フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ

« バス。タクシー会社と「災害時における人員輸送等に関する協定」、損害保険会社と「包括的な連会協力に関する協定」を締結。夜は消防団の選手を激励。 | トップページ | 外国人も一緒に暮らせるまちづくり・・・東浦に住むフィリピン人のコミュニティ »

2023/08/03

愛知県の水がめの貯水率(2023年8月)

今年はほぼ平年並みの7月20日頃に梅雨が明けました。水源地の6月の降雨量は平年よりもかなり多め。7月の降水量は平年よりもやや少な目。8月は平年並みの予報です。県内の各用水の水源池の貯水率を見てみましょう。

国土交通省中部地方整備局管内主要ダムの貯水状況(http://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/kassui_zyouhou/gaikyo2.pdf)は視覚的にわかりやすいです。

以下に、各ダムの貯水量とダム地点における降水量(8月1日現在) を示します。

Chyuubuchisei_dam_20230801

 
●豊川水系(宇連ダム63%、大島ダム71%、全施設合計68%)
 貯水率は平年より少なめです。いまのところ節水対策は行なわれていません。

●木曽川水系(牧尾ダム85%、味噌川ダム99%、阿木川ダム97%、
 岩屋ダム100%、徳山ダム97%)
 すべてのダムで貯水率が平年を上回っています。
 節水対策は行なわれていません。

●矢作川水系(矢作ダム88%)
 貯水率は平年並みです。節水対策は行なわれていません。

詳しくは、国土交通省中部地方整備局管内状況 https://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/kassui_zyouhou/index.htm をご覧ください。

« バス。タクシー会社と「災害時における人員輸送等に関する協定」、損害保険会社と「包括的な連会協力に関する協定」を締結。夜は消防団の選手を激励。 | トップページ | 外国人も一緒に暮らせるまちづくり・・・東浦に住むフィリピン人のコミュニティ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バス。タクシー会社と「災害時における人員輸送等に関する協定」、損害保険会社と「包括的な連会協力に関する協定」を締結。夜は消防団の選手を激励。 | トップページ | 外国人も一緒に暮らせるまちづくり・・・東浦に住むフィリピン人のコミュニティ »