣さんに法務大臣表彰を伝達

いよいよ年末らしくなってきました。今日は午後から勤労福祉会館で、於大まつり推進協議会を開催。商工会や観光協会など関係者に出席をいただいて、来年の於大まつりは規模を縮小してでも密を避けてとにかく実施に向けて進めることを決めました。

その後は、郷土資料館でケーブルTV(知多mediasネットワーク)の新年のご挨拶の録画撮り。毎年、収録の場面を写真に収めているのですが、今年はうっかり忘れてしまいました。下は昨年の様子です。毎年こんな感じで撮っています。

Dsc070811200tpnn

 
役場に戻って、平成16年から26年間、保護司として犯罪を犯した方や非行のある若者の更生に尽くされた新美直臣さんに法務大臣表彰の伝達を行いました。保護観察や生活環境調整を行った人数は約40名におよび、多くの人に接してきました。保護司として活動する中で関わる若者は、家庭環境が複雑である場合が多いと感じていたそうです。そうした若者と接するときは全面否定せず、相手の話に耳を傾けることを心掛けていたといいます。保護司を引き受けることになったいきさつなど昔話も聞かせていただきました。

Daijinnhyousyou-niiminaomi20201221

 

| | コメント (0)

2020/12/20

生路井の清掃、三丁公園にワンちゃん大集合

朝9時から近くに区長さんや近所に住む人たちが集まって、生路井の清掃をしました。生路井は「森井戸」とも呼ばれ、日本武尊にまつわる伝説が残っています。近くには生道井(いくじい)のブランドを持つ酒蔵もあります。昨年5月の清掃ではポンプで水を汲み出して井戸さらえをしましたが、今日は、井戸の回りの木々の剪定や落ち葉拾いをしました。私も掃除に参加して朝から清々しい気分になりました。ちなみに井戸の傍らにある祠は疫病から人々を守る御利益がありそうです。

Dsc07518800nnn
131957595_2881395278749135_2305122722440

 

三丁公園で開催された「みんな散歩が楽しくなるイベント第2弾」を覗いてきました。公園はワンちゃん大集合で賑わっていました。イベント会場では、地元野菜の販売や屋外のモニターを使ったペット防災講座が行われていました。犬と気持ちよく散歩したり公園で遊ぶためには、犬の躾も大切です。12月末には、地域住民によるドッグランの試行が始まる予定です。

Dsc07526800pnnn

Dsc07539800nnnDsc07542800nnn

Dsc07552800nnn

Dsc07528800pnnnDsc07561800tpnnn

Dsc07554800nnn

 

| | コメント (0)

2020/12/19

日本語ボランティア養成講座(実践コース)のご案内

東浦町には多くの外国籍の方が暮らしています。外国の方が日本語を学ぶのをお手伝いする「日本語支援ボランティア」について学ぶ講座です。
外国人住民の方と一緒に日本語を学ぶことは、私たち自身が世界のことや日本のことを学ぶ貴重な機会にもなります。
日本語学習支援ボランティアに興味のある方、日本語学習支援を通した外国人との交流に興味のある方は、ぜひご参加ください。高校生以上で東浦町内または近隣にお住まいの方が対象です。外国語能力は問いません。外国語が話せない方もボランティアとして活躍中です。

今回はZoomを利用したオンラインでの開催です。パソコン、スマートフォンなど、zoomへの接続環境があればどこからでも参加可能です。全5回の連続講座のうち希望する回だけの受講もできます。
詳しくは、日本語支援ボランティア養成講座【実践コース】(オンライン開催)/東浦町 (aichi-higashiura.lg.jp) をご覧ください。

●と き 1月9日(土)、16日(土)、23日(土)、30日(土)、2月6日(土)(全5回) 午前10時~12時
●ところ zoomを使ったオンライン
●申し込み 受講を希望する回の1週間前までに、ファックス、郵送、メールまたは窓口にて協働推進課へ申込用紙を提出してください。申込用紙は町ホームページからダウンロードできるほか、協働推進課窓口でも配布しています。
●受講料 無料(ただし、Zoomの利用に係る通信費等は自己負担)

Nihonngoshien20210109a
Nihonngoshien20210109b

 

| | コメント (0)

お昼に「うららん」へ

親子で健康づくりの動画撮影のためにうららん(総合子育て支援センター・石浜西児童館)に行きました。映像ができあがったら、改めてお知らせしたいと思います。お楽しみに!

うららんのホールにはクリスマスツリーが飾ってあります。壁に緑のカーテンを掛けてつくったものもあります。

        Dsc07456800pnnn

 
今、子どもたちの間でも数人が一緒に遊べるカードボードゲームが人気だそうです。

Dsc074691200pnnnDsc074711200pnnn

 
ままごと遊びが出来るキッチンやお風呂、ペットボトルの家など手づくりのおもちゃもたくさんあります。

Dsc07472800pnnnDsc07473800pnnn
        Dsc07474800pnnn

 
設備も充実しているので、町外の方にも人気です。

Dsc07461800nnnDsc07475800nnn
        Dsc07476800pnnn

| | コメント (0)

2020/12/18

このはな彩2021

毎年恒例になった於大公園の「このはな彩(SAI)」が先週末から始まりました。昼間は陽光を受けてこのはな館が色とりどりの光で満たされます。夜は週末(金~日)の5時から8時まで、こんどは内側から外側に向けてライトアップ。公園の一角に光の舘が出現します。
窓のステンドグラスは公園で作業をされている方たちの創作です。オニバスや花菖蒲、椿や竹など公園の花木が巧みにあしらわれています。

Dsc07434800pnnn

Dsc07446800pnnnDsc07447800pnnn


Dsc07484800pnnn
Dsc07494800pnnn

 

今年は、1月31日まで実施(但し12月27日~1月4日は休止)します。
詳しくは、このはな彩/東浦町 (aichi-higashiura.lg.jp) をご覧ください。

Konohana-sai-20201211

| | コメント (0)

2020/12/17

水曜日のランチはタイ料理でした。

水曜日の 地域の縁側 グリーン・ラソ のランチは、タイ料理。グリーンカレー、大根とベーコンの生クリーム春巻き、タイ風白玉のココナッツ煮・・・みかんはオマケです。町内在住でタイ出身の方がワンデーシェフに入ってくれました。おいしくいただきました。

        Dsc07386800tpnnn

新年1月には、いくつかのイベントも企画されています。中日新聞で紹介されたので、すでに問い合せがいっぱい入っているそうです。

Misodama20200109 Kakuekiteisya20200114

| | コメント (0)

2020/12/16

高野先生の「里山の哲学」シリーズが深い!

名古屋大学大学院 環境学研究科の高野雅夫教授の「里山の哲学」(連載)の一部です。

「宇宙から人間の業が見えるのは、エジプトのピラミッド、中国の万里の長城、そして日本の人工林である。」・・・確かにそうかもしれません。
美濃の山間部に暮らす視点で語る生活史が経済も環境も包含した日本の近代史につながっているのが、すごくおもしろいです。読み応えがあるので、時間のあるときに一話ずつ読ませていただいています。このシリーズ、考えさせられるとともに、とても勉強になります。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=3541791975890251&id=100001784507516(facebookより)

Fb-mtakano20201021photo

 

最近の【里山の哲学54】は、生きることについて自分なりの解を求めて悩み抜く深いお話しです。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=3684890828247031&id=100001784507516(facebookより)

Fb-mtakano20201211photo

 

高野先生のブログ(だいずせんせいの持続性学入門)から・・・「環境問題は心の問題である
これも読んで、至極同感します。

https://blog.goo.ne.jp/daizusensei/e/183379b9c79de197bd0bdce200e9307d(goo blogより)

Daizusensei-blog20200831photo

 

| | コメント (0)

2020/12/15

飛沫感染に対するマスクの効果

豊橋技術科学大学が、飛沫感染に対するマスクの効果についてプレス発表をしています。

マスクの役割としては、吐き出しと吸い込み時のフィルター効果が考えられます。
シミュレーションの結果、吐き出しでは、不織布マスク、布マスクともに約8割が捕集されることが、また、吸い込みでは、不織布マスクの着用時に上気道への吸引飛沫を約3割にする効果が見込めるそうです。布マスクやウレタンマスクでは5~7割程度を吸引、ファ椅子シールドやマウスシールドは効果がないことがうかがえます。

 →プレス発表ダウンロード p6を参照

マスク性能と息苦しさはおよそ比例し、布マスクやスポーツマスクは不織布マスク(サージカルマスク)と比べて息苦しさは小さいが効果も小さい傾向であることがわかります。

 →プレス発表ダウンロード p3を参照

カラオケや大声で話す場合、75μmより大きな飛沫の量は通常の会話と比べて約10倍、飛沫が飛び出す勢いは約1.5~2倍になります。声の大きさが15dB増えると呼気量は約2倍、歌の場合や飲食を伴う場合はさらに増えることがシミュレーションにより明らかになりました。

 →プレス発表ダウンロード p4を参照

 
感染防止のためには、人の密度が高く、換気が悪く、近い距離での会話や発声が行われる環境を避けること、不織布マスク(サージカルマスク)を使用することが効果的です。

| | コメント (2)

2020/12/14

うのはな館ミニ企画展「書 ―所蔵品展―」のご案内

公共施設には、ふだん皆さんたちの目に触れていない所蔵品がたくさんあります。昨年は文化センターや役場本庁舎などで保管している絵画をうのはな館に持ち込んで展覧会を開催しました。

今年度は、うのはな館で所蔵している地元の書家の作品などをうのはな館で展示します。皆さんがご存じの方の作品も見られるかも知れません。この機会に東浦町の所蔵品をぜひご覧ください。

令和3年1月24日(日)まで、郷土資料館(うのはな館)にて。詳しくは、うのはな館ミニ企画展「書ー所蔵品展ー」/東浦町 (aichi-higashiura.lg.jp) をご参照ください。

Unohana-mini-syo-20201212

 

| | コメント (0)

2020/12/13

かさでらのまち食堂 と かさでらスペースバンク

かさでらのまち食堂」に行ってきました。名鉄名古屋本線の本笠寺の駅前、元々は旧東海道の街道沿い、笠寺観音の門前町として賑わった商店街ですが、何処も同じく飲食街・商店街の衰退で、しばらく空き家になっていたスナックのビルを、名古屋市のワークショップをきっかけにリノベーション。半地下をかさでらのまち食堂、1階をタダで使える寺子屋、1~2階は民泊、3階はシェアオフィスとレンタルキッチン、屋上はミツバチの巣箱があって蜂蜜採取場となっています。
かさでらのまち食堂がおもしろいのは、外食レストランをやってみたいという人のお試しの場所として、ワンデイシェフのお店を開く場を提供しようというコンセプトです。自分でレストランを開業しようとすれば、様々なハードルとリスクを覚悟せねばなりません。その前に試行の機会をつくって、うまく行けそうなら自分の店を持って独立するチャンスが開けます。福祉の場、居場所としての食堂との考え方だけでなく、起業の場、外食振興の場として可能性を感じました。現在、20人くらいのシェフのローテーションでランチを提供しています。今日はオーガニックのパウンドケーキやキッシュとマフィンの日。私はビターチョコとナッツキャラメルパンプキンをいただきました。食堂は若いお客さんで賑わっていました。
そして、食だけでなく、学びの場、伝える場としての寺子屋や、民泊とまち巡りとの組み合わせや、蜂蜜を使った食品づくり、さらには、周辺のコミュニティスペースやラボなどといっしょに「まちを借りよう(Kasadera Space Bank)」とまちに点在する機能をシェアする活動に結びつけています。
こういったコンセプトに沿って事業がキチンと回っているのには、ワークショップの時から参加している建築デザイナーや、自らがプレーヤーとなるべくビルを買い取ってオーナーとなった公務員の活躍があります。

   Dsc07244800tpnnn
   Dsc07248800nnn
Dsc072501200tpnnnDsc072541200tpnnn
Dsc072581200tpnnnDsc072591200tpnnn
Dsc07264800tpnnnDsc072791200pnnn
Dsc07281800nnnDsc07295800tpnnn
Dsc072891200tpnnnDsc072961200tpnnn
   Dsc07333800tpnnn
Dsc07336800pnnnDsc07338800pnnn
Dsc07357800nnnDsc07354800pnnn
Dsc07364800tpnnnDsc07368800pnnn

| | コメント (1)

2020/12/12

耕作放棄地をブルーベリー農園に!

東浦町にお住まいの方が、自宅の近くで農園(農園は阿久比町にあります)を始めたと聞いたので見に行ってきました。

ご本人はエンジニアですが、5年ほど前から耕作放棄地を開墾してカントリー風(ranch-style)のブルーベリー畑にしました。斜面にあった竹林はきれいに伐採して、今ではコナラの大木を残して草地になっています。最初、とても手に負えそうもない荒れ地を一人でコツコツ手入れをはじめて、しだいに仲間も増え、隣地からはうちの土地も使って欲しいと言われるほどになりました。
段々になった農地の下段はブルーベリー畑になっています。畑の下草は子どもが裸足で駆け回れるように、イワダレソウの仲間のグランドカバーが施されています。中段から奥の斜面にかけては、ため池や根菜畑や倉庫、バーベキューの出来るスペースなどがあり、高台からの眺望は素敵です。トレーラーハウスはミズーリ州にあった古いのを買ってきました。そちらの方が日本で買うより安いのだそうです。
農家の手もデザイナーの手も一切借りずに、素人だけでここまで創ってきました。ご本人曰く、設計図は描かないけど、こうしたいというイメージは明確にあるのだそうです。来年4月には体験型の農園として営業を始めるそうです。

Dsc07126800pnnnDsc07147800nnn
Dsc07168800nnnDsc07225800nnn
Dsc07153800pnnnDsc07154800nnn
Dsc07159800pnnnDsc07155800pnnn
Dsc07202800tpnnnDsc07212800nnn
Dsc07221800nnnDsc07186800nnn
Dsc07162800pnnnDsc07165800nnn
Dsc07173800nnnDsc07175800nnn

| | コメント (0)

2020/12/11

大ヒットの訳は?

昨年あたりから青竹を咥えた女の子の絵が気になっていました。なにを今さらと言われるかも知れませんが、うちにあったマンガを読んでみます。

Dsc07232800nnn

 

| | コメント (0)

2020/12/10

「東フィル!」クリスマスコンサートのご案内

東浦フィルハーモニー管弦楽団の年末コンサートがあるそうです。

場所は文化センター、12月13日(日)14時から15時30分の予定です。

コロナ禍の中ですので、感染防止対策をとっての開催だそうです。マスク着用、検温、手指消毒、対人距離の確保など、ご協力をお願いします。

128658049_1488545821536340_5240515761375

| | コメント (0)

2020/12/09

体験!実感! プログラミング教室 のご案内

プログラミング学習ソフトを使って、オリジナルゲームや、ロボットを動かすためのプラグラムを作って、実際に操作してみます。
対象は小学生です。ロボットコースとゲームコースがあります。

詳しくは、体験!実感!プログラミング教室/東浦町 (aichi-higashiura.lg.jp) をご覧ください。

Programming-course20200117

| | コメント (0)

2020/12/08

新型コロナウイルス感染症に「厳重警戒」を!!

 
11月に入り、愛知県における新型コロナウイルス感染症の感染状況は、急激に深刻化しており、大変厳しい状況が続いています。県では、第3波に入ったとの認識の下、「厳重警戒」として感染防止対策の徹底を呼びかけています。東浦町においても、11月だけで17事例の感染が確認され、これまでにない増加となっています。季節性インフルエンザとの同時流行が懸念される「この冬」を乗り越えるため、改めて以下の感染防止対策の徹底をお願いいたします。

 1.基本的な感染防止対策の徹底
マスクの着用、手洗い、消毒、人と人との距離を確保(1mを目安に)、寒い環境でも換気の実施、適度な保湿(湿度40%以上を目安)など、感染防止策の徹底をお願いいたします。

 2.感染リスクの高い環境を避ける
3密(密集・密閉・密接)を避ける、大声での会話を控える、感染リスクが高まる「5つの場面」を避けるなど、感染防止につながる行動をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症は、誰もがかかる可能性があります。いかなる差別や偏見、誹謗中傷等はあってはなりません。差別的な言動には同調せず、憶測や噂に惑わされることのないよう、公的機関が発信する確かな情報に基づいて冷静に行動していただくようお願いいたします。
皆さんとともに、この難局を乗り越えていきたいと思います。一緒に頑張りましょう。

東浦町長 神谷明彦

| | コメント (0)

2020/12/07

名古屋駅×線路×青い光

新型コロナウイルス感染症が広がって以来、電車に乗る機会も大きく減りましたが、ある日久しぶりに名古屋へ行った帰りのこと。

名古屋駅構内の線路にいつの間にか、青い光が・・・。列車のセンサーでしょうか?

      Dsc05980800nnn
      Dsc05983800nnn
      Dsc05998800pnnn

「名古屋駅×線路×青い光」で検索したら出てきました。これは、線路で工事をする作業員に点滅して列車の接近を知らせるためのLED表示灯なのだそうです。
列車見張員支援システムの改良等について (jr-central.co.jp) 

| | コメント (0)

2020/12/06

伝統野菜の料理教室、外国の子どもたちへの学習支援、里山保全、空き家再生による若者の居場所づくり、公園にドッグランの設置など、週末の市民活動

土曜日、ラソ・プラザで伝統野菜を使った料理教室がありました。地元の伝統野菜の普及をはかる野菜ソムリエの高木幹夫さんと、NHKの「さらさらサラダ」のレギュラー料理人 田中稔さんがプロデュースする教室です。愛知県の高齢者地域コミュニティ参加促進事業でNPO法人 地域福祉サポートちたNPO法人 絆が企画しました。八名丸里芋を使ったお好み焼き、方領大根と八事五寸人参のビール漬け、ふきと油揚げの煮浸しなど、県内の伝統野菜を使った料理を作りました。

Toradvege-cooking20201205Dsc06979800pnnn
Dsc06982800pnnnDsc06987800pnnn
Dsc06990800pnnnDsc06999800pnnn
      128976955_378188723411395_65285472818874

 
午後からは、ラソ・プラザが、多文化共生ひがしうらによる子どもたちの学習支援の場になります。ブラジルが母国の子どもたちが国語と算数のドリルを使って勉強をしていました。

      Dsc07009800pnnn
Dsc07012800pnnnDsc07014800pnnn
Dsc07020800pnnnDsc07021800nnn

 

日曜日は、自然環境学習の森で草刈りをしました。水辺部会では毎月第1日曜日、第3土曜日、第3月曜日に定例の草刈りをしています。今日は天気にも恵まれて参加者が多め。竹灯篭の会や竹炭部会のメンバーも多く、それぞれの活動をしていました。

Dsc07058800tpnnnDsc07045800tpnnn
      Dsc07066800tpnnn
  Dsc070591200tpnnn

 
帰りがけに、若者の居場所「コミュニティギャラリー“イマドキ”」に寄って、リノベーションのお手伝い。今日は一階の土間の壁を塗り終えるのが目標です。コテを使って漆喰を塗りますが、ムラなく塗るのはなかなか大変です。

Imadoki20201206cDsc07077800tpnnn

 
三丁公園では、公園用地の一角でドッグランを試作中です。毎週有志が集まって草を刈って抜根し、荒地をならして、杭を打ちネットを張って、あと扉を付ければほぼ完成です。12月20日(日)には「みんな散歩が楽しくなるイベント 第2弾」で“ペットの防災対策について考える”、ちたまるメルマガ登録会、ペットの悩み相談会、チャリティーフリーマーケットなどが予定されています。

      Dsc07103800nnn
Dsc07083800tpnnnDsc07085800tpnnn
Dsc07091800pnnnDsc07095800pnnn

129104537_190758999262653_38983452548133 128982341_190759042595982_88404802262814

| | コメント (0)

2020/12/05

今月の広報ひがしうらは、「東浦産」特集です。

最近、ユニークな企画をするようになった「広報ひがしうら」が、12月1日号に「東浦産」特集を掲載しました。年に2回は特集を出す予定で、当初、12月は学校給食を取り上げるつもりでした。しかし、コロナ禍で農畜産物の売れ行きにも影響の出る中、地元の農業や地産地消にスポットライトを当てて、応援しようと言うことになりました。それで出来たのが特集「ひがしうら産にスポットライトを!」です。広報情報課が農業振興課の力も借りて編集しました。
「これまでの広報とちがう」「おしゃれな雑誌みたい」「楽しく読み応えがありました」などのお褒めの言葉をいただいています。

以下、12月1日号の特集記事の紹介です。目次と全体のコンテンツはこちらです。

Koho20201201_01
Made-in-higashiura20201201-02
Made-in-higashiura20201201-03
Made-in-higashiura20201201-04
Made-in-higashiura20201201-05
Made-in-higashiura20201201-06
Made-in-higashiura20201201-07
Made-in-higashiura20201201-08
Made-in-higashiura20201201-09
Made-in-higashiura20201201-10
Made-in-higashiura20201201-11

 
この特集では最後にこう綴っています。

 東浦で農業をはじめませんか?

 全国的に農業人口が減り、農家の方の高齢化や後継者不足などの問題がありますが、町ではその対策として、新規就農者を増やしていきたいと考えています。近年では2名の方が補助金を利用し、農業をはじめました。後継者がいればその土地で農業を続けていけますが、農業をやめ、耕作する方がいなければ、その土地は荒れ果ててしまいます。耕作放棄地をいかに減らしていくかが、今後の課題です。農業をやってみようと考えている方は、農協や農業振興課に気軽に相談してください。
 コロナ禍に限らず、気候に左右される農業。農業振興課では引き続き農家の方々を応援していきます。

| | コメント (0)

2020/12/04

12月定例議会(令和2年第4回定例会)が始まります

来週から、12月定例議会が始まります。日程は以下の通りです。

 12月 7日(月曜日) 午前9時30分~ 本会議(議案の上程・説明)
 12月 9
日(水曜日) 午前9時10分~ 本会議(一般質問)
 12
月10日(木曜日) 午前9時10分~ 本会議(一般質問)
 12月11日(金曜日) 午前9時30分~ 本会議(議案質疑・委員会付託)

 12月14日(月曜日) 午前9時30分~ 経済建設委員会
 12月15日(火曜日) 午前9時30分~ 文教厚生委員会
 12月16日(水曜日) 午前9時30分~ 総務委員会
 12月22日(火曜日) 午前9時30分~ 本会議(討論・採決)

一般質問では、10人の議員から通告書が提出されています。一般質問は9時10分の開始で、“質問答弁50分+休憩10分”の1時間枠が質問順に固定されます。9月定例議会から、一般質問を時間枠ごとに録画し、議会ホームページで動画配信しています。

一般質問の通告内容および上程予定の議案は、議会ホームページでご覧になれます。

12月定例議会では、感染症に配慮をしつつ通常の日程で議会を開催します。委員会は傍聴できません。感染症への配慮など詳しくは、議会ホームページをご覧ください。

| | コメント (0)

2020/12/03

史跡を守るとは、原風景を守るとは、

土曜日に墓参りに行ったら、お寺の下にある生路井(日本武尊にゆかりの場所で、森井戸とも呼ばれます)で区長さんが落ち葉拾いをしていました。イチョウの葉がちょうど今真っ盛りです。地域の人たちのお世話で、昔からのパワースポットが大切に引き継がれていきます。

Dsc06859800nnn
Dsc06860800nnn

 
12月20日(日)9時からは近所の人たちが集まって井戸周辺の掃除をするそうです。私も行ってみようと思います。

 
   生路井など史跡にまつわる伝承は、『東浦の民話』の中に詳しく書かれています。

Higashiura-no-minwa-book

 

| | コメント (0)

2020/12/02

エアロビクスで全国優勝、次は世界大会へ

スズキジャパンカップ2020 第37回全日本総合エアロビック選手権大会 中部地区大会 ユース1女子シングルで優勝した小学校6年の知崎百華さんが、11月8日に行われた全国大会(日本代表選考会)で優勝。4月に東京で開催予定の世界大会への出場権を獲得しました。
知崎さんの強みは世界で2人しかできない難度の高い技で高得点を狙えること。指導者の杉浦さんによれば、知崎さんは同じ練習時間内に人一倍集中して自ら能動的・効率的に練習しているとのこと。本人もエアロビクスをするのが大好きで楽しいのだそうです。
世界大会が無事開催され、素晴らしい演技で観客を魅了することを心から願っています。

Topics20201202_01

 

| | コメント (0)

2020/12/01

酢橘が熟しています。

毎年たわわに実をつけるスダチがあります。これも世話いらずで重宝しています。鍋には欠かせなせん。
毎年、柚でしょうと聞かれます。今年もうっかり摘むのが遅れて色み過ぎてしまいました。

Dsc06642800nnnDsc06246800nnn

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »