フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 警察署誘致 | トップページ | 多文化防災シンポジウム「誰ひとり取り残さない防災 ~愛知・東浦町からの発信~」のご案内 »

2023/02/10

ごみの分別と減量をすすめる会を開催。令和5年度にミックスペーパーの分別回収を始めます。

町内各地区の代表が出席する、ごみの分別と減量をすすめる会を開催しました。環境課から現状と今後の予定を説明し、意見交換をしました。

まず、家庭から出るゴミの排出量の推移を見ると、平成31年4月(令和元年度)から家庭系ごみ処理の有料化を開始して、ゴミの排出量が減少(平成30年度1日1人あたり557g→令和元年度1日1人あたり471g)したもののコロナ禍による巣ごもり需要で若干増加後に、再び落ち着いて令和4年度(12月末時点)では1日1人あたり480gとなり、目標の429gまであと51g。目標を達成するには空のティッシュ箱2つ(約60g)を毎日ボール紙として分別、リサイクルするイメージです。

家庭から出た可燃ごみと不燃ごみを無作為抽出して組成調査をした結果、可燃ごみの中には主な混入物として食べ残しが41%、紙類が10%ありました。不燃ごみの中には小型家電が18%、硬質プラスチックが9%ありました。
そのため、水切りや生ゴミの堆肥化、食品ロス削減やフードドライブに務める、小型家電の回収ボックスを周知、小型家電に使用されているリチウムイオン電池の分別を周知するなどします。
また、令和5年6月から窓付き封筒、写真、感熱・感圧紙、レシート、ラミネート紙などミックスペーパーの分別回収を始めます。容器包装以外の製品プラスチックの回収も令和5年度中に役場資源ごみステーションにて始める予定です。生ゴミの減量については、土中のバクテリアを利用して生ゴミを分解・消滅させる「キエーロ」をPRして普及に努めたいと考えています。

« 警察署誘致 | トップページ | 多文化防災シンポジウム「誰ひとり取り残さない防災 ~愛知・東浦町からの発信~」のご案内 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 警察署誘致 | トップページ | 多文化防災シンポジウム「誰ひとり取り残さない防災 ~愛知・東浦町からの発信~」のご案内 »