« 消防団観閲式で訓示 | トップページ | 桜橋の路面のタイルを貼り替えました。 »

2023/03/13

来月は、県議会議員選挙と町議会議員選挙があります。

今年は、統一地方選挙の年です。4月に入ると県議会議員選挙、そして町議会議員選挙があります。
県議会は県の意思決定機関、町議会は町の意思決定機関。いずれも、予算や条例など、県政、町政の重要事項を決定する大事な機関です。(それに対して、県知事や町長は、議会で決められた予算や条例に基づいて行政を執り行う執行機関です。)

意思決定機関の議員に誰を選抜するか、県や町の未来を決める役目を誰に託すか、それを決めるのが今度の選挙です。有権者は、必ず自分の託すべき人物を決めて選挙に行きましょう。

Touitsuchihousenkyo2023a

 
 

選挙で誰に投票しようか決めるには、候補者のことを知る必要があります。
議員や立候補予定者がどんな人柄でどんな考えや政策を持っているかを知るには、本人に会うほか、日頃の活動報告や本人を紹介するリーフレットなどを見る方法があります。それから、今時はホームページやSNSが有力な手がかりになりますね。
選挙期間中には選挙公報も配布されます。

投票するには、なんとか本人を知る手がかりが欲しいところですが、新人の情報はどちらかと言えば得にくいので現職に有利とも言えます。自分も初めて町議会議員を意識したときはどうして良いやら戸惑った覚えがあります。

古い話ですが、自分が24年前に町議会議員に立候補した頃のことを思い出してしまいました。当時(1999年)から、2011年に議員を辞するまでのパンフレットや活動報告を振り返ってみました。最初は39歳でした。若かったですね。

 
■1999年版リーフレット
 
Kouenkai-leaflet1999a

 
■2003年版リーフレット
 Kouenkai-leaflet2003a
 Kouenkai-leaflet2003b

 
■2007年版リーフレット
 Kouenkai-leaflet2007a
 Kouenkai-leaflet2007b

 
■2011年版リーフレット
 Kouenkai-leaflet2011a
 Kouenkai-leaflet2011b

 
■活動報告(ホームページ)

 議会レポート【神谷あきひこ 公式ウェブサイト】

 
■活動報告(ブログ)

 この4年間に発行した議会報告です。: つれづれログ 

 

|

« 消防団観閲式で訓示 | トップページ | 桜橋の路面のタイルを貼り替えました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消防団観閲式で訓示 | トップページ | 桜橋の路面のタイルを貼り替えました。 »