フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 名古屋大学市民講演会「“かたち”の数学と物理 ~トポロジーと量子計算、超伝導~」のご案内 | トップページ | うのはな館で文化財消防訓練、午後から景観まちづくり委員会 »

2023/01/21

新春文化展を開催中。午後は教育フォーラムに参加しました。

開催中の新春文化展に行ってきました。文化協会所属の各部門の中で、写真、手作りよろい、茶席、いけばな、文芸、書道の展示があります。私は、写真を2点出展しました。写真については作者を伏せて人気投票を行っています。書道では、「矍鑠(かくしゃく)」と書いた作品を出展しました。
2階の視聴覚室では、字を書いたハガキを染料の入ったオイルを垂らした水面に浸して、マーブル模様を転写する体験ができます。「兎」と書いたのは書道の先生、私は「卯」と書きました。ウルトラQを思い出しますね。
新春文化展は明日も(16時まで)開催しています。

Dsc04757-900pDsc04759-1200p
Dsc04763-900Dsc04770-900t
Dsc04783-900pDsc04789-900
Dsc04791-900tpDsc04794-1350tp
Dsc04811-900pDsc04813-900t
Dsc04821-900tDsc04838-900

 

午後、東浦中学校で教育フォーラムが開催されました。テーマは「東浦町コミュニティ・スクール ~地域と学校の連携の今後について~」です。まず、校長先生が、西部中学校・卯ノ里小学校コミュニティ・スクールと森岡小学校コミュニティ・スクールの事例を紹介。次いで、文部科学省CSマイスターである愛知教育大学教授の風岡治先生からコミュニティ・スクールの成果と課題、今後のあり方について講演をいただきました。

Dsc04882-1200tp

 
学校は地域の公共財、地域住民のものです。住民が当事者として、学校運営に関わり、地域のニーズを学校運営に反映させる仕組みが必要です。
「コミュニティ・スクール」とは、地域住民の参加で、学校の運営と学校への支援について協議する「学校運営協議会」を設置した学校のことです。地域に根ざした特色ある学校づくりや、いじめ、不登校などの課題解決への効果が期待されます。また、学校の働き方改革、子どもの頃から地域と関わることによる若者の地域定着、そして地域防災にもつながります。
地域学校協働活動とは、学校を核とする地域づくりを目指して、地域と学校が互いにパートナーとして行う様々な活動。地域の教育力の向上、地域課題の解決、持続可能な地域社会の源となる活動です。
地域学校協働本部とは、地域住民や団体等の緩やかなネットワークで地域学校協働活動を推進する体制で、活動の主体であり、地域と学校をつなぐコーディネーターの機能を持ちます。
コミュニティ・スクールと地域学校協働活動が一体となり、評価・改善(PDCA)を繰り返し、社会に開かれた教育課程を推進します。地域とともにある学校の運営のためには、関係者が当事者意識を持って熟議を重ねること、学校と地域の協働、学校組織としてのマネジメントが大切になります。

Dsc04854-1200tpDsc04855-1299tp
Dsc04862-1200tpDsc04863-1200tp
Dsc04867-1200tpDsc04869-1200tp
Dsc04870-1200tpDsc04871-1200tp
Dsc04872-1200tpDsc04878-1200tp

« 名古屋大学市民講演会「“かたち”の数学と物理 ~トポロジーと量子計算、超伝導~」のご案内 | トップページ | うのはな館で文化財消防訓練、午後から景観まちづくり委員会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

小学校・子ども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 名古屋大学市民講演会「“かたち”の数学と物理 ~トポロジーと量子計算、超伝導~」のご案内 | トップページ | うのはな館で文化財消防訓練、午後から景観まちづくり委員会 »