« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

2021/08/31

はせぶら・・・ぶいぶい婆の墓

はせぶら(町の歴史に思いを馳せる)」というコラムが、8月号から広報ひがしうらに登場しました。

東浦の小学生ならたぶん誰でも知ってる「ぶいぶいばばあ」。でもどこにあるかはほとんど知らない「ぶいぶいばばあ」についてです。

Hasebura20210801-mirioka

 

| | コメント (0)

2021/08/30

公共施設の更新問題を 自分事として捉える (その4)

近年、公共施設の更新問題がクローズアップされています。本町においても、人口の増加とともに、住民生活の利便性の向上を図るために、様々な公共施設を整備してきましたが、これらの施設が、順次その耐用年数を迎える時期が迫っています。

多くの施設が、右肩上がりの経済とそれに支えられた税収増加の時代に整備されてきましたが、今後は、人口減少に加え、厳しい財政状況が予測されます。そのような状況の中、現在の施設をそのまま維持し、建て替えるには、約569億円が必要となると試算され、困難と言わざるを得ません。住民生活に必要な公共施設を確保することは重要なことですが、社会の変化に対応し、適切な規模で維持管理していかなければ、全ての施設が老朽化し、真に必要な住民サービスの提供にも支障をきたすことになります。

あと10年足らずで、昭和の高度成長期に建築した公共施設が次々に耐用年数を迎えるようになります。これらを計画性をもって、効率的、効果的に建て替えていく必要があります。この場合、同じ場所に同じ施設を建てるのでは莫大なコストがかかってしまいます。将来の使い方を工夫し、機能を集約したり、幅広い世代が交流できるよう施設を統合したりすることを考える必要があります。

https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kikakuseisaku/facility/gyomu/koukyoushisetsu/index.html

しかし、この種の問題は、総論としては住民の皆さんの理解が得られても、身近な施設の各論になると立場の異なる主張がぶつかり合って、合意形成が困難になる場合があります。まずは、住民の皆さんに本町の公共施設の置かれている状況を把握していただき、私たち一人一人の資産である公共施設や町の財政について自分事として考える必要があります。

広報ひがしうらでは昨年の10月1日号から、公共施設の更新問題について皆さんと一緒に考える「公共施設マネジメントシリーズ」を毎月連載しています。そのうち、No.8までについて以前このブログで紹介しました。今回は、No.9~No.10について掲載します。
遠くない将来の公共施設と町の財政の姿を実感を持ってイメージしてみましょう。

 


 

| | コメント (0)

2021/08/29

漬け込んだメンマ?を天日干しします。

5月にメンマをつくろうと漬け込んだタケノコを漬物瓶から取り出して天日で干す作業をしました。漬け込んでからもう三ヶ月を過ぎたので取り出そうと思っていたのですが、このところ雨天続きで延び延びになっていました。やっと晴れたので1週間ほど天日で乾燥させます。

瓶から取り出してみたら、塩麹を加えたものは、繊維が柔らかくなっているようで、茹で筍に塩麹を使ったものは箸でつかめないほどドロドロ(写真:上)になっていました。なんらかの化学反応は進んでいたようです。
ザル(写真:下)の左から、茹で筍(塩のみ)、生筍(塩のみ)、茹で筍(塩麹あり)、生筍(塩麹あり)の順です。茹で筍(塩麹あり)はドロドロでつかめないので収量が減ってしまいました。

800600blankDsc04735800nnnn
Dsc04733800nnnnDsc04737800nnnn

どれも腐ってはいなさそうだし、カビも見当たりません。でも、お世辞にも余り良い香りとは言えません。ひょっとすると生きものとしての本能が拒否しているのかも・・・と思いながらも、とにかく干してみることにします。

Dsc04739800pnnnn

 

5月につけ込んだときの様子と、6月末時点の途中経過は、以下の記事をご覧ください。

  5月2日・・・倒した筍でメンマづくり
  5月15日・・・倒した筍でメンマづくり(その2)
  6月末・・・只今メンマ熟成中?

| | コメント (0)

2021/08/28

親の世代がまたひとり・・・

となりの肉屋のおじさんが亡くなりました。89歳でした。昨年11月に私の母の通夜にいらして「次はオレの番だ~」とか言いながらも元気に仕事をしていたのですが、今年の1月に骨折で動けなくて入院して以来、お会いしていませんでした。入院中も「仕事に行かないかん」とか、「免許の更新をしとかんと肉の仕入れと配達ができんくなる」などと言っていたそうですが、最近急に、オレもゆっくり休もうかとか言い出すようになっていたようです。
頭の回転が速くて次にこちらが何を言うのかおよそ想像できるのでしょうか、人の話しを余り聴かずに早口で喋る姿が印象に残っています。子どもの頃から本当にお世話になりっぱなしでした。私が60代になっても、となりのおじさんとこどもの関係は変わりませんでした。うちの子どもたちも可愛がってもらいました。
長い間やっていたお店を閉めたので、亡くなる少し前にみんなで色紙を書きました。揚げたてのコロッケが本当に懐かしくなってしまいました。おじさんとともにまちのお肉屋さんが無くなることもなんとも言えず残念です。となりのおじさん、おばさんがそうであるように、近所のお肉屋さん、お魚屋さん、八百屋さんは、まちに欠くことのできない大事な大事な要素だと改めて思います。

| | コメント (0)

2021/08/27

緊急事態宣言に伴い公共施設の利用制限を強化します。感染拡大の防止にご協力下さい。

新型コロナウイルス感染症のこれまでにない急拡大を受け、愛知県に対して緊急事態宣言が発出されました。よって、愛知県では、8月27日から9月12日まで、国の基本的対処方針に基づき、愛知県全域の飲食店等に対する休業・営業時間短縮要請、大規模商業施設等に対する入場者の整理等の要請等を含む緊急事態措置が実施されます。

東浦町においても、本日から当面の間、公共施設の利用制限を強化します。

 

~ 住民の皆様へのメッセージ ~

 東浦町長の神谷明彦です。
 現在、コロナウイルスはデルタ株へと置き換わり、全国的に感染者数が爆発的に拡大しています。そのため入院治療が困難となるなど、医療ひっ迫を深め、今後いかに感染者数を抑えるかが重要な課題となっています。
 本町におきましても、連日多くの新規感染者が確認されるなど、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない厳しい状況となっています。これまでの感染状況は高齢者が中心でしたが、現在では、10代から50代の若い層に広がっています。
 今月に入り、保育園など未就学児が通う施設においても、新規感染者が増えており、保護者の方におかれましては、お子様のご家庭での健康管理には十分ご留意くださいますようお願いいたします。なお、咳、発熱などの症状がある場合には、小・中学校を含め、登園、登校を控えていただきますよう、重ねてお願いいたします。
 現在、12歳以上のワクチン接種を進めていますが、若い層ほどワクチン接種に関心が薄い傾向があります。若年層でも感染すると重症化したり長く後遺症が残ったりするリスクがあります。私たち一人一人が感染の危険を正しく恐れ、有効な予防対策を取っていくことが大切です。東浦町ではワクチンの供給に合わせて、接種の予約を受け付けているところです。詳しいことは町のワクチン特設ページをご覧ください。
 ワクチンの2回接種完了後も、油断することなく、引き続き、マスクの着用、手指衛生、密の回避といった基本的な感染対策に加え、県境を越える移動の自粛徹底をお願いいたします。それが未接種の方々を守ることにもつながります。

| | コメント (0)

2021/08/26

夏休みわくわく算数教室の様子です。

東浦町の小中学校では、夏休み期間中に夏休みの補充学習をしています。とくに、片葩小学校と東浦中学校では、スクールパートナー(学生ボランティア)が子どもたちを個別指導する「わくわく算数・数学教室」を行っています。算数や数学を苦手としている、あるいは、もっと勉強したいと思っている児童・生徒を、学生ボランティアが個に応じた指導を行って楽しい雰囲気で学ばせることで、学力の向上を図るとともに、算数・数学が好きな児童・生徒を増やしていくこと、また、教師を目指す学生が個に応じた指導方法について直接学ぶ最良の機会をつくることを目的としています。
今年は、8月21日から31日までの期間で午前・午後計16回(中学校では2回)の日程で、児童181人、生徒71人、スクールパートナー83人が参加して、実施予定でしたが、残念ながら緊急事態宣言を受けて8月27日以降の日程は中止となりました。

以下の写真は、8月24日に片葩小学校を訪ねた際の様子です。この日の午後の参加児童は少なめで、児童とスクールパートナーが個別に向き合って勉強していました。教室が終わると、スクールパートナーが児童の下校に付き添ったり、次の日の準備をしたりします。

         Dsc04672800pnnnn
Dsc04675800tpnnnnDsc04676800tpnnnn
         Dsc04684800pnnnn

今年度から、スクールパートナー経験者の緒方さんが、SPコーディネーターに就任、大学訪問などで積極的に学生を募集してくれています。来年度以降は、全町的にわくわく算数教室のノウハウを拡げていきたいと考えています。

| | コメント (0)

2021/08/25

茶粕と鉄と光から水素をつくるアイディア

鉄イオンの存在下、茶粕に光を当てると水素が発生することを、静岡の高校生が見つけました。

これは、面白い発見になりそう。

彼らは、偶然見つけたこの現象に追試を加えて、お茶に含まれるポリフェノールと第二鉄イオン(Fe3+)の錯体が光を吸収し、第一鉄イオン(Fe2+)に還元される過程、また生じた第一鉄錯体が光を吸収する過程において、鉄のポリフェノール錯体が光酸化・還元触媒として働き、有機物もしくは水の分解により水素が発生するメカニズムを提唱しています。さらに、この現象と電気分解を組み合わせることにより、低電圧の電解で水素を発生させる水素ガス製造の装置を考案しています。

 茶粕から水素発生?きっかけは歓迎会、高校生に特別賞

 茶粕と鉄イオンを用いた光化学的水素製造法

 科学の芽賞応募論文「茶粕と太陽光を用いた水素製造」

 日本水大賞論文「茶粕による鉄イオンの光還元を活用した省エネルギー水電解による水素製造」

 高校が課題研究をもとに特許出願

| | コメント (0)

2021/08/24

また一つ歳をとりました

今朝、NSNのメッセージが届いているのを見て、誕生日だったことに気がつきました。お祝いの言葉をいただいて嬉しいのと同時に、また歳をとってしまったなあと実感。

さて、今日は帰ったら晩ご飯どうなってるんだろう。ん。何もないかも。こわくもあり楽しみでもあります。

夕食後にぶどうたっぷりのケーキで祝ってもらいました。みんなありがとう。

Dsc04704800tpnnnn

 

| | コメント (1)

2021/08/23

中日ビルが・・・ない。

栄で地下街から広小路通りに出ると。そこにポカリと空き地が。かつてあった(あるはずの)中日ビルがない。

取り壊しが終わって、地下でくい打ちが(基礎工事が)行われているようだ。ここには33階建ての超高層が建つそうだ。低層は商業施設、中層はオフィス、高層階にはホテルが入るらしい。中日劇場は幕を閉じたが、新しいビルには600席の多目的ホールができるらしい。

Dsc04404800nnnn

 

| | コメント (0)

2021/08/22

旅と言えば鉄道。なが~いスイッチバックのお話し

せっかくの夏休みなのに、コロナのおかげでなかなか旅に出られない状況が続いています。

旅と言えば鉄道!!(ちょっとこじつけかも。)「JR6社 会社別、最高所の駅はどこ」というサイトを見つけました。日本鉄道最高所といえば小海線野辺山駅 標高1345.67mが有名ですが(トロリーバスや索道の駅も入れれば、立山黒部アルペンルートの室堂駅2450mや中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイの千畳敷駅2612mは遙かに高いですけど)、北海道で一番高い石北本線上越信号所634m、JR東海で一番高い中央本線奈良井駅933.8m、JR西日本で一番高い木次線三井野原駅726m、四国で一番高い土讃線繁藤駅347m、九州で一番高い豊肥線波野駅754mは意外と知られていません。

日本の登山鉄道乗り比べ」というサイトもあります。
高所とか急勾配となると、登場するのがループスイッチバックアプト式でしょうか。ループと言えばメジャーなところでは上越線の「国境の長いトンネル」清水トンネルの前後にあるものや、北陸線や肥薩線にあります。先ほどの最高所に出てきた木次線と土讃線、豊肥線にはスイッチバックがあります。また、九州の肥薩線にはループとスイッチバックの組み合わせがあります。アプト式はスイスの鉄道などでは至る所にありますが、日本では明治時代に信越線の碓氷峠に設置、その後1963年に廃止されてから長らく存在しませんでしたが、長島ダムの建設に伴って1990年から大井川鐵道井川線で唯一活躍中です。

スイッチバックは、廃止されたものや余り利用されていないものも含めて、日本中に数多く存在しています。Wikipediaを見ると結構あちこちにあるのがわかります。
これらの中で、圧倒的にすごいのが立山カルデラの砂防工事に使われている国土交通省立山砂防工事専用軌道です。旅客用ではないので一般の人は見学会以外は乗車できませんが、連続18段、全38段ものすさまじいスイッチバックがあって、折り返すたびにどんどん高度を増して行くのは圧巻です。私も国土交通省の見学会で一度行ったことがあります。つれづれログにレポートがありますのでご覧ください。

 → http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/10/post-1934.html

P1020277_800x600_2P1020314_800x600
       P1020324_800x600

| | コメント (0)

2021/08/21

草刈りで感じる秋の気配

8月12日から、毎日雨が降りっぱなしです。気象庁の観測データ(大府)では、これまでに241mm降っています。おかげでこのところ随分涼しい(昨日までの日最高気温25.1℃~30.6℃)ですが。

Dsc04647800pnnnn

 
今日は曇りだったので、久々に自然環境学習の森で草刈りをしました。カブトムシやゼミはぼちぼちシーズンオフに。栗はこれから成熟へ。キノコは秋?それとも雨後?の実りかな。
季節は移っていきます。

Dsc04655800nnnnDsc04653800nnnn
Dsc04648800pnnnnDsc04658800nnnn

| | コメント (0)

2021/08/20

亀崎のお酒「敷島」が復活するそうです。

以前、亀崎に「敷島」という日本酒がありました。自分も好きなお酒だったのですが、2000年に廃業しました。それが、復活するというニュースです。

Shikishima-fb20210820

 

| | コメント (0)

2021/08/19

感染者が急増中! 感染防止にご協力下さい。

先日、新型コロナウイルス感染が第5波に入り、感染者が急増していることをお伝えしました。

8月18日には、愛知県の新規感染者は過去最高の1,220人(第5波の累計は10,780人)に達しました。

東浦町においても、連日、新規の感染が発生しており、8月17日に16人、8月18日には9人、第5波の累計で57人の感染者が確認されています。

年代別の感染者は、愛知県も東浦町も、高齢者に少なく若者に多い傾向が顕著に出ており、特に20歳代の感染者が一番多くなっています。

Nendaibetsukansensya-aichi-higashiura-5t

 

愛知県は、8月21日(土)から「まん延防止等重点措置」の対象区域を39自治体に拡大します。東浦町は現時点でこの中に含まれていませんが、感染が急拡大する中で、知多半島の近隣市町と同等の公共施設の利用制限など、感染拡大防止措置をとっていく考えです。
ワクチン接種を済まされた方々も、これまで以上の感染防止にご配慮いただきますようお願い致します。それが、未接種の方たちを守ることにもつながります。
 

ワクチン接種に関する情報ついては、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/juyo/vaccine/index.html をご覧ください。

8月20日午前9時から下記のコロナワクチン接種枠を拡大します。
 ① コロナワクチン接種の新規予約受付を再開します。(WEB予約、電話予約同時開始)
 ② 12~15歳のワクチン接種予約受付を開始します。(個別接種のみ)
 ③ 中学3年生、高校3年生向けの優先接種枠を設け、予約を開始します。(個別接種のみ)
※18歳以下(高校3年生以下)のみなさまには、本人及び保護者へのより丁寧な情報提供が必要であると考え、個別接種のみとさせていただきます。

| | コメント (0)

2021/08/18

ぶどうの直売真っ盛り

この時期、町のあちこちで、ぶどうの直売をしています。
今年は、露地物の巨峰が不作で品薄です。開花期に雨が降ったために花が落ちてしまったのだそうです。人気の巨峰やシャインマスカット以外にもいろんな品種のぶどうがあります。
例えば・・・

房の長いレッドネヘレスコールは、9月に収穫するのだそうです。

ヒムロッドシードレスと安芸シードレスは種なしで皮ごと食べられます。

20210815_161345800pnnnnDsc04630800nnnn

| | コメント (0)

2021/08/17

広報ひがしうらで、外国人相談員の皆さんの活躍を紹介

広報ひがしうらでは、ちょっと話題の東浦出身の方や町内で活躍している方を発掘し、皆さんに紹介しています。

シリーズ「東浦のチカラ」Vol.1(広報ひがしうら 5月号) は、プロギングジャパンを立ち上げて、全国にプロギングを普及させる活動を展開している常田英一朗さんの記事でした。

シリーズ「東浦のチカラ」Vol.2 (広報ひがしうら 8月号)では、東浦町の外国人相談員として活躍している、佐藤はるみさん、村上アリセさん、千葉真理杏さんを紹介します。
役場1階の住民課の窓口の近くで、来庁者の手続きのお手伝いをしているところを見かける方も多いと思います。

Higashiura-no-chikara-vol2-sato-murakami

 

| | コメント (0)

外国人居住者向け ワクチン接種のご案内

ワクチン接種の案内(Vaccination-guide)・・・5つの言語の案内があります。

 ・タガログ語(Tagalog)
 ・英語(English)
 ・ポルトガル語(Portuguese)
 ・ベトナム語(Vietnamese)
 ・中国語(Chinese)

新型コロナワクチン接種に関する情報(外国人用)/東浦町 (aichi-higashiura.lg.jp)

Higashiura-covid19-vaccination-for-portu

 

| | コメント (0)

2021/08/16

東京2020パラリンピック聖火フェスティバル・・・東浦の火を東京へ

8月12日(木)に、東京2020パラリンピックの聖火フェスティバルのための採火を 東浦町郷土資料館(うのはな館)で行いました。素焼の製塩土器を使って塩づくりをする炭火から採取、これをランプに移して愛知県の集火式・出立式に持って行きます。

Dsc04554800nnnnE8lqqgdvgae9so8800tnnnn

 
8月15日(日)には、県庁で行われた愛知県の集火式・出立式に参加しました。集火式では県内49市町村の代表者が、尾張西、尾張東、海部、知多、西三河、東三河の6地域に分れて、各市町村の独自の方法で採火した炎を6つの小皿に点火。次いで、6つの炎を大村知事の点火棒に集め、県庁正面玄関前の聖火皿へ点火。その火を、刈谷市出身のミュージシャンMICROさんがトーチに移して、東京へ出立を宣言しました。日本各地で採火された炎は、東京で1つとなり、東京2020パラリンピックの聖火が誕生します。

Dsc04577800nnnnDsc04580800nnnn
       234094715_232306445438524_60282234907223
       233074817_2338404922961646_4246268014143
       20210815_1946521200nnnn
       Dsc046151200pnnnn

東京2020パラリンピック聖火リレーのコンセプトは、「Share Your Light / あなたは、きっと、誰かの光だ。」です。「新たな出会いから生まれる光を集めて、みんなが調和し、活かしあう社会を照らし出そう。」という思いを表し、また、パラリンピック聖火リレーを通じて、多様な、そして社会の中で誰かの希望や支えとなっている光(人)が集まり、出会うことで、共生社会を照らす力としようという想いを表現しています。

| | コメント (0)

2021/08/15

終戦の日・・・玉音放送を音声と現代語訳で

8月15日は日本が敗戦を認めた日。

1945年8月15日にラジオで全国に流された玉音放送。部分的には誰もが聞いたことがあると思います。とくに後半の「堪えがたきを堪え、忍びがたきを忍び」の部分が有名ですが、全文をご存知の方は少ないのではないでしょうか。

「当時、放送がよく聞こえなくて、たぶん『国民一丸となってもっと頑張ろう!』と言う意味の放送だろう思って聞いていたら、後で戦争に負けたと知った。」と子どものころ母から聞いたことがあります。たしかに難しい文章です。

前半は、ポツダム宣言受諾に至った経緯、後半は、国民が心を合わせて平和と復興を成し遂げていくことへの誓いからなっています。

 →玉音放送の音声口語訳全文

 
戦中戦後の苦難の時代を経て、先人たちのとてつもない苦労と努力のおかげで、今の平和な日本があることに感謝しなければならなりません。現在も未来もこの努力は続けなければいけないし、もちろん、過去の過ちを決して繰り返してはなりません。

私が生まれたのは、戦後十数年たってからです。たった十数年で、当時すでに日本は戦後の混乱から見事に立ち直り、高度成長を遂げていました。そして世界に誇れる先進国にまでなりました。私たちが豊かな毎日を過ごせるのも、みな先人たちの労苦のおかげです。
いま日本は、財政難、少子高齢化、世界における競争力低下、また、どうしたら自己主張しながら平和を守れるか、多くの難問を抱えています。
幸せな社会をつくるためには、地方こそが、知恵と汗を絞らねばなりません。そして、その社会をつくる私たち一人一人が自分事と捉えて地方自治に参加することが不可欠だと思うのです。

| | コメント (0)

2021/08/14

東浦町飲食店ガイド掲載店舗を募集しています!

東浦町のおいしいお店をまとめて紹介する飲食店ガイドを作成して、町ホームページへ掲載します!
飲食の充実で、東浦町を盛り上げましょう!

募集期間は、8月31日(火)までです。

対象者は、町内で飲食店を営んでいる方(イートインスペースのある飲食店)

掲載料は、無料です。

申込書 と おすすメニューの写真データ1枚、PR写真データ1枚(任意)をご用意ください。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shokoshinko/shokokanko/boshu/11146.html をご覧ください。

| | コメント (0)

秋の気配を感じます。

お盆ですが、もう秋の気配がちらほら。

これは酢橘。もうそれなりに育っています。

毎年、色んで甘みが出るまで収穫しないので、柚子みたいになってしまいます。

今年は、早めに収穫して鍋をおいしくいただきたいと思っています。

Dsc04564800p

 

| | コメント (0)

2021/08/13

第5波に入り、東浦町の感染者が増加しています。

東京で感染が急拡大して、医療体制の逼迫が問題になっています。愛知県でも7月下旬に第4波が終息し、その後再び新規感染者が増加傾向となり、8月12日には過去最多の700人超えとなりました。今後さらに急増することが強く懸念されます。

愛知県の新型コロナウイルス感染症の発生状況は以下で詳しく見ることができます。
 →ホーム - 愛知県 (pref.aichi.jp)
 →県内の最新感染動向 | 愛知県 新型コロナウイルス感染症対策サイト (code4.nagoya)

Code4nagoyacovid19graph20210811aCode4nagoyacovid19graph20210811b

Code4nagoyacovid19graph20210811c2

Code4nagoyacovid19table20210811a

 

7月下旬以降の第5波では、高年齢の感染者がこれまでより少ないことが、県の統計にはっきり現れています。ワクチンによって高齢者の感染が抑えられていることが考えられます。

Aichi-covid19-nendaibetsu20210812

 

東浦町においても同様に、7月末から新規感染者が増えてきました。第5波に入って毎日のように新たな感染者が確認されています。

Covid19-kansensya-higashiura20210811

 
感染者の年齢別内訳を見ると、今回は大きな特徴があります。
第1波から第3波は、60歳以上の高年齢の感染者の割合が15%でした。第4波では高齢者施設でクラスターが発生した影響もあり、60歳以上の感染者の割合が38%にもなりました。
しかしながら第5波では、8月11日現在、感染者25名のうち、60歳以上は(70歳代の1名のみの)僅か4%です。これはワクチン接種の効果が顕著に現れたものと考えられます。東浦町では、第5波が立ち上がる約3週間前の7月11日には、65歳以上の高齢者の約9割が2回目のワクチン接種を終えています。

Nendaibetsukansensya-higashiura-3rd-waveNendaibetsukansensya-h-4th-wave-20210811
Nendaibetsukansensya-higashiura-5th-wave

 

現在、16歳以上64歳以下のワクチン接種を進めていますが、若い層ほどワクチン接種に関心が薄い傾向があります。若年層でもコロナに感染しないことは決してありませんし、感染すると重症化したり長く後遺症が残ったりするリスクがあります。私たち一人一人が感染の危険を正しく恐れ、有効な予防対策を取っていくことが大切です。

今、藤田医科大学病院におけるモデルナ製ワクチンの大規模接種の予約を受け付けているところです。ファイザー製ワクチンを用いた集団および個別接種は、ワクチンの入荷に合わせて予約枠を設けていきます。詳しくはこちらをご覧ください。

| | コメント (0)

愛知県の水がめの貯水率(2021年8月)

7月の降水量は平年並かやや多め。ダムの貯水量も平年並かやや多めです。県内の各用水の水源池の貯水率を見てみましょう。

国土交通省中部地方整備局管内主要ダムの貯水状況(http://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/kassui_zyouhou/gaikyo2.pdf)は視覚的にわかりやすいです。

以下に、各ダムの貯水量とダム地点における降水量(8月2日現在) を示します。

Chyuubuchisei_dam_20210802

  
●豊川水系(宇連ダム82%、大島ダム81%、全施設合計82%)
 貯水量は平年よりやや少なめです。節水対策は行なわれていません。

●木曽川水系(牧尾ダム85%、味噌川ダム99%、阿木川ダム99%、
 岩屋ダム100%、徳山ダム96%)
 5つのダムとも貯水量は総じて多めです。
 節水対策は行なわれていません。

●矢作川水系(矢作ダム80%)
 貯水量は平年並みです。節水対策は行なわれていません。

詳しくは、国土交通省中部地方整備局管内状況
https://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/kassui_zyouhou/index.htm をご覧ください。

| | コメント (0)

2021/08/11

8月と9月の「にじいろひろば」と「にじ丼」

以前、社会福祉協議会が行っている「にじいろひろば」と「にじ丼」について触れたことがありました。少し遅くなってしまったのですが、8月と9月のにじいろひろばのカレンダーを添えます。

Nijiirohiroba202108calendar

Nijiirohiroba202109calendar

 

9月の「にじ丼」は、9月10日(金)と9月27日(月)です。10月は、10月8日(金)と10月25日(月)。いずれも事前予約が必要です。

Nijidon20210910

 

| | コメント (1)

2021/08/10

「あいちの木で作ろう!親子木工教室」のご案内

組手什(くでじゅう)」を使って、親子で仕上げて、自分だけの収納棚を作りませんか。
組手什とは、東日本大震災のときに避難所で重宝された、クギも接着剤も使わずに組み立てられる木製キットです。

 日時: 8月27日(金)13時30分から

 場所: 緒川コミュニティセンター ホール

 対象: 小学生以上の子どもとその保護者

 定員: 先着10組

 申込: 8月22日(日)までに文化センターへ

 費用: 材料費として1100円を当日いただきます

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shogaigakushu/shogaigakushu/kouzaannai/bunsekouza/8211.html をご覧ください。

Oyakomokkoukyoushitsu20210827

 

※以前、私も組手什を使ってマイ本棚を作ったことがあります。

P1100553_640x518P1100533_640x387

 

| | コメント (0)

2021/08/09

おばあちゃんが駄菓子屋を始めたというSNSの記事が面白かった!!

一月ほど前にSNS上に書かれた記事を紹介します。息子が70歳の母のことを書いた記事です。おばあちゃんの想いと挑戦にエールを送りたくなるし、作者がおばあちゃんの目から見て書いているところが微笑ましいです。この駄菓子屋さんを訪ねてみたくなりました。

  

70過ぎのおばあちゃんが駄菓子屋をはじめるという。七夕のきょうオープンする。

過労や不調で早期退職したのち、聴力を失い、癌を患った。人工内耳にして片方だけ少し聞こえるようになったが、不自由も多い。静かに、だが確実に進行する認知症の夫の面倒をみながら、コロナを耐えていたさなか。

息子に「駄菓子屋をやりたい」と相談した。

「やめたほうがいい」「うまくいかない」。"ぴしゃっと言われて しまい だわ"と思っていたが、諦める理由にもなるかと聞いてみた。思いがけないことに「できることからはじめたら?」と返ってきた。

誰も住んでいない 離れ をつかい、お金はかけずに友達とふたりで手づくりのお店にする。2人とも元保育士であり、地域の子どもが安全に過ごせる場をつくりたかった。

決まるとどんどん進む。時間があるぶんはやかった。準備にとりかかると、たくさんの人が応援してくれる。長く保育士であったことも良い影響をもたらした。

駄菓子屋さんを見にいくと、親切に情報やアドバイスをくれた。菊井町の卸さんも協力的で、耳が遠い人にも熱心に話してくれた。応援したいと絵を書いてくれた人もいた。その人たちの多くはおばあちゃんである。

近隣の人に迷惑をかけてはいけないと思い挨拶にいくと、「ワクチンおわったら、年寄りがみにいってもかまわないかやあ?」と言われて、あらためてみんなが家に閉じこもっていることを知った。

ゴーゴー(田舎では乳母車をそう呼ぶ)を押していって、子どもたちをみたいという。「遠巻きに子どもを眺める」というささやな暮らしのなかの幸せが世の中には確かにあった。今はそれが失われている。

実際に始めてみてわかることがいっぱいある。
いや、始めてみなければ何もわからない。駄菓子屋のことさえ、誰も正確には知らなかった。

子どもがきてくれるだろうか?という不安は、きてほしいなというみんなの期待にかわった。心もちが違うのは、関わっている人の表情にあらわれている。人のつながりは最初の不安を吹き消しながら、ゆっくり波紋のように広がっている。

商売がうまくいくかは二の次でいい。いまでは、誰もがそう思っている。

ひとつ問題なのは、そこのだめ息子のほうである。
「できることからでいい。」
ちゃんとできているのか?

227386809_354377769667807_63629885681680213938190_4304584469608805_8524712955390
213459868_4304584152942170_2794198944915226146467_547383712958338_71646193096122

| | コメント (0)

2021/08/08

今日は暑かったです。

乾坤院の本堂奥にある水野家四代の墓所の草刈りと掃除をしました。今年は3月末とお盆前の今回で2回目です。水野宗家ご当主の勝之さんも駆け付けて下さいました。朝8時から始めましたが、今日はさすがに暑かったです。

     20210808_080137800nnnn
     20210808_080312800nnnn

 

草刈りの後は、栄のオアシス21で開催された「コスプレde海ごみゼロ 知多半島解放区宣言」に参加。世界コスプレサミット実行委員会と日本財団のコラボイベントです。
コスプレイヤーが美しいロケーションで撮影できるよう、世界の海を知多半島からきれいにしていくキャンペーンです。コスプレイヤーは撮影のためにごみ拾いをしています。そんなコスプレイヤーを地元としても歓迎します。
ステージに大村知事と知多半島5市5町の代表者が登壇。進撃の巨人のエルヴィン団長の掛け声で「心臓を捧げよ」のポーズ。知多半島をコスプレーヤーに開放することを宣言しました。
イベントには知多娘も参加。声優業で超多忙になってしまった東浦未来ちゃん役の小坂井祐莉絵さんにかわって大田メディ役の牧野佳々李さんが東浦町の担当を務めてくれました。

20210808_1214351000pnnnn
16284227988971200tpnnnn20210808_1159051000pnnnn

 

お昼にきしめんが食べたくなって、「きしころスタンプラリー」に載っていた大須のきしめん屋に行ってみました。色は濃いけど上品な汁が、幅広の麺にたっぷり絡むのがたまりません。

       20210808_131926800tnnnn
       20210808_132048800tpnnnn

 

大須のアーケードは賑わっていました。喧噪から少し南に行くと、仏壇屋や寺が連なる界隈があります。歩いてみると意外な発見があったりします。
大通りに出ると車窓から普段見慣れた光景が広がります。

20210808_125001800pnnnn20210808_125106800pnnnn
20210808_125307800nnnn20210808_125326800nnnn
20210808_125340800nnnn20210808_125952800pnnnn
       20210808_134114800pnnnn
20210808_134326800pnnnn20210808_134559800nnnn
       20210808_135216800nnnn

 

大須商店街から南へ歩いたところで洋菓子屋さんを見つけて、ちょっとケーキを買ってみました。

       Dsc04524800pnnnn

| | コメント (0)

2021/08/07

ワークショップ『「う・ら・ら」を日々の暮らしに“ちょい足し”してみませんか?』のご案内

公共交通に関するワークショップを開催します。
自分らしい「う・ら・ら」の使い方を発見していただく、全3回のワークショップです。車がなくても、楽しくおでかけできるように、みんなで一緒に考えます。

●日時:
  9月17日、10月8日、10月15日(各金曜日)の
  森岡、緒川、緒川新田地区にお住まいの方は、13時25分から90分程度
  石浜、生路、藤江地区にお住まいの方は、10時45分から90分程度

●場所:
  イオンモール東浦 2階 イオンホール

●テーマ:
  ①本当に大事なおでかけは何?
  ②「う・ら・ら」の良いところ、危険なところ、気になるところ
  ③私の暮らしに「う・ら・ら」を“ちょい足し”してみよう!
  1回と2回の間に「う・ら・ら」に乗車していただくフィールドワークをお願いします。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kurashi/doro_kotsu/urara/11222.html をご覧ください。

Urara-ws-20210917choitashi

 

| | コメント (1)

2021/08/06

夏雲や

夏の日差しが続いています。

白い雲と空の青のコントラスト。もくもくと湧き上がる雲の形。眺めていると飽きません。

   Dsc03501800nnnn
   20210718_144654800tpnnnn

 
これは、ヤッホー? それとも、ビールを飲むおじさん?

   Dsc04480800tpnnnn

 
オーロラ?みたいな夕暮れもあったりします。

   Dsc04484800tpnnnn

| | コメント (0)

2021/08/05

山口浩勢選手が来庁。

東京オリンピック 陸上男子3000m障害に出場した山口浩勢選手が井幡コーチといっしょに役場を訪問。オリンピック出場の体験談を聞かせていただきました。予選通過は叶いませんでしたが、目標の舞台で力を出し切ることができたそうです。世界の頂点は高い。きっと、オリンピックの舞台に立った人でなければ味わえない貴重な経験をされたことと思います。
感染症の影響で、オリンピック期間中にわたって世界中のアスリートと交流することはできず、自分の種目が終わったら早々に選手村をあとにしたそうです。これから、国体やニューイヤー駅伝などが控えています。

Yamaguchi-ibata-202010805800tpnnnn

 
たった1回だけ使ったシューズも見せてもらいました。スパイクが鋭いのと靴が軽いのに驚きました。

| | コメント (0)

2021/08/04

JR半田駅は、いま・・・

半田市内の武豊線の連続立体交差事業が進行中です。半田駅は橋上駅になります。

旧駅舎はもうありません。昔ながらの木造のホームと現存する日本最古と言われる跨線橋と煉瓦造の油庫がぽつりと残っています。
跨線橋は、新駅舎の建設に伴い、移設されるのでしょうか?

Dsc04411800pnnnn
Dsc04424800nnnn
Dsc04430800nnnn

 

線路の下をくぐって名鉄の知多半田駅の方に行く、昔からある歩行者と自転車のための通路も、高架化に伴い廃止される見込みです。子どもの頃は、近くの商店街が賑わっていました。背をかがめてここを通ることができなくなると思うと、ちょっと寂しい気分です。

Dsc04419800nnnn

 

| | コメント (0)

2021/08/03

新しくなったバスロケーションシステムの 使い方と便利になったポイント

東浦町では、バスロケーションシステムを平成29年3月に刈谷市と同時に導入しました。「う・ら・ら」と結節点を持つ大府市も同様のシステムを昨年導入しています。
平成29年の導入以来、バスロケーションシステムの利用が着実に増えてきています。平成29年度のバスロケサイトへのアクセスは月平均6,938件(パソコン2,960件、スマホ3,978件)、令和2年度のアクセスは月平均13,999件(パソコン2,805件、スマホ11,194件)となっています。

バスロケーションシステムとは、バスの現在地や運行状況などをwebサイトや停留所の電光掲示板でお知らせするものです。このバスロケーションシステムが、今年8月に更新されました。

変更点としては、①運行状況の確認が素早くできる
        ②マイ停留所の登録ができる
        ③時刻表・路線図の確認が簡単にできる
        ④遅延や到着予定時刻もわかりやすく表示される などです。

更新と同時にバスロケのURLが変更になるので、各バス停のQRコードを貼り替えました。バスロケの使い方と便利になったポイントを以下にまとめました。ぜひ試してみてください。

  →バスロケのパソコンサイトスマホ・携帯サイト

Buslocationsystem20210801a
Buslocationsystem20210801b

 

| | コメント (0)

2021/08/02

親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」のこどもスタッフを募集!!

好評につき、第3回 親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」を企画します。今回は、イベントの企画と運営も子どもたちの手で行い、イベント実行の過程を子どもたちに楽しんでもらいたいと考えています。

「ひがしうら探検隊」のイベントは11月13日(土)に予定していますが、このイベントを企画・運営する“こどもスタッフ”を募集します。
こどもスタッフのみなさんは、「ひがしうら探検隊」で、ゲームスポットの運営を担当します。高校生スタッフも交え、全5回の事前打ち合わせでゲーム内容やルールについて話し合い、イベント当日、担当するゲームスポットを運営してイベントを成功させます。

小学校4年生から中学校2年性のみなさん!
イベントに参加する側から、イベントを仕掛ける側に回ってみませんか。きっと新しい発見があると思います。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/11236.html をご覧ください。

Oyako-walking20210828staff

 

| | コメント (0)

2021/08/01

今年も自然環境学習の森にヤギがいます。

昨年、自然環境学習の森にヤギが登場しました。今年も、除草作業員として「ぽん吉」と「こい」に働いてもらうことになりました。
日差しの強い午後、ヤギ2頭は木陰で涼んでいました。柵の中では、草丈の長い草がヤギに食べられて短くなっています。それなりに効果はありそうです。

Dsc04443800nnnn
Dsc04446800pnnnn

 

自然環境学習の森の入口にある、新池の堤のハチクが今年5月に開花しました。その後、6月にも様子をつれづれログに載せています。
今日の写真も載せておきます。6月と比べて、それほど変化はなさそうです。よく見ると、穂が付いて全体が茶色く見えますが、桿は枯れてなさそうだし、所々に緑色の葉が付いています。本当に竹林全体が枯死するのでしょうか。さらに観察を続けます。

Dsc044321200nnnn
Dsc044371200nnnn
Dsc04452800nnnnDsc04450800pnnnn

 

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »