« 自然環境学習の森の田植え | トップページ | 公共施設の更新問題を 自分事として捉える (その3) »

2021/06/06

意外に身近な明治用水

刈谷の元中根の近くの老舗のうなぎ屋さん。このすぐ脇を流れている水路は、明治用水の西井筋と呼ばれる末端です。

20210604_130349800nnnn20210604_130415800nnnn

上流は、刈谷駅北口の飲食店街の中を流れていますが、今は暗渠化されています。この下流は、逢妻橋のすぐ南で逢妻川に注ぎます。東浦の目と鼻の先まで、豊田市の水源町にある頭首工から矢作川の水が届いています。

 →明治用水 いま・むかし
 →愛知お散歩ナビ・・・明治用水西井筋を歩いてみました
 →明治用水アーカイブス

|

« 自然環境学習の森の田植え | トップページ | 公共施設の更新問題を 自分事として捉える (その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自然環境学習の森の田植え | トップページ | 公共施設の更新問題を 自分事として捉える (その3) »