« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021/06/30

令和2年国勢調査の速報値が公表されました。

令和2年国勢調査の結果のうち、今年4月に東浦町独自の地方集計結果を町ホームページに掲載していましたが、このほど、国・県から人口速報値が公表されました。

総務省統計局からの調査結果の公表
 ・人口速報集計結果
 ・e-Stat国勢調査速報集計
 ※参考:統計ダッシュボード

愛知県からの調査結果の公表
 ・国勢調査結果速報 ~市町村別人口及び世帯数~
 ・速報結果 報告書(PDF)

令和2年国勢調査についての国・県からの速報値は、東浦町の地方集計結果と変わらず、
東浦町の人口49,659人 男24,744人 女24,915人 世帯数19,419 となりました。

(前回、平成27年の国勢調査の結果では、
     人口49,230人 男24,535人 女24,695人 世帯数18,524 でした。)

  令和2年9月末時点の住民基本台帳によれば、
     人口50,250人 男25,300人 女24,950人 世帯数20,840 でした。

  (平成27年9月末時点の住民基本台帳によれば、
     人口50,327人 男25,290人 女25,037人 世帯数19,877 でした。)
 

| | コメント (0)

2021/06/29

東浦町在住の山口浩勢さんがオリンピックに出場します

東浦町にお住いの山口浩勢選手が東京オリンピックの陸上3000m障害に出場します。

先週末、大阪で開催された第105回日本陸上競技選手権大会で男子3000m障害に出場、8分19秒96の自己ベストの記録で2位となった山口選手はオリンピックの参加標準記録8分22秒00を突破し、東京オリンピックの日本代表に内定しました。

愛三工業陸上競技部の酒井部長、井幡監督と一緒に役場までお越しいただき、全国大会2位と世界大会出場のお祝いと激励をさせていただきました。

Kousei-yamiguchi-20210629b

 
井幡監督と山口選手は、以前にもニューイヤー駅伝出場の報告などで役場にいらっしゃったことがあります。この時は8位入賞を目指すとの抱負でしたが、ベテランの山口選手が第一走者を務められ、堂々の6位入賞でした。オリンピックでも必勝の闘志を心に秘めて堂々の成績を収めていただきたいと心から願っています。

山口選手は、現在東浦にお住まいですが、生まれた時から高校時代までは知多市にお住まいでした。愛知駅伝では知多市チームで活躍されたこともあります。お勤めは大府市にある愛三工業株式会社です。それぞれのまちにかかわりをお持ちです。オール知多北部で声援を送りたいものです。

東京オリンピックの競技スケジュールを見ると、男子3000m障害は、7月30日に予選、8月2日に決勝、8月3日に表彰式が予定されているようです。ガンバレ山口選手。応援します。

Kousei-yamiguchi-20210629gekirei

 

| | コメント (0)

2021/06/28

新型コロナワクチン接種の現状と今後の予定

65歳以上の接種は、6月20日(日)までに高齢者人口13,409人の内の11,386人、約85%の方が1回目の接種を終えて、あと2回目の接種を残すのみとなりました。2回目の接種も6月20日時点で、9,373人、約70%の方の接種が終わり、順調に進んでいます。残る接種予定日は、7月3日、8日、11日で、7月11日(日)には、これまでに接種を希望された高齢者すべての接種が終了予定です。

Vaccine-injection-20210620dose

 
これまでの高齢者接種の予約状況は以下のグラフの通りで、高齢者人口13,409人の内の11,635人(約87%)の予約をいただきました。この他にも高齢者施設で訪問接種を受けている方もいらっしゃるので、高齢者の接種率は9割程度になるのではと思います。今後も希望者があれば、64歳以下の予約と同様に電話とウェブにて対応していきます。

Vaccine-injection-20210621reservation

 

64歳以下については、7月からウェブと電話で予約を受け付けていきます。6月末に接種券を郵送しますので、内容をご覧になっていただいた上で、
 64~60歳については、ウェブ予約を7月7日から、電話予約を7月9日から、
 59~50歳については、ウェブ予約を7月12日から、電話予約を7月14日から、
 49~40歳については、ウェブ予約を7月16日から、電話予約を7月19日から、
 39~16歳については、ウェ日予約を7月21日から、電話予約を7月26日から、
それぞれ受付を開始します。15~12歳の受付開始は未定で8月中旬頃を考えています。

64歳以下の接種については、集団接種のほか町内の医療機関での個別接種も行う予定です。集団も個別も接種の予約は、同じウェブと電話で一括して行います。第1回目の集団接種は7月17日(土)からで、毎週、土・日にそれぞれ 1日1,100人程の接種を実施する予定です。個別接種は7月中旬から、9医療機関にて毎週1,500人程度のペースで実施の見込みです。

但し、今後、接種完了に向けて全国的に接種が進んでいく中で、市町村での集団接種と個別接種、国・県が進めている大規模接種、企業や大学が進める職域接種との重複予約等の問題が考えられます。接種態勢が整ったとしても、残数に限りのあるワクチンの供給の不足や偏在、またファイザーとモデルナ、両ワクチンの混在など、ワクチンの供給面での問題が深刻になってくる恐れがあります。
接種を希望される皆さんにはできる限りご迷惑を掛けないように迅速かつ確実な接種を進めていきたいと考えていますが、当初の計画を変更せざるを得ない事態が発生する可能性がないとは言い切れません。我々も不測の事態には柔軟に対応する所存ですので、どうか皆さんのご理解、ご協力をお願いいたします。

※新型コロナワクチン接種の最新の情報については、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/juyo/vaccine/index.html をご覧ください。

| | コメント (7)

2021/06/27

居場所づくりセミナー「シェアして開く小さなまちのコミュニティ」に参加して

緒川コミュニティセンターで開催された居場所づくりセミナーに出席しました。講師は、「かさでらのまち食堂」や笠寺の商店街活性化を手がけてきた建築家の宮本久美子さんです。NPO法人 絆 と役場ふくし課の共催企画で、町の行事でもあると言うことで、冒頭にご挨拶をさせていただきました。
 

ふくし課が、絆さんに“福祉拠点普及促進コーディネート”を委託して、まちじゅうに居場所を増やしていこうと考えています。みんなが集って飲食のできる居場所として絆さんが仕掛けた第1号が緒川の「グリーン・ラソ」であり、2例目が石浜の「ラソ・プラザ」です。これら以外にも各地域でいろんな人たちが関わる多様な居場所ができて欲しいと思っています。
絆さんは、これから、宮本さんからヒントやアドバイスをいただきながらまちのあちこちで新たな居場所を立ち上げていきたいと考えています。まずそのスタートアップのセミナーに今日こうやって宮本さんをお招きして、その後、絆さんが3回ほどのワークショップを開いて、今日、皆さんが得たヒントや想いを具体化できないかと妄想しています。

実は、私が宮本さんと出会ったのは去年、たまたま面白そうだと参加したwebセミナーでした。そこで、宮本さんが名鉄の本笠寺の駅前でワークショップに参加して建築デザインに携わった「かさでらのまち食堂」の事例がすごく面白くて、実際に笠寺に行ってお会いしようと思ったのです。ちょうどその頃、絆の山崎代表は新しい居場所の展開を考えていたので、誘って一緒に見学してきました。
「かさでらのまち食堂」がおもしろいのは、外食レストランをやってみたいという人のお試しの場所として、ワンデイシェフのお店を開く場を提供しようというコンセプトです。自分でレストランを開業しようとすれば、様々なハードルとリスクを覚悟せねばなりません。その前に試行の機会をつくって、うまく行けそうなら自分の店を持って独立するチャンスが開けます。福祉の場、居場所としての食堂との考え方だけでなく、起業の場、外食振興の場として可能性を感じました。さらに、一つのビルをリノベーションして、食堂の他に寺子屋や民泊、シェアオフィス、レンタルキッチン、蜂蜜採取場など複合的な場づくりをするアイディアや、周辺のコミュニティスペースと連携して、まちをシェアする活動「まちを借りよう。」につなげているところがとても面白いです。

宮本さんは、まちづくり活動のメンバーとして、地元、建築、経営、グラフィック、この4つの人材が必要だと仰っています。私も(都市計画系でも福祉系でも地縁組織系でも)まちづくりに必要なのは、プレーヤーとデザインだと痛感しています。やはり、デザインがないと、機能的な場づくりも、居心地の良い場づくりもできません。役所は邪魔をしないことだけ心がけて、しっかり背中を押すことが大切です。様々な分野の実践者とデザイナーが一緒になって、町内に素敵な場が創られていくことを心から期待しています。

Dsc02683900tpnnnnDsc02689900tpnnnn
Dsc02693900tpnnnnDsc02696900tpnnnn
Dsc02698900tpnnnnDsc02702900tpnnnn
Dsc02703900tpnnnnDsc02710900tpnnnn
          Dsc02721900tpnnnn

Kasadera-no-machi-building-g-op1Kasadera-no-mochi-building-g-op2
Kasadera-no-machi-syokudou-202107mKasadera-no-machi-syokudou-202107sys

「かさでらのまち食堂」と「まちを借りよう。(かさでらスペースバンク)」については、下記のサイトをご参照ください。

  かさでらのまち食堂ホームページ
  かさでらのまち食堂facebook
  かさでらスペースバンク(まち借り)ホームページ
  大ナゴヤ大学の授業レポート
  ライフルホームのレポート記事
  すたーとあっぷきっちんmagazine説明会レポート

 
宮本さんの講演のあとで、絆の山崎代表から、絆の居場所づくりの紹介とワークショップの案内がありました。ワークショップは、7月24日(土)、8月28日(土)、9月25日(土)の全3回、午後からグリーン・ラソにて開催予定です。まだ少し定員に空きがあるそうです。
今ある居場所の新しい使い方を考えます。

         Dsc02725800tpnnnn
Re-chiikinoengawa-ws20210724

| | コメント (0)

2021/06/26

原田酒造さんの夏酒

「生道井」のブランドで知られる町内唯一の酒蔵、原田酒造さんで夏酒の季節限定販売をするというので注文。買ったのは純米大吟醸と純米酒。

Dsc026361000ttpnnnnDsc026771000tpnnnn

 
左から二つ目の青い瓶は、山田錦50%精米の雫取り。アルコール度数は17%とちょっと高めの純米大吟醸。ラベルには「このお酒は、醪(もろみ)を搾る市販酒と違い、鑑評会出品酒として布袋から自然落下する極めて少量の『雫』を集めた大変貴重なお酒。『蔵の味』を後世の杜氏へと継承する目的のみに特別に蔵囲いしている宝物。目を閉じて雫音を思い浮かべながらお楽しみください。」と書いてあって、如何にもそそられる。

一番左の金色のラベルで「斗瓶どり」の封紙がしてあるお酒も、同じく鑑評会用の自然濾過。新酒を味わってもらうイベントが中止になってしまったために、本来売り物でないものが、限定60本で販売されているとのこと。50%精米の愛知県産夢吟香を使用、アルコール度数16度の純米大吟醸。これはラッキーと飲んでみたら、なんとも言えない爽やかな甘味が舌記憶に残る逸品ではないか。これはすぐに空いてしまう、と思った。

右の2本は、アルコール分15度の純米酒。暑苦しさのないさっぱりしたキレの良い喉越しが身上のお酒。日本酒の楽しさは味や香りの多様な個性にあると思う。

| | コメント (0)

仙台からの便り

仙台の友人から宅配便が届きました。毎年、山形のサクランボをたくさん送ってくれます。でも今年は花の咲くころに凍霜害にやられて果物が壊滅状態なのだそうです。かわりにお馴染み、厚切りの牛タンを送ってくれたので、さっそくいただきました。

ところで、山形でサクランボの生産が始まったのは明治のはじめ。サクランボは雨に当たると実が割れてしまうので、山に囲まれて6月の降雨が少ない山形が栽培に適していたのだそうです。今では全国生産量の7割を占めます。下の画像で赤いのが佐藤錦、黄色いのが月山錦です。

Dsc02662700tpnnnn

 

| | コメント (0)

2021/06/25

久し振りに名古屋で会議

午前中は行政経営会議でした。行政経営会議とは、役場の部長級で行政の政策課題や組織の課題、新たな施策について協議する場です。毎月1回のペースで開催しています。課長級も希望すれば臨席が可能で、課長級の参加も増えてきました。

Dsc02658800tpnnnn 午後からは、愛知県市町村職員共済組合の組合会に出席しました。市町村職員共催組合は、地方公務員等共済組合法に基づき、市町村役場および一部事務組合等に勤務する組合員の医療保険、年金および福祉事業等を行っています。市町村長と職員からそれぞれ10名を選出して組合会という名の議決機関を構成しています。久し振りに中央線で千種まで出ました。

帰ってから、長い間お世話になった方のお通夜に伺いました。近ごろ、昔からお世話になっていた方の訃報を聞くことが多くなりました。

 

| | コメント (0)

2021/06/24

6月定例議会(令和3年第2回定例会)が閉会しました。

令和3年6月定例議会が閉会しました。提出した議案についてすべて可決されました。
以下、6月定例議会に上程された議案とその採決結果です。

 

 [条例・補正予算・その他]
①固定資産税評価審査委員会委員の選任(伴勝規氏の後任に戸田宏和氏)
②農業委員会委員の少なくとも4分の1を認定農業者その他これに準ずるものとすること(2分の1以下になる場合は議会の同意が必要)
③農業委員会委員の任命(外山謙一氏の辞任に伴い、後任に間瀬廣海氏)
④認知症にやさしいまちづくり推進条例の制定(介護保険法等の改正に合わせて、認知症の定義を法に委任)
⑤母子家庭等医療費支給条例の一部改正(児童扶養手当法施行令の改正に伴う規定の整理)
⑥都市公園条例の一部改正(於大公園プールの廃止に伴い使用料金表を改定)
⑦中央図書館条例の一部改正(指定管理を可能にする条項を追加)
⑧令和3年度一般会計補正予算(第2号)(感染発生時の職員のPCR検査費、自転車ヘルメット購入補助金、子育て世帯生活支援特別給付金など)
⑨令和3年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)(高額介護合算療養費の確定)
⑩片葩小学校管理棟屋根外壁改修工事請負契約の締結(屋根防水と外壁の改修,7920万円,東浦土建)
⑪令和元年度水道事業会計未処分利益剰余金の処分(未処分利益剰余金453百万円のうち12百万円を建設改良積立金に積み立て、157百万円を資本金に組み入れ、残余は繰り越し)
⑫町道路線の認定(生路梨ノ木宅地開発地内)
⑬勤労福祉会館外壁等改修工事請負契約の変更の専決処分の報告(176万円増額して6743万円,東浦土建)
⑭令和2年度一般会計繰越明許費繰越計算書の報告
⑮令和2年度水道事業会計予算繰越計算書の報告
⑯令和2年度下水道事業会計予算繰越計算書の報告
⑰令和3年度一般会計補正予算(第3号)(介護施設等整備事業費補助金、新型コロナワクチン接種事業費)

 ⑧の一般会計補正予算(第2号)は、愛知県の自転車の安全利用促進に関する条例の施行に基づき、県のヘルメット購入補助と協調した町のヘルメット購入補助の予算134万円を含んでいます。安全基準に適合した自転車用ヘルメットを購入すると、購入費の1/2、上限2000円の補助金を交付します。県の補助対象が児童生徒と高齢者であるのに対し、東浦町は独自に中間の年齢層もカバーする補助制度としています。また、補正予算の中には、河川親水施設整備工事の増額も含まれています。これは、明徳寺川沿いの於大の道の図書館と坊主橋の中間辺りに飛び石を設け川を渡れる場所を造ることによって、ウォーキングルートの選択肢の充実と親水性のある河川空間の形成を図るもので、令和3年度当初予算で1000万円を計上していましたが、これに300万円を追加するものです。当初予算額で不足を生じたことについて、議会から当初の見積もりが甘かったのではとの指摘がありました。
 ⑰の一般会計補正予算(第3号)は、7月から始める予定の64歳以下の方への新型コロナウイルスワクチン接種の事業費5759万円を含んでいます。集団接種に要する人件費や消耗品費に加えて個別接種のための費用などを計上しています。
 採決の結果、⑦⑧は賛成多数(13:2)で、他の議案は全会一致で可決されました。

議員別審議結果の一覧を議会HPで見ることができます。

 

| | コメント (0)

2021/06/23

ご意見箱には、こんな意見も

提言箱をはじめ、行政はさまざまな手段を使って、みなさんからご意見をいただいています。こうすれば、「まちが、社会が、こんなに良くなる」みたいな大きな政策提言から、ちょっとした気づきを伝える改善提言まで、また、みなさんの近所の問題解決を要望するものまで、本当にさまざまな声をいただいています。
私も町内でお住まいの方に呼び止められてご意見や要望をいただくことがありますが、「なかなかお会いできないので、いただいたご意見は覚えておきますが、できればご自分なりの文章にしてご意見箱に入れてください。」とお願いしています。そうすれば、本当に意見したいことがまとまるし、役所の記録に残って担当の部署から町長まで行政の中で共有されることになります。「あなたの声」の実現する可能性も高まると思います。「返事が欲しい」と明記していただければ、必ず回答もさせていただきます。

声を伝える手段もいろいろあります。
提言箱
町長への手紙(郵送)
町長への手紙(パソコン・スマートホンから)

早く修繕する必要のある道路や水路の破損、防犯灯の故障などを見つけたその場で、スマートフォンを使って、瞬時に画像やコメント、位置情報を伝えるシステムです。気軽にご利用ください。
フィックスマイストリート(道路や水路の損傷、公園やごみの管理など)

Kouhou-goteigen20210601

 

| | コメント (0)

2021/06/22

県庁の正面玄関にある公衆電話の看板が渋い。

県庁の正面玄関にある公衆電話の看板が渋い。

Dsc01042800tnnnn

 
看板は昔懐かしい電信電話公社のマークがついています。三公社五現業ってありましたね。社会のテストにも出たかも。
この看板のすぐ右側に、ちゃんと緑電話が1台あります。
捨てずに残した人に拍手です。

| | コメント (0)

2021/06/21

保健センター改修と図書館リニューアル工事

保健センターの改修工事が6月で終了します。
保健センターの工事は、ほぼ終わって、今月の初めに足場を撤去したところです。工事の内容は、外壁補修、屋根防水、空調取り替え、内部の間仕切り壁の取り替え、カーテンの取り替え、網戸の設置など。しめて当初工事費は、66,770,000円(税込)です。公共施設を長寿命化し、末永く大切に気持ちよく使うための工事です。建物の維持コストの平準化にもつながります。

         Dsc02260800nnnn

 
勤労福祉会館も、昨年度から今年度にかけて、外壁改修と屋根防水、室内雨水管(縦樋)交換、会議室のカーペットと壁クロス張替工事を67,430,000円(税込)で行いました。近年、年度末にあちこちで工事が集中するのを回避したり、国の年度末補正予算で配分される補助金を使ったり、空調整備を夏に間に合わせたり、梅雨時や産業まつりのような大きなイベントを避けたりするために、年度をまたいで施工する例が増えました。

 
図書館は7月2日まで休館します。
図書館では、視聴覚・ブラウジングコーナーのリニューアル工事が始まりました。内装を撤去して、開放感のあるスペースに模様替えします。建物内装工事に当初工事費30,140,000円(税込)、本棚やテーブルなど備え付けの家具に9,020,000円(税込)、モニター用テレビやCD、DVDプレーヤーなどのAV機器に356,400円(税込)。そして、カリモクの特約店エーアイディーから、本町初めての企業版ふるさと納税で、可動式の家具(10,683,400円分)の寄附をいただき、カリモクの家具で統一します。リニューアルオープンをお楽しみに!!

         Dsc02265800pnnnn
         Dsc02272800pnnnn

| | コメント (0)

2021/06/20

何気に撮った

トマトの赤が鮮やか。

Dsc002711200nnnn

 

シャドウバイク・・・春草に映る自転車の影

Dsc09948800tpnnnn

 

衣浦臨海鉄道の貨物列車が、東浦駅を通過します。

Dsc00289800nnnn
Dsc00297800nnnn

 

今宵は、ウイスキーの竹水割りでした。

Dsc02333800pnnnn

 

| | コメント (0)

2021/06/19

ポートランド州立大学 まちづくり人材育成プラグラム(JaLoGoMa)のご案内

ポートランド大学のまちづくり人材育成プログラム募集の案内です。
私も以前参加したことがあります。とても刺激的でした。
 → オレゴン州ポートランド研修レポート

今はコロナ禍で現地渡航はできないので、オンラインでの実践型プログラムになっています。募集の最新情報は、こちらのFBページでご覧ください。
 → https://www.facebook.com/jalogoma/

こちらは、まちづくり人材育成プログラム(JALOGOMA)の内容紹介。
 → https://sites.google.com/view/jalogoma-psu/

プログラム(JALOGOMA)の参加者による体験レポートです。
 → https://jalogoma.wordpress.com/2020/06/14/obog

E-jaloglma-2021-online-summer-program1

E-jaloglma-2021-online-summer-program2

 
過去18 年間にわたりポートランドを舞台に開催してきた「まちづくり人材育成プログラム」では、日本から数多くの産学官の参加者を受け入れ、ポートランドに根付く住民主体のまちづくりの現場を体感してもらい、ディスカッションを通して「まちづくり」を考え直すきっかけを提供してきました。

COVID-19 の世界的な流行を踏まえ、今年度は昨夏のE-JaLoGoMa に引き続き、ポートランドと日本をオンラインでつなぎ、「日本にいながらポートランドのまちづくりを学ぶ」オンラインプログラムを開催します。SDGs を切り口に、住民主体のまちづくりを行っていくための概念的な枠組み、効果的な市民参加の在り様、またそれに必要なイノベーティブ(革新的)な方法等について、オンライン学習や現地のキーパーソンを交えたオンライン・ディスカッションなどを通じて学んでいただける内容となっています。ポートランドの「今」を体感し、この機会に自分のまちづくりの方向性を考えてみませんか。

2021年夏の『まちづくり人材育成プログラム(JaLoGoMa)』では、皆様に住民参加の戦略・計画を作るプロセスをシミュレーション(イノベーションラボを通じて)していただきます。今後日本で応用していただけるように、実践的な住民参加のアプローチを組み込み、住民参画の真髄を追究していただけるセッションとなっております。これまで18年間、JaLoGoMaが培ってきたノウハウを体験し、まちづくりのあるべき姿を一緒に考えてみませんか。

JaLoGoMaで学べる5つのキーポイントです。
 1. 住民が主体となるまちづくりを行っていくための基本原則
 2. 自分の立ち位置からのリーダーシップをとる要素
 3. イノベーティブ(革新的)な課題解決方法を見つけ出す
 4. パートナーシップを組むためのスキル
 5. 「公正」なレンズでのまちづくりを考える

オンラインでの開催にあたり、以下2つのプロセスを通じて参加者の学びを深めていただく予定です。
・平日:JaLoGoMa のエッセンスを盛り込んだオンライン教材・配布資料による自習
・隔週土曜:現地講師陣によるセッション・事前学習を踏まえたディスカッション等(プログラムはZoomを使用して行います。)

プログラムの流れ(仮)
 1日目:シミュレーション1+振り返り
 2日目:ポートランドの事例紹介+シミュレーション2に向けて
 3日目:シミュレーション2+プレゼンテーション
 4日目:JaLoGoMa OBOGによるパネルディスカッション+最終振り返り

期間・日程:
 Zoomを使用した土曜オンラインセッション
 【日本時間】7/31、8/7、8/21、8/28 の土曜日 午前9時~正午

参加費用: お一人様 $800 / リピーター割引 $750

対象者:
 行政職員、市町村長、議会議員、NPO、大学研究者、学生、民間企業など、
 住民主体のまちづくりに関心のある方(実務経験は問いません)

定員: 30名程度

申込: 7月1日まで

★こんな方におすすめです★
・仕事で or ボランティアで、まちづくりに関わっている
・まちづくりに携わっているが、今のやり方で良いのか行き詰まりを感じている
・自分の街以外のまちづくりを見て・聴いてみたい
・ポートランドのまちづくりに興味がある
・人材育成プログラムに興味がある
・経験は無いけど、自分の住んでる街をより良く出来たら良いなと思ってる
・色んな分野の人と繋がってみたい

※ 通訳が入りますので、英語力は問いません。

| | コメント (0)

2021/06/18

家庭教育講演会「イライラしない・させないコミュニケーション術」のご案内

今の時代、イライラのタネは、子育てや職場の人間関係など、至る所に散らばっています。つい、イライラを子どもにぶつけて自己嫌悪に陥ったり、イライラをぶつけてくる子どもに困惑したりしていませんか?
感情コントロールのスキルを身につけ、イライラしない、させない言葉のかけ方を学びます。対象は、町内在住で小中学生の子どもを持つ保護者と教育関係者です。

Kateikyouiku-kouenkai20210626_20210618072601

 

| | コメント (0)

2021/06/17

子育て支援・健康支援動画の紹介

保健センターが子育て応援・健康支援動画をつくりました。

テーマは、「産前産後に知ってもらいたいこと」です。

妊娠中や産後、子育ての不安や悩みを少しでも解消するのに役立てばと思います。恥ずかしながら、私も一部出演しています。

10分から15分程度の動画です。お気軽にご覧ください。参考になれば幸いです。

 

<健康支援動画「妊婦編」>
出産前に知っておくと良い、妊婦さんとそのご家族向けの内容を紹介しています。

Kenkoushien-ninpu-mov2021

 

<健康支援動画「赤ちゃん編」>
赤ちゃんの子育てで不安なお母さんやお父さんも、この動画を参考にしてみてください。

Kenkoushien-akachan-mov2021

 

<健康支援動画「幼児の遊び編」>
おうちで楽しくできる幼児の遊びを東浦町の保育士たちが楽しく紹介します。
お父さんお母さんと一緒に動画をみて、一緒に歌って踊ったり、おもちゃをつくって遊びましょう。

Kenkoushien-asobi-mov2021

 

<各教室で使用しているテキストを公開中>
赤ちゃん教室の参加者の皆さんに配布しているテキストです。
下記よりダウンロードまたは、保健センターでお渡しすることも可能です。お気軽にお問い合わせください。

 ・赤ちゃん教室テキスト (PDF: 3.9MB) をダウンロード

 Akachan-kyoushitsu2021-hc

 
 ・妊婦歯科健診・教室.pdf をダウンロード

 ・清涼飲料水と虫歯.pdf をダウンロード

 ・子どもの食べる力を育てましょう!.pdf をダウンロード

 

| | コメント (0)

2021/06/16

7月の「にじいろひろば」と「にじ丼」

社会福祉協議会が、福祉センター1階の「にじいろひろば」で開催する7月のプログラムです。子どもの発達が気になる方の相談から、高齢者のスマホ教室など、内容も対象者もさまざまです。ぜひご利用ください。

Nijiirohiroba202107calendar

 
7月のにじ丼は、7月9日(金)と7月26日(月)です。8月は、8月13日(金)と8月23日(月)。いずれも事前予約が必要です。

Nijidon20210709

 

| | コメント (0)

2021/06/15

うのはな館ミニ企画展「東浦かるた で再発見」のご案内

「東浦かるた」は2002年に、当時の文化協会の会長をされていた鈴木一明さん、画家の野村卯さん、アイディアマンの平林伸一さんなど地域の歴史や文化に造詣の深い有志の方々が企画・制作したのもです。数千セットが制作・販売されて、子どもたちに親しまれています。町内の小学校では、地域を学ぶ教材として使われているほか、毎年(今年と昨年はコロナ禍で中止)東浦かるたを使ったかるた大会が有志による恒例行事として開催されています。当時教育長だった稲葉耕一さんは、今もかるた大会の運営に協力しています。

この東浦かるたは、町内の小学生から読み札の言葉と絵札の挿絵を別々に募集して、800点もの応募の中から撰者が文と絵を巧みに組み合わせて作ったものです。町内の史跡や伝説、日常生活の場面など、このまちこの地域ならではの題材を、今昔織り交ぜて作られています。

そんな「東浦かるた」の題材を、歴史・伝承・祭礼などの事物と照らし合わせて楽しむミニ企画です。

Higashiurakaruta-20210612a

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/8153.html をご覧ください。

 
会場の郷土資料館(うのはな館)では、展示のほか、クイズもあります。さて、わかるかな?

20210615_1504531200pnnnnDsc024251200pnnnn
Dsc024201200pnnnnDsc024221200pnnnn

Higashiurakaruta-20210612quiz

 

| | コメント (0)

2021/06/14

いきいきマイレージで健康づくり!!

コロナ禍でとかく運動不足になりがち。いきいきマイレージにご参加ください。

チャレンジカードを手に入れてポイントをためます。⚾⛳🎾⚽🎿🏀🏁

チャレンジカードは、
保健センター、文化センター、各地区コミュニティセンター、中央図書館、町体育館、あいち健康プラザ、東部知多温水プール(住友重機械温水プール)、福祉センター、役場ロビー、行政サービスコーナー(イオンモール東浦2階)、イオンスポーツクラブ東浦、健康体操教室ハローフレンズイノア、コパンスイミングスクール東浦、カーブスドミー東浦、なないろ(町総合ボランティアセンター)で入手できます。

町内在住・在勤の18歳以上の方なら、どなたでも参加出来ます。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kenko_iryo/kenko_iryo/koreisha/1491805625796.html をご覧ください。

Ikiikimileage20210401

 

| | コメント (0)

2021/06/13

あったぞ!富士山滑り台

公園の「富士山すべり台」がなぜか多いのは愛知県。名古屋は、富士山すべり台誕生の地だったのだそうです。
詳しくはこちらを
 → なぜ名古屋に多いのか?公園の「富士山すべり台」を調べまくった・・・ - TRiP EDiTOR

 
では、東浦の富士山滑り台はどこに?

どこか、ある場所をご存じでしょうか?

町内の都市公園やふれあい広場では、あまり見当たらないような・・・
 ・・・おっと、唯一??、高根中央公園にありました。ちょっと緩やかな富士山です。

Dsc02389800pnnnn

 
それから、ここにあるのを見つけました・・・
 ・・・県営団地の中の石浜団地公園です。こちらはしっかり滑りそうな富士山です。

20210605_114522800nnnn

 
於大公園には、富士山すべり台はないけど、芝の富士山が・・・。均整のとれたフォルムです。七合目あたりにロープが張ってあって、登頂はご遠慮いただいています。

Dsc02335800nnnn

 

| | コメント (0)

2021/06/12

三世代近居等定住促進補助金のご紹介

東浦町は、今年度の新規事業として、定住の促進や地域の活性化を目的に、「三世代近居等定住促進補助」を始めました。

Sansedaikinnkyo20210401a Sansedaikinnkyo20210401b

 
この制度は、親、子、孫の三世代が東浦町で同居または近くに住む場合に、住宅の購入費などを1件最大30万円補助するものです。世代間でささえあうライフスタイルを選択肢として広げるため、三世代同居・近居をしやすい環境づくりを推進します。
具体的には、町内から町外に転入して住宅を新築・購入し町内に住む両親と同居または近居する人に対して、最大30万円の補助金を交付します。ユニークな制度ですが、東浦町の制度の特徴として、交付申請・実績報告・請求までを1回の来町で完結できること、独立行政法人 住宅金融支援機構と連携しているため、補助金を活用しつつ住宅ローンにフラット35を利用する場合は、借入から当初5年間 金利が0.25%優遇されることなどがあります。
結婚・妊娠・出産・育児に対する子育て層の不安や負担を解消し少子化対策につなげる効果、子育て層を担い手とした親世代の介護が自助で行われることによる介護費の抑制などの高齢社会対策にもつながる効果を期待しています。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kikakuseisaku/kikakuseisaku/gyomu/10852.html をご覧ください。
 
この制度が、メディアスエリアニュースで紹介されました。
 →https://www.chitamaru.jp/movie/114618/

Medias-sansedaikinnkyo20210507

 

| | コメント (0)

2021/06/11

ヤギさん芝刈り中

雑草の生い茂るシーズンがやって来ました。

         Dsc01501800nnnn

たまに登場する山羊のサキコです。近づくと、何か食べさせてくれと寄ってきます。

         Dsc09949800tnnn
         Dsc09965800tnnn

 

| | コメント (0)

2021/06/10

居場所づくりセミナー「シェアして開く小さなまちのコミュニティ」のご案内

「かさでらのまち食堂」「まちを借りよう」のデザインに携わってきた建築士 宮本久美子さんをお招きして「シェアして開く小さなまちのコミュニティ」をテーマにセミナーを開催します。「かさでらのまち食堂」の取り組みから、誰でも気軽につどえる・活躍できる居場所づくりのヒントを伺います。
この取り組み、とても面白いです。私も、昨年末に行ってきました。つれづれログにレポートをあげています。

 場所: 緒川コミュニティセンター
 日時: 6月27日(日) 13時半~15時
 対象: 居場所づくりに興味・感心のある方はどなたでも
 料金: 無料
 定員: 先着50名
 申込: 6月18日(金)までに、認定NOP法人絆

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/fukushi/hokatsucare/event/11004.html をご覧ください。

Ibasyodsukuri-seminar20210627

 

| | コメント (0)

2021/06/09

東浦町大学連携創生事業費補助金 ・・・大学等が東浦町について行うフィールドワークや調査研究を補助します。

東浦町は、大学(大学院、短期大学を含む。)の教員や学生が行う事業又は活動で、「東浦町まち・ひと・しごと創生総合戦略」の推進に資するものに補助金を交付します。

大学関係者のみなさん! 大学連携創生事業費補助金を活用して、フィールドワークや調査研究活動を行ってみませんか。

この補助金は、東浦町の創生に資するものに補助金を交付することによって、若者の活躍を推進し、地域課題の解決及び地域の活性化を図ることを目的としています。
・補助対象者は、大学に在籍する教員及び学生で構成する団体とし、代表者は教員とします。
・補助対象事業は、「第2期東浦町まち・ひと・しごと創生 人口ビジョン・総合戦略」の推進に資する事業又は活動とします。
・補助対象となる経費は、報償費、旅費、需用費、役務費、委託料、使用料及び賃借料とします。
・補助金額は、補助対象となる経費の3分の2で、1件につき30万円を上限とします。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/boshu/sonota/1497955503046.html をご覧ください。

Daigakurenkeihojokin2021

 

2020年1月には、この補助金を活用して、政策研究大学院大学/東京大学 地震研究社会実装プロジェクトチーム による「みんなで考える 防災まちづくりワークショップ」が行われました。

 → 政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策研究センターの事例レポート

Scirexcenterpamphlet03

 

| | コメント (0)

2021/06/08

懐かしい木製電柱

昔は丸太にコールタールを染み込ませた木の電柱ばかりで、コンクリートの電柱に都市の香りを感じたものです。それにしても、木の電柱はもうほとんど見られなくなりました。

Dsc02117800nnnn

 

| | コメント (0)

ヤモちゃん登場

少し蒸し暑くなってくると、夕飯の時間、窓越しにヤモリが現れるようになります。指の先が丸いのが可愛いです。

Dsc018501000tpnnnn

 

| | コメント (0)

2021/06/07

公共施設の更新問題を 自分事として捉える (その3)

近年、公共施設の更新問題がクローズアップされています。本町においても、人口の増加とともに、住民生活の利便性の向上を図るために、様々な公共施設を整備してきましたが、これらの施設が、順次その耐用年数を迎える時期が迫っています。

多くの施設が、右肩上がりの経済とそれに支えられた税収増加の時代に整備されてきましたが、今後は、人口減少に加え、厳しい財政状況が予測されます。そのような状況の中、現在の施設をそのまま維持し、建て替えるには、約569億円が必要となると試算され、困難と言わざるを得ません。住民生活に必要な公共施設を確保することは重要なことですが、社会の変化に対応し、適切な規模で維持管理していかなければ、全ての施設が老朽化し、真に必要な住民サービスの提供にも支障をきたすことになります。

あと10年足らずで、昭和の高度成長期に建築した公共施設が次々に耐用年数を迎えるようになります。これらを計画性をもって、効率的、効果的に建て替えていく必要があります。この場合、同じ場所に同じ施設を建てるのでは莫大なコストがかかってしまいます。将来の使い方を工夫し、機能を集約したり、幅広い世代が交流できるよう施設を統合したりすることを考える必要があります。

https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kikakuseisaku/facility/gyomu/koukyoushisetsu/index.html

しかし、この種の問題は、総論としては住民の皆さんの理解が得られても、身近な施設の各論になると立場の異なる主張がぶつかり合って、合意形成が困難になる場合があります。まずは、住民の皆さんに本町の公共施設の置かれている状況を把握していただき、私たち一人一人の資産である公共施設や町の財政について自分事として考える必要があります。

広報ひがしうらでは昨年の10月1日号から、公共施設の更新問題について皆さんと一緒に考える「公共施設マネジメントシリーズ」を毎月連載しています。そうのうち、No.5までについて以前このブログで紹介しました。今回は、No.6~No.8について掲載します。
遠くない将来の公共施設と町の財政の姿を実感を持ってイメージしてみましょう。

 

 


 

| | コメント (0)

2021/06/06

意外に身近な明治用水

刈谷の元中根の近くの老舗のうなぎ屋さん。このすぐ脇を流れている水路は、明治用水の西井筋と呼ばれる末端です。

20210604_130349800nnnn20210604_130415800nnnn

上流は、刈谷駅北口の飲食店街の中を流れていますが、今は暗渠化されています。この下流は、逢妻橋のすぐ南で逢妻川に注ぎます。東浦の目と鼻の先まで、豊田市の水源町にある頭首工から矢作川の水が届いています。

 →明治用水 いま・むかし
 →愛知お散歩ナビ・・・明治用水西井筋を歩いてみました
 →明治用水アーカイブス

| | コメント (0)

2021/06/05

自然環境学習の森の田植え

自然環境学習の森で水辺の会が、田植えをしました。すぐとなりにあるJDI(ジャパンディスプレイ)のみなさんが参加してくれました。ここは無農薬なので、タニシがいっぱい住んでいます。
あいちのかおりを植えて、米作りです。

         Taue20210605a
         20210605_1039371200nnnn
         20210605_104412800nnnn

 
となりはプロの田んぼです。

         20210605_113316800nnnn

| | コメント (0)

竹の花・・・その後は?

先日、自然環境学習の森の入口で、破竹の花が咲いたと報告しました。その後どうなっているのでしょうか? ちょっと見てきました。

Dsc02300800nnnn
Dsc02314800nnnn

 
もう花から出ていた雄しべのような物はなくなって、稲穂のようになっています。でも中で実が膨らんでいるかと言えば、そうでもなさそうな・・・。めずらしいことなので、引き続き、観察してみたいと思います。

| | コメント (2)

2021/06/04

「ボランティア活動支援交付金」申請受付中

ボランティアやNPOの方が東浦町内で行う事業に対し、「ボランティア活動支援交付金」を交付します。

昨年度まで、「パートナーシップ推進事業補助金」の制度がありましたが、必ずしも応募件数が多いとは言えませんでした。原因として、テーマが限定される、申請の時期が限定される、プレゼン等の審査手続きが面倒なことが考えられました。そこで、「パートナーシップ推進事業補助金」を廃止し、住民が地域の公共の課題を解決するための活動を支援する、より使い勝手の良い「ボランティア活動支援交付金」を創設しました。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kyodosuishin/kyodosuishin/gyomu/juminkyodo/10900.html をご覧ください。

Photo_20210607011401

 

| | コメント (0)

2021/06/03

「東浦安心おでかけマップ2021」についてのアンケートにご協力ください。

広報ひがしうら4月1日号に挟み込むなどして東浦安心おでかけマップ2021をみなさんに配布しました。読んでいただけたでしょうか?

Higashiura_anshinodekakemap2021a

 
「東浦安心おでかけマップ2021」の評価や、より良い施策の企画・実施の参考とするため、事後アンケートにご協力をお願いします。設問は全7問で、1、2分で回答可能です。アンケート募集は6月20日(日)まで行っています。
詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kurashi/doro_kotsu/urara/10997.html をご覧ください。

 アンケートはこちらからです。

| | コメント (0)

2021/06/02

春の叙勲・・・受賞おめでとうございます。

春の叙勲の受賞者が役場にいらっしゃいました。

スポーツ振興において顕著な功績があったとして旭日単光章を受賞された中須賀広正さんは森岡在住。会社で柔道やソフトボールに打ち込み、そこでソフトボールの監督の資質を見込まれて、以来、名古屋市や愛知県のソフトボール協会の幹部として活躍されてきました。ご本人は、「ソフトボールの普及に尽力されたことが受賞につながったのでは」「東浦ではママさんソフトボールの立ち上げに関わったが、名古屋での活動が主だったので、地元に多く関われなかった」などと振り返っておられました。

Haru-no-jokun-20210525

 

39年間、東浦町選任統計調査員として活躍し、統計調査功労で瑞宝単光章を受章された長坂ひさ子さんは生路在住。長坂さんが携わった統計調査の数は合計82回。調査には責任感と地域での信頼が欠かせません。「調査に協力してくださった方々には本当に感謝しています。協力してくださる方のためにも、しっかり、誠実に責任をもって調査を行ってきました。今回の受章も皆さんのおかげです」と受章のよろこびを話してくださいました。感染症の影響で皇居への参内や式典は叶わず、役場での伝達となりました。

Haru-no-jokun-20210601

 

| | コメント (0)

2021/06/01

町制施行記念表彰式を開催しました。

6月1日は東浦町の町制施行記念日です。密を避けるために2部制とし、1部で、町の各分野で貢献された方に表彰状を贈呈、2部で、各分野で献身的な活動をされた方、多額のご寄附をいただいた方に感謝状を贈呈しました。式辞では以下のご挨拶をしました。

Chouseisekou20210601a

 

 本日ここに、東浦町制施行記念表彰式を開催するにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。
 受賞されます皆様方には、大変ご多用の中、本町の町制施行記念表彰式のご出席くださり、誠にありがとうございます。また、来賓各位におかれましては、万障お繰り合わせの上、ご臨席を賜りまして厚く御礼申し上げます。

 東浦町は、戦後間もない昭和23年6月1日に町制を施行し、先人の方たちのたゆまぬ努力により、施行当時1万5千人余りであった人口は、5万人余りにまで増え、名古屋大都市圏に位置しながら緑に囲まれた住環境や、製造業を中心とした雇用の場に恵まれた、住む上でバランスの取れた“ちょうどいいまち”として発展を遂げてきました。また、住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けられる、互いに支え合えるまちをめざし、学校教育では先進的に個別化・個性化教育を取り入れてきました。
 今後も、町民憲章にあるように「緑豊かな自然と安らぎのある郷土を守り」、第6次東浦町総合計画にあるように「しあわせと絆を実感できるまち」を皆様とともにつくり上げていく所存です。

 さて、全国的に感染が拡大している新型コロナウイルス感染症につきましては、第4波がこれまでの波を遙かに上回るスピードで急拡大しました。愛知県においては、令和3年5月12日に緊急事態宣言が発令されました。今までのタイプとは異なり、感染力が強いとされる変異ウイルスへの感染者が急激に増加するなど、状況は変化してきています。
 本町では、5月1日より75歳以上の方を対象としたワクチン接種を開始いたしました。5月22日からは65歳以上の方の接種も開始しており。5月末時点で、高齢者人口の約70%の方の第1回目接種と、約7%の方の第2回目接種を終えています。希望されるすべての方にワクチン接種を受けていただくには、もう少し時間はかかりますが、医療関係者のご協力をいただきながら着実に進めてまいります。

 本日は、東浦町の行政、教育、社会福祉の各分野での永年にわたるご功績が顕著な方々に対し、表彰申し上げるものであります。また、永年にわたりそれぞれの分野で献身的な活動を続けられた方々と、公共・公益のために多額のご寄附をいただきました方々に対し、感謝申し上げるものです。
 どうか、本日受賞されます皆様におかれましては、これまで培われて来られた豊富な識見と尊い経験を活かし、それぞれの分野において益々ご活躍されることを祈念いたしまして、式辞といたします。

令和3年6月1日 東浦町長 神谷明彦

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »