« クラウドファンディング初心者向けセミナー のご案内 | トップページ | きのうは午後から県庁でした。 »

2022/07/05

愛知県の水がめの貯水率(2022年7月)

空梅雨で6月までの降雨は少ない状況です。台風の影響でここ数日雨が降りましたが、水がめの様子が気になるところです。県内の各用水の水源池の貯水率を見てみましょう。

国土交通省中部地方整備局管内主要ダムの貯水状況(http://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/kassui_zyouhou/gaikyo2.pdf)は視覚的にわかりやすいです。

以下に、各ダムの貯水量とダム地点における降水量(7月1日現在) を示します。

Chyuubuchisei_dam_20220701

 
●豊川水系(宇連ダム54%、大島ダム69%、全施設合計65%)
 貯水量は平年より少なめです。いまのところ節水対策は行なわれていません。

●木曽川水系(牧尾ダム53%、味噌川ダム86%、阿木川ダム98%、
 岩屋ダム96%、徳山ダム95%)
 牧尾ダムは平年より少なめですが、他の4つのダムは平年と同等orそれ以上です。
 節水対策は行なわれていません。

●矢作川水系(矢作ダム68%)
 貯水量は平年よりやや少なめです。節水対策は行なわれていません。

昨年に比べて降水量は総じて少ないようです。詳しくは、国土交通省中部地方整備局管内状況
https://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/kassui_zyouhou/index.htm をご覧ください。

|

« クラウドファンディング初心者向けセミナー のご案内 | トップページ | きのうは午後から県庁でした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クラウドファンディング初心者向けセミナー のご案内 | トップページ | きのうは午後から県庁でした。 »