« 茶粕と鉄と光から水素をつくるアイディア | トップページ | 緊急事態宣言に伴い公共施設の利用制限を強化します。感染拡大の防止にご協力下さい。 »

2021/08/26

夏休みわくわく算数教室の様子です。

東浦町の小中学校では、夏休み期間中に夏休みの補充学習をしています。とくに、片葩小学校と東浦中学校では、スクールパートナー(学生ボランティア)が子どもたちを個別指導する「わくわく算数・数学教室」を行っています。算数や数学を苦手としている、あるいは、もっと勉強したいと思っている児童・生徒を、学生ボランティアが個に応じた指導を行って楽しい雰囲気で学ばせることで、学力の向上を図るとともに、算数・数学が好きな児童・生徒を増やしていくこと、また、教師を目指す学生が個に応じた指導方法について直接学ぶ最良の機会をつくることを目的としています。
今年は、8月21日から31日までの期間で午前・午後計16回(中学校では2回)の日程で、児童181人、生徒71人、スクールパートナー83人が参加して、実施予定でしたが、残念ながら緊急事態宣言を受けて8月27日以降の日程は中止となりました。

以下の写真は、8月24日に片葩小学校を訪ねた際の様子です。この日の午後の参加児童は少なめで、児童とスクールパートナーが個別に向き合って勉強していました。教室が終わると、スクールパートナーが児童の下校に付き添ったり、次の日の準備をしたりします。

         Dsc04672800pnnnn
Dsc04675800tpnnnnDsc04676800tpnnnn
         Dsc04684800pnnnn

今年度から、スクールパートナー経験者の緒方さんが、SPコーディネーターに就任、大学訪問などで積極的に学生を募集してくれています。来年度以降は、全町的にわくわく算数教室のノウハウを拡げていきたいと考えています。

|

« 茶粕と鉄と光から水素をつくるアイディア | トップページ | 緊急事態宣言に伴い公共施設の利用制限を強化します。感染拡大の防止にご協力下さい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茶粕と鉄と光から水素をつくるアイディア | トップページ | 緊急事態宣言に伴い公共施設の利用制限を強化します。感染拡大の防止にご協力下さい。 »