フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 広報コンクールに4年連続で入賞 | トップページ | 全国大会に出場する皆さんです。 »

2021/03/22

東浦町の農家が農業経営を評価され、農林水産大臣賞をダブル受賞

有限会社あぐりサービスの小島誉久代表が、第50回日本農業賞の個別経営の部で大賞✨と農林水産大臣賞🏆を受賞しました。また、石田農園の石田直人・石田素美子ご夫妻が、第22回全国果樹技術・経営コンクールで農林水産大臣賞🏆を受賞しました。今日、小島誉久さんと石田直人さんが役場を訪れ、受賞の喜びを語ってくださいました。
町内で2軒の農業者が相次いで全国表彰を受けました。本当におめでとうございます。

あぐりサービスでは、小島さんをはじめ女性を含む社員6人で、大型機械を使って約60ヘクタールの農地を耕し、飼料用米と食用米を生産しています。収穫作業の受託や牛ふん堆肥の圃場還元などで地域全体の耕畜連携に貢献しています。また、畜産用の輸入飼料が高騰したのを転機に顧客ニーズを捉えて、デントコーンの栽培を始め、今では発酵させたデントコーンを飼料用に出荷しています。広範囲にある耕地を集約し、できるだけ効率的な農業経営を目指したいと話していました。

石田さんは家族と通年雇用のメンバーで、2.7ヘクタールのぶどう園を経営しています。カイゼン方式を取り入れ、作業動線を工夫したり、女性の意見を参考に働きやすい環境を整えたりしています。1回のジベレリン処理で種がなく品質の良いブドウを栽培する方法を確立し、地域の生産者にアドバイスもしています。石田さんは、一人でやっても年に1作のみ、みんなで取り組めば年に何作も試すことができると語っておられました。消費者の好みに合わせてブドウを選べるパンフレットやウェブページ、ぶどう園の佇まいにも工夫が感じられます。

Nougyou-hyousyou20210322

 

« 広報コンクールに4年連続で入賞 | トップページ | 全国大会に出場する皆さんです。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 広報コンクールに4年連続で入賞 | トップページ | 全国大会に出場する皆さんです。 »