フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 仙台からの便り | トップページ | 居場所づくりセミナー「シェアして開く小さなまちのコミュニティ」に参加して »

2021/06/26

原田酒造さんの夏酒

「生道井」のブランドで知られる町内唯一の酒蔵、原田酒造さんで夏酒の季節限定販売をするというので注文。買ったのは純米大吟醸と純米酒。

Dsc026361000ttpnnnnDsc026771000tpnnnn

 
左から二つ目の青い瓶は、山田錦50%精米の雫取り。アルコール度数は17%とちょっと高めの純米大吟醸。ラベルには「このお酒は、醪(もろみ)を搾る市販酒と違い、鑑評会出品酒として布袋から自然落下する極めて少量の『雫』を集めた大変貴重なお酒。『蔵の味』を後世の杜氏へと継承する目的のみに特別に蔵囲いしている宝物。目を閉じて雫音を思い浮かべながらお楽しみください。」と書いてあって、如何にもそそられる。

一番左の金色のラベルで「斗瓶どり」の封紙がしてあるお酒も、同じく鑑評会用の自然濾過。新酒を味わってもらうイベントが中止になってしまったために、本来売り物でないものが、限定60本で販売されているとのこと。50%精米の愛知県産夢吟香を使用、アルコール度数16度の純米大吟醸。これはラッキーと飲んでみたら、なんとも言えない爽やかな甘味が舌記憶に残る逸品ではないか。これはすぐに空いてしまう、と思った。

右の2本は、アルコール分15度の純米酒。暑苦しさのないさっぱりしたキレの良い喉越しが身上のお酒。日本酒の楽しさは味や香りの多様な個性にあると思う。

« 仙台からの便り | トップページ | 居場所づくりセミナー「シェアして開く小さなまちのコミュニティ」に参加して »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仙台からの便り | トップページ | 居場所づくりセミナー「シェアして開く小さなまちのコミュニティ」に参加して »