フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ

« ピンホールカメラの原理 | トップページ | 新型コロナウイルス 第6波の感染状況 »

2022/02/02

天白遺跡ひろばが完成しました。

緒川天白の土地区画整理で生まれた住宅地の一画に天白遺跡ひろばが完成しました。

天白遺跡は、東浦町大字緒川字天白地内に所在する縄文時代早期から近世にわたる集落跡です。土地区画整理事業による開発事業に伴い、平成29年度に約4,300平方メートルの発掘調査を行った結果、122棟の竪穴建物をはじめ土坑などの遺構が数多く重複して発見され、大きな集落が弥生・古墳時代を中心にこの場所に形成されていたことが明らかになりました。遺跡は土地区画整理の区域全体に広がる大規模なもので大部分は造成され住宅地に変貌しました。

この天白遺跡の一部を保存・紹介する目的で、東浦町教育委員会が、遺跡の一番南側の部分に天白遺跡ひろばを整備しました。単なる公園にして遺跡があったことを伝える石碑を建てるのではなく、遺跡をそのまま残して上をガラス張りにして見えるようにしたいところですが、水が入ったり、草が生えたりしてしまうので現実的ではありません。
そこで、遺跡に厚さ60cmの表土をかぶせてそのまま保存し、遊具は置かずに、発掘された時の柱の跡や溝のパターンを地表にカラーで描きました。擁壁の側面には“遺跡がこのレベルに埋まっている”ことを図示、展開図風に眠っている遺跡をイメージできるようにしました。周囲の道路までカラーでパターンを描こうよと言ったら、職員にそれはダメですと言われました。

Dsc003121400tpnnnnn Dsc00318800pnnnnn
Dsc00341800pnnnnnDsc00342800pnnnnn
Dsc003261200pnnnnn Dsc003481200nnnnn Dsc003471400tpnnnnn

※天白遺跡ひろばは、指定緊急避難場所として防災機能も兼ねています。

« ピンホールカメラの原理 | トップページ | 新型コロナウイルス 第6波の感染状況 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ピンホールカメラの原理 | トップページ | 新型コロナウイルス 第6波の感染状況 »