« 倒した筍でメンマづくり(その2) | トップページ | でんでん虫の季節に »

2021/05/16

竹水採取

孟宗竹の筍を倒しに行ったついでに、竹水の採取をしました。昨年も同様にこの時期に竹水採取をしています。

採取は簡単。ノコギリで竹を切って、切り口にポリ袋を被せて、竹水が漏れないようにクラフトテープを巻くだけです。
今年の筍で竹皮が取れてもう少しで成竹になりそうな立派な桿、まだ竹皮のついた数メートルに伸びた筍、昨年生えた1年生の竹、それぞれ採取することにします。成竹になりそうな桿の表面は白い粉(パラフィンと言われています)を噴いていて、手でなぞると字が書けます。

20210515_124301800nnnn20210515_124432800nnnn
20210515_124814800nnnn
竹皮が取れてもう少しで成竹になりそうな立派な桿

 

20210515_125103800nnnn20210515_125159800nnnn
20210515_125506800nnnn
まだ竹皮のついた数メートルに伸びた筍

 

20210515_130651800nnnn20210515_131001800nnnn
昨年生えた1年生の竹

 

翌日に現地へ行ってみると、今年筍として出てきたものはみずみずしい割には、まだ1滴もポリ袋にたまっていません(写真 左)。1年生の竹は切り口から溢れた竹水がもう数百㎖ほど溜まっていました(写真 右)。成長著しい筍の方が水揚げが強いかと思いきや、やはり、上で光合成などの活動を活発にしている成竹の方が水揚げが強いのでしょうか?
竹は不思議な植物です。あと一日、様子を見ようと思います。

Dsc01303800nnnnDsc01300800pnnnn

 

|

« 倒した筍でメンマづくり(その2) | トップページ | でんでん虫の季節に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 倒した筍でメンマづくり(その2) | トップページ | でんでん虫の季節に »