フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 親の世代がまたひとり・・・ | トップページ | 公共施設の更新問題を 自分事として捉える (その4) »

2021/08/29

漬け込んだメンマ?を天日干しします。

5月にメンマをつくろうと漬け込んだタケノコを漬物瓶から取り出して天日で干す作業をしました。漬け込んでからもう三ヶ月を過ぎたので取り出そうと思っていたのですが、このところ雨天続きで延び延びになっていました。やっと晴れたので1週間ほど天日で乾燥させます。

瓶から取り出してみたら、塩麹を加えたものは、繊維が柔らかくなっているようで、茹で筍に塩麹を使ったものは箸でつかめないほどドロドロ(写真:上)になっていました。なんらかの化学反応は進んでいたようです。
ザル(写真:下)の左から、茹で筍(塩のみ)、生筍(塩のみ)、茹で筍(塩麹あり)、生筍(塩麹あり)の順です。茹で筍(塩麹あり)はドロドロでつかめないので収量が減ってしまいました。

800600blankDsc04735800nnnn
Dsc04733800nnnnDsc04737800nnnn

どれも腐ってはいなさそうだし、カビも見当たりません。でも、お世辞にも余り良い香りとは言えません。ひょっとすると生きものとしての本能が拒否しているのかも・・・と思いながらも、とにかく干してみることにします。

Dsc04739800pnnnn

 

5月につけ込んだときの様子と、6月末時点の途中経過は、以下の記事をご覧ください。

  5月2日・・・倒した筍でメンマづくり
  5月15日・・・倒した筍でメンマづくり(その2)
  6月末・・・只今メンマ熟成中?

« 親の世代がまたひとり・・・ | トップページ | 公共施設の更新問題を 自分事として捉える (その4) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 親の世代がまたひとり・・・ | トップページ | 公共施設の更新問題を 自分事として捉える (その4) »