フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 12月定例議会(令和2年第4回定例会)が始まります | トップページ | 伝統野菜の料理教室、外国の子どもたちへの学習支援、里山保全、空き家再生による若者の居場所づくり、公園にドッグランの設置など、週末の市民活動 »

2020/12/05

今月の広報ひがしうらは、「東浦産」特集です。

最近、ユニークな企画をするようになった「広報ひがしうら」が、12月1日号に「東浦産」特集を掲載しました。年に2回は特集を出す予定で、当初、12月は学校給食を取り上げるつもりでした。しかし、コロナ禍で農畜産物の売れ行きにも影響の出る中、地元の農業や地産地消にスポットライトを当てて、応援しようと言うことになりました。それで出来たのが特集「ひがしうら産にスポットライトを!」です。広報情報課が農業振興課の力も借りて編集しました。
「これまでの広報とちがう」「おしゃれな雑誌みたい」「楽しく読み応えがありました」などのお褒めの言葉をいただいています。

以下、12月1日号の特集記事の紹介です。目次と全体のコンテンツはこちらです。

Koho20201201_01
Made-in-higashiura20201201-02
Made-in-higashiura20201201-03
Made-in-higashiura20201201-04
Made-in-higashiura20201201-05
Made-in-higashiura20201201-06
Made-in-higashiura20201201-07
Made-in-higashiura20201201-08
Made-in-higashiura20201201-09
Made-in-higashiura20201201-10
Made-in-higashiura20201201-11

 
この特集では最後にこう綴っています。

 東浦で農業をはじめませんか?

 全国的に農業人口が減り、農家の方の高齢化や後継者不足などの問題がありますが、町ではその対策として、新規就農者を増やしていきたいと考えています。近年では2名の方が補助金を利用し、農業をはじめました。後継者がいればその土地で農業を続けていけますが、農業をやめ、耕作する方がいなければ、その土地は荒れ果ててしまいます。耕作放棄地をいかに減らしていくかが、今後の課題です。農業をやってみようと考えている方は、農協や農業振興課に気軽に相談してください。
 コロナ禍に限らず、気候に左右される農業。農業振興課では引き続き農家の方々を応援していきます。

« 12月定例議会(令和2年第4回定例会)が始まります | トップページ | 伝統野菜の料理教室、外国の子どもたちへの学習支援、里山保全、空き家再生による若者の居場所づくり、公園にドッグランの設置など、週末の市民活動 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月定例議会(令和2年第4回定例会)が始まります | トップページ | 伝統野菜の料理教室、外国の子どもたちへの学習支援、里山保全、空き家再生による若者の居場所づくり、公園にドッグランの設置など、週末の市民活動 »